Negitaku.org esports > > DHARMA POINT

タグ

PC・ゲーミングデバイス DHARMAPOINT がゲーミングマウスパッド『DRTCPW25CS』『DRTCPW35CS』を 7 月上旬に発売

DRTCPW25CS / DRTCPW35CS

日本のゲーミングデバイスブランド『DHARMAPOINT』がゲーミングマウスパッド『DRTCPW25CS』『DRTCPW35CS』を 7 月上旬に発売予定である事を発表しました。

『DRTCPW25CS』『DRTCPW35CS』

『DRTCPW25CS』『DRTCPW35CS』は、表面にナイロン素材を使用していた既存製品にサイドのほつれ防止処理を施し、耐久性を増した布系ゲーミングマウスパッドです。

それぞれ、マウスを 400~800cpi で使用するローセンシユーザー向けとな・トいます。

特徴

熱圧縮処理によるスムーズナイロン素材採用
熱圧縮処理を施した柔軟性のある素材は、トラッキング性能を向上させ、素早くマウスを動作させた際のストッピング性能に優れ、高性能なレーザー式、光学式センサー搭載マウス使用時に正確なポインタ操作を可能とします。

DRTCPW25CS / DRTCPW35CS

ほつれ防止加工で耐久力アップ
サイドステッチ加工を全周に施し長期間の使用による“ほつれ”を防止。従来品よりも耐久性をアップしました。
またサイドステッチは枠幅 5mm の極細タイプを採用、十分なマウス稼働範囲を確保いたしました。

DRTCPW25CS / DRTCPW35CS

以前リリースされたサイドほつれ防止窺Hありの『DRTCPW25/35RS』とは若干作りが違うように見えます(写真の撮り方の問題かも知れませんが)。

天然発泡ラバー+滑り防止のハイグリップパターン
パッド裏面にはハイグリップパターンを施した発泡ラバーを採用、ハードなプレイにおいても不用意にずれたりせず机上の微細な凹凸を吸収しフラットなプレイ面を提供します。

DRTCPW25CS / DRTCPW35CS

スペック

  • 表面: ナイロン
  • 裏面: 天然発砲ラバー
  • サイズ:
    • DRTCTPW25CS: 横 250mm × 縦 210mm × 高さ 3mm(±0.5mm)
    • DRTCTPW35CS: 横 350mm × 縦 300mm × 高さ 3mm(±0.5mm)
  • 価格
    • DRTCTPW25CS: 1,280円(税込)
    • DRTCTPW35CS: 2,680円(税込)

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『DHARMAPOINT』が伝説のプロゲーマー・デューク花水木氏監修の『プロゲーミングボード』を発表、最新のロシアンスタイルを簡単に利用可能に

プロゲーミングボード

『DHARMAPOINT』が最新のロシアンスタイルを簡単に利用可能となる伝説のプロゲーマー・デューク花水木氏監修の『プロゲーミングボード』を発表しました。

プロゲーミングボード

『プロゲーミングボード』は最新のプレースタイル『ロシアンスタイルリバース』を簡単をいつでも簡単に実現することができるデバイスです。

ロシアンスタイルは、ロシアの FPS プレーヤーが使用していることで有名なプレースタイルで、膝上にキーボードを置くことでオフライン大会の狭いデスク上でマウスを有効に使うことが出来るというものです。

プロゲーミングボード
参考画像: ロシアンスタイルでプレーする Cooller 選手

伝説のプロゲーマー・デューク花水木氏が監修した『プロゲーミングボード』を利用することで、マウス操作を膝上で簡単に操作可能となり、りデスク上でキーボードを広く使用し安定したキー操作を実現する事が出来ます。

プロゲーミングボード

『DHARMAPOINT』のサイトでは、伝説のプロゲーマー・デューク花水木氏から日本のプレーヤーへのメッセージが掲載されています。また、『ロシアンスタイルリバース』を簡単に習得できるよう、デューク花水木氏によるレッスン DVD も発売予定されるそうです。

デューク花水木氏の経歴

  • WACワールドサイバーアスリートジュニア大会 第2位
  • 和歌山県 さくら祭り エキシビジョンマッチ招聘
  • 板橋区高島平団地祭りこどもゲーム大会 優勝 
  • 世界プロゲーマー審査機関登録済み

より詳しくは下記より『DHARMAPOINT』の公式サイトをご覧ください。

※本日は4/1です。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングマウス『DRTCM15』『DRTCM12』用のマウスソール『ダーマスムースフィート』発表

ダーマスムースフィート

ゲーミングマウス『DRTCM15』『DRTCM12』用のマウスソール『ダーマスムースフィート』が発表されました。

ダーマスムースフィート 【DRMF】

ダーマスムースフィートに『DRTCM15』『DRTCM12』専用タイプが登場。
滑りを追求したフッ素樹脂タイプと耐久性を追求した超高分子ポリエチレンタイプの2タイプ展開となります。

フッ素樹脂タイプ
フッ素樹脂は、あらゆる固体物質の中で最も低い摩擦係数を示す物質です。動摩擦係数よりも静摩擦係数にすぐれ、初動のキレを重視するハイセンシユーザーに最適なマウスフィートです。

フッ素樹脂タイプ

超高分子量ポリエチレン
超高分子量ポリエチレンは、分子量が約 240 万と極めて大きく特徴として低い摩擦係数に加え高い摩耗性と耐衝撃強度を持っています。
プラスチック、ガラスなど堅い表面素材上でのパフォーマンスを重視するプレイヤーに最適なマウスフィートです。

超高分子量ポリエチレン

両製品とも 4 月下旬より各 933円(税抜き)で発売予定となっています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ワイヤレスのゲーミングヘッドセット『ダーマタクティカルヘッドセットワイアレス』が 2012 年 1 月下旬に発売

ダーマタクティカルヘッドセットワイアレス

ワイヤレスのゲーミングヘッドセット『ダーマタクティカルヘッドセットワイアレス』が 2012 年 1 月下旬に発売されます。

Dharma Tactical Headset Wireless

『ダーマタクティカルヘッドセットワイアレス』は低レイテンシ&無圧縮伝送によりワイヤードと同様のプレー感覚で使用することが出来るワイヤレスのゲーミングヘッドセットです。

特徴

  • 圧倒的な低レイテンシ&無圧縮伝送により、まさにケーブルレスヘッドセット
  • フレンドとの会話を中断させない優れた RF パフォーマンス
  • 連続稼働時間 約 10 時間 * 充電中でも使用可能でダウンタイムゼロ
  • コンパクトボディに口径 40mm の高磁力ネオジムマグネットを採用
  • フレキシブルアームマイク採用で自由且つ微細な調整が可能
  • 単一指向性エレクトレットコンデンサマイクロフォンによるクリアな音声入力
  • 左手で操作可能なマイクミュートスイッチ、ボリュームコントローラ

スペック

ヘッドフォン

  • 形式:密閉ダイナミック型
  • ドライバユニット: Nd-Fe-B φ 40mm
  • 感度: 98dB. ± 3dB
  • 再生周波数帯域: 20Hz ~ 20KHz
  • 送信周波数帯域: 2..4GHz 帯
  • 到達距離:最長約 10m(見通し)
  • 変調方式: GFSK
  • データレート: 5 Mbps(最大)
  • 連続使用時間:約 10 時間(付属の単 3 形ニッケル水素充電池使用時)
  • 重量:約 230g(付属のニッケル水素充電池含む)

マイクロフォン

  • タイプ:コンデンサータイプ
  • インピーダンス: 680 Ω
  • 正面周波数特性: 70Hz ~ 16KHz
  • 感度: -47dB ± 3dB AT 1 KHz (0 dB=1V/ μ bar)RL:2.2k

単 4 形のニッケル水素充電池 2 本で動作する仕様となっています。

価格は 8,980 円(税込)で 2012 年 1 月下旬より大手量販他店、ゲーム専門ショップ、オンラインショッピングサイト等で購入可能となります。

個人的にヘッドセットのコードを引っ張られて断線する被害で 2 つヘッドセットが死亡しているので気になるところです。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングマウス『DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM03BK/C)』が価格改定され 11月18日(金)より再販開始予定

DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM03)ゲーミングマウス『DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM03BK/C)』が価格改定され 11月18日(金)より再販開始予定であることが発表されました。

DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM03BK/C)

『DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM03BK/C)』はレーザーセンサーを採用しリフトオフディスタンスの調整が可能なゲーミングマウスです。

特徴

  • リフトオフディスタンス調整機能搭載ダーマコントロール
  • OMRON 社製スイッチを採用
  • フルスピードUSB 16bit ウルトラデータパス 125 ~ 1000 レポートレート
  • DCモード動作による常時稼動センサー
  • 高機能スクリプトソフトウェア
  • ハードウェアキーボードエミュレーション
  • マウスコントロールパネル
  • ファームウェアアップデート機能
  • 4段階 cpi チェンジ
  • 本体内フラッシュメモリ内蔵
  • ファブリックケーブル
  • エルゴノミックデザイン & ドライサンドグリップ
  • MODE チェンジスイッチ

スペック

  • トラッキング解像度: 400 ~ 2000 cpi(ユーザー任意設定) 3200cpi エミュレーション動作(X / Y軸可変可能)
  • 最大加速: 20G
  • 最大スピード: 65ips(表面によって異なります)
  • フレームレート: 7200fps
  • USB データバンド: 16bits/axis
  • USB レポートレート: 125 ~ 1000 Hz(ユーザー任意設定)
  • サイズ: 横 63mm ×縦 115mm ×高さ 42mm
  • ケーブル長: 約 1.8m
  • 重量: 約 110g(ケーブル含む)
  • マウスフィート: PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)
  • ボタン数: 10(cpi 切替スイッチ含む)

価格

  • (旧)店頭予想売価: 5,980 円(税込)
  • (新)店頭予想売価: 3,980 円(税込)

『DRTCM03BK』は販売が完了となっていた製品でしたが、リクエストに応える形で復活となります。価格は上記の通り、従来よりも 2,000 円安くなっています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『DHARMAPOINT』がゲーミングマウスパッド『DharmaTactical Pad Glass Reflective』と『DharmaTactical Pad Rough』を発表

DHARMAPOINT』がゲーミングマウスパッド『DharmaTactical Pad Glass Reflective』と『DharmaTactical Pad Rough』を発表しました。

DharmaTactical Pad Glass Reflective (DRTCPW35GR)

DharmaTactical Pad Glass Reflective『DharmaTactical Pad Glass Reflective』(ダーマ タクティカルパッド グラスリフレクティブ)は再帰性反射を採用した次世代高速追従型のゲーミングマウスパッドです。

再帰性反射を採用した次世代高速追従型タクティカルパッド、グラスリフレクション登場
高速度追従性にシルクタッチのマウス滑走性を高いレベルで高めた新サーフェスを採用、極小の再帰性反射ガラスビーズによる優れた初動摩擦係数を確保しシルクタッチの滑り心地を実現、マウスの限界性能をより高く引き出します。さらに再帰性反射素材によりマウスからのセンサー光反射効率を最大限に高め、レーザー、光学式ともに良好なトラッキング性能を提供します(Razer 社 3G/3.5G レーザーセンサーは未対応。4G レーザー、3G/3.5G 赤外線センサーはお使いいただけます)。

再帰性反射を採用した次世代高速追従型

再帰性反射とは?(retro-reflection)
通常の拡散反射と呼ばれる反射では入射した光があらゆる方向に均一に反射します。それに対して再帰性反射では、どの角度から光が入ってきてもそのまま光源に戻ることで高い反射効率を実現します。

再帰性反射とは?

縦置き、横置きどちらも可能なワイド 330 mm× 230 mmサイズ
ローセンシユーザー、ハイセンシユーザーどちらにも対応可能なワイド 330mm サイズをご用意いたしました。また縦置きすることによってワイド 230mm サイズとしてもご利用可能です。

成型シリコンラバーによる滑らかな表面滑走 + 滑り防止
成型シリコンラバーさらなる滑走感を追及するため滑走面を支える素材にシリコンラバーを採用、従来品の裁ち落とし素材ではなく、専用成型素材のため均一な平滑性と曲げに強い強力な自己復元力を持っています。

またシリコン裏面には粘着剤を使用しないシリコン金型への特殊加工により強力な滑り防止を実現、シリコンラバーによる強力な吸着力によりプレイ中のズレを防止します。

ウオッシャブルタイプで汚れても安心
水に強い素材を採用することによりパッド表面が汚れた場合でも水洗いすることができます。

スペック

  • 横 330mm × 縦 230mm × 厚さ 2.3mm(± 0.3)
  • 材質: 再帰性反射素材(ガラスビーズオープンタイプ)シリコンラバー
  • 店頭予想売価: 3,980 円

DharmaTactical Pad Rough(DRTCPW25RS, DRTCPW35RS)

DRTCPW35RS『DharmaTactical Pad Rough』(ダーマタクティカルパッド ラフ)は粗めの表面素材を採用し、ドット単位でのマウスコントロールを可能とするゲーミングマウスパッドです。

ピクセルを狙うコントロール重視のタクティカルパッド、粗めタイプ登場
粗めの表面素材を採用したラフ Tactical Pad はピクセル 1 点を狙っていくヘッドショット重視のプレイヤーに向け開発されたマウスパッドです。滑らか且つ適度な抵抗感を持つ表面素材はドット単位でのマウスコントロールを可能としました。
光学式、レーザー式ともにトラッキングにおいて良好なパフォーマンスを示しパッド裏面には、激しくプレイした際にも不用意にパッドが動かないよう、ラバーを採用し机上の微細な凹凸を吸収しフラットなプレイ面を提供します。

粗めの PET 樹脂(ポリエチレンテレフタレート)製サーフェス

粗めの PET 樹脂(ポリエチレンテレフタレート)製サーフェスがマウスを点で支え接地面積を減らすことでマウストラクションを劇的に軽減
湿度、温度の変化にも強く耐摩耗性に優れた PET 樹脂繊維(ポリエチレンテレフタレート)を表面素材に採用、立体テクスチャーでマウストラクションを軽減するとともに複雑な織目は相関図法を利用するセンサーへ良質なトラッキングパターンを提供します。

ほつれ防止加工で耐久力アップ
サイドステッチ加工を全周に施し長期間の使用による"ほつれ"を防止。従来品よりも耐久性をアップしました。
またサイドステッチは枠幅 5 mmの極細タイプを採用、十分なマウス稼働範囲を確保いたしました。

ほつれ防止加工で耐久力アップ

天然発泡ラバー + 滑り防止のハイグリップパターン
裏面には、激しいプレイにおいてもマウスパッドが不用意に動かないよう、ハイグリップパターンを施した 2.5mm の発泡ラバーを採用、机上の微細な凹凸を吸収しフラットなプレイ面を提供します。

天然発泡ラバー + 滑り防止のハイグリップパターン

スペック (DRTCPW25RS)

  • サイズ: 横250mm × 縦210mm × 厚さ3.5mm(± 0.5)
  • 材質: PET(ポリエチレンテレフタレート)天然発泡ラバー
  • 店頭予想売価: 1,580円(税込)

スペック (DRTCPW35RS)

  • サイズ: 横350mm × 縦250mm × 厚さ3.5mm(± 0.5)
  • 材質: PET 樹脂(ポリエチレンテレフタレート)天然発泡ラバー
  • 店頭予想売価: 2,380円(税込)

クラスト社に事業移管されてから初となる製品はマウスパッドとなりました。各製品は 11 月下旬の発売が予定されています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 日本のゲーミングデバイスブランド『DHARMA POINT』の梅村氏にブランド立ち上げや新展開についてインタビュー

DHARMA POINT

日本のゲーミングデバイスブランド『DHARMA POINT』の製品開発やサイト運営を担当する梅村 匡明氏にブランド立ち上げや新展開についてインタビューをさせて頂きました。

『DHARMA POINT』梅村氏インタビュー

『DHARMA POINT』が事業移管し再スタートを切るということで、そもそもどのようにしてブランドが立ち上げられたのかということを中心に、なぜ IE3.0 ライクなマウスを作らないのか、新製品はどのようなものになるのかなどをお聞きしてきました。

思ったよりも長くなったので前後半にわけてあります。

話を聞くのに夢中で梅村さんの写真を 1 枚も撮らなかったことに後で気付きました。先日 4Gamer.net さんに掲載されたインタビューには梅村さんや新製品の写真がありますので、気になる方はそちらをご覧下さい。

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングデバイスブランド『DHARMAPOINT』を新たに展開するクラスト社のインタビューが 4Gamer.net に掲載

DHARMAPOINT(ダーマポイント)

ゲーミングデバイスブランド『DHARMAPOINT』を新たに展開するクラスト社のインタビューが 4Gamer.net に掲載されています。

インタビューに参加したのは、クラスト社の代表取締役社長 笹田 亮氏、『DHARMAPOINT』の立ち上げからブランドに関わっている梅村匡明 氏と神尾英人 氏の 3 名となります。

インタビューでは事業移管が行なわれた理由、今後の事業展開、新製品に関する話を読むことが出来ます。中でも現在研究が進められているという、すべてのキーマッピングをハードウェアで入れ替えられるゲーミングキーボードの話が非常に興味深かったと思います。記事は以下よりご覧下さい。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス シグマA・P・Oシステム販売株式会社がゲーミングデバイスブランド『DHARMA POINT』事業を株式会社クラストに譲渡

DHARMAPOINT(ダーマポイント)シグマA・P・Oシステム販売株式会社がゲーミングデバイスブランド『DHARMA POINT』事業を株式会社クラストに譲渡したことを発表しました

以下はリリースの転載となります。

ダーマポイント事業の事業譲渡に関するお知らせ

シグマA・P・O システム販売株式会社(本社: 東京都千代田区東神田2-4-8、代表取締役社長:菅野高吉、以下、シグマA・P・O システム販売)は、ゲーム関連ブランドのDHARMAPOINT(ダーマポイント)事業を、2011 年7 月29 日をもって株式会社クラスト(本社: 東京都渋谷区渋谷3-6-3、代表取締役社長: 笹田亮、以下、クラスト)に譲渡することを決定し、両社の間で譲渡契約を締結しましたので下記の通りお知らせいたします。

目的

DHARMAPOINT は、2008 年1 月のブランド設立以来、PC ゲーミングを基盤に、オンライン・オフラインで活躍するゲーマーに向け高性能ゲーミングマウス、ゲーミングヘッドセット、マウスパッドなどゲーミングデバイス全般を提供してまいりました。 また国内で開催される数々の公式大会やユーザー運営による非公式大会のサポートなど常に日本におけるゲーマーの地位向上とゲーム文化の普及を目的としたコミュニティを支援してまいりました。
日本のゲームシーンを更に拡大するためには、ゲーミングデバイス開発の促進とユーザーコミュニティの更なる成長が必要であると考えています。
DHARMAPOINT は、今後も国内屈指の開発力で、「ゲーマーの地位向上」を目的とした事業に注力し、日本ゲームシーンの発展に貢献していくべきだと考えています。また、DHARMAPOINT 事業が専門技術・知識を活かして更なる成長を遂げ、ユーザーコミュニティの拡大に貢献していくには、デバイス開発だけでなくネットビジネスにおけるノウハウを持つパートナーと組むことが最善だと判断いたしました。
この背景のもと、株式会社クラストに対象事業の譲渡を決定し、各々の得意とする事業戦略の強化、成長につながり、ともに企業価値を一層高めることになると判断し、譲渡契約の締結となりました。

事業譲渡の内容

シグマA・P・O システム販売は、クラストに対して、対象事業となるダーマポイント事業に関連する資産を譲渡いたしました。これに伴い、クラストは、対象事業の開発・運営・サポートに従事するスタッフおよびカスタマーサポートも含め、シグマA・P・O システム販売から引き継ぎます。カスタマーサポートにつきましての連絡先は、弊社沖縄サポートセンター(0120-321-177)になります。

譲渡日

  • 2011 年7 月29 日

譲渡後の運用・営業活動について

2011 年7 月29 日をもって事業譲渡の実行日とし、引渡し手続きを実施いたします。2011 年8 月1 日より、譲渡対象の製品開発・販売及びDHARMAPOINT 公式サイト( http://www.dharmapoint.com/ )の運営をクラストが行ってまいります。なお、DHARMAPOINT およびダーマポイントのサービスブランド、利用ドメイン名はそのまま継承し、ユーザーの皆様には従前と変わらぬサービスを提供してまいります。

ダーマポイントについて

ダーマポイント(DHARMAPOINT)は、ハードコアゲーマーに向け高性能マウスやキーボー
ド、ヘッドセットなどのゲーミングデバイスを開発・販売しているゲーム関連ブランドです。ダーマポイントに関する情報はDHARMAPOINT.COM( http://www.dharmapoint.com/ )にあります。

当該会社の概要

シグマA・P・Oシステム販売株式会社

  • 代表者 :代表取締役社長 菅野 高吉
  • 所在地 :〒101-0031
  • 東京都千代田区東神田2-4-8
  • 設立 :昭和58年10月
  • 資本金 : 3000万円
  • 主な事業:
  • OAデスク・OAチェアー・AV関連商品の企画・製造・販売
  • パソコン及び音楽・ゲーム関連周辺機器の企画・製造・販売
  • オフィスレイアウト・コンピュータールームレイアウト
  • 及び周辺の設計・企画提案並びに工事一式

株式会社クラスト

  • 代表者 :代表取締役社長 笹田 亮
  • 所在地 :〒150-0002
  • 東京都渋谷区渋谷3-6-3 清水ビル5F
  • 設立 :平成18年7月21日
  • 資本金 : 4億3,570万円
  • 主な事業:Gamer-Pointの発行・販売・決済サービスの提供
  • 法人向け回線提供事業
  • 法人向けアウトソーシング事業
  • 個人向けインターネットサービスプロバイダ事業

---

しばらく新製品の発表がなかったり(記事をさかのぼったところ、最新の発表は2010年11月)、在庫が無く購入できない製品があるというような話を耳にしていましたが、今回の事業譲渡に向けて様々な調整が行われていた事が原因でしょう。

株式会社クラストは、ゲーマー向けのポイントサービス『Gamer-Point』を展開する企業です。今後は、『Gamer-Point』を導入するオンラインゲームとのコネクションを活かして『DHARMAPOINT』とのコラボレーションなどが行われていく可能性が考えられます。

製品開発やサイト運営の主要スタッフはそのまま残っていると聞いているので、今後の『DHARMAPOINT』製品からこれまでの開発思想が失われてしまうような事は無いでしょう。
事業譲渡により良い展開となっていく事に期待です。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar