Negitaku.org esports > > Cyber Snipa

タグ

PC・ゲーミングデバイス fumio 氏によるゲーミングマウス『Cyber Snipa Silencer Mouse』レビュー

Cyber Snipa Silencerfumio 氏によるゲーミングマウス『Cyber Snipa Silencer Mouse』のレビューが 4gamer.net に掲載されています

Cyber Snipa Silencer Mouse

『Cyber Snipa Silencer Mouse』は、最大解像度 5,000dpi 、63 個までのマクロ保存、ウェイト調整機能といった様々な機能や、中二病マウスと一部でささやかれる独特のバックストーリーや異名を持つゲーミングマウスです。

漆黒のカルマ:"Silencer”……通称「The Quietness Genocide」

5000dpiという暴力的なまでの精度を持つセンサーと、最大63モードのマクロを登録可能という異能力を宿した故、戦場では多くの敵を死に至らしめ、終わりの始まりを告げる烙印者。

臓腑に塗れたその姿は敵からは恐れられ、味方からは疎まれる。漆黒のカルマを背負うSilencer。

神よ我に祝福を、我に仇なす敵に死を。神とは?……我とは?
SILENCERを持つ者にだけに神である資格と権限が与えられる。

「言葉の意味はよくわからないが、とにかくすごい自信だ」と思った方が多数だと思われますが、fumio 氏がついにこちらのマウスの実力について明らかにしてくれる時がやってきました。

いつもはレビューの一部を紹介させていただいているの、上記のような前振りをしてしまったので今回は一切触れず、直接元記事にてどのような評価が下されたのかをご覧ください。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 日本限定モデルのゲーミングマウスパッド『Cyber Snipa Mouse Matt Black JP model』が3月に発売

Cyber Snipa Mouse Matt Black JP model日本限定モデルのゲーミングマウスパッド『Cyber Snipa Mouse Matt Black JP model』が3月上旬より発売となります。

Cyber Snipa Mouse Matt Black JP model

『Cyber Snipa Mouse Matt Black JP model』は、マイクロファイバー素材の布系ゲーミングマウスパッドです。

Cyber Snipa Mouse Matt Snipa』や『Cyber Snipa Mouse Matt Eye』が派手なデザインだったのに対し、こちらは真っ黒なベースに 赤い Cyber Snipa のロゴが入ったシンプルなデザインとなっています。

公式サイトでの製品解説は相変わらず独特の世界観となっていました。

寂滅への羅針盤:通称“Prajana”……Designing by Kill Black.

極細(8μm以下)のマイクロファイバーのみを纏い、数多の戦場で勝利を掴み続ける事は暴挙と言われた。熾烈を極めた戦場では多くの仲間達を失い、絶望と崩壊に陥るその刹那、Prajanaは“寂滅の境地”へとたどり着く。

従来のマイクロファイバーに“Opti-fibreコーティング”を施す事で、急激な反転動作時でも精密なトラッキング/ストッピングを失わない機構を体内に宿した彼は、無窮如き戦場でも常に勝利を悟り続けるのであった。

マイクロファイバーのみを纏い戦場へ…!?
Eye と Snipa の解説は普通だったのにどうしてこんなことに…。

それはさておきスペックは以下の通りです。

スペック

  • サイズ: 横380mm×縦295mm×厚さ4mm
  • 素材: マイクロファイバー
  • 価格: 1,480円(税込み)
  • 発売時期: 3月上旬予定

十分な大きさと厚みを持ちつつ安価な製品となっています。
いろいろな意味で目が離せない製品と言えるでしょう。

Cyber Snipa Mouse Matt Black JP model Cyber Snipa Mouse Matt Black JP model パッケージ Cyber Snipa Mouse Matt Black JP model ロゴ
Cyber Snipa Mouse Matt Black JP model

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングマウス『Cyber Snipa Silencer Mouse』用の最新ドライバ ver 2.04 リリース

Cyber Snipa Silencerゲーミングマウス『Cyber Snipa Silencer Mouse』用の最新ドライバ ver 2.04 がリリースされています。

最新ドライバは本家サイトの SUPPORT ページ内からダウンロードすることができます。

何がどのように変更されたかについての説明は記載されていませんでした…。
導入方法についての日本語解説が必要な方は、ダイヤテックのサポートページに詳細な手順が掲載されているのでご覧下さい。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングマウス『Cyber Snipa Silencer』が 12 月 23 日(水)より 6,480 円で国内販売開始

Cyber Snipa Silencerゲーミングマウス『Cyber Snipa Silencer』が 12 月 23 日(水)より 6,480 円(税込み)で販売開始になることが発表されています。

Cyber Snipa Silencer

『Cyber Snipa Silencer』は最大解像度 5,000dpi のレーザーセンサーマウスで、マクロは 63 個まで保存可能、ウェイト調整も行うことができる仕様となっています。

スペック

  • Tracking system: レーザー
  • DPI: 5000※ 4 段階調整
  • FPS: 7200
  • 最大速度(Maximum speed) IPS: 150
  • レポートレート: 1000Hz
  • マクロ機能: ○
  • データフォーマット: 16
  • 重り: 4.9g × 6
  • ボタン数: 7 ボタン +1 スクロール(4Way)
  • Adjust Lift 機能: ○
  • 換装用グリップ: 2 種類
  • 本体サイズ / ウェイト: 長さ 126 ×幅 84 ×高さ 42mm / 175g(ケーブル含む・おもりを除く)

Cyber Snipa Silencer Weightマウス右側面のグリップを取り替えて使用することやウェイトを 29.4 グラム(4.9 グラム× 6)ま追加しマウス本体の重量を調整することも可能です。
本体重量 175g なので、ウェイトをマックスまで積むと 200g オーバー。
自分的には 130 グラム台のマウスでも重いと感じるので『Cyber Snipa Silencer』は相当ヘビーであることは間違いなさそうです。

正直なところ、あまり日本人向けという感じはしないですが実際に使ってみるとどうなのか気になるところです。

Cyber Snipa SilencerCyber Snipa Silencer

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ダイヤテックがゲーミングデバイスブランド『Cyber Snipa』製品の取り扱いを開始

Cyber Snipaダイヤテック』がゲーミングデバイスブランド『Cyber Snipa』製品の取り扱い開始を発表しました

Cyber Snipa

『Cyber Snipa』の製品は、ゲームプレーを高めることに特化して明確にデザインされており、世界中の PC ゲーマーに競争力を与えることを目標としてオーストラリアの『Cyber Sport Pty Ltd』によって開発されています。

12 月 16 日(水)より下記の 5 製品が国内販売開始となります。

CyberSnip Stinger Laser Mouse

CyberSnip Stinger Laser MouseCyberSnip Stinger Laser Mouse』は、最大解像度 3,200dpi のレーザーセンサーマウスです。
9 ボタン中 6 つにマクロ登録が可能で、3 つのプロファイルを切り替えることで最大 18 のマクロを使用することが出来ます。

また、付属のウェイトによって、6 グラム刻みで最大 42 グラムまでのマウス重量の調整が可能です。

  • Tracking system: レーザー
  • DPI: 400 ~ 3200(4 段階調整)
  • FPS: 7080
  • 最大加速(Maximum acceleration(G)): 20
  • 最大速度(Maximum speed) IPS: 45
  • レポートレート: 1000Hz
  • マクロ機能: ○
  • メモリ: 8Kb
  • データフォーマット: 16
  • 重り: 約 6g × 7
  • ボタン数: 9
  • 本体サイズ: 長さ 127mm ×幅 80mm ×高さ 45mm
  • 価格: 4,980 円(税込み)

CyberSnipa Micro-Fibre Mouse Matt

『CyberSnipa Micro-Fibre Mouse Matt』は、8 μm 以下という極細マイクロファイーバーを素材に作られたゲーミングマウスパッドです。

きめ細かい繊維で編みこまれた下地に Opti-Fibre コーティングが施されており、マウスの滑走抵抗を抑えながらも、高速操作時でも精密なトラッキングとストッピングを可能にしているとのこと。

デザインは『Snipa』と『Eye』の 2 種類となります。

  Snipa Eye
外観 CyberSnipa Micro-Fibre Mouse Matt Snipa CyberSnipa Micro-Fibre Mouse Matt Eye
サイズ 横 380mm ×縦 295mm ×厚さ 4mm
表面素材 マイクロファイバー
裏面素材 軟質ゴム
価格 1,480 円(税込)

製品名称については、本家サイトのものを記載しています。
また、裏面素材 Play.com を参考にしています。

CyberSnipa Sonar 5.1 Surround Headset

CyberSnipa Sonar 5.1 Surround HeadsetCyberSnipa Sonar 5.1 Surround Headset』は、ヘッドフォン内部に 8 基のスピーカーを搭載しリアル 5.1ch サウンドを可能とした USB ゲーミングヘッドセットです。

マイクにはノイズキャンセリング機能が搭載されており、周囲のノイズを軽減しクリアなコミュニケーションが可能となっています。

ヘッドフォン

フロント センター リア サブウーファー
ドライバ直径 O30mmO40mmO30mmO27mm
インピーダンス 32 Ω 32 Ω 32 Ω 8 Ω
周波数 20 ~ 20KHz18 ~ 20KHz20 ~ 20KHz10 ~ 400Hz
出力パワー 200mW400mW200mW600mW
SN 比 >50dB>50dB>50dB>50dB
歪率 0.40%0.10%0.40%1%
音圧感度 108dB100dB108dB-

マイク

  • マイク直径: O9.7mmx5.0mm
  • 感度: -39dB ± dB
  • 指向性: 単指向性
  • インピーダンス: 2.2K Ω

その他

  • 重量: 420g
  • ケーブル長: 3m
  • 接続インターフェイス: USB
  • 価格: 6,479 円(税込み)

CyberSnipa Sonar 2.0 Headset

CyberSnipa Sonar 2.0 HeadsetCyberSnipa Sonar 2.0 Headset』は軽量な素材や布巻きコーティングされたケーブルを採したアナログ接続のゲーミングヘッドセットです。

マイクは無指向性となっており、明確な音声通信が可能となっているそうです。

ヘッドフォン

  • ドライバ直径: O40.0mm
  • インピーダンス: 32 Ω
  • 周波数: 20 ~ 20kHz
  • 音圧感度: 102.0dB ± 3dB (at 1KHz)

マイク

  • マイク直径: 6.0 x 5.0mm
  • 感度: -40dB ± 3dB
  • 指向性: 無指向性
  • インピーダンス: 2.2k Ω

その他

  • ケーブル長: 2.5m
  • 接続インターフェイス: 3.5mm オーディオジャック
  • 価格: 2,480 円(税込み)

日本の特設サイトには、ゲーミングマウス『Cyber Snipa Silencer Mouse』が登場することも記載されていました。
こちらは『CyberSnip Stinger Laser Mouse』がさらにパワーアップした製品で、最大解像度 5,000dpi のレーザーセンサーを搭載しており、マクロは 63 個まで保存可能、ウェイト調整も行うことができる仕様となっています。

気になる方は、本家の製品ページをご覧下さい。

全体的に安価なので、性能次第ではエントリモデルとしての選択肢になり得そうです。

情報元

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar