タグ

Game ボイスチャットソフト『Mumble』のバージョン 1.2.3 リリース

Mumbleボイスチャットソフト『Mumble』の新バージョン 1.2.3 がリリースされました。

『Mumble』バージョン 1.2.3

バージョン 1.2.2 からの主な変更点は次のとおりです。

変更点

  • 声で有効化(VAD: Voice Activitiy Detection)の改善
  • オーバレイ表示機能の向上
  • 録音機能の追加
  • 優先度スピーカ機能の追加
  • 新しいインストーラの採用
  • 音声コーデック CELT のバージョンを 0.11 に更新

マイナーアップデートですので互換性に影響する大きな変更点は有りません。

声で有効化の改善
一定の音量以上で発言したときのみマイクが有効になる機能「声で有効化」が改善されています。
ノイズ低減済みの音声を元に判定するように改良しノイズの多い環境での音声の検知精度を改善したようです。
この関係で 1.2.2 以前で設定した「声で有効化」の設定をそのまま使うと声を拾いにくくなるため再設定が必要になります。

オーバレイ機能の向上
オーバレイ機能の向上Mumble には同じチャンネルで会話しているユーザの発言状態をゲーム画面上に表示するオーバレイ表示機能があります。
1.2.3 よりオーバレイ表示の項目にフレームレート(fps 値)が追加されました。
また、オーバレイ画面上に表示するユーザの名前のカスタマイズ性が高くなっています。

サーバ側の更新
Mumble 1.2.2 以前のサーバには Dos 攻撃に対する脆弱性が存在し、悪意のあるユーザがログインすると Mumble サーバが落ちます。この脆弱性が修正されているため特に理由がない限りサーバ側は Mumble 1.2.3 に更新することをおすすめします。

情報元

関連ニュース

Sudden Attack オンラインゲーム運営会社『GameYarou』 が Mumbleサーバを公開

Mumbleオンラインゲーム運営会社『GameYarou』がボイスチャットソフト『Mumble』を利用したボイスチャットサーバを公開しました。

『GameYarou』アカウントを所持していて『SuddenAttack』をプレイしているユーザであればだれでも利用可能です。『Mumble』サーバへのログイン前には『GameYarou』へのログインが必要であるようです。

ただ、このサーバの利用規約の禁止事項に「ゲームヤロウのサービスコンテンツと関係のない行為」というものがあげられているため、だれでも利用して良い公開サーバというわけではなく、あくまで『Sudden Attack』ユーザ向けの限定されたサーバであるようです。

『Mumble』サーバのチャンネル構成はクラン単位で利用可能なクランチャンネル、大会で利用すると思われる大会チャンネル、自由にチャンネルを作成して利用できる公開チャンネルと大きく分けられています。クランチャンネルには所属するクラン名のチャンネルが作られており、クランメンバー以外が参加できないように設定されています。

国内では2例目となる企業運営によるMumbleサーバです。同様のボイスチャットソフトウェアとしては他に『Ventrilo』や『TeamSpeak3』が知られていますが、『Mumble』が選ばれた理由として「本当はTeamspeak3がよかったのですが、Teamspeak3にはデータベースと紐付けるシステムが存在しないためMumbleになりました。」と公式twitterで語られています

情報元

Game ボイスチャットソフト『Mumble』のバージョン 1.2.2 リリース

Mumbleボイスチャットソフト『Mumble』の新バージョン 1.2.2 がリリースされました。

『Mumble』バージョン 1.2.2

バージョン 1.2.1 からの主な変更点は、音声コーデック CELT の調整とユーザインターフェイスの改良、オーバレイ機能の改善、大規模サーバへの接続速度の改善です。
マイナーアップデートですので互換性に影響する大きな変更点は有りません。

ユーザインターフェイスでは、ツールバーを採用したことで今までよりは多少は直感的に操作出来るようになっています。

ユーザインターフェイス

通信状況などまた、他のユーザの通信状況などの情報をクライアント側で確認出来るようになっています。(IP アドレスなどの個人情報は管理者のみが確認できます。)

オーバレイの実装方法を大幅に改良したようで、『KillingFloor』など、いままで相性が悪かったゲームでもオーバレイが正常に機能するようです。

これらの機能や改善に魅力を感じないのであれば、無理に 1.2.2 にアップデートする必要はないかと思います。

ユーザの通信状況などの情報の確認などの新機能の一部はサーバ側もバージョンである必要があるので、サーバはアップデートすることをおすすめします。

情報元

Game ボイスチャットソフト『Mumble』のバージョン 1.2.1 リリース

Mumble昨年 12 月に 1.2.0 がリリースされたばかりのボイスチャットソフト『Mumble』の新バージョンが早くも登場しました。

バージョン 1.2.0 からの主な変更点は音声コーデック CELT の調整とユーザインターフェイスの改良です。マイナーアップデートですので大きな変更点は有りません。

CELT の調整では通信品質の悪い環境で音質を高く設定することで発生していたロボット声現象を改善したようです。

インターフェイスの改善には音声ウィザードで推奨の音質の表示や、チャンネルツリーの表示改善、Windows 7 の新機能ジャンプリストへの対応などがあります。

ジャンプリスト

Mumble 1.2.0 と互換性があるため無理にアップデート擦る必要はありませんが、Mumble 1.2.0 を使用していてロボット声の現象が発生する人や、未だにβバージョンを使用している人はアップデートすることをおすすめします。

情報元

Game オンラインゲーム運営会社『YNK JAPAN』 が Mumble 1.2 サーバを無料で公開

Mumbleオンラインゲーム運営会社『YNK JAPAN』がボイスチャットソフト『Mumble』を利用したボイスチャットサーバを無料で公開しました

日本国内としては初の企業運営での公開サーバじゃないでしょうか。
同社関連のゲーム以外でのコミュニケーション目的に使っても良いということです。

接続方法は下記の STING BLOG にて公開されています。

情報元

関連ニュース

Game ボイスチャットソフト『Mumble』最新版バージョン 1.2.0 が正式リリース

Mumbleボイスチャットソフト『Mumble』の最新版である バージョン 1.2.0 が正式にリリースされました。

Mumble 1.2.0

ボイスチャットの主要な要素である音質も次世代コーデックである CELT の採用により大幅に向上しています。

また、互換性の維持の問題から旧バージョンでは実現できなかった数多くの要望も実現されています。

1.1.x からの主な改良点

  • 音質・低遅延性
  • エコーキャンセル
  • ユーザ管理
  • サーバブラウザ
  • チャンネル説明やコメント、ログでの画像表示
  • ささやき機能
  • プラグインの自動ダウンロード
  • オーバレイテクスチャがクライアントからの登録
  • ファイアウォール内からの通信
  • 鍵付きチャンネル
  • LAN 内サーバの自動検出
  • 旧バージョンのサーバとの接続用クライアントの同梱

互換性について

多くの改良が施されているため、旧バージョンとの互換性がありません。
Mumble 1.1.x や Mumble 1.2.0 αを利用している場合は、最新版へアップグレードする必要があります。
Mumble 1.2.0 正式版とβ版の間には互換性があります。

ダウンロードは下記の公式サイトからどうぞ。

情報元

Game ボイスチャットソフト『Mumble』のバージョン 1.2.0 Betaリリース

Mumbleボイスチャットソフト『Mumble』のバージョン 1.2.0 Beta1がリリースされています。

バージョン 1.2.0 Beta1

バージョン 1.2.0 Beta1は、α版であった機能要望の追加やバグ製などが反映されているとのこと。
1.2.0 正式版は数週間以内にリリースされる予定となっています。

ダウンロードは公式サイトのトップページから行なうことが出来ます。

haru_arcさん情報提供ありがとうございました。

情報元

関連ニュース

Game ボイスチャットソフト『Mumble』の新バージョン 1.2.0 紹介

Mumble先日の『TeamSpeak 3』情報に続き、ボイスチャットソフト『Mumble』の新バージョン 1.2.0 を紹介します。

『Mumble』バージョン 1.2.0

『Mumble』の原稿バージョンは 1.1.8 で、次期リリース予定の新バージョン 1.2.0 は現在αバージョンとなっています。

mumble 1.2.0 の新要素としては、『TeamSpeak 3』でも採用予定の新コーデック『CELT』の採用と通信プロトコルの改良です。

また、ユーザビリティも大幅に向上しており、1.1.8 まではできなかった鍵付チャンネルの作成など、ユーザの使いやすさを意識した改良がされています。

主観的な情報ですが、友人の中には CELT の音質は Skype と大差ないんじゃないかという人もいます。
私としてはやはりまだ Skype の方が若干上だと感じています。

翻訳作業も開始され、最終のバグチェックが完了した後にリリースとなります。
サイトに掲載されている マイルストーン では、11 ~ 12 月リリース予定となっています。

情報元

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar