タグ

PC・ゲーミングデバイス BRZRK 氏によるゲーミングマウス『EC2 eVo』レビュー

EC eVo

BRZRK 氏によるゲーミングマウス『EC2 eVo』のレビューが 4Gamer.net に掲載されています。

EC eVo

ゲーミングマウス『EC2 eVo』は、『EC』シリーズのセンサー変更、表面のラバー加工化、対応ポーリングレート追加などの変更を行なった光学式のゲーミングマウスです。

こちらの変更は、『EC』シリーズで採用していた光学式センサーが生産終了となったことをきっかけに行なわれたというエピソードがあります

レビューでは、持ちやすさ、ホイールの感触、マウスパッドでの動作検証の他に、EC2と EC2 eVo を分解をしてのパーツ比較も行なわれていました。

レビューのまとめでは以下のように書かれていました。

他社製品でよく見られるような設定用ソフトウェアや,カスタマイズ可能な追加といったギミックはほとんど何もないのは人を選ぶだろう。個人的には,「USBコネクタの抜き差し」というレポートレート変更法を面倒だとも感じる。ただ,俗にいう「IntelliMoues Explorer 3.0クローン」としては上々であり,EC2でZOWIE GEARが到達したかったのであろうレベルに,EC2 eVoはようやく到達した印象を強く受けるのも,また確かだ。

この他にも、これまで BRZRK 氏が使用しているたゲーミングマウスから乗り換えを考えるというコメントもあり、BRZRK 氏としては評価の高いマウスだったようです。

レビューの詳細は以下からご覧ください。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス BRZRK 氏によるゲーミングマウス『SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition』レビュー

SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition

BRZRK 氏によるゲーミングマウス『SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition』のレビューが 4gamer.net に掲載されています

SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition

『SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition』は『SteelSeries Kinzu』の後継となる左右対称デザインで 4 ボタン(左、右、マウスホイール、CPI 切り替え)の光学式ゲーミングマウスです。

センサーの最大読取速度と最大加速性能が向上した他、マウスの表面がザラザラした加工から光沢のあるものに変更、オムロン社製のボタンスイッチやテフロン製ソールを採用している点が『SteelSeries Kinzu』と異なります。

BRZRK 氏はレビューにて以下のようにまとめていました。

以上,Kinzu v2 Proを見てきたが,コンパクトにそつなくまとまってきた印象を受ける。少なくとも,Kinzu Opticalのデビュー時にあった不安がないので,とりあえず手を出しても大丈夫,というのは大きい。

 で,取捨選択だが,一昔前ならともかく,現在は多くのゲーマーがサイドボタンを活用しており,さらに,9ボタン仕様を採用したLogitech(ロジクール)の「Gaming Mouse G300」がKinzu v2 Proより安価で流通しているわけで,「安価で小型のマウスだからサイドボタンはなくてもいいよね」という言い訳はもはや通じないだろう。その点で,Kinzu v2 Proは人を選ぶマウスといえそうだ

また、センサー直線補正テストでは前回の「へのへのもへじ」に続き「つるニハ○○ムし」が描かれており謎の BRZRK ワールドが展開されていました。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス BRZRK 氏によるゲーミングマウス『Vengeance M60 Performance FPS Laser Gaming Mouse』レビュー

Vengeance M60 Performance FPS Laser Gaming MouseBRZRK 氏によるゲーミングマウス『Vengeance M60 Performance FPS Laser Gaming Mouse』のレビューが 4gamer.net に掲載されています

Vengeance M60 Performance FPS Laser Gaming Mouse

『Vengeance M60 Performance FPS Laser Gaming Mouse』は 8つのボタン、ウェイト調整システム、スナイパーボタンを搭載し FPS に特化して作られたというレーザーセンサー式のゲーミングマウスです。

Vengeance M60の実勢価格は6000円程度(※2011年2月11日現在)で,ゲーマー向けマウスとしてはミドルクラス帯に属するが,競合製品を差し置いて選ぶべきかと聞かれたら,「お勧めはしない」と返すことになる。ゲーマー向けマウスとして必須の機能は揃っているが,使い勝手面の問題点を無視できないからだ。
 どうしてもこの未来的なデザインが気に入ったというのでもない限り,同価格帯の他社製品を購入したほうがいいだろう。

個人的には本体重量 160g、ウェイト調整機能、そしてスナイパーボタン搭載という時点でレビューのマウス補正テストで描かれた「へのへのもへじ」のような顔になってしまいました。

情報元

PC・ゲーミングデバイス 雑誌『週刊アスキー』2011年3月15日号に有名 FPS プレーヤー BRZRK 氏、uNleashed 氏が登場するゲーミングデバイス特集掲載

『週刊アスキー』2011年3月15日号本日発売の雑誌『週刊アスキー』2011 年 3 月 15 日号に、有名 FPS プレーヤーの BRZRK 氏、uNleashed 氏が登場するゲーミングデバイス特集『超トッププレイヤーが選ぶベストギア』が掲載されています。

超トッププレイヤーが選ぶベストギア

『超トッププレイヤーが選ぶベストギア』は 114 ページに掲載されており、お 2 人がオススメのデバイスや使い方などを紹介しています。
こちらの特集は Web サイトと連動しており、下記のスケジュールで動画記事がアップされる予定です。

公開スケジュール

  • 3月1日(火)19時公開 マウス編
  • 3月2日(水)19時公開 キーボード編
  • 3月3日(木)19時公開 ヘッドセット編
  • 3月4日(金)19時公開 モニタ編
  • 3月5日(土)19時公開 マウスパッド編

現在は予告動画を以下で見ることが出来ます。

週アス連動動画:超トッププレイヤーが選ぶゲームギア

BRZRK 氏uNleashed 氏

また、情報元の記事ではジャパニーズ フェイマス ラーメンマスタースタイルのお二人の写真が掲載されています。

情報元

PC・ゲーミングデバイス 『ARTISAN』突発週末ショウルーム&新製品発表会を 2月 13 日(日)14時より開催

ARTISAN国産ゲームデバイスメーカー『ARTISAN』が突発ショウルームイベントをを 2月 13 日(日)14時より開催予定です。

『ARTISAN』突発ショウルームイベント

  • イベント名: ARTISAN 突発ショウルーム開放 & 新製品発表会
  • 日時: 2/13 (日) OPEN:13:30 START:14:00 Close:17:00
  • 場所: ARTISAN 神楽坂ショウルーム
  • 入場料: 無料
  • 出演(予定): 小林社長(BOSS), uNleashed, BRZRK, もみじ(犬)
  • 展示内容: ARTISAN 飛燕 Revision2, ARTISAN 紫電,疾風プロトタイプ, Pad Pad, 鉄壁 等
  • イベントタイムフレーム:
    • 14時~:
      • 飛燕 Rev2, 紫電, Pad Pad プレゼンテーション
      • uNleashed TV 公開収録 お題 『マウスパッドとアタシ』
    • 16時~: フリートークセッション
  • USTREAM: http://bit.ly/ANvkQ

普段はオフィスアワーのみ営業のショウルームを日曜日にオープンし、飛燕 Revision2 や紫電を始めとした、新製品をお試しいただける機会を設けさせて頂きました。

急な開催となりますが、お時間の有る方は是非是非お立ち寄り下さい。
マウスの持ち込みも歓迎いたします!

※先着順でのご入場で、20 名程で入場制限となります。
ご来場予定の皆様はお早めにご来場頂けますようお願いいたします!
※USTREAM のアドレスを追加しました

関連ニュース

StarCraft II イーフロンティア& Razer presents『BRZRKの"PCゲーとかどうですか"(仮)』『スタクラII』を語るぜ!(後編)公開中

BRZRKのイーフロンティア& Razer presents『BRZRKの"PCゲーとかどうですか"(仮)』の『スタクラII』を語るぜ!(後編)が公開中となっています。

BRZRKの"PCゲーとかどうですか"(仮)

『BRZRKの"PCゲーとかどうですか"(仮)』はライターの BRZRK 氏とファミ通.comの編集者のミル☆吉村氏がPCゲームについて自由気ままに語り尽くす動画連載企画です。

前編はゲームの画面が全く出てこないという展開でしたが、ついに後編でプレー画面が登場。
キャンペーン及び AI との対戦の様子が収録されています。
StarCraft II を買ってみようかと思っている人は連載を追っていくとどのようなゲームかわかって良いかもしれませんね(気長ですが)。

BRZRKのPCゲームとかどうですか(仮)第01回後半

情報元

関連ニュース

StarCraft II ファミ通.comにて動画連載企画 イーフロンティア& Razer presents『BRZRKの"PCゲーとかどうですか"(仮)』がスタート

BRZRKのファミ通.comにてイーフロンティア& Razer presents『BRZRKの"PCゲーとかどうですか"(仮)』という動画連載企画がスタートしています。

BRZRKの"PCゲーとかどうですか"(仮)

『BRZRKの"PCゲーとかどうですか"(仮)』はライターの BRZRK 氏とファミ通.comの編集者のミル☆吉村氏がPCゲームについて自由気ままに語り尽くす動画連載企画とのこと。

海外ゲーム輸入販売の『イーフロンティア』、ゲーミングデバイスメーカー『Razer』がスポンサードしている他、機材を『ドスパラ』が提供しているという豪華な企画です。

第 1 回目は、RTS『StarCraft II: Wings of Liberty』が取り上げられていました。
FPS の人というイメージが非常に強い BRZRK さんが StarCraftIIを紹介というのがおもしろいですね。

BRZRKのPCゲームとかどうですか(仮) 第01回前半

情報元

Alliance of Valiant Arms バーサーク軍曹による『AVA れ祭り 2010』 CM& 新兵指南ムービーが公開

バーサーク軍曹による『Alliance of Valiant Arms』のオフラインイベント『AVA れ祭り 2010』の CM 動画、新兵指南動画が公開されています。

AVA れ祭り 2010

『AVA れ祭り 2010』は 4 月 3 日に表参道ヒルズで開催されるイベントで、『Alliance of Valiant Arms SPRING STORM』 オフライン決勝大会、新ゲームモード『Prison Break 2』の先行体験イベント、来場者プレゼント、ゲーミングデバイスメーカーブースの出展などが行なわれます。

AVA れ祭り 2010_ ヒルズの陣開催!「4/3 は表参道ヒルズに集まろう」

バーサーク軍曹が主演している動画ですがツッコミどころ満載です。

また、『「AVA」新兵指南書めっちゃ初心者編第二章 ~ Part 1 ~』も公開されていました。

情報元

関連ニュース

QUAKE LIVE 『ESL Quake Live 1on1 Japan Cup』実況担当 BRZRK インタビュー

ESL Quake Live 1on1 Japan Cup

11月 7~ 8日に開催される Quake Liveの1vs1オンライン大会『ESL Quake Live 1on1 Japan Cup』の実況を担当する Japan BRZRK 氏へのインタビューです。

BRZRK 氏から始まり、何名かの注目選手にインタビューを行なっていくとのことでした。
ESLのtechnics氏が行なったインタビューを日本語と英語で掲載します。

実況担当 BRZRK インタビュー

松崎 'BRZRK(ZEX)' マークESL.technics: Hello BRZRK。あなたをまだ知らない人がいるかもしれないので、自己紹介をおねがいします
BRZRK: BRZRK です。BRZRK は Berzerk を意味しています。2X 歳で東京に住んでいますよ。

ESL.technics: どのようにしてゲーミングや eスポーツの世界に足を踏み入れたか、BRZRK というニックネームの由来などについて教えてもらえますか?
BRZRK: 兄貴が 1997 年に Quake1 の存在を教えてくれて、以来、多くの空き時間をプレーに費やしました。
オンラインゲームをプレーすることはかなり衝撃的で、ハードコアな PC ゲーマーになるのは難しくありませんでした。
しかし、最近では(競技として)真剣にプレーすることは諦めてしまいました。
初めて参加した eスポーツイベントは、友人達と参加した 2000 年の QuakeCon です。
ニックネームの由来については良く覚えていないのですが、バーサーカーのように他のプレーヤー達を倒したかったんじゃないかな。

ESL.technics: あなたは大きな成果を上げたことで日本のゲーミングコミュニティではかなりの有名人です。そのキャリアにおいて、最も衝撃的だったことはなんでしょうか?
BRZRK: テレビで僕の事を見て FPS を知ったというプレーヤーがいるということですね。日本では FPS はメジャーではないので、それを聞いた時は本当にうれしかったですよ。

ESL.technics: カムバックについて考えていますか?再びマウスを手に取って日本や世界の強豪たちと戦うのに必要なことは何でしょうか?
BRZRK: 今は仕事があり、自由な時間を作るのがとても難しくなってしまいました:(
もし僕がカムバックして真剣にプレーするのであれば、仕事を辞めなくてはならないでしょう。そうするのはあまりにも難しいですね。

ESL.technics: Quake シリーズやデュエルタイプのゲームが好きな理由は?
BRZRK: 他のプレーヤーを倒すことは楽しいですし、デュエルは勝者と敗者なるか、それが全てですからね。

ESL.technics: Quake Live が再び eスポーツのリーディングゲームとして成功するのに必要なことはなんだと思いますか?
BRZRK: Quake Live にはより多くのプレーヤーとコミュニティの成長が必要でしょう。そうなれば、多くの支持者が簡単に増えるようになると思います。

BRZRKESL.technics: 日本の eスポーツの現状についてどう思うか、そして将来的にどのようになるかをおしえて下さい。日本の eスポーツの輝かしい未来を守るために変える必要があることはなんでしょうか?
BRZRK: いい質問ですね!現状、多くの人は eスポーツのことを知らないので eスポーツが日本で成功するのは難しいでしょう。マスメディアがゲームプレーヤーを批判するからだと思います。

ESL.technics: ESL Japan Cup の話に移りましょう。あなたは試合の実況を行います。実況を楽しみにしている試合は何でしょうか?
BRZRK: uNleashed 選手の試合を特に楽しみにしていますよ。
彼は日本でかなり有名なプレーヤーですからね。

ESL.technics: トーナメントで誰が優勝すると予想しますか?観客を驚かせるようなプレーヤーは?
BRZRK: それはまだ予想できないですね。
全参加選手がベストなパフォーマンスをしてくれることに期待していますよ :)

ESL.technics: BRZRK 軍曹は QuakeLive や eスポーツについて私たちを指導するために ESL Japan Cup にいらっしゃるでしょうか?
BRZRK: BRZRK 軍曹は登場すると思いますよ :)

ESL.technics: 次は誰にインタビューしたらよいでしょうか?
BRZRK: uNleashed 選手のインタビューを見たいですね。

----

technics 氏はご指名どおり、uNleashed 選手にインタビューを試みる予定とのことでした。
以下は英語版となります。

English version is below.

Interview with ESL QuakeLive 1on1 JapanCup's shoutcaster BRZRK

松崎 'BRZRK(ZEX)' マークESL has interviewed BRZRK who is the shoutcaster for the ESL QuakeLive 1on1 JapanCup. This event will be held online on November 7th and will see the top 32 of Japan compete.

ESL.technics: Hello BRZRK could you please introduce yourself to the people that might not know you yet?
BRZRK: My name is BRZRK, which means Berzerk, I am 2X years old and live in Tokyo.

ESL.technics: Could you tell us a little bit about how you got in to gaming and esports and how it is that you got the nickname BRZRK?
BRZRK: I was introduced to Quake 1 back in 1997 by my brother and it took up a lot of my free time. Playing online games made a huge impact on me and it was not hard to become a hardcore PC gamer, but these days I have given up on playing seriously.
My first e-sports event was in the year 2000 when I went to Quakecon with some of my friends.
(how it is that you got the nickname BRZRK?) Hmmm I can't remember exactly, maybe I just want to frag another player like a berzerker :)

ESL.technics: You are quite famous in japanese gaming for your great accomplishments. What is the thing that has made the most impact on you, during your gaming career?
BRZRK: Some player watched me on TV and got to learn about this type of games for the first time because of that. Even though FPS is still not major in Japan, I was really glad to hear that.

ESL.technics: Are you considering a comeback? What would it take for you to pick up your mouse again and compete with the best in japan or even the world?
BRZRK: I have a job now and with this job it is very difficult to make any free time :(
If I'd want to come back and play seriously, I would have to quit my job. Which is too hard to do.

ESL.technics: What is it that you love about the Quake series and what does the duel gametype mean to you?
BRZRK: Fragging another player is pleasant for me and with duel there can only be one winner and loser, that's all.

ESL.technics: What do you think needs to be changed in QuakeLive to make the game as a success and once again the leading esports game?
BRZRK: QuakeLive needs more players and the community needs to grow. If that happens there could easily be a lot of supporters.

BRZRKESL.technics: Could you tell us what you think about the current state of japanese esports and how you see it move in to the future? What needs to change to secure a bright future for japanese esports?
BRZRK: Good question! It is difficult to succeed in Japan now, because a lot of people don't know about e-sports. I think it is because mass media criticizes the gamers.

ESL.technics: So moving on to the ESL Japan Cup, you will be doing the shoutcasting for the Live feed of the matches. What is the matchup you look most forward to casting? Why this specific matchup?
BRZRK: I am particularly looking forward to seeing uNleashed play since he is quite a famous player in Japan.

ESL.technics: Who do you see winning this tournament and who is going to surprise us?
BRZRK: I can't predict it yet, but I hope all the players will give their best and perform well :)

ESL.technics: Will BRZRK gunso be making a comeback in the ESL Japan Cup to teach us more about QuakeLive and esports in general?
BRZRK: We will see :)

ESL.technics: Who would you like us to interview next?
BRZRK: I would like to see an interview with uNleashed.

関連ニュース

Sudden Attack サドンアタック公式大会『SAOMT2009 Season2』決勝大会が9月5日(土)19時45分より開催

SAOMT(Sudden Attack Official Master Tournament)2009 Season2

サドンアタック公式大会『SAOMT(Sudden Attack Official Master Tournament)2009
Season2』の決勝大会が9月5日(土)19時45分より開催されます。

SAOMT2009 Season2

試合情報

  • 試合日程: 2009 年9 月5 日(土) 20:00 ~ 22:00
  • マップ: ドラゴンロード
  • 出場チーム:
    • Arcobaleno: KoNc、Foce00、OwnLittleWorld、監視人、bonkura.、姫羅
    • All_Blacks: [3]..MinoriN♪、yu^ki、Razer、cillen.、Cutting^Edge、ゆたこぽん
    • quiNtet..: [qNt]..Sacral、[2]..Defuse、[qNt]..Flame、感謝、Akres、CouNterweighT
  • ポイント配分: 勝ち点:3 点、負け点:0 点、引分け:1 点
  • 試合ルール: 3チームの総当たりで獲得ポイントの多いチームが優勝

実況放送

放送日時

  • 2009 年9 月5 日(土) 19:45 ~ 22:15

放送スケジュール

  • 19:45 - オープニング/ルール・対戦マップ解説/決勝リーグ進出クラン紹介
  • 20:00 - 決勝リーグ第1 試合
  • 20:45 - 決勝リーグ第2 試合
  • 21:30 - 決勝リーグ第3 試合
  • 22:15 - 番組終了

MC・実況/解説

KeNNy(解説)
KeNNy『Counter-Strike』プレイヤーとして、WCG2002日本予選優勝。後に国内のトッププレイヤーを揃えたクラン4DimensioN(4dN)に参加。企業がスポンサーとなり日本初のプロゲーマーとなる。現在は、サドンアタックにおいて、公認インストラクターに任命され、数々のイベントに出演中。また、プレイヤーとしても今年開催された「SAOMT Season1」準優勝。「e-stars Seoul 2009SuddenAttack Asia Championship」にも日本代表として出場している。

BRZRK (解説)
BRZRK1997年に伝説のFPSタイトル『QUAKE』と出会う。2000年から『QUAKE 3ARENA』の選手としての活動を開始し、クランDEADLY DRIVEを結成、通称『D2』として活動を開始。翌年からゲームを『Counter-Strike』へと移動させ、国内での大会を4年にわたり優勝率9割という好成績を残す。WCGやCPLといった世界大会に参戦した経験を活かし、いわゆる洋ゲーを扱った文筆業での活動をメインに、さまざまなFPSの大会で実況・解説をこなしている。

mejika (MC/実況)
mejika2006 年に『SpecialForce』と出会い、それがFPS との出会いともなる。ある日、当時無敵を誇っていたクラン「SOL」の募集を偶然目にし、SOL への加入後、FPS の世界へのめり込むこととなる。2008 年に『SuddenAttack』へ活動を移行し、ここからは配信・動画で一部に人気を博し、ネカフェ大会の実況などで名を知られるようになる。

放映ページ

放送は、当日以下の URL にて行われる予定です。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar