Negitaku.org esports > > 犬飼 博士

タグ

esports(eスポーツ) eスポーツプロデューサーの犬飼博士 氏とゲームクリエイターの飯田和敏氏がゲーム & 音楽イベントを計画中

日比谷公園大音楽堂eスポーツプロデューサーの犬飼博士 氏とゲームクリエイターの飯田和敏氏がゲーム(eスポーツ)& 音楽のイベント開催を計画しているとのことです。

イベントは 1 年後に日比谷野外音楽堂での開催を予定としており、eスポーツ大会やライブなどを組み合わせたものを計画しているとのこと。

SNS 『mixi』内のコミュニティでイベントについての議論が行われており、イベント開催の参加希望なども受け付けられています。

興味のある方は以下のページをご覧下さい(要アカウント)。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 2009 年 7 月 20 日発行の『スポーツ産業新報』に eスポーツプロデューサー犬飼博士氏のインタビュー掲載

スポーツ産業新報2009 年 7 月 20 日発行の『スポーツ産業新報』に eスポーツプロデューサー犬飼博士氏のインタビューが掲載されています。

『スポーツ産業新報』は毎月 3 回 1・10・20 日に発行されているスポーツ業界向けの専門誌です。

今回は、IT 化するスポーツとスポーツ化するゲームの融合領域として注目を集める eスポーツについて犬飼氏へインタビューが行なわれています。

インタビューでは、犬飼氏も参加したという経済産業省と(社)スポーツ健康産業団体連合会が今年の 3 月に実施した「現代のスポーツ健康産業の新たな課題とその対応策に関する調査研究」調査結果から、「時代が求めるのはカジュアルなスポーツ」「eスポーツはスポーツを始めるきっかけになると思う」という回答が 50% を占めた、といったような調査結果に基づく現状報告や今後の予測などが語られていました。

また、「スポーツ産業と IT、ビデオゲーム産業が結びつくとどのような産業が生まれると思いますか」という興味深い質問もされており、犬飼氏は「スポーツ産業は年間約 10 ~ 15 兆円、ビデオゲーム産業は年間約 3 兆円(輸出含む)。この 2 つの産業が eスポーツというコンセプトを取り入れて製品やサービスを投入してくるようになると産業として大きく伸びていくのではないか。(中略)日本からも世界に対して新しいビジネスモデルを作っていくべきであり、eスポーツを確立することはスポーツ、ゲームの双方の産業発展に大きく寄与する」と答えています。

購読以外では図書館などで見ることが出来るのでしょうか。
もし、見ることが出来る方はチェックしてみて下さい。

西山さん情報提供ありがとうございました。

関連ニュース

esports(eスポーツ) オンラインゲーム産業の市場動向調査報告書『オンラインゲーム白書2009』発売中

オンラインゲーム白書2009オンラインゲーム産業の市場動向調査報告書『オンラインゲーム白書2009』が5月29日より発売開始となっています。

オンラインゲーム白書2009

『オンラインゲーム白書2009』は以下のように4章立てとなっており、A4版176ページ、価格:38,000円(消費税・送料込み)となっています。

  • 第1章 市場動向
  • 第2章 業界動向
  • 第3章 タイトル分析
  • 第4章 ユーザー調査

詳しい内容については、オンラインゲーム白書2009の目次ページで見ることが出来ます。

個人的に興味深そうなのは、第2章 業界動向に掲載されているという以下のコラムです。

  • 「Steam」はオンラインゲーム界のGoogleになるか?
    • 犬飼 博士[エウレカコンピューター株式会社 GoodPlayer.jp eスポーツプロデューサー]

個人で買うには厳しい価格なので手が出ませんが、おもしろそうですね。
犬飼さんによると、eスポーツについても少し触れられているそうです。

詳細や購入については、公式サイトをご覧下さい。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar