Negitaku.org esports > > Major League Gaming

タグ

Counter-Strike: Global Offensive 賞金総額25万ドル『MLG Counter-Strike:Global Offensive Major Championship: Columbus』が2016年3月より開催

MLG Counter-Strike:Global Offensive Major Championship: Columbus

賞金総額25万ドル『MLG Counter-Strike:Global Offensive Major Championship: Columbus』が開催2016年3月に開催されます。

MLG Counter-Strike:Global Offensive Major Championship: Columbus

『MLG Counter-Strike:Global Offensive Major Championship: Columbus』は、2016年3月29~4月3日にかけて開催されます。

開催情報

  • 開催日: 2016年3月29~4月3日
  • 開催地: Nationwide Arena (アメリカ・オハイオ州コロンバス)
  • 参加チーム数: 16
  • 賞金総額: $250,000

グループステージ、QuarterfinalsまではMajor League Gamingの競技場兼スタジオの「MLG Arena」で実施。4月2日からのセミファイナル、グランドファイナルは2万人を収容するという「National Hockey League」チーム「Columbus Blue Jackets」のホームスタジアム「Nationwide Arena」で実施されます。

こちらでは、オールスターゲームの実施も予定されているとのことでした。
現地での観戦チケットは2015年12月3日より発売会予定です。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 『Major League Gaming World Finals』が100回目の記念ライブイベントとして2015年10月に開催、賞金総額は50万ドル

Major League Gaming World Finals

『Major League Gaming』が100回目の記念ライブイベントとなる『Major League Gaming World Finals』の開催を発表しました。

Major League Gaming World Finals

  • 開催日: 2015年10月16~18日
  • 開催地: Morial Convention Center (アメリカ・ニューオーリンズ)
  • 競技ゲーム: Dota 2、Call of Duty: Advanced Warfare
  • 賞金総額: $500,000 (約6,215万円, $1=124.30円)

各タイトルの賞金は$250,000となります。
開催の発表と合わせて、公式サイトがオープン。さらに現地観戦チケットの発売が開始されていました。

出場チームやルールについては順次発表されていきます。

チケット販売ページ

Mike Sepso氏のコメント(MLG, President and Cofounder)
MLGは10年近くにわたり驚くべきトーナメントを開催してきており、巨額の賞金を用意してきました。私たちは、100回目となる記念イベントにおいても以前に増して額を大きくすることによりその伝統を守りたいと思いました。

ファンの皆さんは、3日間にわたり世界最高のチームによる複数の競技、ニューオーリンズの興奮を得ることが出来ます。私たちは、このイベントを長年の記憶にものにしたいと思っています。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 MLGとjoinDOTAが賞金総額$475,000以上のシーズン制DOTA2世界大会を2015年に開催

MLG×joinDOTA

Major League Gaming (MLG)」と「joinDOTA」が賞金総額$475,000以上のシーズン制DOTA2大会を2015年に開催すると発表しました。

MLGとjoinDOTAがDOTA2の世界大会を2015年に開催

世界最大規模のeスポーツプラットフォームを展開する「MLG」が、「DOTA2」の実況配信、トーナメント主催などを行なう世界的なコミュニティサイト「joinDOTA」と提携し2015年にシーズン制の世界大会を開催します。

発表の主な内容

  • 3シーズン制で開催し、World Championshipを2015年第4四半期に開催
  • 賞金総額$475,000以上、$90,000の渡航費サポート
  • ストリーミングはMLG.tvの独占配信
  • 「MLG Pro Point」を「joinDOTA League」に導入
  • Division 1には世界のトップチームが招待出場

Division 1には世界のトップチームが招待出場となる予定とのことです。
今後は、「joinDOTA」のシステムを通じて招待以外のチームも予選に参加可能となるのではないかと思われます。

MLGとjoinDOTAの提携は今回が初というわけではなく、2014年1月にも共同でDOTA2のトーナメント大会を開催していました。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Major League Gaming』がeスポーツの放送局兼競技場「MLG.tv Columbus Arena」の開設を発表

MLG.tv Columbus Arena

『Major League Gaming』(MLG)がeスポーツの放送局兼競技場「MLG.tv Columbus Arena」を開設すると発表しました。

MLG.tv Columbus Arena

「MLG.tv Columbus Arena」は、アメリカのオハイオ州コロンバスに開設予定で、2014年10月24~26日に開催される『MLG Call of Duty: Ghosts Pro League Playoffs』がこけら落としとなります。

広さは14,000平方メートル、数百の観客席、プロゲーマー達が快適に競技出来る遮音ブース、ライブ中継のための放送プラットフォームなどを特徴とします。

Sundance DiGiovanni氏のコメント(MLG共同創設者、CEO)
MLGの使命は、プレミア名競技を通じてeスポーツを全世界に対して進し、グローバルなストリーミングプラットフォーム「MLG.tv」を通じて、視聴者に対し、いつでもどこでもプレミアムなゲームコンテンツを提供することです。

MLG.tv Columbus Arenaによって、私たちはグローバルな足跡を拡大し続けるショーケースを構築するためのフラグシップな拠点を手に入れました。
――――

また、MLGは2017年に『MLG Studio』(アメリカ)と『MLG Stadium』(中国)を開設する計画です。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) eスポーツとXスポーツがコラボ、『MLG X Games Invitational』がアメリカで6月6~8日に開催

MLG X Games Invitational

Major League Gaming(MLG)』と『ESPN X Games』が協力し『MLG X Games Invitational』がアメリカで6月6~8日に開催されることが発表となりました。

MLG X Games Invitational

『MLG X Games Invitational』は、アメリカのスポーツメディア『ESPN』が主催するエクストリームスポーツ(Xスポーツ)大会「X Games Austin 2014」にて開催されるeスポーツイベントです。

「X Games Austin 2014」の競技は「スケートボード」「BMX」「モトクロス」「スキー」「ラリー」「スタジアムスーパートラック」の6種目。今回はさらに、『X Games』史上初となる「eスポーツ」競技として「Call of Duty: Ghosts」の大会が実施されます。

MLG X Games Invitational

  • 開催日: 2014年6月6日(金)~8日(日)
  • 開催地: Circuit of The Americas (アメリカ・テキサス)
  • タイトル: Call of Duty: Ghosts (Xbox One)

『MLG X Games Invitational』には、『MLG Pro Points Ranking』の上位5チームと、2014年3月に開催された世界大会『2014 Call of Duty Championships』で優勝した United States compLexity、準優勝の United States EnVyUs 、3位のUnited States OpTic Gamingを合わせた8チームとなります。

大会のルールや賞金などについては今後発表予定で、大会の模様は、PC、Xbox 360、iOSアプリ、Androidアプリといった様々なデバイスから『MLG.tv』のストリーミング配信を通じて観戦することが可能となります。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Major League Gaming』が中国にeスポーツ競技場「MLG Gaming Arena」を建設することを発表

Major League Gaming

Major League Gaming』が中国にeスポーツ競技場「MLG Gaming Arena」を建設することを発表しました

『Major League Gaming』が中国にeスポーツ競技場を建設

eスポーツ競技場「MLG Gaming Arena」は中国の珠海市とマカオの間にある Hengqin島に建設予定です。

こちらは旅行客を誘致する経済特区となっており、競技場を建設することでeスポーツを活性化させし永続的にeスポーツファンの旅行客を引きつける狙いがあります。

競技場の他にも、ゲームをテーマにしたレストラン、ショップなど様々な施設が併設される予定とのことです。

Mike Sepso氏のコメント (MLG President, co-founder)
MLGは10年以上もグローパルなeスポーツの最前線に立ち続けています。
私たちは、世界で最も成長が早いeスポーツマーケット中国における今回の展開によって新たな高みに位置取ることでリーダーシップの立場を取ります。

Hengqin IslandのV-Zoneにおける初となる MLG Gaming Arenaの建設のための、eSun Holdings Limited、Lai Fung Holdings Limitedとのパートナーシップを誇りに思います。

MLG Gaming Arenaは MLG Pro Circuitに参加する競技者を宿泊施設にもなるほか、MLG.TVを通じたグローバルな放送を行なうと共に、1年365日、私たちのファンを歓迎します。

MLG Gaming Arenaの建設は、eスポーツやMLGを世界のメインストリームカルチャーの一部にするという我々の計画の異なるステップの1つです。

――――

「MLG Gaming Arena」の完成は、2017年となる計画です。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Major League Gaming』が合計約220万のフォロワーを持つプロゲーマー&配信者NaDeSHoTとの独占契約を発表

Major League Gaming

Major League Gaming』(MLG)が約220万のフォロワーを持つプロゲーマー United States Matthew "NaDeSHoT" Haagとの独占契約を発表しています。

『Major League Gaming』がプロゲーマーNaDeSHoTと独占契約

NaDeSHoTUnited States NaDeSHoTは、 United States OpTic Gaming に所属する Call of Dutyシリーズのプロゲーマーです。

2011年9月開催された賞金総額100万ドルのCall of Duty: Modern Warfare 3大会『Call of Duty XP』で優勝し賞金40万ドルを獲得。

NaDeSHoTは、Twitterフォロワー54万、FacebookページのLike数21万、YouTubeのチャンネル登録数111万、Twichフォロワー33万と合わせて約220万のフォロワーを持ち、ストリーミング配信者としても有名な存在です。

『Major League Gaming』は、そのNaDeSHoTと配信を『MLG.tv』上でのみ実施する独占契約を行ないました。また、NaDeSHoTはMLG.tvのプロジェクトにもメンバーとして参加していくことになります。

NaDeSHoTのコメント
配信者、プロゲーマーとしてeスポーツにおける世界的なリーダーとパートナーシップを結ぶ事は非常に理にかなったことです。
MLG.tvにおける放送は、eスポーツコミュニティを指数関数的に成長することを手助けすると共に、私がそうしたように、若いプレーヤー達がプロフェッショナルゲーミングの夢を実現する助けとなります。

数え切れない時間をストリーミングに費やしたとき、あなたは革新的で進化するプラットフォームを持ち、最も支援してくれる会社と働きたくなります。MLGはeスポーツのリーダーであり、MLG.tvの将来は有望です。

私はプラットフォームを発展させ、年々素晴らしくなる究極のストリーミング提供するのを手助けするためにチームと働くのをたのしみにしています。今回のパートナーシップは、まさにその始まりです。

Adam Apicella (MLG, Excutive Vice President)
私たちはNaDeSHoTを配信者としてだけでなく、開発チームの基本メンバーとしてMLGに迎える事にとても興奮しています。

MLGは最も早く成長しているデジタルコンテンツ制作者の1つであり、NaDeSHoTのような先駆者と共に働く事はストリーミングのランドスケープを発展させるキーとなります。

私たちは、ファンやストリーミングパートナーにとってMLTG.tvをより良くするために、トップのオンライン放送者であるMLGと、NaDeSHoT個人の経験が組み合わさることについて興奮しています。

――――

MLG.tvは、2014年1~3月の間に視聴者数が1376%の成長を見せる人気コンテンツとなっているとのこと。MLGは、スマートフォンでも配信を視聴できるiOS、Androidアプリをリリースしており、ストリーミング配信プラットフォームの強化を進めています。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 北米最大のeスポーツリーグ『Major League Gaming』が南米に進出、今後も国際的なフランチャイズ展開を計画

Major League Gaming

北米最大のeスポーツリーグ『Major League Gaming』が南米に進出することを発表しました

Major League Gaming Announces First International Franchise: MLG Brasil

『Major League Gaming』は、ブラジル最大のスポーツエンターテインメント会社であるGrupo Águia社とパートナーシップ契約を行ない、フランチャイズとして『Major League Gaming』を南米で展開していきます。

Grupo Águia社は、2004年に設立され今年にブラジルで開催される「2014 FIFA World Cup」のオフィシャル・ホスピタリティプログラムの販売代理店でもあります。

Mike Sepso氏のコメント (MLG 共同創設者、社長)

長年に渡るリーディングスポーツエンターテインメント会社としてのポジションとWorld Cupに携わる豊富な経験によって、Grupo Águia社はMajor League Gamingのフランチャイズデビューのため完璧なパートナーとなりました。

Major League Gamingは、競技ゲームシーンを発展させることに長い間フォーカスしており、南米の巨大な経済市場に強い存在感を作り出す非常に素晴らしい機会をいち早く察知しました。

今回が、今後数年で予定している多くの国際的なフランチャイズ展開の第一弾となります。私たちは南米のゲーマー達が世界規模で競うための究極のプラットフォームを提供することに興奮しています。

Paulo Castello Branco Filho氏のコメント (MLG Brasil, CEO)

Major League Gamingは競技の新たなカルチャーを構築し、伝統的なスポーツと同種の革新的な配信プラットフォームを作り上げることでマーケットに革命をもたらしました。世界的なリーダーであるMajor League Gamingと共に、この成長産業に参入することをうれしく思っています。

私たちは、世界で4番目に大きい市場であるブラジルには、とてつもない可能性と競技に対する需要があることを理解しています。目標は、ブラジル人が世界最高のeスポーツプレーヤーとなるのを手助けするためにMajor League Gamingの証明されたモデルを使用し、Major League Gamingのさらなる世界的な成功を実現することです。

今後のスケジュール

『Major League Gaming』は、2014年3月28~30日にアメリカのロサンゼルスで開催される賞金総額100万ドルの『Call of Duty® Championship 2014』の予選を開催します。

『Major League Gaming Brazil』は、2014年2月16~23日にかけて『Call of Duty Championship Brazilian Online Qualifiers』を担当。予選を通過したチームには、渡航費用・宿泊費のサポートが行なわれます。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 MLG Championship Columbus』DOTA2部門で Speed Gaming が優勝、ゲーム内アイテム売り上げによりより賞金総額が5万ドルから13万ドルに増加

MLG Championship Columbus

週末にアメリカで開催された『MLG Championship Columbus』DOTA2部門で Speed Gaming が優勝となりました。

MLG Championship Columbus

順位

  • 1位: Europe Speed Gaming - $68,381(50%)
  • 2位: China Team DK - $27,35(20%)
  • 3位: Ukraine Natus Vincere - $13,676(10%)
  • 3位: Europe Sigma.int - $13,676(10%)
  • 5位: Europe Fnatic - $2,735(2%)
  • 6位: Sweden Alliance - $2,735(2%)
  • 7位: United States Team Liquid - $2,735(2%)
  • 8位: United States Evil Geniuses - $2,735(2%)
  • 9位: United States Pretty Boy Swag - $2,735(2%)

MLG Championship Columbus

ファイナル

この大会は、ゲーム内アイテムの売り上げによって賞金が増額されていました。

最終的に、3万4784個のアイテムが購入され賞金総額は $136,960 まで増額されています。

ファイナル以外の試合を見たい方は、以下のページにまとめが掲載されているのでそちらをチェックしてみてください。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) ムービー『eSports Report Episode 1』

ムービー『eSports Report Episode 1』

『Major League Gaming』がeスポーツのレポートムービー『eSports Report Episode 1』をリリースしています。

eSports Report Episode 1

『eSports Report』は、Major League Gamingが毎週木曜日に放送するeスポーツの紹介放送です。こちらは MLG.tvを通じてオンラインにて視聴可能で、その後アーカイブがMLGの公式YouTubeチャンネルにて公開されます。

番組ではChris Puckett氏と Desi Sanchez氏がホストとなり、ニューヨークのMLG studiosからまるでスポーツニュースのようなフォーマットで、Major League Gamingを中心に各国におけるeスポーツのハイライト、プロゲーマーのインタビュー、今週のTOP5シーン、今後開催のイベント等を紹介していきます。

ムービー『eSports Report Episode 1』

ムービー『eSports Report Episode 1』

ムービー『eSports Report Episode 1』

動画は以下からご覧ください。

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar