Negitaku.org esports > > MSI Beat it! 2013

タグ

Counter-Strike: Global Offensive Counter-Strike: Global Offensive大会『MSI Beat it! 2013』が賞金総額$100,000で開催、日本・韓国・台湾の合同予選実施

MSI Beat it! 2013

Counter-Strike: Global Offensive 大会『MSI Beat it! 2013』が賞金総額 $100,000 で開催となることが発表されました。

MSI Beat it! 2013

『MSI Beat it! 2013』は賞金総額 $100,000 で行なわれファイナルは 11 月に中国の上海で実施。8 月より世界の 6 エリアで予選が開催されます。

  • 予選 : 2013 年 8~10 月
  • ファイナル : 2013 年 11 月 (中国・上海)
  • 賞金総額 $100,000(予選 $39,500、渡航費 $38,500、ファイナル $22,000)
  • タイトル : Counter-Strike: Global Offensive 5vs5

MSI Beat it 2013 announcement

予選エリア

  • EU Qualifier / August - 2 LAN Slots
  • US Qualifier / September - 1 LAN Slot
  • Middle East Qualifier / September - 1 LAN Slot
  • Korea/Japan/Taiwan Qualifier / September - 1 LAN Slot
  • China Qualifier / September / October - 1 LAN SLOT
  • SEA / August / September / October - 1 LAN SLOT

『MSI Beat it! 2013』ファイナルには『MSI BEAT IT 2011』で優勝した Fnatic が招待出場。そして各エリア予選を勝ち抜いた 7 チームと併せた全 8 チームが参加となります。

日本は 9 月に開催される韓国・台湾との合同予選に参加することが可能です。
開催形式等の詳細についてはまだ明らかになっていません。

ヨーロッパ予選出場チーム

  • Sweden Fnatic
  • Sweden Ninjas in Pyjamas
  • France VeryGames
  • Ukraine Astana Dragons
  • Denmark Copenhagen Wolves
  • Sweden Lemondogs
  • Ukraine Natus Vincere
  • Poland ESC Gaming
  • Europe TBD
  • Europe TBD
  • Europe Qualified team #1
  • Europe Qualified team #2

予選はまずヨーロッパからスタート。
参加枠は 12 チームで 10 が招待、残り 2 つは予選通過チームとなります。
現在は上記のとおり 8 チームの招待が発表されています。

Patrik "cArn" Sättermon 氏のコメント (Fnatic Chief Gaming Officer)

本日、eスポーツの情熱を世界中に広めることを目標とする賞金 $100,000 の CS:GO トーナメント MSI Beat it! 2013 についてお話しすることに非常に興奮しています。

来週より、ヨーロッパ、北米、中東、アジアからの数千のゲーマー達のために、今年の末に中国・上海で開催されるこのそうそうたるトーナメントのファイナルで競うためのドアを開ける予定です。

11 月のファイナルの前に、私たちは世界中のベストチーム・プレーヤーをフィーチャーした Counter-Strike のアクションを毎週提供します。また、MSI Beat it! 2013 は eスポーツファンのためのすばらしい特集、Anders, Lurppis, Knochen といった世界のベストキャスター達による実況放送を行ないます。

私は MSI の eスポーツに対するサポートと MSI のスピリット“Top gamer, Top choice”に最大の賛辞を贈りたいと思います。私たちには MSI Beat it 2013 を最大の Counter-Strike ショーとして作り上げるという野望があります。

――――

ということで今年は日本チームも予選に参加するチャンスが与えられました。
日本・韓国・台湾の合同予選ファイナル出場枠は 1 チーム分となります。

どのような形式で実施になるのか今後の発表をが楽しみです。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar