Negitaku.org esports > > Cyberathlete Professional League(CPL)

タグ

esports(eスポーツ) 『Cyberathelete Professional League』が 2012 年大会を 9 月に中国・瀋陽で開催

Cyberathelete Professional League

Cyberathelete Professional League』が 2012 年大会を 9 月に中国・瀋陽で開催することを発表しました。

A CPL event for 2012 is confirmed!

  • 開催期日: 2012 年 9 月
  • 開催地: 中国・瀋陽
  • タイトル: 未定

CPL には、 Counter-Strike1.6 は採用されるのかという質問が来ているそうですが、CPL は逆に「どんなタイトル、プレーヤー、チームを CPL イベントで見たいですか?」という質問を行ない、こちらの回答を公式 Facebook ページ受付けています

昨年は、『StarCraft 2』『WarCraft 3』『DOTA』が採用されていました
今年だとやはり『Starcraft 2』や『League of Legends』が採用される確率が高そうです。

情報元

関連ニュース

StarCraft II 『Shenyang CPL Cyberathlete2011 Super Stars Invitational』が 8 月 5 ~ 9日に中国で開催

Shenyang CPL Cyberathlete2011 Super Stars InvitationalShenyang CPL Cyberathlete2011 Super Stars Invitational』が 8 月 5 ~ 9日に中国で開催されます。

Shenyang CPL Cyberathlete2011 Super Stars Invitational

  • 開催日: 2011 年 8 月 5 ~9 日
  • 競技タイトル: StarCraft 2、WarCraft 3、DOTA

参加選手・チーム

StarCraft 2

  • Marine King Prime
  • Daisy Prime
  • CaRn eSahara
  • Jinro Team Liquid
  • Sase ---
  • FXOqxc FXO
  • FXOSlog FXO
  • LoveCD WE

WarCraft 3

  • Sky WE
  • Th000 Tyloo
  • Fly Ehome
  • INFI Tyloo
  • Remind Ehome
  • Yumiko CCM
  • Zhou_xixi
  • JN WE

DOTA

  • Team WE
  • Team Nv.cn
  • Team CCM
  • Team Tyloo

StarCraft2 は招待選手、WarCraft3 は約 6,000 人、DOTAは700チームが参加した予選を勝ち抜いた代表選手が出場となります。

大会の様子はストリーミング中継を通じて観戦可能になるとのことでした。
試合のスケジュールは以下よりご覧下さい(1時間プラスしたものが日本時間)。

なんとなく CPL のサイトにアクセスしてみたら、いきなり開催情報が掲載されていて驚きました。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『CPL2003 夏季大会日本予選 決勝戦 エキサイティング ガイドブック』を電子書籍サイト『forkN』で公開

CPL2003 夏季大会日本予選 決勝戦 エキサイティング ガイドブック『CPL2003 夏季大会日本予選 決勝戦 エキサイティング ガイドブック』を電子書籍サイト『forkN』で公開しました。

同ガイドブックは、2003 年 7 月 6 日に東京・蒲田で開催された eスポーツの世界大会『Cyberathlete Professional League Summer 2003』日本予選 決勝戦の会場にて部数限定で配布された冊子です。

大会を主催していた AceGamer.net(現 Goodplayer.jp) と当サイトが協力して作成した物になります。

元データは無くなっていましたが、冊子を手に入れたのでスキャンしてデジタル化し配布してみることにしました。

pdf、epub 形式でダウンロードする事も出来るそうなので、対応した機器で読むことも出来ます。
もちろん Web から読むことも出来ます。

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Cyberathlete Professional League』の公式サイトがリニューアル

Cyberathlete Professional League

Cyberathlete Professional League』の公式サイトが 2010 年 8 月 26 日付けでリニューアルされています。

現在は、NewWorld.com と WoLong Ventures による CPL 買収の発表、スタッフ紹介、新 CPL の挨拶といった記事が掲載されています。

これだけだと本文があまりにも寂しいので、スタッフ 3 名の経歴を簡単に紹介しておきます。

Ryan Schumacher 氏(CEO)
Ryan Schumacher 氏(CEO)2003 年に Wiredlabs を設立し eスポーツニュースサイト Amped News をオープン。
Wiredlabs は 2006 年に World Series of Video Games の親会社 Games Media Properties に買収される。
その後、Games Media Properties では Giant Realm、Complexity Gaming、 PurePwnage といった大手サイトに携わったほか、個人プロジェクトとして Mplayrs というコアゲーマーのための仮想通貨システムを開発するなど多数の実績を持つ人物。

Hunter Luisi 氏(CTO)
Hunter Luisi 氏(CTO)元 Team Sportscast Network の CEO。
Cyberathlete Professional League、World Series of Video Games、World Cyber Games、Kode 5 といった世界的に有名な eスポーツイベントに携わる。

MTV のテレビ番組『From Game to Fame: The CPL World Tour Finals』や eスポーツイベント『World Series of Video Games』でテクニカルディレクターを担当するなど、ゲームや eスポーツに 15 年近く関わっている。

Samuel Lingle 氏(編集長)
Samuel Lingle 氏(編集長)プロゲーマー、eスポーツジャーナリストとして活躍した実績を持つ人物。
oPlaiD のプレーヤー名で知られ、CPL Winter 2003 Halo 部門優勝を含め、HALO、DoD、DoD:Sourece、TF2 で様々な大会で多数入賞

その一方で、2003 年から GotFrag でボランティアのスタッフライターを開始。
その後、2006 年に Amped eSports の編集長に就任し、World Series of Video Games、Major League Gaming、World Cyber Games、 Electronic Sports World Cup の特集を担当。
また、『World Series of Video Games』の Halo 部門の解説や Pro Gam3r Magazine の執筆なども行っている。

ということで、新 CPL のスタッフは eスポーツでの経験や実績が豊富な人物が中心となっています。

今後は、フォーラムの設置やイベント情報の掲載が予定されています。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) NewWorld.com と WoLong Ventures が『Cyberathlete Professional League (CPL)』と『Cyberathlete Amateur League (CAL)』の買収を発表

Cyberathlete Professional League(CPL)NewWorld.com と WoLong Ventures が『Cyberathlete Professional League (CPL)』と『Cyberathlete Amateur League (CAL)』の買収したことを発表しました。

今回の買収により、シンガポールを拠点とする投資・管理会社の WoLong Ventures は、商標やロゴを含む CPL および CAL の全ての関連知的財産を獲得したことになるとのこと。

また、NewWorld.com と WoLong Ventures は、今回の買収に関する秘密保持契約を締結しており、いくらで買収が行われたのかについては明らかになっていません。

NewWorld.com は、CPL の創設者である Angel Munoz 氏が CEO を務める企業です。
新 CPL の運営を再び Angel 氏が行うことになるのでしょうか?

WoLong Ventures CEO、Ryan Schumacher 氏のコメント
この価値ある買収を完了したことに我々は興奮しています。
CPL と CAL の獲得は、エンターテイメントとインタラクティビティの強調を伴う多様なオンラインプラットフォームを越えてパワフルな経験を作り上げるためのより大きく長期的な計画のための重要なコンポーネントとなります。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Cyberathlete Professional League (CPL)』のカウントダウンが終了

Cyberathlete Professional League (CPL)Cyberathlete Professional League (CPL)』のサイトにて行われていた謎のカウントダウンが終了となりました。

カウントダウンと同時に何かが発表になると思われましたが、現在は日付と問い合わせ先のメールアドレスが表示されているだけです。

5月1日中に何らかのアナウンスが行われると思いますので、また後ほど確認してみようと思います。

追記

発表された内容を簡単にまとめると以下のような感じです。

  • 新しいゲーミングポータルサイトをローンチ予定。特定のゲームに特化するだけでなくユーザーが興味を持ったゲームも選択することが出来るようになる予定。
  • 過去大会において未払いとなっていることが立証された賞金を全て支払う。これについては、調査の過程から第三者機関による監査を受けて行う。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Cyberathlete Professional League (CPL)』が公式サイトで謎のカウントダウンを開始

Cyberathlete Professional League (CPL)』が公式サイトで謎のカウントダウンを開始しています。

最近 CPL から発表がないな、と思いつつ公式サイトにアクセスしてみたところ画像のようにカウントダウンが表示されていました。

もしやと思い『Cyberathlete Amateur League (CAL)』に行ってみると、こちらでも同様にカウントダウンが行われていました。

Cyberathlete Professional League (CPL) Cyberathlete Amateur League (CAL)
謎のカウントダウン

タイムゾーンがどこを基準としているのかはわかりませんが、カウントダウンの終了日は以下のようになっています。

カウントダウン終了日

  • CPL: 2010年05月01日09時
  • CAL: 2010年06月22日09時

この時間になるとサイトの表示が切り替わり何らかのイベントや大会の情報が明らかにされる可能性が高そうですが、一体サイトで何が起こるのでしょうか?

カウントダウン終了日に再度アクセスしてみようと思います。

追記 21:54
IRCにて松井悠さんと会話したところ、CPL の方は 2010 年 5 月 1 日~10 月 31 日に中国で開催される『上海万博』と関係しているのではないかとのこと。松井先生さすがです。
新 CPL は中国をメインに展開しているので可能性が高そうですね。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Cyberathlete Professional League』創設者 Angel Munoz 氏インタビュー

Angel Munoz

Cyberathlete Professional League(CPL)』の創設者 Angel Munoz 氏のインタビューが掲載されていました

CPL が 2008 年 8 月にアラブの投資グループに買収され、今月初旬に新体制によるイベントの開催が中国にて行われました

インタビューは充実した内容の良インタビューとなっています。
翻訳サイトを通したらかなりキレイに出てきたので、手抜きで申し訳ないですが以下から直接ご覧下さい。

気になる点を紹介すると以下のような感じです。

  • CPL の後は、Angel Munoz 氏の会社が 14 年ほど前に開始したゲームのニュースやレビューサイト『Adrenaline Vault(www.avault.com)』プロジェクトを再開した。
  • 当初の予定では、Angel 氏が新 CPL の株 10% を保有し、役員となるはずだったがそうはならなかった。現在の CPL には優秀な人材が多く、自身の役割はないと思っている
  • 新 CPL がアジアの巨大なゲーミング市場にターゲットを合わせて運営していることは非常に理論的だと思う
  • eスポーツ向けの FPS 『Severity』開発プロジェクトは継続されていない。パブリッシャーにその価値を確信させることが出来なかった。様々なノウハウは他のプロジェクトに利用できると考えている。
  • 今後、巨大な eスポーツイベント運営などの中心となるつもりはない。
  • 当時億単位の給与を得ていたというウワサについて否定。給与は CEO としてはかなり安い 6 ケタ台だった(数千万円?)。CPL の運営には給与だけで 100 万ドル、さらに賞金・税金・弁護士費用・広告費などがかかっていた
  • 両親の故郷であるプエルトリコのゲームイベント『Puerto Rico Association of Gamer』のアドバイザーを無償で務めている。
  • 競技的なソーシャルプラットフォーム『Online Combat Arena』のベータ版を 11 月 14 日にローンチ予定。
  • 最近は Left 4 Dead(Expert - Death Toll)や Uncharted 2 のシングルをプレーしており、Borderlands を始めた。Modern Warfare2 を楽しみにしていて、息子は特典の暗視ゴーグルを欲しがっている。

これだけでもかなりの量になってしまいました。
Angelさん何しているんだろうね、という話題はよくしていたのですが、いろいろとご活躍のようで何よりです。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 中国・成都で開催された『The CPL china lan party 2009』のイベントレポート

Cyberathlete Professional League(CPL) × DraemHack

今月初旬に中国・成都で開催された『The CPL china lan party 2009』のイベントレポートが ITmedia Gamez に掲載されていました
レポートは『World Cyber Games』日本予選プロデューサーやIGDA日本デジタルゲーム競技研究会などでお馴染みの松井 悠 氏によるものです。

The CPL china lan party 2009

『The CPL china lan party 2009』は、2008 年 8 月にアラブの投資グループによって買収され、新たに生まれ変わった『Cyberathlete Professional League(CPL)』初のイベントとなります。

イベントは、1 万台以上の PC を同一ネットワークに接続することに成功したギネス記録を持つ世界最大級の LAN ゲームパーティ『DreamHack』と提携しての開催となりました。

イベントでは、格闘ゲーム『Street Fighter 4』、FPS 『Cross Fire』、MMO RPG 『Dungeon & Fighters』、スポーツ『Pro Evolution Soccer』、RTS 『三国争覇』の大会や、S2 Games の DotA クローン『Heroes Of Newerth』の出展などが行われたそうです。

レポートを読む限りでは、今回のイベントは LAN ゲームパーティがメインで、旧来の CPL ファンが望む競技主体のものではなかったようです。

開催前後に海外の情報サイトをいろいろとチェックしましたが、中国圏のニュースサイトが開催にについての告知や簡易レポートを掲載している以外は、今回の CPL についての情報はほとんどみかけることがありませんでした。

CPL は 2009 年度中に 2 回の国際イベント開催を予定していることを発表しており、その一つはアメリカになることが明らかにされています。
CPL 発祥の地であるアメリカ開催では、本来の形に近い競技主体の運営となるでしょうか?

ただ、レポート内では CPL が来年の上海万博でのイベント開催を検討中と書かれているので、上記の予定が現実となるのかは不明です(発表は 2008 年 10 月)。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Cyberathlete Professional League』がサイトをリニューアル、『DreamHack』との提携も発表

Cyberathlete Professional League(CPL) × DraemHack

Cyberathlete Professional League(CPL)』がサイトをリニューアルし、世界最大のLANゲームパティー『DreamHack』と提携したことなどが発表されました。

The CPL China Gaming Community Event

サイトには、現在の所『CPL News』『CPL Event』『CPL Community』の3コーナーが用意されています。

ニュースでは、10 月 1 ~ 7 日に中国・成都で開催を予定している『The CPL china lan party 2009』の情報が掲載されていました。

LANパーティは 500PC、1000人規模で開催になる予定で、中国コミュニティによって選ばれたゲームによって行なわれる『The "3C" Cup (CPL Coommunity Choice)』のタイトルが正式に発表されています。

The "3C" Cupタイトル

  • Counter Strike Online
  • CrossFire
  • World of Warcraft - The Burning Crusade
  • Street Fighter IV

Street Fighter IV大会は、DreamHack Winterの予選として行なわれ、優勝者は DreamHack Winterにて行なわれる決勝大会への出場権を得ることが出来ます。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar