Negitaku.org esports > > Logitech(Logicool)

タグ

PC・ゲーミングデバイス ロジクール『G900』がゲーミングマウス=有線の常識を変える?製品体験会でプロゲーマーが即日乗り換えを検討

『Logicool G900』体験イベント

ロジクールが最高傑作と胸を張る有線・無線ゲーミングマウス『G900』の体験会が4/7(木)に東京都内のロジクール本社で実施されました。

左よりゲストのプロゲームチームDetonatioN Gaming所属Tara選手、Melofovia選手、LogicoolブランドアンバサダーStanSmith氏

競技レベルで使用できる無線ゲーミングマウスがついに登場?

『Logicool G900』体験イベント

『G900』はPC周辺機器メーカー最大手の1つであるLogicool(グローバルではLogitech)社が多額の開発資金と3年の月日をかけてついに完成させた、今後のフラグシップとなる有線・無線対応のゲーミングマウスです。

4/14(木)に発売となるこの『G900』をいち早く体験出来るイベントが、応募者から人数限定の招待制で実施されました。自分も参加することが出来たため、イベントの内容をレポートしていきます。

『Logicool G900』体験イベント

イベントは、まずロジクールでシニアクラスターカテゴリーマネージャーを務める古澤明仁氏が、『G900』に関するプレゼンテーションを実施。『G900』完成までに注がれたた情熱や、最高傑作と胸を張るその理由について紹介しました。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

ゲーマーがワイヤレスマウスを敬遠する理由は?

『Logicool G900』体験イベント

現在、マウスを使うPCゲームのeスポーツ競技において、ほぼ全員の選手が有線のゲーミングマウスを使用しています。しかし、マウスコードはプレーにおいて妨げになっており、マウスコードホルダーを使用するなどしてその対策をしながらプレーしている状況があります。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

複数の無線マウスが近辺に混在することで干渉が発生しトラッキング性能が低下。
ゲームや試合中にバッテリーが切れてしまうという連続駆動時間への不安、そしてそのバッテリを搭載するがためにどうしても重量が重くなってしまうということが、多くのゲーマーが選択肢からワイヤレスゲーミングマウスを外す要因となっています。

ロジクールブランドの名誉にかけて、リリースするからにはこれら全ての解決を目指す

最高のワイヤレスゲーミングマウスの開発を目指すロジクールは、性能、バッテリー駆動時間、耐久性など様々な要素について徹底的にこだわり製品を開発したとのこと。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

コンマ数秒の判断が勝敗を分けるeスポーツにおいて、遅延は絶対に許されない要素。
ロジクールは老舗メーカーとしてこれまでに培ってきたノウハウを駆使することで、無線なのに有線よりも高速な動作を実現。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

こちらは、マウスクリックの反応速度を比較・計測するためのテスト装置で、これらを用いて『G900』やライバル製品のテストを実施したとのこと。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

『G900』は、ライバル会社の製品はおろか、有線製品を凌駕する反応速度を実現するというにわかには信じがたい結果を残しているそう。

無線マウスが多数存在する環境でも安定したトラッキングを実現

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

こちらは、多数の無線マウスが存在する状態でのトラッキングテスト。
回転するターンテーブルのような場所にマウスを乗せて、トラッキングの正確さを計測。

『Logicool G900』体験イベント

トラッキングが正確であれば、緑色の線がきれいに円形を描くことになります。
クリックしていただくとわかりますが、左上が『G900』で、安定したトラッキングであることがわかります。

各項目の一番右側が無線マウスが多数混在している場合でのトラッキングですが、他社製品はこの状態だとトラッキングが非常に不安定になってしまっていることがわかります。

軽量で長持ちするバッテリを搭載

バッテリもロジクールならではのノウハウにより、軽量化かつ長時間の駆動を実現するものを採用。このバッテリの採用により、駆動時間と重さの問題を一挙に解決しています。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

耐久性を維持しながら徹底した軽量化

『Logicool G900』は無線マウスながら本体重量がわずか107グラム。
無線マウスだと130グラムを超えるくらいは当たり前なので、かなりの軽さです。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

『G900』は、『G700』の後継となるモデルとなっており、開発にあたり100を超えるパーツをすべて見直し、各パーツの無駄な部分を洗い出し徹底的に軽量化を実施。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

古澤氏は「単純に各パーツから無駄を削るだけならば他のメーカーさんにもできる事」と説明。ロジクールは製品の耐久性に徹底したこだわりをもっており、様々なデータ分析を駆使しながら改善を実施。落下テストにおいては、プロトタイプだとパーツが砕けるような状態でしたが、最終的な製品版では一切の破損が発生しない高い耐久性を実現しています。

ロジクール独占供給センサー「PIXART PMW 3366」採用

『Logicool G900』体験イベント

『G900』は現時点で最高のオプティカルセンサーとなる「PIXART PMW 3366」を採用。
こちらは、ロジクール社が独占提供を受ける契約となっており他社は使用することが出来ないため、性能面でかなりのアドバンテージを得ているとのこと。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

金属バネのテンショニングシステムと金属性のピボットヒンジを採用した他、マウスボタンに対して平行にスイッチを配置する事で物理的な距離を短くしたことにより、クリックの跳ね返りが早くなり高い安定性を実現しています。

これまでのプレゼンテーションにより、非常に優れたマウスであることはわかりました。
「でもお高いんでしょう?」というのは誰もが持つ感想です。
気になるお値段はこちら。

『Logicool G900』体験イベント

2万円を超えるマウスというのは、なかなか存在しません。
ゲーミングマウスとしては間違いなく高い部類になります。

古澤氏によれば、『Logicool G900』のライバルは他社のマウスではなく、eスポーツプレーヤーがアドバンテージを得るのに欠かせない高性能なモニタやビデオカードなどの高額製品とのこと。

つまり、『Logicool G900』は同社が誇る最高峰のゲーミングマウスであり、性能的にはプレーヤーのプレーを向上させる絶対的な自信があるため、モニタやビデオカードを買ってアドバンテージを得ようという時と同じように『G900』を捉えてもらえれば、ということになるでしょうか。

プロゲーマーたちも絶賛「常識を覆された」

イベントには、様々なFPSでタイトルを獲得し現在はロジクールのブランドアンバサダーやゲームキャスターとして活躍するStanSmith氏、そして昨年の『Alliance of Valiant Arms』世界大会で3位に入賞したプロゲーミングチーム DetonatioN Gamingの Tara選手、Melofovia選手がゲストとして登場しました。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

StanSmith氏はプレゼンテーションを行ない、これまでのゲーミングマウス使用歴などを交えながら、『G900』がこれまでに使った中で最高のマウスである理由を紹介。

イベント中に直接お話を聞いてみたところ以下のように回答していただけました。

「G900は3ヶ月くらい前から使わせていただいていますが、ゲーミングマウスといえば有線に限るという常識を覆されました。最初はやはり有線モードで使っていたのですが、無線モードに変えてみたところ、もう有線には戻れなくなりました。有線モードの方が無線ムードより優れているのは感じますが、それでもこれまでのマウスよりは間違いなく高性能。さらに、マウスコードが無いという体験が本当に素晴らしく、コードのひっかかりやねじれがプレーに影響しないのは本当に魅力的です」

『Logicool G900』体験イベント

Melofovia選手は本日のイベント前に1時間ほど使用し、やはりその圧倒的な性能とコードレスの快適さ、そしてマウスの軽さに衝撃を受けたとのこと。今後はメインのマウスを「G900」にメインを変更するつもりで、問題なければ5月末のオフライン大会『AVARST2016 Season1』でも使用してみたいそうです。

『Logicool G900』体験イベント

Tara選手は『G900』の圧倒的な性能と応答速度の速さを評価。
本日触ったばかりでゲームにおける使いこみが出来ていないため、今後の検証によってはメインマウスとして使用していくことは十分に考えられるとのことです。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

製品のプレゼンテーションが終わった後には、ゲストが参加者に『G900』を贈呈。
参加されていたのは、FPSとMOBAのプレーヤーが半々といったところで、テストPCに入っていた『Alliance of Valiant Arms』や『League of Legends』で『G900』の性能を試していました。

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント

『Logicool G900』体験イベント
参加者たちと積極にコミュニケーションするゲストのみなさん。

『Logicool G900』体験イベント
イベントに参加されたのは、ブログなどを運用されているゲーマーの方が中心とのことだったので、今後『G900』の様々なレビュー記事が公開されていくのではないかと思います。

G900はゲーミングマウス=有線の常識を打ち破るのか?

製品をゲームに繋がない状態で少し触ることが出来たのですが、持ち心地、クリック感、ホイールの感触、重量などはかなり素晴らしくこれでコードの違和感がなければ確かに素晴らしいだろうと感じました。実際の判断については、ゲームで長時間使ってみなければいけませんが、無線でも十分にeスポーツで使用出来るのでは無いかという期待を持てる印象です。

また、今回のプレゼンでロジクールが耐久性や性能等に徹底したこだわりを持って開発を行なっていること、DetonatioN Gamingの選手に『G900』を大会で使って欲しいというのが本音としながらも「マウスはアスリートが勝つために自ら選ぶべきで強要は出来ない」と選手のの選択を尊重していたこと、イベント終了時間が迫る中、『League of Legends』でノーマルゲームをプレーされていた方を無理矢理辞めさせるような判断をしなかったことなどは個人的に好印象として映りました。

製品については、下記の公式サイトもチェックしてみてください。

参考

PC・ゲーミングデバイス Logicool製ゲーミングデバイスのフラッグシップショップ「ロジクールGアリーナ」がソフマップ秋葉原本館に8/7(金)オープン

ジクールGアリーナ

Logicool製ゲーミングデバイスのフラッグシップショップ「ロジクールGアリーナ」が8/7(金)、ソフマップ秋葉原本館にオープンすることが発表されています

ロジクールGアリーナ

「ロジクールGアリーナ」は、ロジクールGの世界観に浸りながら同ブランドのゲーミングデバイスを体験・購入することができるフラッグシップショップです。

場所は、東京・秋葉原のソフマップ秋葉原本館の4Fで、8月7日(金)にオープンとなります。オープン当日は、Logicoolに関連するプロe-Sportsアスリートの来店が予定されています。

「ロジクールGアリーナ」の特徴

PCゲームのジャンルごとに最適なギアを紹介する3つのテーマに合わせた製品展示

  • 高速応答&精確性を兼ね揃えたハイスペックギアを求める方向けの「FPS(ファーストパーソン・シューター)」コーナー
  • 複数のコマンド入力と自由なカスタマイズを実現する多機能ギアを求める方向けの「MMOPRG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG))」コーナー
  • 優れた操作性・耐久性・反応速度などバランスの取れたギアを求める方向けの「MOBA(マルチプレーヤーオンラインバトルアリーナ)」コーナー

e-Sportsアスリートごとのおすすめギアを紹介する製品展示

  • Japan Stansmith選手(Logicool Gブランドアンバサダー)おすすめギアコーナー
  • Japan Ceros選手(Detonation FocusMe所属)おすすめギアコーナー
  • Japan DustelBox選手(Detonation BYCM 所属)おすすめギアコーナー

自動車競技で培った最高級のシートを体感
ロジクールGアリーナ内に設置されるe-Sports体験ゾーンでは、「DXRACER*」(デラックスレーサー)のシートを全ての試遊台に常設します。快適な座り心地のシートに座りながら、ロジクールGのギアを使用してゲームをプレイすることができます。

オープン記念企画

来店ゲスト

  • Japan Awaker選手 (Rabbit Five)
  • Japan DustellBox選手 (DetonatioN BYCM)
  • Japan StanSmith選手(ロジクールGブランドアンバサダー)
  • Japan 梅崎氏 (DetonatioN代表)

ロジクールGアリーナ

数量限定「ロジクールGアリーナTシャツ」プレゼント
ロジクールG製品を購入された先着50名様に「ロジクールGアリーナTシャツ」をソフマップ秋葉原本館にてプレゼント。

ロジクールGアリーナ

ソフマップ秋葉原本館限定e-Sportsアスリートセット販売
ソフマップ秋葉原本館でマウスとキーボードのセット商品「e-Sportsアスリートセット」を8月7日~9月3日の期間限定で販売。

  • Japan StanSmith選手セット:G502、G310
  • Japan Ceros選手セット: G303、G910
  • Japan DustellBox選手セット:G402、G910

ソフマップ・ビックカメラ・コジマのポイントカードで1時間遊びつくせ!@ e-sports SQUAREキャンペーン

e-Sports専用施設「e-sports SQUARE AKIHABARA」(東京都千代田区外神田)にて「ソフマップ・ビックカメラ・コジマのポイントカードで1時間遊びつくせ!@ e-sports SQUAREキャンペーン」を実施。

  • キャンペーン内容:ソフマップ・ビックカメラ・コジマのポイントカードの提示でe-sports SQUAREの利用料金が1時間無料
  • キャンペーン期間:2015年8月7日から9月3日まで

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングマウス『Logicool G302 MOBA Gaming Mouse』が11/14(金)に国内販売開始

Logicool G302 MOBA Gaming Mouse

「MOBA」向けのゲーミングマウス『Logicool G302 MOBA Gaming Mouse』が11/14(金)に国内販売開始となります。

Logicool G302 MOBA Gaming Mouse

『Logicool G302 MOBA Gaming Mouse』は、Team SoloMid、Cloud9、CJ Entus Frost、CJ Entus Blaze、Invictus Gamingといった世界的に活躍するプロゲームチームに所属するプロゲーマーたちのテストを通過して誕生した、MOBAタイトル向けのゲーミングマウスです。

このマウスは、プロフェッショナルeスポーツにおける激しいゲームプレーに耐えるよう設計されており、以下のような特徴を持っています。

特徴

高速なクリック向けにデザイン
金属バネを用いたテンショニングシステムにより、ボタンクリックがより高速かつ正確に。ボタンはフィーリングがすばらしく、1秒間に最大5クリックを登録可能で、高速なクリックを確実に反映させることが可能。

6つのボタンを自由にカスタマイズ可能
6つのプログラム可能なボタンを搭載し、 Logitech Gaming Softwareを通じて単純なボタン配置から複雑なマクロまでさまざまな割り当てが可能。

Delta Zero™オプティカルセンサー搭載
高速操作時の精確性を一段と向上させることができるロジクール独自の技術「Delta Zero™オプティカルセンサー」(デルタ・ゼロ オプティカルセンサー)が、より安定したコントロールとターゲティングを実現。

軽量で頑丈なデザイン
1秒間に1,000回の高速レポートレート、ゲーム中の解像度を4段階に切り替え可能(240-4,000dpi)、オンボード メモリプロファイル、軽量素材の採用、最大2,000万回クリックのボタン耐久性、超低摩擦フィートの採用など、高い性能を長期間使用できる。

スペック

  • センサー方式: オプティカル
  • 解像度dpi: 240-4,000dpi
  • 最大加速: 20G
  • 最大スピード: 120インチ(3m)/秒
  • USBデータフォーマット: 16 bits/axis
  • USBレポートレート: 1,000レポート/秒
  • ケーブル長: 210cm
  • マウス重量: 127g (ケーブル含む)
  • サイズ: 横65mm×縦115mm×高さ37mm

価格はオープンプライスで、ロジクールオンラインストアでは4,980円(税抜)となっています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ロジクールがTGS2014にてe-sports戦略や新製品を発表、eスポーツプレーヤー・StanSmith氏とのアンバサダー調印式等も実施

ロジクール

ロジクールが「東京ゲームショウ2014」にてe-sports戦略や新製品を発表することを明らかにしています。

Logicool G e-sports戦略説明会ならびに新製品発表会

「Logicool G e-sports戦略説明会ならびに新製品発表会」は、2014年9月18日(木)に「東京ゲームショウ2014」のビジネスデーにメディアを対象として実施されます。

9/18(木) ビジネスデー

11:00-11:15 Logicool G戦略説明

  • 株式会社ロジクール代表取締役社長・竹田芳浩 氏

11:15-11:30 調印式

  • Logicool GアンバサダーStanSmith(スタンスミス)さん調印式
  • Team DetonatioN BYCM調印式(代表のDustelBoxさん登壇)

11:30-11:45 新製品発表

  • 株式会社ロジクール クラスターカテゴリーマネージャー 古澤明仁 氏

18日には、ロジクールのゲーミングデバイスブランド「Logicool G」の戦略説明・新商品紹介が行なわれます。

また、「Logicool G」を広める伝道師的な役割を担うアンバサダーに就任するStanSmith氏との調印式、ロジクールがスポンサードするゲームチーム DetonatiNとのスポンサー調印式党が実施されます。

ビジネスデーの9/18(木)、19(金)にはプロゲーマーのトークセッション、一般日の9/20(土)には「League of Legends Japan League Grand Final」「League of Legends Japan League ALL STAR」がロジクールブースにて開催される予定となっています。

情報元

関連ニュース

League of Legends 『LJL Grand Championship』の優勝賞金がアマゾンにおけるLogicool G製品の売上により30万円から119万円に増加

LJL Grand Championship

2014年9月20日(土)に東京ゲームショウ2014会場で開催される『League of Legends Japan League Grand Championship』の優勝賞金が30万円から119万円に増加しています。

LJL Grand Championship の優勝賞金増加

現在、アマゾンでは大会スポンサーのLogicool、Amazon.co.jpにより、Logicool G対象製品の売上金額の一部が優勝チームへアマゾンギフト券として配分されるキャンペーンが実施されています。

キャンペーンは8月17日(日)17時からスタートしており、9/10(水)に中間発表が実施されました。

「LJL Grand Championship」の優勝賞金は「30万円」ですが、キャンペーンにより「119万5027円」に増額されています。

9月18日(木)23時59分までの注文確定分までの購入が賞金配分の対象となります。
購入価格のうちいくらが配分されるのかは明らかにされていません。

次回は、9月17日(水)18時頃に最新の賞金額が発表される予定となっています。

情報元

関連ニュース

League of Legends 『LJL Grand Championship』の優勝賞金がアマゾンにおけるLogicool G製品の売上により30万円から71万円に増加

LJL Grand Championship

2014年9月20日(土)に東京ゲームショウ2014会場で開催される『League of Legends Japan League Grand Championship』の優勝賞金が30万円から71万円に増加しています。

LJL Grand Championship の優勝賞金増加

現在、アマゾンでは大会スポンサーののLogicool、Amazon.co.jpの共同キャンペーンにより、Logicool G対象製品の売上金額の一部が優勝チームへアマゾンギフト券として配分されるキャンペーンが実施されています。

キャンペーンは8月17日(日)17時からスタートしており、9/3(水)中間発表が実施されました。

「LJL Grand Championship」の優勝賞金は「30万円」ですが、キャンペーンにより「71万1964円」に増額されています。

9月18日(木)23時59分までの注文確定分までの購入が賞金配分の対象となります。
購入価格のうちいくらが配分されるのかは明らかにされていません。

次回は、9月10日(水)18時頃に最新の賞金額が発表される予定となっています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Logitechが世界最速を謳う光学式ゲーミングマウス『G402 Hyperion Fury FPS Gaming Mouse』を発表

G402 Hyperion Fury FPS Gaming Mouse

Logitechが世界最速を謳う光学式ゲーミングマウス『G402 Hyperion Fury FPS Gaming Mouse』を発表しました。

G402 Hyperion Fury FPS Gaming Mouse - The world’s fastest gaming mouse

『G402 Hyperion Fury FPS Gaming Mouse』は、下記のような特徴を持つ光学式のゲーミングマウスです。

※日本版の製品名称は「G402 ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス」

特徴

高速フュージョン・エンジン - 超高速ゲーミングを実現する高度なセンサー技術
ロジクール独自のデルタゼロセンサーテクノロジーと高速フュージョン・エンジンを組み合わせ、420ipsのトラッキング速度を可能にします。

プログラミング可能な8個のボタン - ゲームプレイ スタイルに合わせてカスタマイズ
移動やジャンプなど、通常はキーボードを利用する操作などを8個のボタンに自由に割り当てることができます。

DPI切り替え - 4種類の設定で、より良くコントロール
4種類のDPI設定を瞬時に切り替え。マップ上で敵を攻撃(250 dpi)してから、すぐに逃亡(4000 dpi)。dpiの切り替えによって、戦闘中でも柔軟かつ精確に操作できます。

32ビットのARMプロセッサー - 今まで以上に高性能
G402のオンボードARMプロセッサーは、高速フュージョン・エンジンに電力を供給し、カスタマイズしたマクロを保存、再生する一方で、精確なトラッキング速度を実現します。Logicool Gaming Software(LGS)を使ってマクロの設定が行えます。

1/1000秒の高速レポートレート スピードが戦いを制す
非常に高い頻度(毎秒1000回)でパソコンと高速通信を行います。G402は一般的なUSBマウスの最大8倍ものスピードでコマンド入力可能です。

手になじむ形状の快適デザイン - 快適性を重視
手に自然になじむG400sのデザインを踏襲し、機能と快適性を強化。軽量材料とラバーグリップの組み合わせにより、長時間のゲームプレイおいても快適性を持続させます。

高速クリック - 最高の反応性で優位性を得る
左右ボタンが、最高の反応性を提供します。高速クリックで、スキルをさらに高めながら、激しい銃撃戦で優位性を享受することができます。G402の高速性能かつ快適なクリックで、戦況を一変させることができます。

スペック

  • センサー能力
    • センサー方式: オプティカル
    • 解像度dpi: 240-4,000
    • 最大加速: 20G
    • 最大スピード: 420インチ(10.67m)/秒
  • 感応性
    • USBデータフォーマット: 16 bits/axis
    • USBレポートレート: 1,000レポート/秒
  • 摩擦係数
    • 動摩擦係数 -μ(K): 0.1
    • 静止摩擦係数 -μ(S): 0.15
  • 総ボタン数 (チルト機能含む): 8
  • 耐久性
    • ボタン寿命: 2,000万回クリック
    • フィート: 250km
  • スクロールホイール: 有
  • マウス本体サイズ (横x奥行x高さ)mm : 72 x 135 x 41
  • ケーブル長 cm: 200
  • マウス重量 g : 140(ケーブル含む)
  • カラー: ブラック

2014年8月8日(金)より国内販売が開始され、価格はロジクールオンラインストアで5,980円(税抜)となります。

紹介ムービー

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Logicoolがゲーミングデバイスブランドを『G-Series』から『Logicool G(Logitech G)』にリニューアル、新製品を発表

Logicool G(Logitech G)Logicoolがゲーミングデバイスブランドを『G-Series』から『Logicool G(Logitech G)』にリニューアルすることと新製品を発表しました。

Logicool G

『Logicool G』の新製品として発表されたのは以下の5製品。

G700sG500sG400s
G700sG500sG400s
G510sG230
G510sG230

すでに発売済みの8製品を合わせた計13製品が『Logicool G』シリーズとして展開されていきます。

本日行なわれた発表会によると、『Logicool G』シリーズは様々なeスポーツタイトルと連携したキャンペーンを実施していく予定とのこと。Game Watch の記事に詳しくまとまっており、日本では League of Legends のイベントが実施されるそうです。

パートナータイトル

  • League of Legends
  • Counter-Strike: Global Offensive
  • EVE Online
  • PlanetSide 2
  • Hawken
  • Heroes of Newerth
  • Total War: Rome II
  • Warface
  • Command & Conquer
  • Star Citizen
  • Steam

また、4Gamer.net には早くも BRZRK 氏によるファーストインプレッション記事が掲載されていました。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Logitech が最新ゲーミングデバイス『Logitech G』シリーズのティーザーサイトを公開

Science Wins

Logitech が最新ゲーミングデバイス『Logitech G』シリーズのティーザーサイトを公開しました。

Logitech G

ティーザーサイトでは、以下のような文章と 30 秒のレト―ラームービー、そして「マウス」「キーボード」「ヘッドセット」のイメージ画像が掲載されています。

サイトに掲載されていたメッセージ
次のゲーミングイノベーションは何でしょうか?
ゲーミングイノベーションはどのようにして先に進むのでしょうか?
答えは、このラボで見つかるでしょう。

長年、私たちはゲーマーの話を聞き、プレーする方法を研究し、ゲーマーが勝利するのを手助けする科学を開拓しました。

今、テクノロジーの限界を超える革新的なゲーミングデバイス Logitech G—a シリーズと共に新しい時代が始まります。

ここでは、何がやって来るのかを垣間見るだけです。
科学は全てに勝るので、我々が連れて行くことが出来るところには限界はありません。

Science Wins -- Logitech G

動画では鉛筆書きのラフスケッチからモックが作られ製品が誕生するまでの様子がまとめられています。

Logitech の最新ゲーミングデバイスは、3 月 22~24 日に開催される『PAX East 2013』にて発表予定となっています。

「Logitech の科学力は世界一ィィィーーッ!」的な雰囲気が伝わってきますね。
どのようなゲーミングデバイスが発表されるのでしょうか。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス MX518 の後継となる『Logicool Performance Optical Mouse G400』が 3,980 円で 8 月 12 日(金)より国内販売開始

Logitech Optical Gaming Mouse G400MX518 Performance Optical Mouse』の後継となるゲーミングマウス『Logicool Performance Optical Mouse G400』が3,980円で8月12日(金)より国内販売開始となることが発表されました

Logicool Performance Optical Mouse

『Logicool Performance Optical Mouse G400』は、MX518 Performance Optical Mouse の良さを変えること無くパフォーマンスを追求することを目的に開発されたマウスです。

主な変更点

  • センサーを最新版に変更 (1,800dpi → 3,600dpi)
  • ポーリングレートが 125 から 1,000に
  • ケーブルを細くし、25%軽量化
  • マクロ等の設定ソフトを最新のものに

スペック

  • 解像度: 400 - 3600 dpi
  • 画像処理: 5.8 megapixels/second
  • 最大加速: 25G
  • 最大速度: 140インチ(3.56m)/秒
  • USB データフォーマット: 16 bit/axis
  • USB レポートレート: 1000レポート/秒
  • スリープモード: 無し
  • サイズ: 横72.2mm ×縦120.3mm×高さ43.5mm
  • トータル重量: 133 grams
  • コード重量: 15 grams
  • ボタン寿命: 1,000万クリック

海外での『G400』発表時の紹介をベースに今回のテキストを作っていて気づいたのですが、海外版は『Logitech Optical Gaming Mouse G400』という名称であるのに対し、日本版は『Logicool Performance Optical Mouse G400』と製品名が異なっています。

それぞれの製品紹介ページでは、海外版はゲーミング、日本版は汎用という位置づけでの紹介となっています。日本版のリリース内では以下のように、FPS だけで無く一般的な用途でも使用されることがアピールされていました。

スピーディな動きが求められるFPSゲームだけでなく、精密な作業を連続して遂行することが求められるグラフィックデザイン、プログラミング、細かい画像編集などプロのクリエイターにも最適なマウスです。

海外と日本では製品展開が異なるようです。

Logitech Optical Gaming Mouse G400-1- Logitech Optical Gaming Mouse G400-2- Logitech Optical Gaming Mouse G400-3-
Logitech Optical Gaming Mouse G400-4- Logitech Optical Gaming Mouse G400-5- Logitech Optical Gaming Mouse G400-6-
Logitech Optical Gaming Mouse G400

『G400』はロジクールオンラインストアから MX518 と同価格の 3,980 円で予約可能です。製品の発売は 8月12日(金)となります。

情報元

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar