Negitaku.org esports > > ゲーミングキーボード

タグ

PC・ゲーミングデバイス 東プレのゲーミングキーボード『REALFORCE RGB』に日本語配列モデルが登場

REALFORCE RGB

東プレ株式会社が、ゲーミングキーボード『REALFORCE RGB』に日本語配列モデルを2017年6月23日(金)より発売すると発表しました。

ゲーミングキーボード『REALFORCE RGB』に日本語配列モデルが登場

『REALFORCE RGB』は、東プレ社の高性能キーボード『REALFORCE』をゲーマー向けにアレンジしたゲーミングキーボードです。これまでは108キー英語配列のみでしたが、新たに日本語配列対応の112キーレイアウト版が登場となります。

『REALFORCE RGB』は、静電容量無接点方式を採用したチャタリングの無いキー入力、東プレ社独自の「Actuation Point Changer(アクションポイントチェンジャー, APC)」機能を搭載し、キーストロークを「1.5mm」「2.2mm」「3mm」から選択可能な仕様といった独自機能に加えて、1680万色のLED発光対応、フルN キーロールオーバー対応などケーミングキーボードの必須機能もおさえた製品となっています。

DSC_9342
APC機能の説明(2016年11月の発表会より)

DSC_9450

『REALFORCE RGB』は日本のプロゲーミングチーム Japan Green Leavesのメンバーが使用しています。写真左: hoshimi選手、右: Noanoa選手(2016年11月の発表会より)

価格は28,800円(税抜)で2017年6月23日(金)より発売開始。

ゲーミングキーボードとしては高価な部類に入りますが、10年以上日本語配列の『REALFORCE』を使用している自分としてはかなり気になる製品です。個人的には、スペースキーが通常のREALFORCEと同じく短いままのバージョンもそのうち登場して欲しいですね。

6月25日(日)に東京・秋葉原の『ALIENWARE STORE AKIBA』で実施されるOverwatch大会『 REALFORCE GAMING BRAWL』では日本語配列モデルの体験が可能となります。

ow-realforce

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『ZOWIE』が新作ゲーミングキーボード『CELERITAS II』を発表

zowie-1

『BenQ』のゲーミングブランド『ZOWIE』が新作ゲーミングキーボード『CELERITAS II』を発表しました。

CELERITAS II

『CELERITAS II』は、2010年に発表された『ZOWIE CELERITAS』の後継となるゲーミングキーボードです。

『ZOWIE』はゲーミングキーボードにおいて最も重要な点について「最適で一貫性があるキーストローク」と述べており、この点についてフォーカスし社内およびプロゲーマーによる徹底的なテストを繰り返してきたとのこと。その成果について、正式版ではない『CELERITAS II』を大型大会で使用したプロゲーマーがいたほどとのエピソードで紹介していました。

気になる点として、キースイッチには「オプティカルスイッチ」を採用しているとの記載がありました。こちらの詳細はリリースや製品ページには記載されていませんでしたが、下記のような写真が掲載されていました。

zowie-2

特徴

  • 最適で正確なキーストローク
  • 高品質の鉄製スプリングによる一貫したキーストロークと耐久性の向上
  • キーの二重押しを防ぐオプティカルスイッチ
  • ドライバ不要、プラグ&プレイで動作
  • 明るさを調整可能な赤色のLEDバックライトキー
  • PS/2インターフェースを通じたReal Time Response機能(等倍、2倍、4倍、8倍)
  • 100% N-Key ロールオーバー

発売の時期や価格については今のところ明らかにされていません。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『ビットフェローズ』のゲーミングキーボード『BFKB92UP2』『BFKB88PCBK』が5,280円→3,980円に価格改定

『ビットフェローズ』ブランドを展開する株式会社ビット・トレード・ワンが、ゲーミングキーボード『BFKB92UP2』『BFKB88PCBK』の価格改定を発表しました。

ゲーミングキーボード『BFKB92UP2』『BFKB88PCBK』が価格改定

BFKB92UP2

BFKB92UP2

『BFKB92UP2』は複数同時押しに対応したテンキーレスのゲーミングキーボードです。
それぞれのキーに段差と傾斜の違いを持たせる「ステップスカルプチャー方式」を採用し、キーの正確な位置把握と移動の少ない入力を可能にしています。

価格

  • 5,280円 (税抜)→3,980 円 (税抜)

BFKB88PCBK

BFKB88PCBK

『BFKB88PCBK』はキー構造にアイソレーションタイプのパンタグラフ方式を採用し素早いキーレスポンスを実現するゲーミングキーボードです。こちらもテンキーレス仕様のため、コンパクトに使用することが出来ます。

価格

  • 5,280円 (税抜)→3,980 円 (税抜)

どちらも全角/半角キー・Windowsキーの無効化、複数同時押しといったゲーミングキーボードに必須な要素は基本的に兼ね備えています。「LEDは?! 光らないの!?」という方は、これらに負けない性能を持ちながら7色に光り2,980円という「デスイルミネーター」をどうぞ。

Death Illuminator

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ビットフェローズからCherry MXシリーズ互換キーボード向けのカスタムキートップセット『BFRKC』シリーズが3/10(金)より発売開始

BFRKC

ビットフェローズから、Cherry MXシリーズ互換のカスタムキートップセット『BFRKC』シリーズが3/10(金)より発売開始になります。

カスタムキートップセット『BFRKC』

『BFRKC』シリーズは、ラバー素材と滑り止め効果のある「チェッカリング」加工を採用したゲーミングキーボード用のカスタムキートップセットです。

このキートップは、ビットフォローズからリリースされているゲーミングキーボード『BFKB109UP1』『BFKB92UP2』の他、Cherry MXシリーズ互換メカニカルスイッチ採用のキーボードに装着可能。ゲーミングキーボードのバックライト発光を損なわない工夫も施されています。

製品仕様

  • 交換対応機種:BFKB109UP1、BFKB92UP2、他Cherry MXシリーズ互換メカニカルスイッチ採用キーボード
  • キー種: (1~6, ↑,↓,→,←, Q, W, E, R, A, S, D, F) の18 キー付属(かな表記無し)
  • キーピッチ: 19mm
  • カラー: レッド、イエロー、ブラック、ブルー
  • 材質: ダブルインジェクション光透過型ABS樹脂
  • 付属品: キー抜き治具、
  • 生産国: Made in Taiwan
  • 価格: オープン価格 - 店頭予想売価 1780 円前後(税抜き)

BFRKC-PAC_R

特定のキーのみ色を変えたい、滑りにくくしたいという需要に応えるアイテムとなっています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングキーボード『Razer BlackWidow Chroma V2』が2/18(金)より国内販売開始

Razer BlackWidow Chroma V2

『Razer』のフラグシップとなるゲーミングキーボード『Razer BlackWidow Chroma V2』が2/18(金)より国内販売開始となります。

Razer BlackWidow Chroma V2

『Razer BlackWidow Chroma V2』は、これまでにリリースされていた『Razer BlackWidow Chroma』をパワーアップさせたモデルで、これまでに採用されていた独自キースイッチ「Razer Green Switch」「Razer Orange Switch」に加えて、高速で静かな「Razer Yellow Switch」バージョンが追加されました。また、手首に優しい着脱式のリストレストが付属するようになっています。

その他の特徴としては、お家芸ともいうべき1680万色の自在なLED発光機能「Razer Chroma」対応や、キーボードの左端に並ぶ5つのマクロ対応キーがあります。

グローバルでは先の通り3タイプのキースイッチモデルが販売されていますが、今回の日本におけるリリースでは「Razer Green Switch」のみでの展開となります。
その代わりというべきか、グローバルの英語配列版に加えて日本語配列版も同時発売となります。

公式サイトでの販売価格は「27,480円」となっていました。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 圧力感知型キーを搭載したゲーミングキーボード『ROCCAT Isku+ Force FX』登場

roccat

『ROCCAT』から圧力感知型キーを搭載したゲーミングキーボード『ROCCAT Isku+ Force FX』が登場しました。

ROCCAT Isku+ Force FX

『ROCCAT Isku+ Force FX』は、キーを押す力によってキーの挙動が変化する「Force」(アナログプレッシャーセンシティブ・キーゾーン)を搭載したゲーミングキーボードです。『ROCCAT Isku+ Force FX』には、この圧力感知キーが「QWEASD」に割り当てられています。

例として、下記画像のようにキーを押す力によって操作するキャラクターの移動速度を変化させるといったことが可能になると紹介されていました。

crowlingwalkingrunning

仕組みとしては非常に面白そうですが、ゲームをする際にこのような使い分けを意識せず簡単に出来るのか、どのようなアドバンテージとなるのかは実際にキーボードを使って確認してみたいところです。

特徴

圧力感知型キーゾーン
コントローラーとして使用可能な圧力感知型QWEASDキー

進化したRGBキーイルミネーション
強化されたライティング、明るさを6段階で調節可能

3個のEASY SHIFT[+]™ゾーン
多重キーを簡単に作成可能

届きやすいマクロキー36個
3個のROCCAT thumbsterキー付き

MACRO LIVE! レコーディング
マクロ記録専用ボタン付き(5つのゲームプロファイルに180個以上のマクロを記録可能)

8つの設定可能なメディア&ホットキー
25種類以上の機能にクイックアクセス

適切なキーの高さ
最適なキー入力反応、ポーリング1000Hz、高性能アンチゴースト

ROCCAT SWARM
Swarmソフトウェアスイートに対応

特大粒状リストレスト
汗や染みに強い改良型の新表面加工

TALK FX + ALIENFX™ 対応
お気に入りのゲームにライティング効果を

価格や発売日については記載がありませんでした。

製品と「Force」機能については、公式サイトに日本語ページが用意されていますのでチェックしてみてください。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ビットフェローズのメンブレン式ゲーミングキーボード 『BFKB109UP1』が4780円→3980円に値下げ

BFKB109UP1

ビットフェローズのNキーロールオーバー対応メンブレン式ゲーミングキーボード『BFKB109UP1』が2017年1月27日より値下げされました。

エントリー向けゲーミングキーボード BFKB109UP1

『BFKB109UP1』は、複数キーの同時押しやWindowsキーロックなど様々な機能を搭載し比較的安価に手に入れることが可能なメンブレン式のゲーミングキーボードです。

特徴

  • 約 2000 万回の耐久性性能を誇る複数同時押し対応ゲーミングキーボード
  • USB フルスピード N キーロールオーバーに対応し、押したすべてのキーを入力可能に
  • 指の位置を判別しやすいステップスカルプチャー方式を採用
  • 左右の Windows キー 2 秒同時押しで簡単にロック
  • ブレることなく斜めから押した場合でも垂直に押下することができるプランジャー登載
  • 3方向に取り回し可能なケーブルマネージャー搭載

スペック

  • 対応インターフェース規格: USB1.1(タイプAコネクタ) USBフルスピードモード
  • キースイッチ方式: メンブレン
  • キーストローク: 3.8±0.4mm
  • 押下特性: 60g±20g
  • インターロック: Nキーロールオーバー
  • キー耐久性能: 2000万回*スイッチ単体での性能です
  • キー数: 109 日本語かな表記なし
  • ケーブル長: 約1.6m
  • 本体寸法: W448×D148×H34mm(スタンド使用時43mm)(キートップ含む高さ)H38mm
  • 重量: 約1170g(ケーブル含む)

販売情報

  • 価格: 【旧想定売価】4,780円 (税抜)→【新想定売価】 3,980 円 (税抜)
  • 販売店: ビット・トレード・ワン公式オンラインショップ BTOS、オンライン通販Amazon.co.jp、パソコンSHOPアーク、PCワンズ、TSUKUMO各店予定

こちらの製品は、『DHARMAPOINT』から2012年11月にリリースされたDRTCKB109UP1』とほぼ同仕様のキーボードです(DRTCKB109UP1は押下特性が55g±20)。
※ビットトレードワンの梅村匡明氏は『DHARMAPOINT』製品の設計を担当していました

当時、『DRTCKB109UP1』は「3,980円」で販売されていましたが、2年後に発売された『BFKB109UP1』は円相場の関係で「4,780円」となっていました。

今回の価格改定により、従来価格相当に戻ったということになります。
価格改訂版は、2017年1月27日出荷分からが対象となっています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス メカニカル・メンブレンの良さをミックスしたスイッチを採用、ゲーミングキーボード『Razer Ornata』シリーズが12/23(金・祝)に発売

razer-ornata-series

Razerが新開発した「Razer メカ・メンブレン」テクノロジーを採用したキースイッチを搭載するゲーミングキーボード『Razer Ornata』シリーズが12/23(金・祝)に国内販売されます。

※画像左: Razer Ornata Chroma、右: Razer Ornata

『Razer Ornata Chroma』&『Razer Ornata』

『Razer Ornata』シリーズは、「Razer メカ・メンブレン」テクノロジーにより「メンブレン」のソフトなクッション性と、「メカニカル」のクリック感の両方を兼ね備えたキーを持つゲーミングキーボードです。

membrane

この要素を最大の特徴としつつ、最大10キーの同時押し対応、キーバックライトの発光、クラウドベースの設定ソフトRazer Synapse対応、マクロなどRazerゲーミングキーボードの定番機能を兼ね備えています。

特徴

  • Razer メカ・メンブレンテクノロジー
  • 中程度の高さのキートップ
  • 個別にバックライトが光るキー (Razer Ornata)
  • Razer Chroma バックライト(Razer Ornata Chroma)
  • エルゴノミック リスト レスト
  • Razer Synapse 対応
  • 完全にプログラム可能なキーとオンザフライマクロ記録機能
  • 10キーロールオーバー
  • 専用ゲーミングモード
  • 最大10キー同時押し対応のアンチゴースト機能

中程度の高さのキートップ

価格

  • Razer Ornata: 9,800円 (税抜き)
  • Razer Ornata Chroma: 13,800円 (税抜き)

Razerのメカニカルキーボード『Razer BlackWidow』シリーズは約13,000~27,000円ほどの幅で展開されています((製品ラインナップ)。
『Razer Ornata』シリーズの「メンブレンながらもメカニカルのような入力感」というものが気に入れば、数千円近く安価にRazer製キーボードを手に入れることが可能となります。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ビットフェローズのゲーミングキーボード『BFKB113PBK』が神奈川県相模原市の「ふるさと納税」返礼品に採用

keyboard

「ビットフェローズ」のゲーミングキーボード『BFKB113PBK』が神奈川県相模原市の「ふるさと納税」返礼品に採用されました

「ふるさと納税」返礼品にゲーミングキーボードが登場

神奈川県相模原市は、市内・市外から寄附を募り、返礼品として相模原市ゆかりの特産品などを贈呈することで、相模原市の魅力を全国にアピールする「地方創生さがみはら地域活性化応援コース」の取り組みを開始しています。

この返礼品に、ゲーミングキーボード『BFKB113PBK』と『BFKB113PBK-G』が採用されました。

「ふるさと納税」の仕組みを利用し住民税の控除を受けることで、約5,000円ほどのキーボードを実質2,000円で手に入れることが可能になるとのことです。

ふるさと納税 受付

「ふるさと納税」にゲーミングキーボードが採用されるているというのはこれまで聞いたことがありません。
ケーマー的には「ふるさと納税」ならぬ「ゲーミング納税」…?

「ふるさと納税」に興味のある方は対象として検討して見る価値アリではないでしょうか。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ビットトレードワンがエントリゲーマー向けのイルミネーションゲーミングキーボード「デスイルミネーター」を12/7(水)より2,980円で発売

Death Illuminator

株式会社ビット・トレード・ワンがエントリゲーマー向けのゲーミングキーボード『Death Illuminator』を発表しました。

ゲーミングキーボード『Death Illuminator』

『Death Illuminator』は「ビットフェローズ」ブランドで展開する定番機能を盛り込んだゲーミングキーボードをベースに、スティール鋼板を採用した安定性と、LEDのカラーライト機能を追加した製品です。

特徴

  • 厚さ約1.4mmスティール鋼板を採用し、総重量1200gでの安定して快適な入力を実現
  • 7色に光るマルチカラーイルミネーション(ホワイト、イエロー、ターコイズ、パープル、グリーン、レッド、ブルー)
  • LEDの輝度調整、消灯も可能。さらに7色を巡るカラーロータリーも選択可能
  • シリンドリカルステップスカルプチャー方式採用
  • FPSゲームで多用するキーを複数同時認識に対応
  • 誤操作を防止するWindowsキーロック装備
  • 約2000万回のキー耐久性能
  • ラバーストップ付チルトスタンド

bfkb108ilbk-key

bfkb108ilbk-boxpick2

スペック

  • 型番: BFKB108ILBK
  • JANコード: 4562469770642
  • 対応OS: 日本語版OS: Windows10,Windows8.1,Windows8,Windows7,Vista™搭載のDOS/Vパソコン
  • 対応インターフェース規格: USB1.1(タイプAコネクタ)
  • キースイッチ方式: メンブレン - キーストローク: 4±0.4mm
  • 押下特性: 約55g±10g
  • インターロック: エリア限定複数同時押し
  • キー耐久性能: 約2000万回 ※スイッチ単体での性能
  • キー数: 108 日本語 かな表記なし - ケーブル長: 約1.8m
  • 本体寸法: W437×D148×H37mm(スタンド使用時46mm)
  • 重量: 約1200g(ケーブル含む)

光るゲーミングデバイスへのあえての挑戦?

ビットトレードワンで開発を担当する梅村 匡明氏は『DHARMAPOINT』時代から、他社にはないフロントセンサー採用のゲーミングマウスなど独自の製品を世に送り出してきました。同氏は、もう一つのこだわりとしてこれまで開発したゲーミングデバイスに製品を無駄に発光させる「LED発光」機能を採用してきませんでした。今回なぜその仕様を組み込んだ製品を作ったのでしょうか?

LEDはゲームで勝つことに無関係な不要な機能。ただし需要があるのは事実
「ゲーミングデバイスにLEDを採用し光らせることはゲームで勝利することに関係が無い」とう考え方があり、いまでもその存在意義に疑問を感じるゲーマーや開発者は一定数存在しています。

しかし、「LED発光」はいまのゲーミングデバイスにとっては当然の機能で、昨今のゲーマーには「あって当たり前」という代物です。「ゲームで勝利するための機能ではない」ということすらどうでも良いという人の方が今となっては多いかもしれません。さらにいえば、同じ機能だったら光る製品の方が単純に売れるという事実があります。

LEDもつけてこの機能・価格。みんなはどうする?
そんな状況に対し、梅村氏が世に送り出したのが基本的なゲーミングキーボードの機能を網羅しつつ、鋼板を採用した安定性と、お望みのLED発光を搭載しながら3,000円を切るという製品です。

「デスイルミネーター」はそのまま訳すと「死の発光体」となりますが、実際は「イルミネーションの死」のような意味が込められているのではないでしょうか。

梅村氏の守護霊にインタビューしつつ秘密結社の陰謀論並に深読みしたところ、「LED発光」機能はゲーミングデバイスとして自慢するところなのか? 俺ならLED機能を付けてもこの値段で利益を出しつつ、みんなが望む機能も載せられる。LED機能を押し出して競い合うのはもう終わりだというようなメッセージを受け取りました。

ご本人が意図する内容と全く違っていましたら申し訳ありません。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar