Negitaku.org esports > > Counter-Strike Update

タグ

Counter-Strike 『Counter-Strike1.6』アップデート (2013-04-02)

Counter-Strike

『Counter-Strike1.6』がアップデートされました(2013-04-02)。

Counter-Strike 1.6 update released

私たちは Counter-Strike1.6 のパブリックリリースをアップデートしています。
このアップデートには最近の Beta における変更が全て含まれています。
テストや新機能の提案に協力してくださったコミュニティのみなさまに感謝いたします。

Changes in this update are:

  • 古い GPU ドライバをより良く検知し機能をサポートするようにした。これによりブラック画面やグリーンバーのレンダリング問題が修正された
  • ゲームがあなたの選択に基づく正しいアスペクト比を維持するよう、解像度オプションに基づくゲームの letterboxing を追加した。もし、"Normal" (4:3)を選択し widescreen (16:9 or 16:10)モニタでプレーしている場合はアスペクト比を正しく維持するために画面の両端に黒いバーを表示する。4:3 モニタでワイドスクリーンオプションを使用している場合も同様。この挙動をオフにしたい場合は、Steam のゲーム起動オプションに"-stretchaspect"をつける。
  • テロリストが C4 をドロップした時により頻繁に C4 の場所を通知しレーダーに誤った位置が表示されるのを修正した
  • フルスクリーンで起動されモニタが周期をサポートしている時に、モニタの周期を設定する"-freq "コマンドラインのサポートを追加した。ただし CRT モニタ以外では使用出来ない。
  • Counter-Strike, Counter-Strike:Condition Zero, Half-Life Deathmatch における射撃の挙動がクライアントやサーバーのフレームレートに依存しないように改善した。この変更にはクライアント、サーバーのアップデートが必要となる
  • プレーヤー名の先頭、末尾の空白を削除するようにし、すべてのスタイルの空白が unicode をサポートするようになった
  • condebug を使用している時の developer メッセージをログに記録するようにした
  • viewdemo コマンドのために Load ダイアログを使用している時に、デモを読み込むのにダブルクリックをサポートするようにした
  • オプション UI におけるジェネラルダイアログレイアウトを改善した
  • Linux での copy/paste を改善した
  • デフォルトのキーバインドをクリーンアップした
  • キットなしで解除中に死亡した場合に、デフューズバーが次のラウンドに残ったままになるのを修正した
  • テクスチャが 2 の累乗サイズでないテクスチャ向けのサポートを誤ってレポートしている古い GPU で起動している時の、不正確なテクスチャを修正した
  • 特定のビデオ解像度で起動している時のコンテンツロックダイアログを修正した
  • 特定のビデオ解像度で起動している時の snapshot コマンドを修正した
  • ゲームの exploit を防ぐために cl_bobcycle の最小値を 0.1 に強制した
  • マップ変更において Half-Life のライトがシングルフレームでブラックになるのを修正した
  • スタンダードでないゲームスタイルでグレネードを拾った場合にクラッシュするのを修正した
  • ウインドウサイズの変更問題が適切に行われないのを修正した
  • Windows を 16 ビットデスクトップで起動している時に、画面下にホワイトバーがでるのと低 FPS になるのを修正した
  • swapdemo を正しく使用しなかった場合にクラッシュするのを修正した

情報元

関連ニュース

Counter-Strike 『Counter-Strike1.6』アップデート (2013-03-07)

Counter-Strike

『Counter-Strike1.6』がアップデートされました(2013-03-07)。

Counter-Strike 1.6 update released

私たちは Counter-Strike1.6 のパブリックリリースをアップデートしています。
このアップデートには最近の Beta における変更が全て含まれています。
テストや新機能の提案に協力してくださったコミュニティのみなさまに感謝いたします。

  • 既存のチャット変更と同様にプレーヤーのローカライズに対応した
  • m_customaccelがズームインする時のマウス感度をセットする時、カスタムアクセルを使用していない場合のパスとマッチするようになった
  • sprayリストをアルファベット順にし、ユニークなエントリとなるようにした
  • update rateの最大値を固定している場合にレートを102にセットするようにした
  • cl_cmdrate のデフォルト値を60に増やした
  • cl_updaterate のデフォルト値を60に増やした
  • qwerty レイアウトではないキーボードのサポートを改善した
  • snd_noextraupdate をデフォルトで1にした。この値は現在のPCにより良いパフォーマンスを提供する
  • ゲームコンソールでCtrl-Aすることでテキストを全選択できるようにした
  • 高速でHTTPダウンロードしている時のステータスを改善した
  • ビデオオプションダイアログのnormal (4:3)とwidescreen ビデオモードのフィルタをより良くした
  • cl_sidespeed がconfig.cfgに自動的に保存されるようにした
  • Fixed MOTD context menu to have localization strings for available options and for make back/forward work
  • "-nofbo" モードで実行しているときのscreenshot とsnapshotを修正した
  • ALT+TABでゲームに戻ってきた後、マウスの押下がロストしてしまうのを修正した
  • メインのゲームUIから出た時にゲームビューが飛んでしまうのを修正した
  • HLTVデモファイルを見るのにviewdemoコマンドを使用している時にクラッシュするのを修正した
  • ゲームコンソールでAを押すことで全テキストを選択してしまうのを修正した
  • raw input モードを特定回数切り替えた場合にマウスカーソルが見えなくなるのを修正した
  • 解像度を変更してサーバーにジョインした場合にHTML MOTDが適切に表示されていないのを修正した
  • raw inputがdisabled となっている場合にマウス移動が制限されてしまうのを修正した。
  • Fixed being unable to use the " character when using PT-BR keyboard layouts, as it is on the same key as `. Now we ignore the console key if Shift is also pressed, if you don't want this behavior use the con_shifttoggleconsole cvar to disable it
PT-BRレイアウトのキーボードを使用している時に"を使用できないのを修正した

情報元

関連ニュース

Counter-Strike 『Counter-Strike1.6』アップデート (2013-02-20)

Counter-Strike

『Counter-Strike1.6』がアップデートされました(2013-02-20)。

Counter-Strike 1.6 update released

私たちは Counter-Strike1.6 のパブリックリリースをアップデートしています。
このアップデートには最近の Beta における変更が全て含まれています。
テストや新機能の提案に協力してくださったコミュニティのみなさまに感謝いたします。私たちはCounter-Strike 1.6に新たな機能を追加する作業に取り組んでおり、将来のベータアップデートにおける新しいマウス入力オプションを楽しみにしています。

Features in this update include:

  • マウス入力にデフォルトで raw input ではなく Windows メッセージを使用するように戻した。これにより sensitivity が変更されたプレーヤーは修正が必要となる。
  • Options ダイアログの Mouse タブに"Raw Input"チェックボックスを追加した。このボタンで"m_rawinput" cvar をトグルで切り替えることができる。選択された raw input API がマウス入力にを得る場合、latecy は低くなるが OS の Window manager からのポストプロセスが失われる
  • Options ダイアログの Video タブに"Low video quality" オプションを追加した。古い GPU を使用していたり、FPS を上げるためにビジュアルクオリティとトレードオフしたい場合はこのチェックボックスを使用する
  • FPS 100 のキャップを再び enabled にした。より速く走らせたい場合は fps_override を 1 に設定することによってこの挙動を上書きすることができる。いくつかの MOD では適切に動作しないかもしれない。
  • 数字キーパッドのマルチキーバインドをサポートした。新しい bind 名は"kp_mul"となる。
  • Winfows キーへの bind をサポートした。キーネームは "win"となる。このキーへバインドし押下することによって、OS のアクションが実行される可能性に注意。
  • サーバーブラウザでキーパッドのエンターを押したときにアイテムをアクティベートするようにした
  • "timerefresh"コマンドを使用するために sv_cheats の設定が必要となるようにした。このコマンドは開発者のプロファイリング用で、通常使われるべきものでは無い。
  • hud_fastswitch オプションを拡張した。0 - fast switch 無し、1 - ナンバーキーとマウスホイール、2 - ナンバーキー。
  • New Game ダイアログ内の cstrike_downloads フォルダからゲームをリスト化するようにした
  • "speak_enabled" cvar を追加した。0 にセットすると"spk" や "speak" コマンドが disable になる。
  • MOD のマップで 900 エンティティ以上を使用するための"edicts"オプションを liblist.gam ファイルに追加した。
  • Counter-Strike 1.6 のエンティティカウントを増やし 1800 までサポートするようにした
  • HTTP ダウンロードのパフォーマンスを改善した
  • 100fps 以上で起動している時の移動を改善した
  • 使用されていなかった sv_voicecodec and sv_voicequality を削除した
  • "gl_ztrick" Cvar を "gl_ztrick_old" にリネームした。この Cvar の使用は deprecated やレンダリング問題を引き起こしていた

Fixes in this update include:

  • cl_minmodels が適用されていなかったのを修正した
  • 左シフトキーが適切に検知されていなかったのを修正した
  • viewdemo コマンドがクラッシュを発生させていたのを修正した
  • viewdemo コマンドの load ダイアログからデモを読み込めないのを修正した
  • Player List ダイアタログで mute が適用されないのを修正した
  • サーバーブラウザがアクティブな場合に再起動時にクラッシュするのを修正した
  • spectator UI を使用している時にマウスカーソルが表示されないことがあるのを修正した
  • オプション下の spray プルダウンリストのエンティティが二重になっていたのを修正した
  • Windows OS レベル DEP 設定が全てのプログラム用にオンにされソフトウェアモードで動いている場合にクラッシュが発生するのを修正した
  • 高解像度で起動している時に spectator UI が途切れるのを修正した
  • リンクの1つが 404 エラーになったり、ファイルがベースダウンロードフォルダにあった場合に HTTP 経由でサーバーからコンテンツをダウンロードしてしまうのを修正した
  • いくつかのコマンドが誤ったパスを config ファイルに書き込んでいたのを修正した
  • メッセージを打ち込んでいる間にバックスペースを押すとテキスト入力がおかしくなるのを修正した
  • マウスクリックがロストすることがあるのを修正した

冒頭のテキストによると、Counter-Strike1.6 は今後もアップデートが行なわれていくとのこと。Steam Pipe にシステムが切り替わって、開発がしやすくなったのでしょうか。。

情報元

Counter-Strike 『Counter-Strike1.6』アップデート (2013-02-15)、Mac OSX と Linux に対応

Counter-Strike

『Counter-Strike1.6』がアップデートされました(2013-02-15)。

Counter-Strike 1.6 update released

私たちは Counter-Strike1.6 のパブリックリリースをアップデートしています。
このアップデートには最近の Beta における変更が含まれています。
テストや新機能の提案に協力してくださったコミュニティのみなさまに感謝いたします。

  • ゲームの配信を最適化するため Counter-Strike 1.6 を新しい SteamPipe コンテンツシステムにコンバートした
  • Mac OS X と Linux に対応した
  • OpenGL レンダリングパイプラインと最近の GPU 能力に影響を及ぼす出力を改善した
  • non-latin 言語におけるゲーム内チャットのサポートを改善した

今回のアップデートは、本日リリースされた Linux 版 Steam クライアントへの対応に関連するようになっており、HLDSUpdateTool に代わり Steam Pipe が採用されました。

Counter-Strike1.6 と Half-Life1 の Steam Community Group では、ベータのアップデートリリース情報が日々掲載されています。

今回のアップデートによりバグが発生しているとのこと。
対応方法についてはこちらにまとめていただいています。

CS1.6 yare さん、Lychee jam さん情報提供ありがとうございました。

情報元

Counter-Strike Counter-Strike 1.6 アップデート(2009-07-15)

Counter-Strike

Counter-Strike 1.6 のアップデートがリリースされました(2009-07-15)。

Counter-Strike 1.6 Update Released

Counter-Strike 1.6に対するアップデートがリリースされました。
アップデートはあなたの Steam クライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は以下の通りです。

Half-Life Engine

  • ticrateの強制的オーバーライドを許可する -sys_ticrate コマンドラインオプションを追加した
  • サーバーリダイレクションのより多くのケースを防ぐようにした

Counter-Strike/Condition Zero

  • サーバー上 bot の強制的オーバーライドを許可する -nobots オプションを追加した

情報元

関連ニュース

Counter-Strike Counter-Strike 1.6 のバグ修正アップデートリリース

Counter-Strike

Counter-Strike 1.6 のバグ修正アップデートがリリースされました。

Counter-Strike 1.6 Update Released

Counter-Strike 1.6に対するアップデートがリリースされました。
アップデートはあなたの Steam クライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は以下の通りです。

Counter-Strike 1.6

  • より影響のないバグ修正の方法を調査するために最近行なった Russian walking 脆弱性の修正を元に戻した
  • サイレントプラント脆弱性を防ぐために bomb bounding box を調整した
  • "flashbugs"を排除または少なくするたの目の修正を行なった
  • デモの記録を開始した時もしくはフルアップデートに関連して、ステータスアイコン(buy zone, bomb zone, etc)が消えてしまうのを修正した
  • 既存の Cvar 名をエイリアスすることを許可しないようにした
  • Rate リミットをフルアップデート、コマンドスパムを防ぐためにその他のコマンドをアップデートした
  • グレネードがあるエリアに入って永久にバウンドすることで、サーバーにチョークやクラッシュが発生する問題を修正した

情報元

関連ニュース

Counter-Strike Counter-Strike 1.6 アップデート サウンドバグを修正

Counter-Strike

Counter-Strike 1.6 がアップデートし、 ジャンプ時のサウンドに関するバグが修正されました。

Counter-Strike 1.6 Update Released

Counter-Strike に対するアップデートがリリースされました。
アップデートはあなたの Steam クライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は以下の通りです。

Counter-Strike 1.6

  • 異なる地面にジャンプ移動した時に、誤ったサウンドが再生されてしまうのを修正した
  • タブを押したときに spectator UI がクラッシュするのを修正した

情報元

Counter-Strike Counter-Strike、Condition Zero アップデート サイレントランが使用不可に

Counter-Strike

『Counter-Strike』と『Condition Zero』がアップデートしています。

Counter-Strike and Condition Zero Update Released

Counter-Strike 及び Condition Zero に対するアップデートがリリースされました。
アップデートはあなたの Steam クライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は以下の通りです。

Counter-Strike and Condition Zero

  • Russian Walking(サイレントランのこと)バグを行えないようにした

Server changes

  • プレーヤーが INVALID_STEAM_TICKET でサーバーからキックされるのを修正した
  • サーバーが Steam に再接続した時に、サーバーのコンソールにメッセージを表示するようにした
  • マップ名やサーバーによって報告された他の変数が最新の状態になった
  • mp_timeleft がサーバーのルールまたはログを記録しない Cvar によってアップデートされていなかったのを修正した
  • Show HLTV being connected in the player count for pings
  • プレーヤーが切断した後も HLTV のプレーヤーリストが変わらないのを修正した
  • 特別な文字列情報のあるユーザーがサーバーに接続するとクラッシュすることがあるのを修正した
  • 起動時にクラッシュする場合があるのを修正した(Linux)
  • Linux の hlds_run スクリプトをきれいにした

情報元

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar