タグ

DOTA 2 Dota 2公式世界大会『The International 2017』出場チームの所属先変更、Team NP→Cloud 9、Planet Dog→Hellraisers

Hellraisers

Dota 2公式世界大会『The International 2017』出場チームが、新たな所属先で大会に挑むことが発表されました。

Team NP→Cloud 9、Planet Dog→Hellraisers

Team NPは、『The International 2016』の後に Jacky "EternaLEnVy" Mao 選手が立ちあげたゲーミングチームです。Cloud 9は5月にデンマークのチームとの契約を終了していましたが、Team NPのメンバーを獲得することで『The International 2017』に挑むことになりました。

Planet Dogはオープン予選から勝ち抜き本戦への出場権を手に入れた今大会ではダークホース的な位置づけとなるチームです。Hellraisersは2016年3月に『Dota 2』から撤退していましたが、Planet Dogのメンバーを獲得し再びDota 2シーンに参入となります。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 『ELEAGUE』制作のDota 2世界大会『The International 2017』ドキュメンタリー番組を米TBSがテレビ放送

eleague-dota2

『ELEAGUE』制作による長編シリーズ番組「ELEAGUE: Road to The International Dota 2 Championships」が、2017年8月4日よりTurner Broadcasting Systemによってケーブルテレビ向けに放送されることが発表となりました。

ELEAGUE: Road to The International Dota 2 Championships

『ELEAGUE: Road to The International Dota 2 Championships』は、2017年8月2日より開幕となるeスポーツ史上最高賞金額を誇るDota 2大会『The International 2017』に挑むプロゲーマーを追う全4回・各回1時間の長編シリーズ番組です。

放送日(アメリカ時間)

  • 第1回: 8月04日(金) 22時~
  • 第2回: 8月11日(金) 22時~
  • 第3回: 8月18日(金) 23時~
  • 最終回: 8月25日(金) 22時~

第1回の予告ムービーによると、1回目にはアメリカ予選に挑んだ United States compLexity Gaming に所属する United States Jimmy "DeMoN" Ho 選手が登場します。

また、米TBSではシリーズがスタートする前週の7月28日(金)22時より、Valveが制作したDota 2世界大会『The International』初回大会のドキュメンタリー「Free To Play」をケーブルテレビ放送するとのこと。

今年の『The International 2017』は、この番組の放送によってより多くの人が興味を持つ大会となりそうです。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Valve StoreにDota 2の新公式グッズを取り扱う『The International 2017 Secret Shop』がオープン

secret

Valveの公式オンラインショップ『Valve Store』にDota 2の新公式グッズを取り扱う『The International 2017 Secret Shop』がオープンしました。

The International 2017 Secret Shop

『The International 2017 Secret Shop』では、2017年8月に実施される公式世界大会『The International 2017』会場で販売されるグッズが一部限定で一足早く購入可能となっています。

販売されているのは、メーカーやSteam Workshopで活動しているクリエイターがデザインしたアパレル・ゲーミングデバイス・雑貨など多岐に渡っています。

SteelSeries Arctis 5: Dota 2 Edition Gaming Headset

Arctis5 Dota-2 Hero

The International 2017 Dota 2 Ursa Encounter

日本のDota 2プレーヤー Japan enocinoco さんがデザインしたTシャツ。

Ursa Encounter

この他のアイテムについては、下記のリンクからご覧ください。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 賞金総額50万ドル『ROG MASTERS 2017』のCS:GO、Dota 2日本予選予選が8月に開催決定

ROG MASTERS 2017

賞金総額50万ドルのCS:GO & Dota 2大会『ROG MASTERS 2017』の日本予選開催が発表されました

ROG MASTERS 2017

『ROG MASTERS 2017』は、『ASUS』のゲーミングブランド『Republic of Gamers(ROG)』が主催するeスポーツ大会です。競技ゲームは昨年に引き続き『Counter-Strike: Global Offensive』と『Dota 2』が採用され、各タイトル賞金総額25万ドルずつで実施されます。

大会は4フェーズに別れて実施され、フェーズ1の各国オンライン予選が日本でも実施されることが確定となりました。

開催日程

各予選は『ESL Play』プラットフォームを使用しながらオンラインで実施されます。
『CS:GO』部門はアンチチートツール「ESL Wire」の導入が必須となるため、出場チームは事前に導入と動作の確認を行っておく必要があります。

大会フェーズ

  • Phase 1: Open Qualifiers
    • 下記各国で誰でも出場可能なオープン予選を開催。各1位チームが「Regional Qualifier」に進出
    • 台湾、韓国、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナム、日本、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、南アジア(インド、バングラデシュ、スリランカ)
  • Phase 2: Regional Qualifier
    • 「Phase 1」を通過した12チームが出場。1位チームが「Regional Finals」に進出。
  • Phase 3: Regional Finals
    • 招待7チーム + 「Regional Qualifier」通過1チームが出場
    • 上位2チームが「Grand Finals」に進出
  • Phase 4: Grand Finals
    • Regional Finalsを勝ち抜いた「6チーム」が進出。「アジアパシフィック」×2、「ヨーロッパ・中東・アフリカ」×2、「アメリカ」×1、「中国」×1

大会の開催を記念し、ASUSの日本公式Twitterアカウントではプレゼントが当たるキャンペーンを実施中です。

また、ゲーミングPCのキャッシュバックキャンペーンも合わせて実施されます。
より詳しくは下記の特設サイトをご覧ください。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額がeスポーツ史上最高記録を更新(約23.5億円)

bl_bpimg_2017

Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額が昨年を上回り史上最高賞金総額のeスポーツ大会となりました。

『The International 2017』がeスポーツ史上最高賞金総額の大会に

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドルですが、大会に関連する『The International 2017 Battle Pass』等のゲーム内アイテムが購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

配分額が増加を続け、本日2016年大会の「$20,770,460(約23億5080万円, $1=113.18円)」を超えることになりました。この文章を書いている時点での賞金総額は「$20,779,052(約23億5177万円)」となっています。

賞金の増額は大会終了日まで継続されるため(残り32日間)、どこまで金額が伸びるか注目です。

歴代eスポーツ大会賞金総額ランキング

  • 1位: The International 2017 (Dota 2) - $20,779,052 (さらに増額)
  • 2位: The International 2016 (Dota 2) - $20,770,640
  • 3位: The International 2015 (Dota 2) - $18,429,613
  • 4位: The International 2014 (Dota 2) - $10,931,103
  • 5位: League of Legends 2016 World Championship - $5,070,000

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界最高峰のプレーヤーが出場『The International 2017 All-Star』のコミュニティ投票がスタート

The International 2017

『Dota 2』公式世界大会『The International 2017』に合わせて開催されるオールスターマッチの出場選手決定投票がスタートしています。

The International 2017 All-Star

『The International 2017 All-Star』は、『The International 2017』に出場する18チーム・90選手から選ばれた10人の選手による5vs5形式、賞金10万ドルで実施されます。

投票は今大会向けのゲーム内アイテム『The International 2017 Battle Pass』の所有者を対象に実施されます。

allstar

また、出場者のプレーヤーカード『Player Card Packs』が利用可能となりました。

cards-player

こちらを使用して自分が好きな選手を5人選び、独自の『Fantasy Team』を各日程にあわせて作成。選手の活躍に応じてポイントを獲得することが出来るゲームに参加出来ます。

team
好きな選手、活躍しそうな選手を自分好みでセレクト。

effect
お気に入りチームを選ぶと、テレポート等のエフェクトがチームロゴ仕様に。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Valveが『Dota 2』のeスポーツ展開を強化、「メジャー」「マイナー」システム採用、サードパーティ大会連携、ポイント制導入など

Dota 2

Valveが『Dota 2』のeスポーツ展開強化に関する発表を行ないました

The 2017 – 2018 Competitive Season

Valveは2017年8月に開催される公式世界大会『The International 2017』以降のeスポーツ展開について、下記のような取り組みを実施していきます。

サードパーティ連携

  • サードパーティ大会との連携、スポンサードを強化
  • 大会に「Major(メジャー)」「Minor(マイナー)」の格付けを導入(メジャーの方が格上)
  • 「Major」は賞金総額50万ドル以上で実施。さらにValveが50万ドルを提供(計100万ドル以上)。
  • 「Minor」は賞金総額15万ドル以上で実施。さらにValveが15万ドルを提供(計30万ドル以上)。

「Major」「Minor」に格付けを分けて大会を開催

  • 「Major」「Minor」共に北米、南米、東南アジア、中国、ヨーロッパ、CISで予選を開催
  • 「Major」「Minor」はLANファイナルを実施
  • 「Major」と「Minor」は開催時期がバッティングしないよう調整して展開
  • 「Major」と「Minor」大会に「Qualifying Points」を導入

「Qualifying Points」の導入

  • 「Qualifying Points」は2018年の公式世界大会『The International 2018』の招待を決定する際に使用される
  • ポイントは大会の格付け、賞金総額が高いほど付与が大きくなる
  • ポイントは入賞したチームの各選手に対して付与される
  • シーズンごとにメンバーを固定するロスターロック制度は引き続き採用
  • 個人・チームごとの「Qualifying Points」ランキングを公開予定

「Major」「Minor」の仕組みやサードパーティ大会との連携は『CS:GO』ですでに取り組みが実施されており、マイナー大会では新たな才能の発掘、サードパーティによるクオリティの高いイベント運営など、選手もファンも大きなメリットがある状態で展開されています。

また、「Qualifying Points」が導入されることで『The International 2018』を目標に各大会が大きな繋がりを持っていくのはシーンによって非常に良い結果となるのではないでしょうか。

賞金提供については、Valveは『The International 2017』関連のゲーム内アイテム売上だけですでに60億円近い収入があり、そこから各大会に数十万ドルを還元してもかなりの余裕がありそうです。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2オフライン大会『ESC Dota2 CUP』が「e-sports cafe」(東京・新大久保)で7/15(土)に開催

ESC Dota2 CUP

Dota 2のオフライン大会『ESC Dota2 CUP』が「e-sports cafe」(東京・新大久保)で7/15(土)に開催されます。

ESC Dota2 CUP

『ESC Dota2 CUP』は、「Dota 2道場」を運営する DeSHo 氏協力の元に、Dota 2プレーヤーの交流と「e-sports cafe」の認知を深めることを目的に開催されます。

参加はチーム単位、個人のどちらでもOK。
個人の場合は当日の参加者で即席チームを作っての対戦となります。

全4試合を行ない、成績上位の2チームには賞金が贈呈されます。

開催情報

  • 開催日:2017年7月15日(土)
  • 時間: 受付開始 12:30、受付終了 13:00、試合開始 13:20、終了 18:00
  • 会場: e-sports cafe (東京・新大久保)
  • 募集定員: 30名(6チーム)
  • 試合形式:即席チームによるトーナメント
  • ゲームモード:キャプテンズモード(陣営、Pick順の選択権は「/roll」機能を利用して行います。)

賞品

  • 1位 15,000円(1人3,000円)
  • 2位 10,000円(1人2,000円)

参加登録

前回行なわれたイベントの様子は、下記でご覧いただく事が出来ます。

DSC_8181

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額が2,000万ドル(約22億円)を突破、昨年を20日上回るペース

bl_bpimg_2017

Dota 2世界大会『The International 2017』の2,000万ドル(約22億円, $1=112.35円)を突破しています。

『The International 2017』の賞金総額が2,000万ドル(約22億円)を突破

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドル(約1.79億円, $1=112.38円)ですが、大会に関連する『The International 2017 Battle Pass』等のゲーム内アイテムが購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

賞金の増額ペースは昨年よりもハイペースながらも比較的落ち着きを見せていましたが、6月末に販売された80レベルアップとガチャアイテム「Immortal Treasure I」(4個)と「Immortal Treasure II」がセットになった「Battle Level and Treasure Bundle」のセールが開始されると爆発的に売上が増加。

dota2-graph
http://dota2.prizetrac.kr/international2017

2016年大会の賞金総額が「2,000万ドル」を突破したのはアイテム販売開始から「80日」を過ぎたあたりですが、今年は「58日」と驚異的なペースを見せています。

『The International 2017』は、予選が終了しグループステージに出場する18チームが決定しました。グループステージの日程は8月7日前の数日間で実施される予定です。

現在の賞金総額は「$20,065,194」(22億54325万円)で、昨年の賞金総額「$20,770,460」(23億3356万円)を上回るのは間違いなく時間の問題というところです。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2017』グループステージに出場する18チームが決定

The International 2017

Dota 2世界大会『The International 2017』グループステージに出場する18チームが決定しました。

The International 2017

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

大会には招待6チーム、「ヨーロッパ」「中国」「アメリカ」「東南アジア」予選を勝ち抜いた12チームを併せた18チームが出場します。オープン予選を経て実施された地域予選が全て終了となり、出場18チームは下記のようになりました。

本戦出場チーム - 18チーム

招待

  • Europe OG - n0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • Russia Virtus.pro - RAMZES666, No[o]ne-, 9pasha, Lil, Solo
  • United States Evil Geniuses - Arteezy, SumaiL, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • Europe Team Liquid - MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, GH, KuroKy
  • China Invictus Gaming - BurNIng, Op, Xxs, BoBoKa, Q
  • China Newbee - Moogy, Sccc, kpii, Kaka, Faith

ヨーロッパ予選

  • ヨーロッパ 1位 Europe Team Secret - MP, Midone, Khezu, Puppey, YapzOr
  • ヨーロッパ 2位 Europe Planet Dog - Swiftending, Keyser, 33, j4, MiLAN
  • CIS 1位 Russia Team Empire - Chappie, fn, Ghostik, Miposhka, RodjER

中国予選

  • 中国予選 1位 China iG Vitality - Paparazi灬, Sakata, InJuly, super, dogf1ghts
  • 中国予選 2位 China LGD.Forever Young - Monet, Super, Inflame, Ahfu, ddc
  • 中国予選 3位 China LGD Gaming - Ame, Maybe, old eLeVeN, Yao, Victoria

東南アジア予選

  • 東南アジア予選 1位 Philippines TNC Pro Team - Raven, Kuku, Sam_H, Tims, 1437
  • 東南アジア予選 2位 Malaysia Fnatic - Ahjit, QO, Ohaiyo, Febby, DJ
  • 東南アジア予選 3位 Philippines Execration - Nando, CartMaN, Raging Potato, Kim0, RR

アメリカ予選

  • 北アメリカ予選 1位 Canada Team NP - EternaLEnVy, FATA-, MSS, Aui_2000, pieliedie
  • 北アメリカ予選 2位 United States Digital Chaos - mason, Abed, Forev, BuLba, DuBu
  • 南アメリカ予選 1位 Peru Infamous - Benjaz, Timado, Kingteka, Matthew, Accel

Europe Planet Dog、Philippines Execrationはオープン予選から勝ち上がり出場権を掴んでいます。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar