Negitaku.org esports > > ゲーミングデバイス

タグ

PC・ゲーミングデバイス 日本のゲーミングデバイスブランド『DHARMAPOINT』が公式サイトを公開、7/28(金)より「パソコン工房 AKIBA STARTUP」に出展しデバイスを展示

DHARMAPOINT

日本のゲーミングデバイスブランド『DHARMAPOINT』が公式サイトの公開とブース出展に関する発表を行ないました。

※記事内の日付記載が誤っておりましたので訂正しました。申し訳ございません。

日本のゲーミングデバイスブランド『DHARMAPOINT』が新たなスタート

『DHARMAPOINT』は2013年に株式会社クラストが事業閉鎖し休止状態となっていましたが、2016年に株式会社ソリッドが商標取得を取得しティザーサイトを公開。その後、音沙汰がありませんでしたが、「戦い続ける。日本のゲーマーとともに。」を合言葉に日本発信のゲーミングデバイスを開発・販売する総合ブランドとして展開していくことが明らかにされました。

7/28(金)「パソコン工房AKIBA STARTUP」にブース出展、デバイスを展示

新生『DHARMAPOINT』は、7/28(金)に「パソコン工房AKIBA STARTUP」にブースを出展し、3製品の参考展示を実施します。「パソコン工房AKIBA STARTUP」は「少し先の未来に出逢えるアキバスポット」をテーマとして、VRやクラウドファンディングを通じた製品化を展開している最先端のIT関連製品を「見て・触れて・体感」することが可能なスポットです。

マウス

  • 製品名:DHARMA TACTICAL MOUSE (仮)
  • 製品概要:右手用エルゴノミクス
  • 本体サイズ:W70xD125xH39mm
  • センサー:オプティカルセンサー ボタン数:6ボタン+ホイール スイッチ:オムロンスイッチ

マウスパッド

  • 製品名:DHARMA MOUSE PAD
  • 製品概要:表面素材:ポリエステルクロス
  • 裏面素材:滑り止めパターン入り発泡ラバー
  • その他:サイドステッチ

パネル展示 キーボード

  • 製品名:DHARMA TACTICAL KEYBOARD
  • 製品概要:本体サイズ・重量:W440.0xD133.8xH38.0mm ・ 1,020g
  • レイアウト:日本語108キー
  • スイッチ:メカニカル キーピッチ:19.05mm キーストローク:3mm
  • 押下圧:55g±20g 同時押し対応:Nキーロールオーバー

マウスは『DRTCM38』、キーボードは『DRTCKB109UP1』が近いスペックですが全く同じではなく、DRTCKB109UP1はメンブレンスイッチだったりと過去製品そのままというものではなさそうです。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Logitech』が『ASTRO Gaming』を買収、コンソールゲーム機向けゲーミングデバイス展開を強化

logi-astro

コンピュータ周辺機器の大手メーカー『Logitech』が、コンソールゲーム機向けゲーミングデバイスを展開する『ASTRO Gaming』を買収したと発表しました

『Logitech』が『ASTRO Gaming』を買収

公式発表によると、『Logitech』は『ASTRO Gaming』を8,500万ドル(約96億円, $1=113.60円)の現金で買収し、コンソールゲーム機向けゲーミングデバイスへの展開を加速させていく計画です。

『ASTRO Gaming』は『Xbox』や『PlayStation』シリーズなどに向けた高性能ヘッドセット「A40」「A50」で高い評価を受けるゲーミングデバイスブランドです。コンソールゲームのプロゲーマーにも使用されており、世界的なeスポーツ大会『Major League Gaming』の公式ヘッドセットに採用され実績もあります。

『Logitech』は、『Logitech G』ブランドでPCゲーム向けのゲーミングデバイスを展開しており、ブランド力・開発力・資金力に優れ、ナンバーワンと言えるゲーミングデバイスブランドです。最近では最先端のワイヤレステクノロジーを採用し有線よりも早い反応を実現するワイヤレスマウスやヘッドセットを世に送り出しています。

Ujesh Desai氏のコメント(Logitech G, vice president and general manager)

ASTROはコンソールゲームのeスポーツアスリートに好まれるプレミアムなコンソールゲーム機向けのヘッドセットを展開するリーディングプレーヤーです。

この買収はPCゲームにフォーカスしているLogitech Gを完全に保管するものであり、チーム・ブランド・製品を愛する私たちは興奮を押さえることができませんでした。私たちは共にゲーマーたちがゲームをプレーすることをより楽しいものにしていきたいと考えています。

Jordan Reiss氏のコメント (ASTRO Gaming 共同創設者・president)

ASTROチーム全体はLogitechやLogitech Gの製品を常に敬服しており、共に力を合わせていくことは光栄なことです。ASTROのブランド力とLogitech Gのテクノロジー・グローバルな流通ネットワークが組み合わさせることで、世界中のゲーマーに私たちの製品をお届けしていきます。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』初となるゲーミングヘッドセット『H1』発表、デバイスのフルラインナップが勢ぞろい

h1

スウェーデンを拠点とするゲーミングデバイスブランド『Xtrfy』が、ゲーミングヘッドセット『H1』を発表しました。

Xtrfy H1

『Xtrfy H1』はプロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasのメンバーが開発に参加した、eスポーツに最適化されたゲーミングヘッドセットです。

特徴

  • ゲームのサウンドを細部まで再現
  • ヘッドバンドに耐久性の高い素材を採用
  • 60mmのネオジウムスピーカードライバ搭載
  • LAN大会会場でもクリアな音声通話を実現するパッシブノイズキャンセルマイク
  • 長時間のゲームプレーで求められる快適さを目指し設計

スペック

  • Headset type: Closed, over-ear
  • Headband: Mechanical, aluminium frame
  • Ear pads: Memory foam and PU leather (interchangeable)
  • Audio drivers: Dynamic Ø 60 mm
  • Frequency response: 5–30,000 Hz
  • Nominal impedance: 35 Ohm per system
  • Nominal sensitivity: 97dBSPL @ 1kHZ, 15mW
  • Connection: Single or Dual 3.5 mm plug (adapter included)
  • Connector: Gold plated, dual 3-pole/single 4-pole plug
  • Cable: Braided, 1.2 m + 2 m extension + 0.2 m adapter
  • Controls: Speaker/mic vol, mic mute
  • Microphone: Detachable, supercardioid mic
  • Microphone frequency response: 40–20,000 Hz
  • Weight: 350 g
  • Weight incl. microphone and cable: 380 g

Patrik "f0rest" Lindberg選手のコメント(Ninjas in Pyjamas, CS:GO部門所属)

『H1』は本当に快適で優れたパッシプノイズキャンセル機能を備えています。
音は細部まで最適化された低音で、あなたの望み通りです。

『H1』の発売は2017年秋が予定されています。
これで、『Xtrfy』ブランドにはマウス、マウスパッド、キーボード、ヘッドセットといった基本的なゲーミングデバイスが全て揃うことになります。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『SteelSeries』の新ゲーミングマウスパッド『QcK Limited』や『CS:GO』コラボモデルが7/7(金)より国内販売開始

『SteelSeries』がゲーミングデバイス4製品を2017年7月7日(金)より国内販売することを発表しました。

『SteelSeries』のゲーミングデバイス4種類が国内販売決定

7月7日(金)より国内に登場するのは、『SteelSeries』の定番ゲーミングマウスパッド『QQcK』シリーズの新ラインナップ『QcK+ Limited』と『QcK Limited』。表面には光学式・レーザーどちらのセンサーを搭載したマウスでも正確にトラッキングする新たなマクロファイバー素材を採用した他、マウスパッドのフチにステッチ加工が追加され、ほつれの防止や耐久性の向上が図られています。

QcK Limited

また、『Counter-Strike: Global Offensive』に登場するゲーム内アイテムのデザインを採用したコラボモデル・ゲーミングマウス『Rival 300 CS:GO Hyper Beast Edition』とゲーミングマウスパッド『QcK+ Hyper Beast Edition』も発売となります。

Rival 300 CS:GO Hyper Beast Edition

QcK+ Hyper Beast Edition

これらは、公式オンラインショップおよびSteelSeries製品取り扱い店での取り扱いで販売されます。CS:GOコラボモデルの方は、一部の店舗限定となります。

価格

  • Qck Limited: 2,580 円(税別)
  • QcK+ Limited: 3,280 円(税別)
  • Rival 300 CS:GO Hyper Beast Edition 8,400 円(税別)
  • QcK+ Hyper Beast Edition 2,580 円(税別)

情報元

  • プレスリリース

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 東プレのゲーミングキーボード『REALFORCE RGB』に日本語配列モデルが登場

REALFORCE RGB

東プレ株式会社が、ゲーミングキーボード『REALFORCE RGB』に日本語配列モデルを2017年6月23日(金)より発売すると発表しました。

ゲーミングキーボード『REALFORCE RGB』に日本語配列モデルが登場

『REALFORCE RGB』は、東プレ社の高性能キーボード『REALFORCE』をゲーマー向けにアレンジしたゲーミングキーボードです。これまでは108キー英語配列のみでしたが、新たに日本語配列対応の112キーレイアウト版が登場となります。

『REALFORCE RGB』は、静電容量無接点方式を採用したチャタリングの無いキー入力、東プレ社独自の「Actuation Point Changer(アクションポイントチェンジャー, APC)」機能を搭載し、キーストロークを「1.5mm」「2.2mm」「3mm」から選択可能な仕様といった独自機能に加えて、1680万色のLED発光対応、フルN キーロールオーバー対応などケーミングキーボードの必須機能もおさえた製品となっています。

DSC_9342
APC機能の説明(2016年11月の発表会より)

DSC_9450

『REALFORCE RGB』は日本のプロゲーミングチーム Japan Green Leavesのメンバーが使用しています。写真左: hoshimi選手、右: Noanoa選手(2016年11月の発表会より)

価格は28,800円(税抜)で2017年6月23日(金)より発売開始。

ゲーミングキーボードとしては高価な部類に入りますが、10年以上日本語配列の『REALFORCE』を使用している自分としてはかなり気になる製品です。個人的には、スペースキーが通常のREALFORCEと同じく短いままのバージョンもそのうち登場して欲しいですね。

6月25日(日)に東京・秋葉原の『ALIENWARE STORE AKIBA』で実施されるOverwatch大会『 REALFORCE GAMING BRAWL』では日本語配列モデルの体験が可能となります。

ow-realforce

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』からプロチームNiPメンバーがデザインした右利きデザインの光学式ゲーミングマウス『M1』が登場

m1-1

『Xtrfy』が右利きデザインの光学式ゲーミングマウス『M1』を発表しました。

ゲーミングマウス『Xtrfy M1』

『Xtrfy M1』は、スウェーデンを拠点とするプロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasのメンバーがマウスの形状、マウス表面素材の質、ボタンの位置、マウス形状の角度にまでこだわってデザイン・テストして誕生したゲーミングマウスです。

いわゆるIE3.0クローンに分類される右利きデザインの光学式ゲーミングマウスで、スペックは以下のとおりです。

スペック

  • 形状: 特許出願中のエルゴノミックデザイン
  • センサー: Optical Pixart PMW 3310
  • コーティング: ラバー
  • ソール: テフロン製
  • メインスイッチ: オムロン社製
  • サイドボタンスイッチ: Kailh社製
  • LEDイルミネーション: Xtrfyイエロー、輝度を調整可能
  • CPI設定: 400/800/1600/3200/4000
  • ポーリングレート: 125/500/1000 Hz
  • 反応速度: 1ms
  • IPS: 130
  • 最大加速: 30g
  • ケーブル長: 2メートル
  • 重さ: 95グラム

m1-2

m1-3

※ロゴがXtrfyの通常モデルと、NiPのチームロゴが入ったNiP Editionの2デザイン展開です

Adam "friberg" Friberg選手のコメント

adam-m1

私たちはM1を正しいゲーミングマウスとして作り上げるために心を込めました。『Xtrfy M1』は、私にとって完璧なゲーミングマウスです。

Erik Jensen氏のコメント(Xtrfy, CEO)

M1はゲームにとって新しいものではありませんが、一貫した高品質なコンポーネントで構築されています。ハイレベルなeスポーツでは、信頼性が重要となります。

私たちは長期に渡りM1の研究に取り組んできました。このマウスは、以前にリリースした2つのマウスM2とM3で重要であった素材選択がベースとなっています。

「完璧になるまでリリースしない」という目標のもと、M1のあらゆる角度が100%正しいと感じられるまで設計を繰り返し、ついに完成となりました。全てのゲーマーがこのマウスを利用出来るようになる日を待ちきれません。

製品は2017年秋にリリース予定です。現時点で価格は明らかにされていませんでした。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Mionix』からマウスパッドにもなるリストレスト『Mionix Long Pad』が登場

Mionix Long Pad

スウェーデンのゲーミングデバイスメーカー『Mionix』から、マウスパッドにもなるリストレスト『Mionix Long Pad』が登場します。

Mionix Long Pad

『Mionix Long Pad』は4種類のカラフルなデザインを採用した滑らかな表面と10ミリの厚さを持つリストレストで、こちらを使用する事で手首の負担を減らしながらキーボード操作を行う事が可能となります。

Mionix Long Pad

このリストレストの表面は非常に優れたトラッキング性能があり、ゲーミングマウスパッドとしても使用可能とのことです。

ただ、冒頭の画像を見ての通りマウスを大きく動かすような面積がないため、マウスが超ハイセンシ設定のプレーヤー以外は、本格的なゲームプレーで使用出来るものではないでしょう。

仕様

  • 素材: ラバーフォーム
  • サイズ: 横450mm×縦100mm×厚さ10mm

製品はオープン価格で、店頭推奨価格は2,000円(税込)とされていました。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『ZOWIE』が新作ゲーミングキーボード『CELERITAS II』を発表

zowie-1

『BenQ』のゲーミングブランド『ZOWIE』が新作ゲーミングキーボード『CELERITAS II』を発表しました。

CELERITAS II

『CELERITAS II』は、2010年に発表された『ZOWIE CELERITAS』の後継となるゲーミングキーボードです。

『ZOWIE』はゲーミングキーボードにおいて最も重要な点について「最適で一貫性があるキーストローク」と述べており、この点についてフォーカスし社内およびプロゲーマーによる徹底的なテストを繰り返してきたとのこと。その成果について、正式版ではない『CELERITAS II』を大型大会で使用したプロゲーマーがいたほどとのエピソードで紹介していました。

気になる点として、キースイッチには「オプティカルスイッチ」を採用しているとの記載がありました。こちらの詳細はリリースや製品ページには記載されていませんでしたが、下記のような写真が掲載されていました。

zowie-2

特徴

  • 最適で正確なキーストローク
  • 高品質の鉄製スプリングによる一貫したキーストロークと耐久性の向上
  • キーの二重押しを防ぐオプティカルスイッチ
  • ドライバ不要、プラグ&プレイで動作
  • 明るさを調整可能な赤色のLEDバックライトキー
  • PS/2インターフェースを通じたReal Time Response機能(等倍、2倍、4倍、8倍)
  • 100% N-Key ロールオーバー

発売の時期や価格については今のところ明らかにされていません。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス デザイン付きの布系ゲーミングマウスパッド『ZOWIE G-SR-SE Mouse Pad』発表

zowie-newpad

『BenQ』のゲーミングブランド『ZOWIE』が、布系ゲーミングマウスパッド『ZOWIE G-SR-SE Mouse Pad』を発表しました。

ZOWIE G-SR-SE Mouse Pad

『ZOWIE G-SR-SE Mouse Pad』は黒一色の『ZOWIE G-SR Mouse Pad』のデザインありバージョンとでもいうべきゲーミングマウスパッドです。

『G-SR-SE』は青色をベースとし表面に『ZOWIE』のブランドロゴがデザインされています。このデザインがマウスの邪魔することはなく、スームスで一貫性のある滑りはそのままとのこと。ただ、「G-SR」とは異なる感覚となるそうです。

特徴

  • 「G-SR」とは異なるスムースで一貫性のある滑り
  • 裏面にラバーを採用し、様々な面上での安定性を向上
  • 全タイプのマウスと互換性あり
  • サイズ: 横480mm × 縦400mm ×厚さ3.5 mm

発売の時期や価格については今のところ明らかにされていません。

『G-SR-SE』シリーズには、今回発表されたもの以前に、世界最高峰のCS:GOサイト『HLTV.org』モデルが存在しています。

zowie-hltv

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 最新「Owl-Eye」光学センサー搭載のゲーミングマウス『ROCCAT Kone Pure Owl-Eye』が2017年5月下旬より国内販売開始

roccat-kone-pure

最新「Owl-Eye」光学センサー搭載のゲーミングマウス『ROCCAT Kone Pure Owl-Eye』が2017年5月下旬より国内販売開始となります。

ゲーミングマウス『ROCCAT Kone Pure Owl-Eye』

『ROCCAT』がオプティカルセンサー「PixArt 3361」を独自調整した「Owl-Eye」を搭載した右きき用デザインのゲーミングマウスです。

「Owl-Eye」による正確無比なトラッキング、上位製品となる『ROCCAT Kone EMP』よりも体積比で91%のコンパクトさ(縦118mm×横70mm×高さ39mm)、88グラムという軽さ、クラウドベースの統合ソフトウェア「ROCCAT Swarm」に対応しているのが特徴です。

『ZOWIE EC2-A』が縦120mm×横64mm×高さ40mmの重さ93グラムなので、なかなか近いスペックではないかと思います。日本人には比較的フィットしやすいサイズと言えるでしょう。

特徴

  • ROCCAT OWL-EYE オプティカルセンサー - 高精度12000dpi
  • 2Dチタンホイール - 2方向の強化されたスクロール精度
  • ROCCAT EASY-SHIFT[+]™  - ボタン重複テクノロジー 種類の機能
  • ARM CORTEX-M0 50MHZプロセッサー - 業界最先端の計算速度
  • ディスタンスコントロールユニット - 飛びを抑制し精度を高める
  • 512KBのオンボードメモリ - マクロや設定を豊富に格納
  • RGBトゥルーカラーイルミネーション - 1680万色の最先端ライティングシステム
  • ROCCAT SWARM搭載 - 総合ドライバーとソフトウェアスイート
  • 優れたグリップ性 - 卓越した耐久性を備えた最高レベルのグリップコーティング

スペック

  • 精度12000dpiのROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサー 12000dpi
  • 1000Hz ポーリングレート
  • 1ms 応答時間
  • ROCCAT 限定 5000万回のキー押下ライフサイクル
  • 50G 加速
  • 250 ips 最大速度
  • マウス加速:no
  • 角度スナップ:no
  • リフトオフディスタンス調整可能
  • ARM Cortex-M0 50MHz
  • 512kB オンボードメモリ
  • 1.8m ブレイドUSBケーブル
  • サイズ: 縦118mm×横70mm×高さ39mm
  • 重さ: 88 g

発売時期は2017年5月下旬で、価格は8,980円(税別)となります。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar