タグ

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングマウスパッド『HyperX Fury S』にプロゲームチームDeToNatorモデルが登場

dtn-hyperx

Kingston Technologyのゲーミングブランド『HyperX』より、ゲーミングマウスパッド『HyperX Fury S』のプロゲームチーム Japan DeToNatorモデルが登場します。

HyperXからDeToNatorモデルのゲーミングマウスパッドが登場

ゲーミングマウスパッド『HyperX Fury S』は、表面に光学式マウスの正確なトラッキングに対応する布、裏面にマウスがズレにくい天然ゴムを採用し、耐久性と手首への負担を減らすためにマウスパッドの全周にステッチ加工を施した布系ゲーミングマウスパッドです。

このマウスパッドに、Japan DeToNatorのチームロゴを採用したデザインのコラボモデルが2017年12月18日(月)より発売開始となります。HyperXからは海外プロチーム Echo Foxとのモデルのマウスパッド等が登場していますが、日本チームとのコラボは今回のDeToNatorが初ではないでしょうか。

特徴

  • ほころびにくいシームレスステッチ加工
  • 正確な光学トラッキングに対応する密織りの表面
  • 安定感のある天然ゴム製の底面
  • 優れた携帯性と耐久性
  • サイズ: 横290mm×縦240mm×厚さ3~4mm
  • 素材:クロス、ラバー

プロゲームチームとのコラボマウスパッドは横400mmを越える大型のものが多いですが、今回のDeToNatorモデルは横290mm×縦240mmと小型に分類される大きさです。

コアなゲーマーには大型モデルが人気な印象がありますが、実際のところ大型よりも小型の方が販売数が多いと複数のゲーミングデバイス関係の方々に話を聞いたことがあります。

価格は1,980円(税込み)となるので、ストリーマーを中心にライトなファンを増やしている現在のDeToNatorには、ファンアイテムとしてこのサイズが適しているという判断なのかもしれません。イベントでサインをマウスパッドにもらいたい、という人も多くいそうです。

スーザン・ヤン氏のコメント (HyperX マーケティングマネージャーの)

DeToNatorとのコラボレーションをスタートして以来、現地のゲームファンの熱意とすばらしい支持を感じています。今回、DeToNatorのファンのためにカスタマイズした限定版マウスパッドを発売できることを誇りに思います。ぜひとも、HyperXファミリーのチームに対する引き続きのサポートと支援をお願いします。

江尻 勝氏のコメント(DeToNator代表)

DeToNatorオリジナルモデルの制作を快諾していただいたHyperXに心より感謝申し上げます。パートナーとファンの皆さまを結ぶ存在として、チームオリジナルの製品を作ることはとても重要なことと考えています。本製品は、ゲームプレイはもちろん、職場やさまざまなシーンで使っていただける素晴らしいマウスパッドです。パートナーのブランドとともにDeToNatorの存在価値を改めて高められるように頑張ります。また、この日を迎えられたのも選手、メンバーの頑張りのおかげです。彼らともこの瞬間を一緒に喜びを味わいたいと思います。

Amazon.co.jpで先行予約がスタート

12月18日(月)からの発売開始に先駆け、Amazon.co.jpにて先行予約が開始されています。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) プロゲームチーム『DeToNator』がeスポーツと異業種の「日本フォレスト株式会社」とスポンサー契約を締結

DTN-NihonForest

日本のプロゲームチーム Japan DeToNatorが、「日本フォレスト株式会社」とスポンサー契約を締結したことが発表されています。

DeToNator×日本フォレスト株式会社

「日本フォレスト株式会社」は、その社名のとおり「木質事業」を手がける企業です。

同社は次世代を担う若者の可能性を信じて世界に向けて挑戦する「DeToNator」の理念に共感し、スポンサーをつとめることで「DeToNator」の選手である若者の挑戦を会社として応援していくと説明。

日本フォレスト社も木質業界において日本の森林再生・地元における新規雇用の創出、共に働く若手社員の積極的な「人財育成」、未来に向けた日々の挑戦を行なっており業界は違えど挑戦する仲間としてDeToNatorと共に歩みを進めていくと決意を表明しました。

DeToNatorのスポンサーにはPC周辺機器・ソフトウェアなどeスポーツと親和性の高い企業が多く名を連ねていますが、今回は「木質業」という異なる分野の企業から支援を受けることになりました。

日本フォレスト社代表 森山和浩氏はリリースのコメントにおいて、DeToNatorの考え方や熱意に共感したと情熱的に語っており、DeToNatorに心打たれてのスポンサード決定となったようです。

森山和浩氏のコメント (日本フォレスト株式会社 代表取締役)

MORISHOグループの日本フォレスト株式会社は、木質事業を通じ我々の事業が地域社会の貢献に繋がるという信念を持ち、全社員一丸となり大きな壁を乗り越えるためにどんなことにも挑戦していく会社です。 

また、我々が長期的なビジョンを持ちながら、目の前のことを地道にコツコツ頑張ることで地域社会と次世代を担う子供たちに夢を与えるものだと信じております。

「DeToNator」江尻代表とお会いし、「世界への挑戦」と「選手が主役」という思いを聞き、その思いに共感し刺激をもらったと同時にどこかワクワクした感覚になりました。

新たな可能性が期待できるe-sportsの中で挑戦し、次世代を担う選手が主役の「DeToNator」をサポートすることが、我々にとって後世に「良い環境」を残す「きっかけ」であり、他業種である我々が「DeToNator」をサポートしていくこともまた新たな挑戦だと捉えております。

日本における最前線で活躍し、まさに業界の “detonator(起爆装置)”として世界に挑戦する「DeToNator」を我々は応援いたします。

我々は常に変化し新たなことに挑戦していかなければなりません。異業種の我々が「DeToNator」を応援することも我々にとっては新たな挑戦です。

今後、ますますe-sportsの認知が他業種へも拡がり、その可能性が無限に膨らむことを期待しています。

江尻勝 氏のコメント (DeToNator代表)

この度のスポンサー契約は、DeToNatorの新たな可能性と海外への活動をより加速させてくれると信じております。異業種であるからこそのDeToNatorの認知拡大と活動のグローバル化をより多くの方に知ってもらい更なる飛躍への架け橋になると思います。
チーム理念と今後の方向性をご理解をしていただいた森山様には心より感謝をしております。

DeToNatorの新しい挑戦は、まだまだ始まったばかりです。世界に通用するチームを目指してこれからも気を引き締めて活動してまいります。

情報元

関連ニュース

Overwatch プロチームDeToNatorとの対戦イベントが大阪・ヨドバシ梅田で10/21(土)、22(日)に開催

dtn-yodobashi

プロゲームチーム Japan DeToNatorのメンバーとの対戦イベントが、10/21(土)、22(日)に大阪・ヨドバシ梅田で開催されます。

DeToNator 1on1チャレンジ

『DeToNator 1on1チャレンジ』と題された本イベントには、Overwatch部門の Japan siorin選手、人気ストリーマーのJapan YamatoN氏、Japan StylishNoob氏が登場し、『Overwatch』での1vs1対戦が行なわれます。

開催情報

  • 開催日: 2017年10月21日(土)、22日(日)
  • 場所: ヨドバシカメラマルチメディア梅田 地下1F パソコン売り場
  • 参加費用: 無料
  • 出演: Japan siorin選手、Japan YamatoN氏、Japan StylishNoob氏

10月22日(日)は『PUBG JAPAN CHAMPIONSHIP 2017』のオンライン決勝戦が予定されており、Japan YamatoN氏、Japan StylishNoob氏は大会に出場し決勝まで進出した場合は21日(土)のみの出演となる可能性もあるとのことです。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『OGN Overwatch APEX Challengers Season 5』に挑んだDeToNator.KOREA、グループステージ通過ならず

ow-apex

『OGN Overwatch APEX Challengers Season 5』挑戦し1部リーグを目指していた Korea DeToNator.KOREAですが、残念ながらグループステージ通過はなりませんでした。

OGN Overwatch APEX Challengers Season 5

『OGN Overwatch APEX Challengers Season 5』は、世界最高峰の韓国Overwatchリーグ『OGN Overwatch APEX Season 5』の出場を目指す8チームが出場する大会です。

2017年8月28日にスタートした1次グループステージでは8チームが総当たり戦を行ない、上位6チームが2次グループステージに進出となります。

日本のプロゲームチーム Japan DeToNator のOverwatch韓国部門はオフライン予選を全勝して挑戦権を獲得していましたが、グループステージでは Korea KNC Vmax 以外には敗退し1勝6敗の8位で予選通過はなりませんでした。

Group Stage 1 順位

  • 1位: 7勝0敗 Korea Lunatic-Hai 2 - Bunny, MedalOfHonor, Guardian, DoHyeon, Alarm, Flash
  • 2位: 6勝1敗 Korea Seven - Ukn0w, TTuba, Shubil, eVo, Bazzi, Mika
  • 3位: 4勝3敗 Korea Element Mystic - Vesta, Guard, Sp9rk1e, Fearless, Rapel, Jecse
  • 4位: 3勝4敗 Korea Nc Wolves - JJANGGU, Edison, Ritz, Villain, Swoon, Mentalist, Mitos
  • 5位: 3勝4敗 Korea CHG - SongBoos, Kurosensei, SeeYA, Care, Apache, Ci3Lo
  • 6位: 2勝5敗 Korea Bon's Spirit Gaming - innovation, xav1o, NOHJIWON, Leo, wellp1ay, SLIME
  • 7位: 2勝5 敗 Korea KNC Vmax - Attune, NokB, GyuBo, Quinas, Need, Jinius, withsiN
  • 8位: 1勝6敗 Korea DeToNator.KOREA - Blitz, Stellar, Modern, beksul, Insanity, AMY

8位のKorea DeToNator.KOREAは、賞金40万ウォンと次回のオフライン予選シード権を獲得しています。

情報元

esports(eスポーツ) HyperXがTGS2017に出展、最新製品の展示やプロチームDeToNator・プロゲーマー・ウメハラ、ときど、チョコブランカ選手との対戦イベント等を実施

hyperx-1

世界最大のメモリ製品メーカー『Kingston Technology』のゲーミングブランド『HyperX』が「東京ゲームショウ2017」に出展すると発表しました。

HyperXが「東京ゲームショウ2017」に出展

HyperXブース(10-30W)には、同ブランドがスポンサーを務めるプロ格闘ゲーマー梅原大吾選手、United States Echo Fox所属 Japan ときど選手、Japan チョコブランカ選手、プロゲームチーム Japan DeToNator のメンバーたちが登場し、対戦会・サイン会・じゃんけん大会などが行なわれます。

9月23日(土曜日)
ウメハラ選手、ときど選手、チョコブランカ選手とストリートファイターV対戦。

  • 13:00~14:00 予選会
  • 14:00~14:30 コンソールゲームチャレンジ (ウメハラ選手、ときど選手、チョコブランカ選手と対戦)
  • 14:30~14:50 サイングッズが当たるじゃんけん大会 & サイン会

9月24日(日曜日)
DeToNatorと対戦

  • 14:00~14:30 PCゲームチャレンジ1 : Overwatch
  • 14:30~14:50 サイングッズが当たるじゃんけん大会 & サイン会
  • 15:00~16:00 PCゲームチャレンジ2 : Overwatch または PUBG

ブースには物販コーナーが設けられ、日ごとに激安タイムセールを実施。
また、4,000円以上の購入者を対象とした抽選会や、HyperXグッズがかならずもらえるスタンプラリー企画も行なわれる予定です。

hyperx-2

情報元

関連ニュース

Overwatch Sycom主催プロゲームチーム『DeToNator』の大型ファンミーティングが8/19(土)に秋葉原で開催

DeToNator

プロゲームチーム Japan DeToNatorメンバーとのファン交流イベントが8/19(土)に秋葉原で開催されます。

DeToNator Fan Meeting 2017 Powered by Sycom

『DeToNator Fan Meeting 2017 Powered by Sycom』には、配信で人気のストリーマーや、世界を舞台に活躍する『Overwatch』部門日本チーム、韓国チームのメンバーなど、DeToNatorの所属メンバーが集結します。

開催情報

  • 日時:2017年8月19日(土) 11:00~18:00
  • 会場:秋葉原ラジオ会館10F
  • 主催:株式会社サイコム
  • 協力:DeToNator(株式会社GamingD)
  • 協賛:テックウインド株式会社

実施内容

  • プロプレイヤーによるゲームプレー披露
  • 来場者参加型企画
  • トークショー
  • 豪華賞品が当たるじゃんけん大会
  • サイコムゲーミングPCの展示

当日のイベントでは、選手との交流、チーム代表・江尻氏によるトーク企画「まさるの部屋」の出張編、チームをスポンサードするサイコムのDeToNatorコラボモデルのゲーミングPC展示などが実施されます。

昨年参加しましたが、イベントの合間に選手と会話したり写真を撮る事が出来たりとファンにはかなりうれしい企画でした。

記念撮影

より詳しくは下記の特設サイトを参照して下さい。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) プロゲームチーム『DeToNator』とeスポーツエージェンシー『Libalent』がパートナーシップ契約を締結

DTN-libalent

プロゲームチーム Japan DeToNatorとeスポーツに特化したエージェンシー事業を行なう株式会社Libalentがパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。

DeToNatorと株式会社Libalentがパートナーシップ契約を締結

『DeToNator』は『Counter-Strike: Global Offensive』(日本1チーム、ヨーロッパ1チーム)、『Overwatch』(日本2チーム、韓国1チーム)、『Alliance of Valiant Arms』といったFPSゲームを中心に、世界一を目指し活動するプロゲームチームです。ゲーム配信を行なうストリーマー部門の活動にも力を入れており、同部門所属のStylishNoob氏はTwitchで15,000人を超える同時視聴者数を記録するほどの人気。また、チームは独自ブランドの大会・イベントの開催やeスポーツのセミナーを実施するなど幅広い活動を行なっています。

『Libalent』はeスポーツに関するエージェンシー事業を手がける企業で「企業からの広告相談や広告プランニング」「企業への広告・スポンサー協賛の営業業務」という広告代理店業務、「契約プロチーム・大会における専属の広告窓口対応」「イベントや大会・各種媒体における制作相談」「契約プロチームや契約選手のキャスティング」などのスポーツマネジメント業務、2017年6月からは自社ブランドのeスポーツチーム運営を手がけています。

両者は今回のエージェンシーパートナーシップ契約締結を通じて、お互いのノウハウを活かし広告事業、イベント開催、番組の企画や制作・キャスティング等の幅広い展開を行ない、eスポーツの発展に寄与していく計画です。

チームブランドについては、『Libalent DeToNator』といった形になることはなく、お互いにパートナーとしてこれまでどおりに活動を続けていくことになります。

江尻 勝氏のコメント(DeToNator 代表)

この度のLibalent様との契約は、DeToNatorのesportsへの新たなチャレンジとして大きな意味を持つと思います。期待と共に大きな責任も感じつつ、初心を忘れずに1つ1つ積み重ねていきたいと思います。今までの培った経験を最大限に活かしLibalent様との協業を成功させるため更なる精進をします。世界で戦えるチームへの道は簡単ではありませんが多くのパートナー様に支えていただきながらなんとしても実現させたいと思ってます。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) プロゲームチーム『DeToNator』と『HyperX』がスポンサード契約を発表

hyperx-dtn

日本のプロゲームチーム Japan DeToNatorが、Kingston Technologyのゲーミングブランド『HyperX』とスポンサード契約を締結したことをしました。

プロゲームチーム『DeToNator』と『HyperX』がスポンサード契約を発表

Japan DeToNatorは『Counter-Strike: Global Offensive』(日本1チーム、ヨーロッパ1チーム)、『Overwatch』(日本2チーム、韓国1チーム)、『Alliance of Valiant Arms』といったFPSゲームを中心に、世界一を目指し活動するプロゲームチームです。

今回のスポンサー契約締結により、『HyperX』はDeToNatorの所属選手にゲーミングデバイスを提供する他、チームの活動を支援していきます。『HyperX』はゲーミングヘッドセットの提供からスタートし、マウスパッド、キーボード、そしてマウスとリリースを続け2017年5月にフルラインナップが揃いました

両者はeスポーツの普及や日本のゲーミング市場の発展、日本のゲーマーの声を取り込んだ新製品開発などについても共に取り組みを行なっていきます。

江尻勝 氏のコメント(DeToNator代表)

われわれは、HyperXファミリーの一員になれることを誇りに思います。この度の契約は、DeToNatorにとって大きな一歩になると信じています。最大限の評価をいただき感謝するばかりです。多くの協力とサポートのおかげでここまで来られています。新たにHyperXチームとの協業でさらなる高みへ行くことこそが恩返しになると考えています。また、われわれの活動を通じて、ヘッドセットをはじめとした最高品質の製品をより知っていただけるようにチーム一丸となって頑張ります。

スーザン・ヤン氏のコメント (HyperX, アジア太平洋地域マーケティング統括)

日本国内のみならず、アジアでも活躍するDeToNatorをHyperXファミリーに迎えられることを誇りに思います。HyperXの最新ゲーミングギアを通じて、DeToNatorの活躍を支援するとともに、われわれのゲーミングデバイスの魅力を広く日本の皆さまにお知らせできると確信しています。また、日本やアジアにおけるeSportsの裾野を拡大していけたらと考えています。

SteelSeriesとの契約は円満終了、マウスは他社製を使用できるオプションも

Japan DeToNatorは老舗のゲーミングデバイスメーカー『SteelSeries』の支援を受けている印象が非常に強いチームです。Japan DeToNatorは『SteelSeries』と2011年にサポート契約を結び、その後の活動実績を評価され2015年には海外プロチームと同格のグローバルスポンサー契約を締結していました。

チーム代表 江尻氏のTwitter投稿によると、『SteelSeries』との契約は円満終了となり、この度新たに『HyperX』との契約を行う事になったとのこと。また、ゲーミングデバイスは基本的に『HyperX』製品を使用していきますが、マウスについては『HyperX』製品が1種類しか選択肢がないこともあり、現状では他社製を使用することも認められていると説明しています

DeToNator選手のサイン入りゲーミングデバイスが当たるプレゼントキャンペーン実施中

今回のスポンサー契約を記念し、Twitterにて選手のサイン入りゲーミングデバイスが当たるキャンペーンを実施中です。詳細は以下の投稿をご覧ください。

情報元

関連ニュース

Overwatch 日本のプロゲームチームDeToNatorが『Overwatch』韓国部門『DeToNator.KOREA』を設立

DeToNator KOREA

プロゲームチーム Japan DeToNatorが『Overwatch』の韓国部門 Korea DeToNator.KOREAを設立したと発表しました。

DeToNatorが『Overwatch』で韓国に進出

Japan DeToNatorは2017年3月より『Overwatch』世界最高峰のエリアと言われる韓国への進出に向けてプロジェクトをスタート。選考とトライアウトを繰り返し、6人中5人の正式所属メンバーが決定しました。残りの1名は現在も選考が続けられています。

DeToNator.KOREA

  • NakYup (23歳、チームリーダー)
  • beksul (16歳)
  • trona (19歳)
  • Hymn (22歳)
  • Raphael (17歳)

※選手写真は公式サイトで確認することが出来ます

Japan DeToNatorの『Overwatch』部門は、グローバルを展開を中心とする Japan DeToNator.GOLD、日本をベースとする Japan DeToNator.BLACKがすでに存在しており、Korea DeToNator.KOREAは3チーム目となります。

Korea DeToNator.KOREAは、今後実施される『Overwatch Pacific Championship 2017 Season 2』の出場権をかけて実施される予選トーナメントに出場し本戦出場を狙います。

また、韓国のプロリーグ『OGN Overwatch APEX』における1部リーグ進出を目指して活動していきます。

Japan DeToNatorでは Korea Kang "SENSEI" GeynYeong氏とKorea Hong Sung Woo氏が Japan DeToNator.GOLDのコーチを担当しており、この2人が中心となって韓国チーム作りが進められています。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 『DeToNator』 Dota 2部門最後のメンバーheromu選手が『Overwatch』に転向

DeToNator Overwatch

『DeToNator』 Dota 2部門の Japan heromu選手が『Overwatch』に転向することが発表されました。

『DeToNator』 Dota 2部門のheromu選手が『Overwatch』に転向

Japan heromu 選手は2015年1月のDeToNator Dota 2部門立ちあげ時からの所属メンバーです。

2016年11月に韓国で開催された国際大会『World Electronic Sports Games 2016 (WESG 2016)』のアジア代表決定戦ベスト4などの実績を持ちますが、この大会以降にメンバーが他ゲームへの転向等で脱退。

heromu選手は1人で新たなチームを作り上げるべく奔走してきましたが、新たな挑戦として『Overwatch』に転向することを決断しました。これで、Dota 2部門のメンバーはいなくなり、部門は休止ということになります。

heromu選手のコメント
dota2で得た経験と知識を最大限に活用し、Overwatchでも必ずトッププレイヤーになれるように努力します。
応援よろしくお願いします。

heromu

Dota 2のグローバル展開は日本の競技人口や海外サーバー間でのレイテンシーが課題

先日秋葉原で開催された『GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞』の会場にチーム代表の江尻氏が来場していたので話を聞いてみたところ、先に説明した通りチームに人材を揃えるのが難しい状況に加えて、日本から海外オンライン大会に出場してもレイテンシーなどの問題があり実力を発揮出来ないということがDota 2のグローバルなeスポーツシーンに参戦していく上でネックになっているとのこと。これは、『Counter-Strike: Global Offensive』と同様の問題かと思います。

hirom選手のMOBAでの経験を活かしたプレーに期待

Overwatchに転向するJapan heromu 選手は、元々Counter-Strike1.6などのFPSをプレーしていた経験があるそうで、当面はDeToNatorの契約下にはありますが「GOLD」「BLACK」といったチームには属さずにプレー経験とスキルアップに努めていくそうです。

現在、台湾で開催されている『Overwatch Pacific Championship』に参戦する『DeToNator.GOLD』には、Dota 2部門の元チームメイト dohteloff 選手や、ライバルチームにいたAmeken選手が所属し活躍しています。

江尻氏はheromu選手の転向について「OverwatchはチームとしてのコミュニケーションやMOBAのようにキャラクター特性を把握して活かしてくプレーは非常に重要なので、Dota 2の経験を元に実力を発揮してくれることを期待しています」とコメント。

また、「Dota 2は現在のeスポーツシーンにおける花形タイトルなので、またチャレンジしていきたい気持ちはあります」と今後の可能性にも期待出来る言及をしていただきました。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar