Negitaku.org esports > > Cyber Evolution(CEVO)

タグ

Counter-Strike 『CEVO Counter-Strike1.6 Season 10 Professional』で X3O が優勝

CEVO

CEVO Counter-Strike1.6 Season 10 Professional』で X3O が優勝となりました。

CEVO Counter-Strike1.6 Season 10 Professional

順位

  • 1位 - United States X3O ($3,750)
  • 2位 - United States EG.usa ($2,625)
  • 3位 - United States Delta Elite Force ($1,125)
  • 4位 - United States Gravitas Gaming
  • 5-6位 - Canada EG.ca
  • 5-6位 - United States Pandemic

ファイナル

  • United States X3O [16-02] United States EG.usa (de_inferno) [デモ]
  • United States X3O [16-13] United States EG.usa (de_dust2) [デモ]
    • United States X3O: dRew, hero, savi0r, NineSpot, dboorN
    • United States EG.usa: fRoD, Storm, Warden, n0thing, lurppis

試合はベストオブ 3 マッチ方式で行なわれ、X3O が 2 マップを連取し勝利しています。
デモファイルは、GotFrag からダウンロードすることが出来ます。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike Complexity Gamingとのプロ契約特典付き『Creative Complexity Challenge』開催

Creative Complexity Challenge(C3)

Complexity GamingCEVO の共催による Counter-Strike1.6 大会『Creative Complexity Challenge』の開催が発表されました。

優勝チームは Complexity Gaming とプロ契約

『Creative Complexity Challenge』開催の告知は、以下のような文章で説明が開始されます。

「プロゲーマーを夢見たことはありますか? Complexity のメンバーになりたいと思ったことはありますか? もし上記の質問に対する答えが YES ならば、これはあなたのためのイベントです。(中略)このイベントの勝者は Complexity Gaming とプロ契約を結び、Complexity ファミリーの一員として 2009 年の国内イベントの一つに出場することが出来ます。」

優勝チームは、Complexity の B チームという扱いになり、その他 Complexity のメンバー達との練習、スポンサー製品の提供、チームからのサポートなど受けることができるようになるそうです。

Creative Complexity Challenge

  • 開催期間 : 2008 年 2 月 28 ~ 3 月 1 日、3 月 7 ~ 8 日
  • 競技タイトル: Counter-Strike1.6
  • トーナメント方式 : シングルイリミネーション
  • 試合形式 : ベストオブ 3 マッチ方式
  • 参加チーム数 : 最大 128
  • 参加費 : 無料
  • 賞品
    • 1 位 : Complexity Gaming とプロ契約
    • 2 位 : Creative XFI XtremeGamer Sound Card & Creative Fatal1ty Brand Headset × 5
    • 3 位 : Creative Fatal1ty Brand Headset × 5

参加登録は、2 月 8 日より開始。
大会の実況は、Marcus "djWheat" Graham 氏が担当するそうです。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Source 元CGSプレーヤーが不正行為により1年間の出場停止処分に

CEVO元 CGS プレーヤーが CEVO が運営する Counter-Strike:Source 大会『Alienware Winter Frag Fest』においてチートを使用し、1 年間の出場停止処分となりました。

相手チームの不正に対する報復行為と説明

問題が起きたのは、Counter-Strike:Source 大会『Alienware Winter Frag Fest』の OptX vs KeyboardSmashers 戦です。

出場停止処分となったのは、元 Carolina Core の sam "devour" chamma 選手と元 San Francisco の Optxyazan "clowN" ammari 選手。
clowN 選手は不正を行ったことについて認めた上で、不正をしている相手チームへの報復行為であると動機を説明しています。

clowN 選手の説明によると、1 ラウンド目を Optx が取り、続く2 ラウンドが終了した時点でサーバーがクラッシュ。

スコアが 5-2 になった後、7 回連続でサーバーがクラッシュするという異常な事態が起こり、これは不利になった KeyboardSmashers サイドもしくは CS:Source を嫌う何者かがパケット攻撃をしかけているとしか考えられないとコメント。

その後、試合は翌日に延期されたものの、当日の試合でもチートが使われたり live on 3 がかかった直後にサーバーから切断し 10 分以上も戻ってこないなどの遅延行為が行われるなどかなりひどい状態であったそうです。
これらに対しチートで報復をしたところ、CEVO のアンチチートツールにログが残り、それを元に CEVO は 2 選手を 1 年間の出場停止処分としました。

チームは『CEVO』で活動をすることはできなくなりましたが、3 月に開催予定の LAN 大会『LAN ETS 2009』や『ESEA』に出場していくとのことです。

Optxメンバー

  • moe "mOE" assad (元San Francisco Optx)
  • Laurent "Warmach1ne" Keoula (元San Francisco Optx)
  • Ron "Rambo" Kim (元LA Complexity)
  • sam "devour" chamma選手 (元Carolina Core)
  • Optxyazan "clowN" ammari (元San Francisco Optx)

情報元

関連ニュース

Counter-Strike 『CEVO S10 Placement Tournament』トーナメント戦に突入

CEVOオンラインをベースとした e スポーツ大会『CYBER EVOLUTION(CEVO)』の Counter-Strike1.6 プロフェッショナル部門の所属チームを決定する『CEVO S10 Placement Tournament』の予選ラウンドが終了し、トーナメント戦に突入しています。

CEVO S10 Placement Tournament

大会には 25 チームが参加。5 チームずつに分かれた予選リーグが行われ、下記に示す各リーグの上位 3 チームがトーナメントに進出となりました。

予選リーグ突破チーム

Group A

  • United States Stacked Like Pancakes
  • United States Pulse Gaming
  • Canada Something Tasteful

Group B

  • Canada North Stars United
  • United States Green Berets
  • United States Mirrored

Group C

  • United States GG, No Re.
  • Canada Devastation
  • United States Enhanced

Group D

  • United States zEx
  • United States insignia
  • United States Jax Money Crew

Group E

  • Canada Sway Gaming
  • United States 34
  • Canada Dynamo

決勝トーナメント

決勝トーナメントダブルイリミネーション方式で行われ、以下のような結果となっています。

勝者側トーナメント 1 回戦(de_dust2)

  • United States zEx [16-14] United States Enhanced
  • United States 34 [16-14] Canada North Stars United
  • Canada Something Tasteful [16-03] Canada Dynamo
  • United States GG, No Re [16-14] United States Mirrored
  • Canada Devastation [13-16] United States 2three
  • United States Pulse Gaming [16-08] United States Green Berets
  • United States Stacked Like Pancakes [vs] United States Jax Money Crew (13 日 10 時 00 分予定)
  • Canada Sway Gaming (シード)

トーナメントでベスト 4 となったチームは次期シーズンを CEVO-P(プロフェショナル部門)で、残り 21 チームは CEVO-M(メイン部門)で活動することができます。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike 『CEVO-P』に入るのはどのチーム?『CEVO S10 Placement Tournament』開催

CEVOオンラインをベースとした eスポーツ大会『CYBER EVOLUTION(CEVO)』の Counter-Strike1.6 プロフェッショナル部門の所属チームを決定する『CEVO S10 Placement Tournament』が 1 月 4 日より開催されます。

CEVO S10 Placement Tournament

『CEVO』のプロフェショナル部門(CEVO-P)に所属することができるのは 10 チーム。
この 10 チームのうち 4 チームが、『CEVO S10 Placement Tournament』によって決定されます。
このトーナメントには、前シーズンの成績等によって出場権利を獲得した 25 チームが参加します。

出場チーム

  1. Dynasty Gaming (CEVO-P 8th)
  2. Mug N Mouse (CEVO-P 9th)
  3. Devastation (CEVO-P 11th)
  4. zEx (CEVO-M 1st)
  5. Sway Gaming (CEVO-M 2nd)
  6. The Realist Project (CEVO-M 3rd)
  7. FURY GAMING (CEVO-M 4th)
  8. Phoenix Connection (CEVO-M 5th/6th)
  9. Green Berets (CEVO-M 5th/6th)
  10. DEVIANT.AXIS (CEVO-M 7th/8th)
  11. backfire (Atomic Theory Winner)
  12. zeroFaith (Atomic Theory Winner)
  13. Hyeng's Money Crew (CEVO-M 9th-12th)
  14. dscapE.b$ (CEVO-M 9th-12th)
  15. Dynamo (CEVO-M 9th-12th)
  16. 34 (CEVO-M 9th-12th)
  17. JMC (Application Spot)
  18. Enhanced (Application Spot)
  19. Mirrored (Application Spot)
  20. SLP (Application Spot)
  21. Something Tasteful (Application Spot)
  22. North Stars United (Application Spot)
  23. Pulse Gaming (Application Spot)
  24. Paragon of Virtue (Application Spot)
  25. To the Dome (Wildcard)

『CEVO S10 Placement Tournament』は 5 つのグループに分かれた予選リーグが行われ、各リーグのトップ 3 がダブルイリミネーション方式のトーナメント(16 チームが参加)に進出します。
トーナメントのベスト 4 は、『CEVO-P』へ出場する権利を獲得。
残り 21 チームはメイン部門(CEVO-M)に招待されます。

やはり注目は、なんといっても先日驚異のラインナップが発表された『Jax Money Crew』でしょう。
大会の HLTV は GotFrag にて公開されるそうなので要チェックです。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar