タグ

PC・ゲーミングデバイス 『Mionix』からマウスパッドにもなるリストレスト『Mionix Long Pad』が登場

Mionix Long Pad

スウェーデンのゲーミングデバイスメーカー『Mionix』から、マウスパッドにもなるリストレスト『Mionix Long Pad』が登場します。

Mionix Long Pad

『Mionix Long Pad』は4種類のカラフルなデザインを採用した滑らかな表面と10ミリの厚さを持つリストレストで、こちらを使用する事で手首の負担を減らしながらキーボード操作を行う事が可能となります。

Mionix Long Pad

このリストレストの表面は非常に優れたトラッキング性能があり、ゲーミングマウスパッドとしても使用可能とのことです。

ただ、冒頭の画像を見ての通りマウスを大きく動かすような面積がないため、マウスが超ハイセンシ設定のプレーヤー以外は、本格的なゲームプレーで使用出来るものではないでしょう。

仕様

  • 素材: ラバーフォーム
  • サイズ: 横450mm×縦100mm×厚さ10mm

製品はオープン価格で、店頭推奨価格は2,000円(税込)とされていました。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Mionix』のゲーミングマウス『CASTOR』に4つの新カラーモデルが登場

Colors

『Mionix』のゲーミングマウス『CASTOR』に4つの新カラーモデルが追加され、2017年4月28日(金)より国内販売が開始されます。

CASTOR

『CASTOR』はPixart PMW3310オプティカルセンサーを搭載した右利き用デザインのゲーミングマウスです。これまではブラックのみでの展開でしたが、新たに「イエロー」「ピンク」「ブルー」「グレー」の4色が追加されました。

仕様

  • マウスセンサー:Pixart PMW-3310, Native 5000 DPI
  • 形状:右利き用エルゴノミクスデザイン
  • 表面加工:ソフトタッチコーティング
  • ボタン数:6つのプログラム可能なボタン
  • DPI設定:50DPI刻み、50-5000DPI(ソフトウェア使用)
  • イルミネーション:2ゾーン、2 LEDs、ライトニングエフェクト搭載、1680万色フルカラーイルミネーション(ブラックのみ)
  • オンボードメモリ:128kB ビルトインメモリ
  • カラー:ブラック、イエロー、ピンク、ブルー、グレー
  • 価格:オープン価格 - 店頭推奨価格は各色7,400円

マウス自体の性能は既存の『CASTOR』と変わりありませんが、新たにMIONIXの無料設定ソフトウェア「MIONIX HUB」に対応しています。

製品の取り扱い店は、Mionix Japan公式サイトで確認することが出来ます。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングデバイスメーカー『Mionix』の公式日本語サイトがオープン

Mionix

スウェーデンを拠点とするゲーミングデバイスメーカー『Mionix』の公式日本語サイトがオープンしています。

『Mionix』の公式日本語サイトがオープン

『Mionix』の公式サイトは「mionix.jp」のドメインからアクセスすることが出来ます。

最初に飛び込んでくる画面やメニューは英語ですが、各製品の詳細ページは全て日本語表記に置き換えられています。
サーバーは日本に設置されているので、ドライバ等もあまり待つことなくダウンロードすることが可能となっています。

また、設定ソフトウェアの日本語対応も開始されているので、英語はあまり得意ではないけど製品に興味があるというような人はぜひチェックしてみて下さい。

日本語対応については、2016年11月に開催されたゲーミングマウス発売記念イベント『NAOS QG Japan Launch Party』で発表されていました。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Mionixのプラスチック系ゲーミングマウスパッド『PROPUS』が12/9(金)より日本で発売を開始

mionix

スウェーデンのゲーミングデバイスメーカー『Mionix』のプラスチック系ゲーミングマウスパッド『PROPUS(プロパス)』が12/9(金)より日本で発売開始となります。

ゲーミングマウスパッド『PROPUS』

『PROPUS』は既存のプラスチック系ゲーミングマウスパッド『PROPUS 380』のリニューアル版となる製品です。

表面に高密度のメタルグレイン(金属の粒)によるシルバーメタリックコーティング処理を採用することでロスが少ないマウスのトラッキングを実現しています。

仕様

  • 表面素材: PVCプラスチック
  • 表面加工: 細粒状加工
  • サイズ: 横380mm x 縦260mm
  • 厚さ: 4mm
  • 裏面: 天然ゴム
  • 互換性: LED光学及びレーザーセンサーマウス

mionix2

価格は店頭推奨価格4,480円(税別:オープン価格)で、12/9(金)より全国のMionix 製品取扱店にて購入可能となります。

参考

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングマウス発売記念イベント『NAOS QG Japan Launch Party』開催、新製品情報やWebサイト・ソフトの日本語対応を発表

c

クラウドファンディングでの支援を経て誕生したゲーミングマウス『MIONIX NAOS QG』の発売記念イベントが11/12(土)に秋葉原で開催されました。

クラウドファンディングで誕生したゲーミングマウス『MIONIX NAOS QG』

『MIONIX』は性能、品質、デザインを追求しながら製品を開発するスウェーデンのゲーミングデバイスメーカーです。

同メーカーは、2014年12月に使用者の心拍数などを測定しながら操作が可能となるゲーミングマウス『MIONIX NAOS QG(Quantified Gaming)』の開発コンセプトを発表すると共にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて「$100,000」を目標とした資金調達を開始しました。

その後、無事に目標額を達成して開発が進められ、2016年9月に完成。2016年10月には日本国内でも販売が開始されました

ゲーミングマウス発売記念イベント『NAOS QG Japan Launch Party』

本日、このマウスの発売を記念したイベントが開催され、抽選で選ばれたファンやメディア関係者が出席しました。

イベントオープニングの乾杯の様子
DSC_8647

イベントでは『MIONIX』の国内代理店 株式会社ゲートの大野氏が司会を担当。
『NAOS QG』を含む『MIONIX』製品の紹介、『NAOS QG』の体験会、質問と回答、プレゼント抽選会などが行なわれました。

DSC_8661
『MIONIX』について説明する大野氏

ゲーミングマウス『NAOS QG』

本日のメインである最新ゲーミングマウス『NAOS QG』のパートにて、製品が誕生したきっかけについては次のように説明されました。

『MIONIX』が新たな製品を開発する際には、製品でトライしてみたいことをまず列挙し、その中から出来るかそうでないかは関係なく、製品に入れたい要素を決定するとのこと。

この過程で心拍数/ガルバニック皮膚反応センサーを組み込んだゲーミングマウスを開発することが決定され、クラウドファンディングで開発資金を調達しながらコミュニティを巻き込み製品の開発が進められていきました。

以下は製品の説明に使用されたスライドです。

DSC_8693

DSC_8694

DSC_8695

DSC_8718

DSC_8726

DSC_8723

ゲーミングマウス『NAOS QG』の外観は下記の写真の通り。
ロゴの部分についているのが、『NAOS QG』の特徴的な計測センサーです。

DSC_8652

DSC_8653

DSC_8635

『SteelSeries Ikari』ライクな右利き用デザイン。手にフィットしながらガシっと掴むことが出来ます。

会場ではゲーミングマウス『NAOS QG』を体験使用することが出来ました

DSC_8742

写真撮影に協力していただいたのはLeague of Legends情報サイト『Mikulas』のオオギさん。

画像を拡大すると心拍数を現わす数字が「107」となっているのを確認できます。
通常は70~80台なので、運動しているわけではなくこの数字は比較的高い方です。
ゲームでテンションが上がっている状態だったのかもしれません。

リニューアル新製品: プラスチック系ゲーミングマウスパッド『MIONIX PROPUS』

イベント内では、新情報として既存のプラスチック系ゲーミングマウスパッド『PROPUS 380』をリニューアルした新製品『PROPUS』が発表されました。

DSC_8678

DSC_8688

こちらは素材を変更し耐久性を向上させた他、デザインが独特の形状から一般的な長方形に変更されています。

DSC_8685

大野氏が手にしているのが旧製品です。
具体的なリリース日や価格等は今後の発表となります。

Webサイトやデバイスの設定ソフトが日本語に対応予定

『MIONIX』デバイスの設定に使用するソフトウェア、そして製品を紹介する公式Webサイトが日本語に対応します。

設定ソフトはまだ一般公開されていませんが、会場ではベータ版ソフトで日本語表示を確認することが出来ました。

DSC_8738

それぞれの公開はもう少し先になるようです。

この他にはMionix製品のプレゼント抽選会なども実施されました。
最新ゲーミングマウス『NAOS QG』を手に入れたラッキーな方も。

DSC_8768

この他の会場の様子やスライド資料の写真は下記よりご覧ください。

写真

DSC_8731
来場者に 振る舞われたMIONIXのハニートースト

参考

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Mionix最新ゲーミングマウス発売記念イベント「NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY」が11/12(土)に完全招待制で開催

NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY

Mionixの最新ゲーミングマウス発売を記念したイベント「NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY」が11/12(土)に秋葉原で開催されます。

NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY

「NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY」は、クラウドファンディングの支援で完成した身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』の10/28(金)国内発売を記念して実施されるイベントです。

イベントは専用フォームから参加申し込みをした中から抽選で選ばれたファンのみが参加出来る完全招待制で実施されます。

開催情報

  • 開催日: 2016年11月12日(土)13時~
  • 申し込み締め切り: 2016年11月3日(木・祝)24時
  • 会場: 秋葉原駅周辺イベントスペース
  • 参加条件: 参加抽選の当選者のみ、完全招待制
  • 参加登録フォーム: https://t.co/csd0X6Fy5V

イベント内容

  • MIONIXについてのプレゼンテーション
  • NAOS QGのご紹介
  • NAOS QG体験会
  • 来場者プレゼント、軽食をご用意

プレゼンテーションは『Mionix NAOS QG』を使用しながら行なわれます。

プレゼンで緊張する担当者の心拍数等が、『Mionix NAOS QG』を通じてリアルタイムに伝わってくる面白そうな展開となりそうです。

『Mionix NAOS QG』は10月28日(金)に店頭推奨価格15,000円(税別、オープン価格)で発売予定です。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス クラウドファンディングの支援で完成した身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』が10/28(金)に国内発売決定

Mionix NAOS QG

マウスに複数のセンサーを内蔵しプレーヤーの身体反応や操作情報をトラッキングし分析可能とするゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』の国内販売が決定しました。

身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』

ゲーミングマウス『Mionix NAOS QG(Quantified Gaming)』は、2014年12月に開発コンセプトが発表され、合わせてクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて「$100,000」を目標とした資金調達が開始されました。

その後、無事に目標額を達成し開発が進められ2015年9月に完成したことが報告さてれいました。

そしてこのマウスが10/28(金)より店頭推奨価格15,000円(税別、オープン価格)にて国内販売されることが発表されました。

特徴

  • 心拍数、マウスの動き、動作データのモニタリング
  • 心拍数、ガルバニック皮膚反応センサー搭載
  • インゲームオーバーレイ表示機能
  • デベロッパー向けAPIの公開
  • 12000DPIオプティカルセンサー(PMW-3360)
  • 安定したグリップと自然な手触りを持ったダークグレー4層ラバーコーティング
  • 1msレスポンスタイム、1000Hzポ―リングレート
  • 32bit ARM Cortex M3 32Mhzプロセッサ搭載
  • 最大5つのプロファイルを保存できる128kBオンボードメモリ
  • アングルチューニング: X/Y軸の角度設定機能
  • アングルスナップ(直線補正)機能
  • 7つのプログラム可能なボタン
  • ゲームプレイ中に変更可能な4段階のDPIセッティング
  • 1680万色、ライトニングエフェクトに対応するLEDイルミネーション
  • かぶせ持ち、右利き用エルゴノミックデザイン

スペック

  • 心拍数センサー: Pixart PAH8001EI‐2G, 最大3000 fps, 6.8Mhz
  • GSRセンサー :チタンコーティング電極
  • マウスセンサー: Pixart PMW-3360, 12000 DPI, 70MHz, 最大12000 fps, 250ips
  • 形状: 右利き、かぶせ持ち用エルゴノミクスデザイン
  • 表面加工: グリップに適した4層ラバーコーティング(ダークグレー)
  • ボタン数: 7つのプログラム可能なボタン
  • DPI設定: マウス上で変更可能な4段階のDPI設定
  • スイッチ: L/R - オムロン、DPI/サイドボタン、ホイール - TTC
  • イルミネーション: 2ゾーン、2 LEDs、ライトニングエフェクト搭載、1680万色フルカラーイルミネーション
  • オンボードメモリ: 128kB ビルトインメモリ
  • プロセッサ: 32bit ARM 32Mhz
  • マウスソール: 大型PTFEソール
  • USB: 金メッキ加工, プラグアンドプレイ対応フルスピードUSB2.0
  • ケーブル: 2m、布巻きケーブル
  • 重さ(ケーブル込): 152g

Mionix NAOS QG

Mionix NAOS QG

マウスの設定は、無料ソフトの『MIONIX HUB』を通じて行なうことが可能。
また、同じく無料ソフトの『Overwolf』を使用する事でゲームでオーバーレイさせることが出来るとのことです。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス クラウドファンディングで支援された身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』がついに完成

Mionix NAOS QG

マウスに複数のセンサーを内蔵しプレーヤーの身体反応や操作情報をトラッキングし分析可能とするゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』の完成がついに発表されました。

身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』

ゲーミングマウス『Mionix NAOS QG(Quantified Gaming)』は、2014年12月に開発コンセプトが発表され、合わせてクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて「$100,000」を目標とした資金調達が開始されました。
その後、無事に目標額を達成し開発が進められてきましたが、予定より1年近く遅れてようやく完成したことが報告されました。

センサーには解像度12,000dpiのPMW-3360(光学式)を採用。
当初のコンセプト通り、身体反応読み取りセンサーを通じて「心拍数」「皮膚電気反応」「1分間のクリック数」「マウスの移動データ」などをトラッキングしゲーム画面にリアルタイムで表示するほか、それらのデータをゲーム後に分析することが可能となります。

Mionix NAOS QG

Mionix NAOS QG

マウスは2016年10月28日に129.99ユーロで発売予定で、9月30日~10月2日にかけてアメリカで開催される『TwitchCon 2016』会場にて先行展示が行なわれます。

下記の特設サイトにてマウスを予約購入することが出来ます。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングヘッドセット『Mionix NASH 20』が価格改定で約4千円の値下げ、PS4等に接続可能なアダプタを新たに同梱

Mionix NASH 20

スウェーデンのゲーミングデバイスメーカー『Mionix』のゲーミングヘッドセット『Mionix NASH 20』の価格改定と仕様変更が発表されました。

ゲーミングヘッドセット『Mionix NASH 20』が価格改定、仕様変更

『Mionix NASH 20』ははデザイン、音質、快適性の3点に重きを置いて開発されたゲーミングヘッドセットです。

今回、同ヘッドセットが大きく値下げされた他、PlayStation 4やモバイル機器に接続が可能となる4極プラグ変換アダプタケーブルを新たに同梱することが発表されました。

価格変更

  • 旧価格: 14,800円(税込み)
  • 新価格: 10,980円(税込み)

仕様変更

  • 4極プラグ変換アダプタケーブルを同梱

すでに製品を購入している人には、同アダプタケーブルの送付を実施するとのことです。
送付手続き (リリースより)
お手持ちのNASH20にご住所・ご氏名を書いたメモを添えた写真を添付の上、お客様の郵
便番号・ご住所・ご氏名・電話番号を記載したメールをinfo@mionix.jpまでお送りください。メールをお送り頂いたお客様に変換アダプタを送付させて頂きます(お客様が送料をご負担することはございません)。

スペック

ヘッドセット

  • ヘッドセットタイプ:アナログステレオヘッドセット
  • イヤーカップ:フルサイズ・セミクローズド
  • オーディオ接続:3.5mm 金メッキコネクター
  • マイク接続:3.5mm 金メッキコネクター(4極3.5mmプラグ変換アダプタ付属)
  • ケーブル:2 m 組紐編みケーブル
  • ボリュームコントロール:スクロールホイール。左側のイヤーカップ上に搭載
  • 重量:320g

ドライバ

  • ドライバタイプ:ダイナミック、50mm、ネオジウム磁石
  • インピーダンス:32Ω ± 15% at 20kHz
  • 音圧レベル:103dB
  • 周波数特性:20Hz ~ 20KHz
  • 歪み率:1KHzにおいて2%以下 300Hz to 3KHzにおいて5%以下

マイク

  • ピックアップパターン:単一指向性
  • マイクミュート方法:フリップアップミュート
  • 感度:(@1kHz, 1 V/Pa):-42±3db
  • 周波数特性:50~16,000Hz
  • SN比:58dB
  • マイクサイズ:6mm

情報元

  • プレスリリース

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Mionix GO』イベントが8/15(月)に秋葉原で開催、街でスタッフを探してゲーミングデバイス獲得にチャレンジ

Mionix

『Mionix』のゲーミングデバイスが当たる可能性があるリアルイベント企画『Mionix GO』が8/15(月)に開催されます。

Mionix GO

『Mionix GO』は8月15日(月)13~15時に秋葉原で開催。
街の中で「Mionix」のTシャツを来たスタッフを見つけじゃんけん勝負を挑むことで、ゲーミングマウスやマウスパッドを獲得するチャンスが得られる企画となります。

また、8月12日(金)からは対象店舗で8,000円以上の製品購入者に「Mionix」オリジナルTシャツがプレゼントされ企画も実施となるそうです。

Mionix

このTシャツを来て8月15日(月)にスタッフになりすます人が登場すると大変なイベントに発展しそうです。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar