タグ

esports(eスポーツ) 12月23日(木・祝)22時からの第14回『デジタルゲームの教科書フリートークラジオ』にてeスポーツの講義を実施

デジタルゲームの教科書フリートークラジオ12月23日(木・祝)22時から放送される第14回「デジタルゲームの教科書フリートークラジオ」にてeスポーツの講義を実施することが発表されています

こちらの講義は、書籍『デジタルゲームの教科書』「第15章デジタルゲームを競技として捉えるe-sports」をベースとした内容となり、USTREAMのソーシャルストリームを通じて視聴者とのやりとりも行っていく予定とのこと。

当日は、第15章の執筆を担当した松井 悠 氏、第19章・第22章・第23章を担当した三宅 陽一郎 氏がパーソナリティを務めます。

視聴は以下のページから行うことができます。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 第 8 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会講演『Ragnarok Online World Championship における、日本国内での取り組み』レポート

2010 年 11 月 27 日(土)に電気通信大学にて行われた『第 8 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』の講演『「Ragnarok Online World Championship」における、日本国内での取り組み』についてのレポートです。

第 8 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会

講演は、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 ゲーム事業部 オンライン本部 パブリッシング部 第一企画課 主任 中村聡伸 氏によって行われました。

中村聡伸 氏 Ragnarok Online World Championship における、日本国内での取り組み
ガンホー 中村聡伸 氏による講演

こちらに参加してきましたので、同講演の内容を要約して紹介していきます。

1. 世界中のプレーヤーが参加する「Ragnarok Online World Championship」

MMO RPG 『ラグナロクオンライン』は、2002 年から日本でサービスが開始されました。
現在では、ゲームだけにとどまらず、イベント、コスプレ、同人活動など様々な遊ばれ方をしています。

この中の楽しみ方の 1 つとして、競技性の高いゲーム大会イベント『Ragnarok Online World Championship』が世界規模で展開されています。

Ragnarok Online World Championship(RWC)

Ragnarok Online World Championship(RWC)
RWC公式サイト
  • 世界規模で開催(2010 年大会は世界 11 地域からチームが出場)
  • 各国の予選を勝ち抜いた代表チームが激突
  • 7vs7 のチーム戦
  • ルール
    • キャラクタのレベルは職業ごとに固定
    • 供給資金は一定
    • 敵チームを全滅させると勝利
  • 賞金:
    • 1位: $15,000
    • 2位: $7,000
    • 3位: $3,000
    • 友情賞 (1チーム) : $1,500

ルールは上記の通り、公平となるよう配慮されています。

Ragnarok Online World Championship(RWC)
世界中のプレーヤーが参加
日本代表は 2004 年からこの大会に出場していますが、同年に 1 回戦を突破したのを最高に、2008 年までは初戦敗退を繰り返していました。

しかし、2009 年に優勝、2010 年には準優勝と飛躍的に成績を向上させています。
この結果は、プレーヤーの努力・運営サイドによる日本代表のサポートによって実現されました。

一体どのような取り組みが行われたのでしょうか?

2. 大会の認知を向上させる事により競技人口を増やす

Ragnarok Japan Championship の開催

ガンホー社は『Ragnarok Online World Championship』の認知度向上を目指し、『Ragnarok Online Japan Championship』(RJC)の開催を 2005 年から開始しました。

Ragnarok Online Japan Championship
様々な層に競技を広めていく
同大会は、オンライン予選とオフライン決勝戦に別れており、予選を勝ち抜いた 8 チームが日本代表の座をかけて大会に挑みます。

『Ragnarok Online』は非常にプレーヤー数が多いゲームですが、やはり競技に興味を示す層というのは限られています。
そこで、興味のない層に会場に足を運んでもらい、そのきっかけで競技を知ってもらい人口を増やすというアプローチとして、『ラグナロクオンライン ファン感謝祭』を開催する試みが行われました。

同イベントでは、限定グッズの販売、イラスト・デザインコンテスト、同人・コスプレイベント、最新情報の先行公開など様々な催しが行われています。
3,000 人の来場者から始まった同イベントは、今年は 6,500 人の参加を記録するほどに成長して大会の観戦者も会場に入りきれない程に増えています。

ファン感謝祭の目的 参加者が年々増加
左: ファン感謝祭の目的、 右:参加者が年々増加

また、メディアを会場に招待して解説を交えてリアルタイムで試合を観戦してもらう他、ギルドへのインタビュー機会を提供するなどしてメディア露出を増やす一方、大会ブログのリアルタイム更新、USTREAM やニコニコ生放送での中継を行うなど自らも大会についての情報発信を積極的に行っています。

分かりやすく観戦してもらうための試み
競技に興味をもらう事が出来たとしても、それを見て楽しんでもらうためにはゲームをある程度理解してもらう必要があります。
講演前に世界大会の動画が流れていましたが、正直なところ何が行われているか全く理解することが出来ませんでした。

試合中のゲーム画面 試合をわかりやすく観戦してもらう
左: 試合中のゲーム画面、右: 試合をわかりやすく観戦してもらう

これを解決するために、2009 年大会からは解説者の役割を強化し、試合前の準備時間に「仕組み・マップの紹介」「試合の見どころ」「どこを見ると楽しめるか」といった解説を行なったり、選手のプロフィールやチーム紹介をするなどして感情移入して観戦できる環境を構築していったとのこと。
これにより、いままでよりも多くの人が競技を楽しむことが出来るようになりました。

3. 日本代表チームを強化させるための様々な取り組み

ある程度の認知が得られるようになったところで、さらなる認知向上を推し進めるためには日本代表チームの強化が不可欠となって来ました。

カーリングやフェンシングの日本代表選手がメダルを獲得することで、いままで注目されていなかった競技に興味を示す人が増えたように、新たな層にアピールするには日本代表が活躍していなければならないと考えられたからです。

日本代表を強化するために、ガンホー社は以下のような取り組みを行いました。

3-1. 練習機会を増やす

実のある練習をしてもらうための環境作り
実のある練習をしてもらう
ための環境作り
  • 日本代表決定戦をトーナメントから総当たり戦に
    • 多くの練習機会を実現する他、本当に強いチームを代表として送り出すための試み。
  • 強化練習試合の実施
    • 日本代表戦に出場したギルドに協力を募り、オフィシャル審判をつけた実戦レベルの練習試合を休日等に実施
  • 日韓交流戦の実施
    • 世界のレベルや戦術トレンドを知ってもらうための試み。ただし、特定国のみがこのような取り組みをするのは不公平という意見もあり、より良い実施方法を検討中

3-2. 世界大会と同環境を提供

  • 世界大会用の英語クライアントを提供
    • 画面表示、チャットの使用などにおいて違いがあるため、事前に慣れてもらう
  • 大会使用マップの事前公開
    • 過去には、一度もプレーしたことがないマップで対戦しなければならない事があった。このような事を無くす

3-3. 日本代表としての意識を高める

みんなの期待に応えるプレーを
みんなの期待に応えるプレーを
公式サイトから応援メッセージを募集し、それを寄せ書き風にして試合当日に選手に手渡したところ、自分たちが多くのプレーヤーから応援されている日本代表である事を自覚してもらう事が出来たとのこと。

「お客様」から「日本代表選手」の昇格を目的として、このような日本代表としての意識を高めるための試みが行われています。

4. 勝因分析とサポート

日本代表をサポート
日本代表をサポート
2009 年に日本で開催された世界大会では、地元のアドバンテージとしてコミュニティのユーザー達が各国ギルドの試合情報を随時伝えることが出来たため、多くの情報を戦略に組み込む事が出来ました。

2010 年にインドネシアで開催された大会は、選手サポート・ルール解説・通訳を担当する 3 人のスタッフが付き添い、日本代表選手がプレーしやすい環境を作るよう徹底的にサポート。
番組用に撮影した各国の試合動画を選手に提供し、後の試合の戦略分析に使用してもらうといった事も行われ、これは選手から非常に好評だったそうです。

5. ライバルチームの存在

競技人口の増加で全体的なレベルの底上げを
競技人口の増加で全体的な
レベルの底上げを
日本のトップチームは、「Dekopin」「Greensleeves」の 2 強状態となっており、2 年連続で日本の決勝戦はこの 2 チームが対戦。2009 年は Dekopin が、2010 年は Greensleeves が代表として世界大会に出場しています。
これは運営側が用意できるものではなく、意識の高い選手達のおかげで高いレベルでお互いに切磋琢磨してもらう事が出来ています。
より競技人口を増やし、この層を厚くしていく必要があると考えられています。

6. 今後の課題

ガンホー社の取り組みにより、人口の拡大・日本代表の活躍などは見事に実現されました。

今後の課題として、以下の 3 つが上げられています。

  • 今後 10 年続く競技に
    • 「来年は行われないのでは」というようなものでは選手が真剣に取り組むことが出来ない。
    • 10 年続くものとするためには、競技人口増加・大会の認知向上が必要
  • 日本代表を最強の選手にする
    • 代表となることが選手に誇りに思ってもらえるよう働きかけをしていく。現在は、メディアの露出・写真や動画を拒否する選手がいる。オリンピックの代表選手はそのような事はしない。
    • 上記については、RWC がまだ競技になり得ていないためではないかと考えている。大会で優勝してメディアで紹介される事は誇るべきものであると思える競技にしていく。「世界ではオンラインゲームは一般化されており、海外の選手はメディアへ積極的に出演するが、日本ではオンラインゲームが一般化されていないため、プレイヤーが委縮してしまう傾向にあるのではないか。」と中村氏。
    • より参加しやすく、練習しやすい環境を整える
  • より進化した競技内容にする
    • アップデートに伴うルール変更への対応を迅速に行う
    • 上位チームの固定やマンネリ化を防ぐために RJC における独自ルールを構築。

より良いゲーム、競技にするための課題
より良いゲーム、競技に
するための課題
個人的には、日本代表としての意識を持ってもらうための試みに関するエピソードが印象的でした。
大会やイベントを運営する方には特に参考となるお話だったのではないでしょうか。
今回の講演で使用されたスライドは、後日『IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』の公式ブログで公開される予定となっています。

eスポーツについては、『デジタルゲームの教科書』の第 15 章 デジタルゲームを競技として捉える「e-sports」にて詳しく解説されているのでご一読を。該当部分はリンク先にあるお試し版で読むことが出来ます。

参考

esports(eスポーツ) 『第 8 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』明日 11/27(土) 14 時より開催

SIG-eSports デジタルゲーム競技研究会既報の通り、『第 8 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』が 明日 11/27(土) 14 時より開催されます。

第 8 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会

日時

  • 2010年11月27日(土曜日):午後2時~3時(午後1時半受け付け開始)

場所

参加費

  • 一般: 2,000円(1ドリンク付)
  • 電気通信大学学生: 1000円(1ドリンク付) ※受付時に学生証を提示してください

中村聡伸 氏
中村聡伸 氏
今回、「Ragnarok Online World Championship」における、日本国内での取り組みと題してガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 ゲーム事業部 オンライン本部 パブリッシング部 第一企画課 主任 中村聡伸 氏に講演を行っていただくことになりました。

国際大会『Ragnarok Online World Championship』で、日本チームが勝てなかった状況を、サービス提供を行うガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社がどのようにして改善していったか、という内容になります。

Ragnarok Online World Championship-1- Ragnarok Online World Championship-2- Ragnarok Online World Championship-3-
Ragnarok Online World Championship の様子

この講演の対象層は、「プレイヤー」と「運営企業・団体」の大きく分けて 2 つになっています。

まず、プレイヤーさんは、国際大会を目指す上で、どんな情報が必要とされるのか、練習の方法はどのようにしていけばいいのか。また、運営企業・団体の苦労はどのようなものなのかを知ることができます。

そして、運営企業・団体は「競技性の高いデジタルゲームイベント」を国際レベルでどのように運用するのか、そして「単発のゲームイベント」で終わらせない施策とは何か、を実例を元に学ぶことができます。

国際的な規模での大会を運営する方から直接話を聞けるまたとない機会ですので、ぜひ足を運んでいただければと思います。

参加登録

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『第 8 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』「Ragnarok Online World Championship」における、日本国内での取り組み」11 月 27 日(土)に開催

SIG-eSports デジタルゲーム競技研究会『第 8 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』が 11 月 27 日(土)に電気通信大学(東京・調布)にて開催になることが発表されました。

第 8 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会

日時
2010年11月27日(土曜日):午後2時~3時(午後1時半受け付け開始)

場所
電気通信大学 西9号館135

参加費

  • 一般: 2,000円(1ドリンク付)
  • 電気通信大学学生: 1000円(1ドリンク付) ※受付時に学生証を提示してください

第8回講演
「Ragnarok Online World Championship」における、日本国内での取り組み

概要
人気MMORPGラグナロクオンラインのギルド(チーム)戦世界一を決定する「Ragnarok Online World Championship(RWC)」。
日本国内の運営企業である、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社は、大会の認知度向上と、日本チームの強化を目指し、さまざまな試みを行なってきました。
その成果もあり、2009年には日本でRWCを開催し、15,000人もの観客を動員。
2008年まで一回戦敗退を続けてきた日本チームも、2009年世界1位、2010年世界2位の座に輝きました。
今回は、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社ゲーム事業部 オンライン本部パブリッシング部第一企画課 主任中村聡伸氏をお招きし、ラグナロクオンラインにおけるRWCの役割や、大会におけるさまざまなアプローチをご説明していただきます。

講師

中村聡伸 氏
中村聡伸 氏
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
ゲーム事業部 オンライン本部
パブリッシング部 第一企画課 主任

中村聡伸

PCゲーム誌「LOGiN」にて「ラグナロクオンライン(RO)」の5年以上に渡る連載記事を担当。同編集部在籍時、「RJC2006」以降の大会で試合解説者として活躍したのち、2008年7月にガンホーへ入社。現在はROの宣伝などを担当中。

主催
IGDA日本デジタルゲーム競技研究会
電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション

協力
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社

----

ラグナロクオンラインの世界大会で成績不振だった日本チームをここ数年で世界トップレベルまで引き上げた運営手腕などが明らかにされるようです。
どのような方法が取られたのか非常に興味深いですね。

大会のレポート記事が 4Gamer.net に掲載されていました。

参加登録は以下のページから行う事が出来ます。

参加登録

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『第 7 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』「日本のプロゲーマーのありかた」の講演資料公開

SIG-eSports デジタルゲーム競技研究会

2010年 4 月 24 日(土)に東京・洗足で開催された『第7回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』の講演資料が公開されました

資料は、海外のプロゲーミングチームへの参加や、国際大会での上位入賞、ゲーミングデバイス開発協力などで活躍する田原 "uNleashed" 尚展氏による講演『日本のプロゲーマーのありかた』に関するものとなっています。

多数のネタが仕込まれていて笑えました。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『第 7 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』「日本のプロゲーマーのあり方」4 月 24 日(土)に開催

SIG-eSports デジタルゲーム競技研究会『第 7 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』が 4 月 24 日(土)に東京・洗足にて開催になることが発表されました。

第 7 回IGDA日本デジタルゲーム競技研究会

日時
2010 年 4 月 24 日(土曜日): 午後5時~6時(午後4時半受け付け開始)

場所
Cafe Shion(東京都目黒区洗足2-6-15 洗足21ビル2F、目黒線洗足駅徒歩1分)

参加費
2000 円(1ドリンク付)

第7回デジタルゲーム競技研究会概要

uNleashed
uNleashed 選手
第7回目となる今回は、海外のプロゲーミングチームへの参加や、国際大会での上位入賞をはじめ、華々しい戦績を持つ、田原 uNleashed 尚展さんを招き、世界のプロゲーミングシーンの現状や、日本で「ゲーマーとして食っていくこと」についてお話をしていただきます。

参加登録

uNleashed 選手は、2007 年に単身渡米し『Quake Con』や『World Series of Video Games』に参戦し、現地での活躍で注目を浴びポルトガルを拠点とするプロゲームチーム Team Excello と契約

その後は、各種ゲームイベントでのゲストや LAN ゲームパーティ『Tokyo Game Night』の運営などに携わる他、2 月に開催された『Intel Extreme Masters Asian Championship』Quake Live 部門で 3 位に入賞するなどの活躍を見せています。
uNleashed 選手についてのより詳しい情報は、uNleashed.jp をご覧ください。

今回も興味深いお話を聞けそうですね。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike 『第 6 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』 12 月 5 日(土)開催

SIG-eSports デジタルゲーム競技研究会『第 6 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』が 12 月 5 日(土)に東京・洗足にて開催になることが発表されました。

第 6 回IGDA日本デジタルゲーム競技研究会

日時
2009 年 12 月 5 日(土) 午後3時30分会場、午後4時スタート、午後5時終了予定

場所
Cafe Shion(東京都目黒区洗足2-6-15 洗足21ビル2F、目黒線洗足駅徒歩1分)

参加費
2000 円(1ドリンク付)

第6回デジタルゲーム競技研究会概要

  • 「LANパーティーカルチャーについて」
  • 日本と海外のLANパーティの過去の経緯と課題と、未来。
  • 午前4時過ぎに推定1万人が同時接続で動画観戦する TokyoGameNight って何だ??

講師

  • 宮尾 英水 (ミヤオ ヒデミ)
  • TokyoGameNight プロデューサー。
    株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ クリエイティブ本部 プロモーションプランニングルーム 勤務。
    • ゲームのプロモーションでお給料をもらう仕事です。
  • 日本eスポーツ協会設立準備委員会、委員
    • そのまま、日本のeスポーツ協会を立ち上げるための組織です
  • ゲーム下手でゲーム好き。世界最大級のゲームイベントDREAMHACKに行って人生が変わった人。LANパーティやeスポーツなどを通して日本のゲーミングシーンを更に楽しく、熱く、カッコ良くしたいと日々活動中。

参加登録

「俺…この戦争(仕事・学業など含む)が終わったら、LANゲームパーティ開催するんだ…!」という野望を持つ人は話を聞いてみると運営に役立つ話を聞けたりするかもしれません。
講演で聞けなかった場合は会場で宮尾さんに質問すればお話を聞くことがきっとできるでしょう。きっと…。

Tokyo Game Night

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『DC EXPO 2009 e-sports Festival』講演資料公開

SIG-eSports デジタルゲーム競技研究会10 月 24 ~ 25 日に日本科学未来館(東京)にて開催された『DC EXPO 2009 e-sports Festival』の講演資料が公開されました

資料は株式会社グルーブシンク代表取締役の松井悠氏の講演『2009 年デジタルゲーム競技の現状と今後の世界動向』に関するものとなっています。

ゲームイベントと eスポーツの違いについての比較や昨今のイベント運営スタイルなどに関する部分が個人的に興味深かったです。

資料は情報元の記事内から閲覧することが出来ます。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『第 5 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』 9 月 19 日(土)開催

SIG-eSports デジタルゲーム競技研究会『第 5 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』が 9 月 19 日(土)に東京・洗足にて開催になることが発表されました。

第 5 回IGDA日本デジタルゲーム競技研究会

日時
2009 年 9 月 19 日 午後3時45分会場、午後4時スタート、午後5時終了予定

場所
Cafe Shion(東京都目黒区洗足2-6-15 洗足21ビル2F、目黒線洗足駅徒歩1分)

参加費
2000 円(1ドリンク付)

第5回デジタルゲーム競技研究会概要

  • 「ゲーミングデバイスが切り開く新たなゲームエクスペリエンス」
  • マウス・マウスパッド・キーボード・ヘッドセットなどPCゲームに使用される各種デバイスについてゲーミングデバイスに要求される性能仕様や考え方、またEスポーツ普及への取り組みなど、サイト運営や過去プロモーション事例を交えてお話いたします。

講師
DHARMAPOINT
シグマAPOシステム販売株式会社 ゲームプロダクト開発室 開発担当マネージャー
梅村匡明氏
2000年 シグマAPOシステム販売株式会社入社 企画開発部に配属。入力デバイスを中心にPCサプライ全般の企画開発を行う。2008年 ゲームデバイスブランド”DHARMAPOINT”スタート、現在ゲームプロダクト開発室 開発担当マネージャー。

参加登録

参加定員は 40 名までとなっています。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『第 4 回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』資料公開

SIG-eSports デジタルゲーム競技研究会

7 月 25 日(土)に東京・洗足で開催された『第4回 IGDA 日本デジタルゲーム競技研究会』の資料が 公開されています

2008年後半から現在までのeスポーツ大会やイベントなどについてまとめられてた内容となっています。
資料は以下のページからみることが出来ます。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar