Negitaku.org esports > > ゲーミングマウスパッド

タグ

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングマウスパッド『HyperX Fury S』にプロゲームチームDeToNatorモデルが登場

dtn-hyperx

Kingston Technologyのゲーミングブランド『HyperX』より、ゲーミングマウスパッド『HyperX Fury S』のプロゲームチーム Japan DeToNatorモデルが登場します。

HyperXからDeToNatorモデルのゲーミングマウスパッドが登場

ゲーミングマウスパッド『HyperX Fury S』は、表面に光学式マウスの正確なトラッキングに対応する布、裏面にマウスがズレにくい天然ゴムを採用し、耐久性と手首への負担を減らすためにマウスパッドの全周にステッチ加工を施した布系ゲーミングマウスパッドです。

このマウスパッドに、Japan DeToNatorのチームロゴを採用したデザインのコラボモデルが2017年12月18日(月)より発売開始となります。HyperXからは海外プロチーム Echo Foxとのモデルのマウスパッド等が登場していますが、日本チームとのコラボは今回のDeToNatorが初ではないでしょうか。

特徴

  • ほころびにくいシームレスステッチ加工
  • 正確な光学トラッキングに対応する密織りの表面
  • 安定感のある天然ゴム製の底面
  • 優れた携帯性と耐久性
  • サイズ: 横290mm×縦240mm×厚さ3~4mm
  • 素材:クロス、ラバー

プロゲームチームとのコラボマウスパッドは横400mmを越える大型のものが多いですが、今回のDeToNatorモデルは横290mm×縦240mmと小型に分類される大きさです。

コアなゲーマーには大型モデルが人気な印象がありますが、実際のところ大型よりも小型の方が販売数が多いと複数のゲーミングデバイス関係の方々に話を聞いたことがあります。

価格は1,980円(税込み)となるので、ストリーマーを中心にライトなファンを増やしている現在のDeToNatorには、ファンアイテムとしてこのサイズが適しているという判断なのかもしれません。イベントでサインをマウスパッドにもらいたい、という人も多くいそうです。

スーザン・ヤン氏のコメント (HyperX マーケティングマネージャーの)

DeToNatorとのコラボレーションをスタートして以来、現地のゲームファンの熱意とすばらしい支持を感じています。今回、DeToNatorのファンのためにカスタマイズした限定版マウスパッドを発売できることを誇りに思います。ぜひとも、HyperXファミリーのチームに対する引き続きのサポートと支援をお願いします。

江尻 勝氏のコメント(DeToNator代表)

DeToNatorオリジナルモデルの制作を快諾していただいたHyperXに心より感謝申し上げます。パートナーとファンの皆さまを結ぶ存在として、チームオリジナルの製品を作ることはとても重要なことと考えています。本製品は、ゲームプレイはもちろん、職場やさまざまなシーンで使っていただける素晴らしいマウスパッドです。パートナーのブランドとともにDeToNatorの存在価値を改めて高められるように頑張ります。また、この日を迎えられたのも選手、メンバーの頑張りのおかげです。彼らともこの瞬間を一緒に喜びを味わいたいと思います。

Amazon.co.jpで先行予約がスタート

12月18日(月)からの発売開始に先駆け、Amazon.co.jpにて先行予約が開始されています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『G2 Esports』CS:GO部門所属KennyS選手モデルのゲーミングマウスパッドが『Flicks』から登場

kennys

プロCS:GOプレーヤー France Kenny "kennyS" Schrub 選手モデルのゲーミングマウスパッドが『Flicks』から登場しています。

KennyS選手モデルのゲーミングマウスパッド

KennyS選手モデルのゲーミングマウスパッドは表面に滑らかな滑りを実現する布、背面にグリップ力の高いラバーを採用し、外周をステッチ加工した定番仕様に加えて、KennyS選手デザインの特別モデルとなっています。フランス語なのではっきりわかりませんが、製品名は「Avatar」のようです。

サイズは縦400mm×横480mmと大型で、厚さが5mmと一般的なゲーミングマウスパッドよりも厚めになっているのが特徴(大体は2mm、厚めで4mmが多いかと)。

価格は39.99ユーロで、メーカー公式サイトから購入可能です。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『DHARMAPOINT』が布系ゲーミングマウスパッド2種とマウスソールを12/8(金)より発売開始

dp-1

株式会社ソリッドのゲーミングデバイスブランド『DHARMAPOINT』より、布系ゲーミングマウスパッド2種とマウスソールが登場します。

『DHARMAPOINT』より、布系ゲーミングマウスパッド2種とマウスソールが登場

今回販売されるのは、マウスを低解像度設定(ローセンシティビティ)でプレーするゲーマー向けの布系素材を採用しゲーミングマウスパッド『DPMP3525PS』『DPMP3530PS』です。

発砲ラバーの上に耐久性に優れたポリエステルクロスを採用し、サイド全周をステッチ加工することでほつれを防ぐ構造となっています。

dp-1

また、マウスソールは先日発表されたゲーミングマウス『DPTM37BK』対応の『DPS3X1』と、4スミにつけるタイプのマウスに汎用的に使える『DPSAX1』の2種が登場となりました。

sole

製品情報

DPMP3525PS

  • サイズ:W350×D250×H3.5mm(±0.5)
  • パッケージサイズ:280x65x65mm
  • 重量:約210g
  • 店頭予想売価:税込み1,380円

DPMP3530PS

  • サイズ:W350×D300×H3.5mm(±0.5)
  • パッケージサイズ:330x65x65mm
  • 重量:約260g
  • 店頭予想売価:税込み1,480円

DPS3X1

  • DPTM3xシリーズ専用 1セット(フロントx1、リアx1)
  • 素材:超高分子ポリエチレン
  • 厚さ:約0.5mm
  • 市場想定売価 税込\980

型番:DPSAX1

  • 汎用マウスタイプ(入り数8)
  • 素材:超高分子ポリエチレン 
  • 厚さ:約0.5mm
  • 市場想定売価 税込\980-

情報元

関連ニュース

negitaku Negitaku.org 15周年記念ゲーミングマウスパッド『ZOWIE G-SR』“電競元年”エディション当選者発表

zowie-ngtk-15

当サイトの15周年を記念する『ZOWIE』の限定ゲーミングマウスパッド プレゼントの当選者を発表いたします。

Negitaku.org × ZOWIE G-SR “電競元年”エディションモデル 当選者発表

今回はフォームに回答を入力するという少し面倒な応募方法としましたが、446件も回答をいただきました。内容については全て拝見させていただきました。様々なご意見ありがとうございます。

回答いただいた中から、20名の当選者を決定し登録いただいたTwitterにご連絡済みです。ご確認よろしくお願いいたします。

当選者

  1. Japan misshi - https://twitter.com/misshi347
  2. Japan いたちょう - https://twitter.com/i7ach0
  3. Japan Hollcraft - https://twitter.com/h0llcraft
  4. Japan Nassjas - https://twitter.com/Nassjas_cf
  5. Japan lapion - https://twitter.com/a_life_for_you
  6. Japan Norisen - https://twitter.com/n0risen
  7. Japan 熊餃子 - https://twitter.com/KumaGyoza
  8. Japan MatsuEila - https://twitter.com/tyunn_break
  9. Japan HIRAMEte0r - https://twitter.com/HIRAMEte0r
  10. Japan OooDa - https://twitter.com/OooDa
  11. Japan akimbo - https://twitter.com/akimboshi
  12. Japan xyun - https://twitter.com/xyunuyx
  13. Japan EROC - https://twitter.com/erocCSGO
  14. Japan desho - https://twitter.com/deshooooo
  15. Japan おいらがマサオ - https://twitter.com/MitigusaDouann
  16. Japan ITEYA - https://twitter.com/ITEYA
  17. Japan gizzard - https://twitter.com/nr_gizzard
  18. Japan oitaN - https://twitter.com/oitaN_JP
  19. Japan TMjpg - https://twitter.com/tmjpg
  20. Japan Chocorental - https://twitter.com/chocorental

『ZOWIE』の新たな展開が続く

今回のマウスパッドコラボ以外にも、『ZOWIE』の新たな日本展開が実施されています。

グローバルでは、気になる新マウスも発表されました。

現状、日本での発売はまだ未定となっています。
『ZOWIE』の最新情報はTwitterアカウント @ZOWIE_eSport_JPでチェックすることが出来ます。

当サイトでも紹介していきますのでよろしくお願いいたします。

関連ニュース

negitaku Negitaku.org 15周年記念ゲーミングマウスパッド『ZOWIE G-SR』“電競元年”エディションを20名様にプレゼント

当サイトの15周年を記念する『ZOWIE』の限定ゲーミングマウスパッドを、20名様にプレゼントいたします。

Negitaku.org × ZOWIE G-SR “電競元年”エディションモデル

2017年8月24日、Negitaku.orgは15周年を迎えました。これを記念し、『BenQ』のゲーミングブランド『ZOWIE』より、限定モデルのゲーミングマウスパッドを制作・プレゼントしていただけることになりました。

『ZOWIE』と当サイトのコラボゲーミングマウスパッドは7周年の時にも実施。
今回は、『ZOWIE』の定番布系ゲーミングマウスパッド『G-SR』(横480mm×縦300mm×厚さ3.5mm)に特別デザインを入れたモデルとなります。

zowie-ngtk-15
15周年モデル(2015年)

ZOWIE GEAR CM2 本体
7周年モデル(2009年)

「電競元年」は「eスポーツ元年」を意味します。台湾BenQとのコラボなので、中国語にしてみました。

日本では毎年「eスポーツ元年!」と言われますが本当の「eスポーツ元年」がやって来ることを願うと共に、毎年そんな状況ながら15年サイトを続けておりますという意味も込めています。

世界地図は、日本からeスポーツに関する情報を発信していることを表す他、日本のゲーマー達が世界でより活躍することを期待してデザインに入れていただきました。

eスポーツのためのゲーミングデバイスを展開する『ZOWIE』

『ZOWIE』のゲーミングデバイスは明確に「eスポーツ」に特化して作られています。
その哲学については、下記のインタビューでより詳しく知っていただく事が出来ます。

『ZOWIE』はBenQに買収され、同社の傘下となりました。
個人的に創業者であるVincent氏による「eスポーツのためのデバイス」というマインドが失われてしまわないかと不安でしたが、2016年に台湾のBenQ本社を訪れ広報やマーケティングの方とお話しする機会がありましたが、Vincent 氏のマインドがしっかりと受け継がれていました。

また、今回のマウスパッドコラボを始め今後の日本展開を担当されるマーケティングの方も、「ZOWIEをもっと日本のeスポーツプレーヤーに人に知ってもらいたい。使ってもらいたい。そして日本のeスポーツ発展に貢献したい」ということで、さまざまな施策を考えてくれています。今回のコラボパッドもそんな取り組みの一巻です。

『ZOWIE』のデバイスはこの数年間の間にかなり評価をあげ、特にヨーロッパやCISエリアのCS:GOプロゲーマーたちには高い信頼を得ています。Liquipediaの登録データによると、ゲーミングマウスはCS:GOプロ156人中94人(約60%)が使用するほどとなっています。

zowie-2

zowie2
写真提供: ZOWIE

今回のプレゼント企画を通じて、『ZOWIE』を知ったりデバイスを使ってみようかなと思うきっかけになってくれたらうれしいです。

応募方法

  • 応募フォームのアンケートにご回答ください
  • 抽選で20名様にプレゼント
  • 発送時期: マウスパッドが到着後、順次発送します 2017年10~11月予定
  • 送料はサイト運営者が負担いたします
  • 当選者にはフォーム内に記入いただいたTwitterアカウント宛てにご連絡します。サイトでも発表します。
  • 締め切り: 2017年10月22日(日)24時
  • フォーム: https://goo.gl/forms/mXtykes6MUGHJ8L33

これまではTwitterのフォローとリツイートという方式でしたが、1/3近くがプレゼント応募業者のアカウントであまり良いやり方では無かったなと感じたので、今回のものは面倒な入力をしてでもマウスパッドが手に入れたいと思っていただける方にご参加いただければと思います。

ZOWIEは今後、さまざまな日本での展開を計画中

今回のコラボ以外にも、ZOWIEの担当者と少人数で行なう製品体験会などが計画されています。

こちらは現状日程などは決まっていませんが、どのくらい興味がある人がいるのかや日本のゲーマーの実態を調査したいということのようですので、興味がある方は回答してみてください。

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『SteelSeries』の新ゲーミングマウスパッド『QcK Limited』や『CS:GO』コラボモデルが7/7(金)より国内販売開始

『SteelSeries』がゲーミングデバイス4製品を2017年7月7日(金)より国内販売することを発表しました。

『SteelSeries』のゲーミングデバイス4種類が国内販売決定

7月7日(金)より国内に登場するのは、『SteelSeries』の定番ゲーミングマウスパッド『QQcK』シリーズの新ラインナップ『QcK+ Limited』と『QcK Limited』。表面には光学式・レーザーどちらのセンサーを搭載したマウスでも正確にトラッキングする新たなマクロファイバー素材を採用した他、マウスパッドのフチにステッチ加工が追加され、ほつれの防止や耐久性の向上が図られています。

QcK Limited

また、『Counter-Strike: Global Offensive』に登場するゲーム内アイテムのデザインを採用したコラボモデル・ゲーミングマウス『Rival 300 CS:GO Hyper Beast Edition』とゲーミングマウスパッド『QcK+ Hyper Beast Edition』も発売となります。

Rival 300 CS:GO Hyper Beast Edition

QcK+ Hyper Beast Edition

これらは、公式オンラインショップおよびSteelSeries製品取り扱い店での取り扱いで販売されます。CS:GOコラボモデルの方は、一部の店舗限定となります。

価格

  • Qck Limited: 2,580 円(税別)
  • QcK+ Limited: 3,280 円(税別)
  • Rival 300 CS:GO Hyper Beast Edition 8,400 円(税別)
  • QcK+ Hyper Beast Edition 2,580 円(税別)

情報元

  • プレスリリース

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス デザイン付きの布系ゲーミングマウスパッド『ZOWIE G-SR-SE Mouse Pad』発表

zowie-newpad

『BenQ』のゲーミングブランド『ZOWIE』が、布系ゲーミングマウスパッド『ZOWIE G-SR-SE Mouse Pad』を発表しました。

ZOWIE G-SR-SE Mouse Pad

『ZOWIE G-SR-SE Mouse Pad』は黒一色の『ZOWIE G-SR Mouse Pad』のデザインありバージョンとでもいうべきゲーミングマウスパッドです。

『G-SR-SE』は青色をベースとし表面に『ZOWIE』のブランドロゴがデザインされています。このデザインがマウスの邪魔することはなく、スームスで一貫性のある滑りはそのままとのこと。ただ、「G-SR」とは異なる感覚となるそうです。

特徴

  • 「G-SR」とは異なるスムースで一貫性のある滑り
  • 裏面にラバーを採用し、様々な面上での安定性を向上
  • 全タイプのマウスと互換性あり
  • サイズ: 横480mm × 縦400mm ×厚さ3.5 mm

発売の時期や価格については今のところ明らかにされていません。

『G-SR-SE』シリーズには、今回発表されたもの以前に、世界最高峰のCS:GOサイト『HLTV.org』モデルが存在しています。

zowie-hltv

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 鉄製パネルをベースにした布系ゲーミングマウスパッド『ROCCAT Dyad』が2017年5月下旬に発売

roccat-dyad

鉄製パネルに布系素材を貼り合わせたゲーミングマウスパッド『ROCCAT Dyad』を2017年5月下旬に発売開始となります。

『ROCCAT Dyad』

『ROCCAT Dyad』は、強化スチールパネルをベースとし表面に滑りやすさと止めやすさを両立する高精細な布を採用したゲーミングマウスパッドです。
これにより、布ながらも硬いマウスパッドになり、おそらく一般的な布系マウスパッドよりもなめらかな滑りを実現しています。

特長

  • ROCCATオリジナル高精細クロスを採用
  • スティール製コアを採用することで長期間安定した操作性を持続可能
  • 接地面に強力に固定可能なノンスリップラバーを底面素材として採用
  • 布系でありながら1.5mm厚という極薄仕様を実現
  • 滑りやすさと止めやすさをこれまでに無い高いレベルで実現
  • ほつれ防止加工済エッジを採用

マウスパッドの詳細については、公式サイトには掲載されておらずプレスリリースのみの情報となっていました。

発売時期は2017年5月下旬で、価格は4,980円(税別)となります。

情報元

  • プレスリリース

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『SteelSeries』が世界初を謳う両面仕様の光るゲーミングマウスパッド『QcK Prism』を発表

QcK Prism

『SteelSeries』が両面仕様の光るゲーミングマウスパッド『QcK Prism』を発表しました。

SteelSeries QcK Prism

『SteelSeries QcK Prism』はLEDライトを搭載した土台に、「布」「プラスチック」の両面仕様となるサーフェスを自分の好みに合わせてセット可能なゲーミングマウスパッドです。

公式サイトでは「The world's 1st dual-surface RGB mousepad(世界初となる両面仕様の光るゲーミングマウスパッド)」と紹介されていました。

こちらの製品は、ライバルブランドである『Razer』が2015年5月に発売した『Razer FireFly』と似たような感じだなというのが第一印象でしたが、公式サイトをみたところ下記のように堂々と比較画像が掲載されており驚きました。

SteelSeries QcK Prism vs. Razer FireFly

表面を2タイプから選べることやLEDを発光させるために必要なケーブルをサイドに配置する事でマウスのケーブルとクロスしない工夫が行なわれている他、LEDライトゾーンが独立している点で優れているとのことです。

サイズは縦292.4mm×横356.71mm×厚さ8.68mmで、価格は74.99ユーロ(約9,096円)となっています。

他社の後発となる製品を公式サイトで比較紹介した上に、eスポーツ向けのデバイスとしてあまり需要があるとも思えないものが出してきて、「SteelSeriesどうしちゃったんだろう」というのがこのマウスパッド発表に対する率直な気持ちです。

SteelSeriesの公式サイトには、自身のブランドについて以下のように説明されていました。

We are gaming
SteelSeriesは、eSportsと世界中のコアゲーマーのためにデザインされた、
画期的な新製品を生み出すことで、ゲーミング業界に刺激を与え続けています。

https://jp.steelseries.com/about

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Razer』から厚さ0.5ミリの極薄ゲーミングマウスパッド『Sphex V2』『Sphex V2 mini』が登場、4/28(金)より国内販売開始

Sphex V2

厚さ0.5ミリの極薄ゲーミングマウスパッド『Razer Sphex V2』『Razer Sphex V2 mini』が4/28(金)より国内販売開始となります。

『Razer Sphex V2』シリーズ

『Razer Sphex V2』シリーズは、マウスパッドを設置するデスクの表面との段差を限りなく小さくすることを目指して開発されたゲーミングマウスです。

オプティカル・レーザーセンサーマウスの両方に対応し、マウスの素早く正確な動きが可能となるよう最適化されています。0.5mmと極薄ながら、ポリカーボネート素材を採用することで衝撃や切り裂きに対して高い強度を実現しているとのこと。

また、裏面には粘着性がありデスク等に貼り付けることが可能で、これによりマウスパッドのズレを極力減らすことが出来ます。

サイズ

  • Razer Sphex V2 : 横355mm×縦254mm×厚さ0.5mm
  • Razer Sphex V2 mini : 横270mm×縦215mm×厚さ0.5mm

価格は共に税抜きで通常版が2,280円、ミニ版が1,280円となっています。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar