Negitaku.org esports > > Bloodline Champions

タグ

esports(eスポーツ) 『Dreamhack Summer 2012』にて賞金 $10,000 の『Bloodline Champions Dreamhack Summer 2012 tournament』開催

Bloodline Champions Dreamhack Summer 2012 tournament

Dreamhack Summer 2012』にて賞金 $10,000 の『Bloodline Champions Dreamhack Summer 2012 tournament』が開催されます。

Bloodline Champions Dreamhack Summer 2012 tournament

  • 開催日: 2012 年 6 月 16 ~ 19 日
  • フォーマット: 3vs3 Arena
  • 参加チーム: 12 チーム(予選 :8 チーム、BYOC 予選 :4 チーム)
  • BYOC トーナメント: シングルイリミネーション
  • メイントーナメント: ダブルイリミネーション
  • 賞金: $10,000
    • 1 位: $6,000
    • 2 位: $3,000
    • 3 位: $1,000
  • 予選
    • 4/29(日)17 時 UTC - Japan 4/30(月)9 時
    • 5/06(日)17 時 UTC - Japan 5/07(月)9 時
    • 5/13(日)17 時 UTC - Japan 5/14(月)9 時
    • 5/20(日)17 時 UTC - Japan 5/21(月)9 時

各予選の上位 2 チームが本戦出場となります。
本戦は全試合が Twich.TV を通じて観戦可能になるとのこと。

昨年大会は女性プレーヤーを含む United States Orz が優勝となっていました。

情報

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『DreamHack Summer 2011』Bloodline Champions 部門で紅一点「Orz」が優勝

DreamHack『DreamHack Summer 2011』にて行なわれた Bloodline Champions 部門で United States Orz が優勝となりました。

Bloodline Champions 部門

United States Orz は過去に World of Warcraft のプロプレイヤーとして活躍した女性プレイヤー、Hafu をリーダーに持つ USA のチームで、今回のトーナメントにはスポンサーからのサポート無しの自費参加でした。

United States Orz と決勝戦を争う事になったのは、BYOC 参加枠から参加したスウェーデンのチーム、Sweden Pubic Transportation で、大方の予想を裏切る形の決勝戦となりました。

両チームとも勝者側、敗者側のブラケットに違いはあるものの、トーナメントに参加したプロチーム、SK-Gaming、Dignitas、x6tence、Zowiegear.com の 4 チームをことごとく撃破しての進出となり、皆を驚かせていました。

順位

  • 1 位: United States Orz - $6,000
    • United States Bryan "Iverson" Chase
    • United States Rumay "Hafu" Wang
    • United States Patrick "Megazero" Glinsman
  • 2 位: Sweden Pubic Transportation - $3,000
    • Sweden Viktory
    • Sweden Dandido
    • Sweden HybriD
  • 3 位: Sweden SK Gaming - $1,000
    • Sweden Rasmus "r3x" Tikkanen
    • Sweden Sebastian "chipshajen" Widlund
    • Norway Mathias "Jackazzm" Ludvigsen

Orz
Orz

Orz がトーナメントを通して使用した、Astronomer(Healer)、Alchemist(Healer)、Ravener(Melee DPS)の 2Healers 1DPS 編成の威力はすさまじく、セミファイナルの SK Gaming との試合以外は、1 つのマップも落とすことなく勝ち進み、決勝でもほぼストレートでの勝利を見せました。

今後、様々なプロチームが Orz の獲得に動き出すと噂されており、盛り上がりを見せる Bloodline Champions のプロシーンと共に目が離せません。

試合の動画や、ブラケットは下記よりご覧になれます。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『ZOWIE GEAR』 が Bloodline Champions チーム Ugabugabuga のスポンサードを開始

Bloodline Champions

ZOWIE GEAR』 が Bloodline Champions チーム Ugabugabuga のスポンサードを開始したことを発表しました

ZOWIE to sponsor Ugabugabuga

Bloodline Champions は 2011 年 1 月 13 日にリリースされたばかりのeスポーツタイトルです。

ZOWIE GEAR は Counter-Strike等のメジャータイトルではなく、まだあまり馴染みのないこのタイトルのチームをスポンサードする事について、「メジャーなタイトルだけでなく、素晴らしいポテンシャルを持つ小さなタイトルもサポートすることが競技ゲーミング全体をサポートすることにつながるため」と説明しています。

契約期間は、2011 年 6 月 18 ~ 21 日にスウェーデンで行われる『 DreamHack Summer 2011 』までとなっており、チーム名を ZOWIE または ZOWIEGEAR.com として活動していくことになるそうです。

ZOWIEGEAR.com

  • Denmark Niels "mr2" Rosenberg
  • Denmark Anders "Zheant" Wah
  • United Kingdom Ryan "Crew" Savitski

リリースではなぜだか Crew 選手がハローキティーグッズのコレクターである事が紹介されていました。

チームは『ESL: 3v3 Challange』の #1 で 3 位に入賞、総合ランキングでは 5 位につけています。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) SK Gaming が Bloodline Champions 部門の設立を発表

Bloodline Champions

プロゲームチーム SK Gaming が 『Bloodline Champions』部門の設立を発表しました。

SK Gaming adds BLC squad

SK Gaming が契約したのは、BLC のローンチイベントにて行なわれた『SteelSeries Cup』で圧勝した In Soviet Russia のメンバー達です。

全員が 20 歳以下ですか、中でも r3x 選手は 15 歳と非常に若いプレーヤーとなっています。

SK Gaming

  • Norway Mathias "Jackazzm" Ludvigsen - 20 歳
  • Sweden Sebastian "chipshajen" Widlund - 19 歳
  • Sweden Rasmus "r3x" Tikkanen - 15 歳

チームはこの他にも、『BLC beta EU All-Star Cup』『BLC beta Championship』『Battle of the titans』で優勝している他、『BLC beta Razer Cup』で準優勝と現在の世界ナンバーワンと行って良い成績を収めている他、『BLGaming KTK tournament』で 5 週連続勝利の記録を継続中とのこと。

SK Gaming は、ヨーロッパを対象としたトーナメント大会『glhf.gg Cups』および夏に開催される『DreamHack Summer 2011』に出場予定です。

BLC の eスポーツマネージャーを務める James "2GD" Harding 氏らが運営している BLC のコミュニティサイト『glhf.gg』のドメインが格好良すぎです。

情報元

関連ニュース

Game 『Bloodline Champions』の開発スタッフが IRC で Q&A セッションを開催

Bloodline Champions

2011 年 3 月 3 日の深夜 3 時(日本時間)に IRC Quakenet 系の #Bloodlinechampions にて、 ハイペースなアリーナアクションを楽しめる『Bloodline Champions』の開発を行っている Stunlock Studio のメンバーによるユーザー向けの Q&A セッションが行われました。

『Bloodline Champions』Q&A セッション

Q&A セッションのログはこちらで公開しており、終始質問が途切れることなく、下らない質問もちらほらと出ながら、朗らかな雰囲気で進められていました。

Q&A セッションの後には、無料アカウントに入力することで、4 体の Bloodline や 17,000 Bloodcoin が手に入るスターターキーの配布が行われました。

スターターキーをこの記事でプレゼントしようと、途中まではリアルタイムでがんばって見ていたのですが、眠気に負けてしまったので、また次の機会にご期待あれ。
ログが長いのでかなり端折っていますが、重要と思われる部分を意訳したものを下記にまとめておきました。

3 月 16 日予定のパッチでの変更予定

  • Bloodline を 1 体追加(以前ブレードマスターとして紹介されたもの)
  • 新しいシーズン開始
  • ゲーム内のトーナメントシステムの実装
  • エモートの実装
  • シーズン、マッチメイキングシステムの改善
  • Conquest モードとマップの改善
  • マップの追加
  • T アウトフィットの追加(Thron、Psychopomp?)
  • Bloodline のバランス調整(Seeker の ultimate 変更、Psychopomp の調整、etc)

ゲーム内に関して

  • トーナメントシステムの詳細は来週発表
  • クランシステムは 4 月に実装予定
  • 次に追加される Range DPS は魔法使い(mage)っぽい感じになる
  • ラダーやトーナメントでよい結果を残した人たちしか手に入れられないアイテムを企画中
  • リプレイシステムはすごくやりたいけど、具体的にはまだ進んでいない
  • 次に追加されるであろう言語の最有力候補はロシア語と韓国語
  • アジアサーバーの具体的な予定はないが、機会は常に探している。東南アジアから引き合いがあったので、実現に向けて話し合いを行っている。
  • アニメーションは敵の動きを読むための重要な要素なので、男性、女性スキンでアニメーションが一緒なのを直す予定はない

ゲーム外に関して

  • 友達をゲームに誘って特典をゲットする系のキャンペーンを企画中
  • Steam でのゲームの販売は将来的にはやりたい、Steam とは話している最中
  • もっとプロモーションとかやって人増やしてくよ
  • Xfire に対応するよ

興味深かったのは「BLC を eSports タイトルとして定着させ、PainKiller のように消えてしまうようなタイトルにしないためにはどういう取り組みをするのか?」という質問に、BLC の eSports Manager である James "2GD" Harding 氏が 「BLC を eSports として継続させていくのは、自分自身とコミュニティーの責任だと思っている。そこに競技コミュニティーがある限り、様々な人が参加できるイベントを年間を通して行っていくよ。」と答えていました。

また、「BLC は少なくてもあと 5 年は eSports タイトルとしての寿命はあると思う」と続け、eSports タイトルとしての BLC を長いスパンでサポートしていく姿勢を見せていました。

その他にも、「BLC でプロチームを作ろうっていう動きはあるの?」という質問に対して、「SK Gaming と Team Dignitas はチームを審査していて、この前に話した時は Fnatic もチームを探していたはず。Druidz ではすでにチームが出来ているよ」と答え、プロゲーミングチームの大御所もすでに競技としての BLC に注目している事を示唆していました。

じわじわと盛り上がりを見せてきた Bloodline Champions は、現在 US、EU にてサーバーが稼動しており、日本からの接続、無料でのプレイも可能です。

ゲームの導入方法や情報は Bloodline Champions Wiki にてご覧になれますので、ぜひチェックしてみてください。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Bloodline Champions』のロンチイベント開催、Dreamhack のオフィシャルゲームが明らかに

Bloodline Champions

ハイペースなアリーナアクションを楽しめる『Bloodline Champions』のロンチイベントの一日目が ストックホルムの『Inferno Online』にて開催されました。

イベントには有名プロゲーマーも参加しており、噂によると元プロゲーマーの Abdisamad "SpawN" Mohamed 氏も会場に姿を見せたようです。

イベント内では『Bloodline Champions』を開発している Stunlock Studio のスタッフがプレゼンテーションを行い、今後追加される機能や Bloodline について言及していました。

システムについて

  • Tournament システムの実装
  • マッチメイキングを改善

新 Bloodline の追加(Sword Master)

Sword Master

エモートの追加 (元ネタは YouTube のスターウォーズ少年)

その他にも今後、賞金や賞品がついた公式のトーナメントが毎週ベースで行われ、毎月ベースでそのトーナメントのファイナルも行われるようになる事が発表されています。

同日に行われた SteelSeries Cup では、若干 15 才ながらプロ入りも確定している r3x 選手の率いるチームが圧倒的な勝利をおさめています。

DreamHack オフィシャルゲーム第1弾発表

Dreamhack』のメンバーもイベントに参加し、Dreamhack の競技種目に『Bloodline Champions』の 3vs3 が種目に加わるのも正式に発表されました。
『Bloodline Champions』大会の賞金総額は 10,000USD になるのも同時に発表されており、競技としての BLC がいよいよ始まるといった感じです。

また、Bloodline Champions とは関係ありませんが Quake Live の TDM が種目として追加されるのも発表されており、Dreamhack のメンバーが自信満々に語っていました。

DreamHack オフィシャルゲーム第1弾

  • Quake Live (Duel)
  • Quake Live (TDM)
  • Starcraft II (1vs1)
  • Bloodline Champions (3vs3)

盛り上がりを見せてきた Bloodline Champions から今後も目が話せません。
ゲームの導入方法や情報はBloodline Champions Wikiにてご覧になれますので、ぜひチェックしてみてください。

情報元

関連ニュース

Game 有名プロゲーマーも参加する『Bloodline Champions』ロンチイベントが 2 月 4 ~ 5 日にストックホルムで開催

Bloodline Champions

ハイペースなアリーナアクションを楽しめる『Bloodline Champions』のロンチイベントが 2 月 4 日 ~ 2 月 5 日にストックホルムの『Inferno Online』にて開催されます。

Bloodline Champions Launch Event at Inferno Online

Bloodline Champions Launch Event公式サイトにて発表されたポスターには Counter-Strike1.6 から Sweden GeT_RighT 選手や Sweden THREAT 選手、StarCraftII から Germany TLO 選手や Sweden Sjow 選手が参加するものとしており、eSports 界の豪華な面子が集まる予定です。

イベントの詳細は『Level Up TV』にて中継されるそうで、こちらのページにて 2 月 4 日(金)の 22 時(日本時間)から中継が開始される予定です。

ESLTV でお馴染み、現在は『Bloodline Champions』の eSports マネージャーを務める United Kingdom James "2GD" Harding 氏も参加するとしており、イベント内にて行われる、『SteelSeries』主催の『SteelSeries Cup』やその他の対戦イベントでの質の高い実況を見ることが出来そうです。

なお、ゲーム自体は昨日にPatch 1.0.0.6が実装され、バグフィックスやマーケットプレイスへのアイテムの追加が行われました。

中でも Ranid Assasin の新しいアウトフィットが話題を呼んでいます。(注意:コスプレしたヤンキーではありません)

Ranid Assasin

ゲームに関しての詳しい情報やプレイ方法はBloodline Champions Wikiをご覧ください。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) ハイペースなアリーナアクションを楽しめる『Bloodline Champions』の正式サービスが今夜 21 時からスタートか

Bloodline Champions

ハイペースなアリーナアクションを楽しめる『Bloodline Champions』の正式サービスが日本時間の今夜 21 時からスタート予定です。

Release candidate patched today to prepare for launch!

正式サービスに向けたパッチノートも公開されており、大きなところで下記の変更がなされています。

マーケットプレイスの追加

  • Bloodline、武器、アバター、タイトルを含むアイテムをBloodcoinかFuncom Pointで購入可能に
  • ゲームバランスを崩さない見た目を変えるアイテムのみを販売

マーケットプレイス

アチーブメントの追加

  • 一定の条件を満たすことにより獲得可能なアチーブメントを追加
  • アチーブメントを得ると Bloodcoin と Achievement point をボーナスとして獲得可能

アチーブメント

ゲーム全般

  • Slow 効果の重なりの調整と効果の弱体化
  • 一部スキルエフェクトの変更
  • ローダー、ゲームルーム等のグラフィクスの変更
  • 各 Bloodline のスキル調整
  • 移動を若干スムーズにした

公式の発表によれば本日の夕方 5 時にサーバーをダウンさせ、全てが滞りなくすすめば夜 9 時までに正式サービスを開始するとのことです。

昨日の夜中から現在まで、ローダーでエラーは出るものの、パッチを適用し正式サービスのコンテンツをプレイする事は可能になっています。
いち早くコンテンツを試したい方は下記の手順でプレイしてみてください。

手順

  1. Bloodline Champions を起動
  2. エラーウィンドウが表示されるので "ignore this error and attempt to continue" にチェックボックスをいれる
  3. "Send Error Report" か "Don't Send" どちらでもいいのでクリック
  4. もう一度エラーウィンドウが表示される場合があるので同様の操作を行う
  5. パッチの適用が終わったら Play をクリック

マーケットプレイスを覗いてみると、アバターが約 1,700 ~ 3,400 Bloodcoins で、タイトルが約 850 - 6,800 Bloodcoins、Bloodline 本体は約 17,000 Bloodcoins、見た目の変更を行うアウトフィットが約 20,000 Bloodcoins で購入可能になっていました。

Titan エディションを購入していたので確認できない価格もありましたが、3vs3 のカスタムゲームで得られる Bloodcoin が 50 程度、ラダーであればボーナスを合わせて 80 程度なので、がんばれば 1 週間で Bloodline を 1 体購入できる感じでしょうか。

全てのアイテムは Funcom の仮想貨幣である Funcom Point でも購入可能ですが、十分に無料プレイでもやっていける値段設定になっているかと思います。

Glutton(女)Blood Priest(女)Vanguard(女) 等の美女に目が眩んで散財してしまうのは気をつけましょう。(注意 : 画像が若干ショッキングです)

インストールやアカウントの登録方法、そのほかの詳しい情報は Bloodline Champions 日本語 Wiki をご覧ください。

Bloodline Champions : ゲーム紹介

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Bloodline Champions』のオープンベータ開始

Bloodline Champions

ハイペースなアリーナアクションが楽しめる『Bloodline Champions』のオープンベータが開始されました。

Bloodline Champions オープンベータ

このオープンベータ は欧米を対象に行われているものですが、世界中のどこからでも登録でき、無料で参加が可能となっています。
オープンベータには登録ページから参加する事が出来ます(Google Chrome だと動作しないようなので注意)。クライアントはFileplayFileplanet、もしくはtorrentにて入手可能です。

『Blooline Champions』がどのようなゲームか知りたい方は、過去に紹介した記事をご覧ください。また、有志によって日本語の WIKI が公開されていますのでこちらもどうぞ。

『Bloodline Champions 』プリオーダー開始

また、正式版のプリオーダーも開始されており、『Champions Edition』 と『Titan Edition』のいずれかを購入することで、無料でプレイする際には使用制限のある Bloodlines(キャラクター) をアンロックしたり、先日発表された新しい 4 体の Bloodlines をプレイする事が出来るほか、ゲーム内の限定アバターやキャラクターモデルを入手することができます。二つのパッケージと無料プレイの違い、その他オプションの詳細は下記のようになっています。

Free Beta($0)

  • 4 体の Bloodlines のみプレイ可能(一定周期で入れ替わり)
  • ゲーム内ボイスチャット (広告あり)
  • レギュラートーナメントへは参加可能、VIP トーナメントは不可
  • チームスロット: 3
  • アバター、タイトル、キャラクターモデルは通常のもの

Champions Edition($29.99)

  • 16 体の Bloodlines をプレイ可能 (オプションで Bloodlust Upgrade を購入すると新しい 4 体も使用可能)
  • 60 日間の VIP メンバーシップ
  • 600 Funcom Points (約 5EUR)
  • 限定アバターと称号

Titan Edition($89.99)

  • 新しい 4 体を含めた全 20 Bloodlines がプレイ可能
  • 永久 VIP メンバーシップ
  • 2400 Funcom Points (約 20EUR)
  • チームスロット: 5
  • 限定アバターと称号
  • 全 Bloodlines の新しい武器や服装

オプション: Bloodlust Upgrade($9.99)

  • 新しい 4 体の Bloodlines が使用可能になる
  • 新しい武器とアバター付き

オプション: VIP メンバーシップ 60 日間($9.99)

  • 240 Funcom Points (約 2EUR)
  • 詳細な統計データへのアクセス
  • マッチメイキングにて優先
  • ボイスチャットの広告なし
  • Bloodcoin の入手が 10%up、毎週稼げる上限を排除
  • VIP トーナメントに参加可能
  • 難易度 Medium と Hard の Bot をシングルプレイで使用可能

将来的には基本プレイは無料として、パブリッシャーである『Funcom』にて購入できる Funcom Points か、ゲーム内で取得できる Bloodcoins で、新しい Bloodlines をアンロックしたり、アバターや Bloodlines の装備を購入できるとのこと。

ただし、装備等はゲームバランスに影響を与えない、見た目だけのものになるとの情報もあるので、無料系のゲームに良く見られるバランスの崩壊やゲームの競技性は損なう事は無さそうです。

出来るだけ早い段階でYouGame.jpにてゲーム紹介、登録方法等の説明動画をアップする予定なので、ご期待あれ。
迷わず Titan Edition を買った俺はリッチでもないので、明細が届いた時に嫁に殴られます。皆さん、ご利用は計画的に。

Bloodline Champions : ゲーム紹介

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) FilePlanet で『Bloodline Champions』の Closed Beta key 配布中

Bloodline Champions

FilePlanet で『Bloodline Champions』の Closed Beta key が配布中です

Bloodline Champions

『Bloodline Champions』は『World of Warcraft』のArenaライクなプレーが楽しめるマルチプレーアクションゲームです。
過去に skanpo さんが紹介記事を書いてくださったので、ゲームについて知りたい方はまずこちらをご覧ください。

『Bloodline Champions』は現在 Closed Beta フェーズとなっており、ゲームをプレーするには基本的にはすでにアカウントを持っているプレーヤーに招待を受けるしかありません。
今回、FilePlanet でこの Closed Beta Key の配布が行われています。
詳しい数は公開されていませんが、数は限られたものとなっているそうなので興味のある方は早めに申し込むのがよいでしょう。
申し込みには、FilePlanet のアカウントが必要となります。

日本の BLC プレーヤーが制作を進めている日本語 Wiki があるのですが現在はダウンしてしまっているようです。
プレー出来るようになった人は irc.friend-chat.jp の #BLC に行くと情報交換をしたり対戦相手を見つけられるのでジョインしてみてください。

Feena さん情報提供ありがとうございました。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar