Negitaku.org esports > > Angel Munoz

タグ

esports(eスポーツ) 『Cyberathlete Professional League』創設者 Angel Munoz 氏インタビュー

Angel Munoz

Cyberathlete Professional League(CPL)』の創設者 Angel Munoz 氏のインタビューが掲載されていました

CPL が 2008 年 8 月にアラブの投資グループに買収され、今月初旬に新体制によるイベントの開催が中国にて行われました

インタビューは充実した内容の良インタビューとなっています。
翻訳サイトを通したらかなりキレイに出てきたので、手抜きで申し訳ないですが以下から直接ご覧下さい。

気になる点を紹介すると以下のような感じです。

  • CPL の後は、Angel Munoz 氏の会社が 14 年ほど前に開始したゲームのニュースやレビューサイト『Adrenaline Vault(www.avault.com)』プロジェクトを再開した。
  • 当初の予定では、Angel 氏が新 CPL の株 10% を保有し、役員となるはずだったがそうはならなかった。現在の CPL には優秀な人材が多く、自身の役割はないと思っている
  • 新 CPL がアジアの巨大なゲーミング市場にターゲットを合わせて運営していることは非常に理論的だと思う
  • eスポーツ向けの FPS 『Severity』開発プロジェクトは継続されていない。パブリッシャーにその価値を確信させることが出来なかった。様々なノウハウは他のプロジェクトに利用できると考えている。
  • 今後、巨大な eスポーツイベント運営などの中心となるつもりはない。
  • 当時億単位の給与を得ていたというウワサについて否定。給与は CEO としてはかなり安い 6 ケタ台だった(数千万円?)。CPL の運営には給与だけで 100 万ドル、さらに賞金・税金・弁護士費用・広告費などがかかっていた
  • 両親の故郷であるプエルトリコのゲームイベント『Puerto Rico Association of Gamer』のアドバイザーを無償で務めている。
  • 競技的なソーシャルプラットフォーム『Online Combat Arena』のベータ版を 11 月 14 日にローンチ予定。
  • 最近は Left 4 Dead(Expert - Death Toll)や Uncharted 2 のシングルをプレーしており、Borderlands を始めた。Modern Warfare2 を楽しみにしていて、息子は特典の暗視ゴーグルを欲しがっている。

これだけでもかなりの量になってしまいました。
Angelさん何しているんだろうね、という話題はよくしていたのですが、いろいろとご活躍のようで何よりです。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar