Negitaku.org esports > > Natus Vincere

タグ

Counter-Strike: Global Offensive 『Natus Vincere』がCS:GO部門のラインナップ変更、GuardiaN、seizedが移籍リスト入りに

navi-csgo

Ukraine Natus Vincere がCS:GO部門のラインナップ変更に関する公式発表を行ないました。

『Natus Vincere』がCS:GO部門からGuardiaN、seizedが移籍

この発表はチームのCEOを務める Yevhen Zolotarov 氏自らが、公式のYouTube動画インタビューに登場し明らかにしました。

seized選手についてはインゲームリーダーとしての役割を適切に果たせなかったこと、Guardianは他チームから移籍のオファーを受けていたものの、チームが移籍金で折り合いが付かなかったことを理由に移籍を了承しなかったことからモチベーションが低下し、チームのためにプレーする意義を見出せなくなってしまっていたことから今回の移籍リスト入りが決定されたとのこと。

Natus Vincereは、信頼のおけるチームの柱であるEdward選手、才能があり19歳と若く急成長を続けるS1mpe選手、そしてFlamie選手を中心に新メンバーを加えた新体制で今後に臨んでいく計画です。Flamie選手については、性格・練習・健康などについて改善の必要があるとのダメだしコメントもありました。

Natus Vincere

  • Ukraine Oleksandr "s1mple" Kostyliev
  • Ukraine Ioann "Edward" Sukhariev
  • Russia Egor "flamie" Vasilev
  • Ukraine Andrey "Andi" Prokhorov (coach)
  • Russia Denis "seized" Kostin (移籍リスト入り)
  • Slovakia Ladislav "GuardiaN" Kovacs (移籍リスト入り)

インタビューでは、元インゲームリーダーのZeus選手がチームを去る事になった理由などにも言及されていました。当時、インゲームリーダーのZeus選手とコーチStarix氏のスタイルが合わなかったこと、メンバーとZeus選手が対立状態になっていたこと、当時のチームは攻撃力に欠けていたことからメンバーの意志を反映する形でZeus選手をキックしS1mple選手を獲得するという決定が下されたそうです。

ただ、Yevhen Zolotarov 氏はこのやり方は誤りだったと認めた上で現在は選手変更に関する決定は選手ではなくチームが主導となって行なうよう組織としてのルールを改定したことも明らかにしていました。

情報元

関連ニュース

Quake Champions 『Natus Vincere』がQuake Champions部門を設立、1vs1のレジェンドCoollerと契約

navi-qc

プロゲームチーム Ukraine Natus Vincereが、Quake Champions部門を設立し、1vs1のレジェンドプレーヤー Russia Anton "Cooller" Singov 選手と契約しました。

Natus VincereのQuake Champions部門にCoollerが加入。

先日、Natus VincereのCEOを務めるYevhen Zolotarov氏がチームの公式YouTube動画にてQuake Champions部門を設立計画を明らかにしていました。

そして今回、『ESWC 2005』 (Quake III Arena)優勝、『CPL Winter 2005』 (Quake 4)、『QuakeCon 2010』(QUAKE LIVE)準優勝などの実績を持つ Russia Anton "Cooller" Singov 選手がチームに加入しました。

Anton "Cooller" Singov選手のコメント

Natus Vincereは自分にとって特別なチームです。
Natus Vincereの結成以来、私たちはIntel Extreme Masters やDreamHackなどの決勝戦でぶつかり競い合ってきました。
私たちが接近したのは、CSプレーヤーとの相互サポートや士気に関係しています。

私の準々決勝、準決勝、決勝などの重要な試合中、Edward, markeloff, Zeus, starix, ZeroGravity, ceh9が常に支えてくれていたことを知っています。そこで、Natus Vincereは私の心に近づくものとなりました。

このようなすばらしい組織に加入するチャンスを与えてくれたチームの経営陣に感謝すると共に、チームの発展に貢献していきたいと思っています。

私は、 Quake Championsが時間を注ぎ込む価値のある確かなプロフェッショナルeスポーツタイトルに進化すると信じています。レッツゴー!

8/4~5にQuake World Championship European Regional Finals 出場

Russia Cooller選手は賞金総額100万ドルで開催される『Quake World Championship』のヨーロッパ予選を通過し、8月4~5日にイギリスで行なわれるヨーロッパ地域ファイナルに出場します。こちらで12位以上に入賞することで、8月24~27日にアメリカの『Quake Con 2017』で行なわれるファイナルに出場する権利を得ることが出来ます。

この『Quake World Championship』をきっかけに『Quake Champions』に参入するプロチーム、これまでに AllianceVirtus.proTeam Liquidなども部門を立ち上げています。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Natus VincereがDota 2部門のメンバーを変更、Ditya Ra、ArtStyle、SoNNeikOが脱退

navi

Ukraine Natus VincereがDota 2部門のメンバー変更を発表しました。

Natus Vincere Dota 2部門のメンバー変更、DendiとGeneRaLを中心に再編成へ

Natus Vincere は2016年8月に開催された公式大会『The International 2016』でベスト16という結果となりましたが、メンバー変更は行なわずに秋シーズンを迎えていました。

その後、『Dota Pit League Season 5 CIS Qualifier』で3位、『The Boston Major 2016 Europe Qualifier』でグループステージ9位となり、チームはメンバーを入れる決定を下しました。

約1年前の2015年10月に新チームを構築する際は、DendiとSoNNeikOをコアとしていましたが、今回はSoNNeikOではなくDendiとGeneRaLを中心にチーム作りを行なっていく事になります。

NAVI Dota 2

  • Ukraine Danil "Dendi" Ishutin
  • Ukraine Victor "GeneRaL" Nigrini

脱退

  • Russia Akbar "SoNNeikO" Butaev
  • Ukraine Ivan "ArtStyle" Antonov
  • Ukraine Dmitry "Ditya Ra" Minenkov

新たなプロジェクト「Na`Vi Inside」がスタート

Natus Vincereは新たなチーム構築に向けて、YouTubeにて「Na`Vi Inside」プロジェクトをスタート。
こちらには、チームのマネージャーや関係者が登場し、ファンからの質問に答えるなどしてチームとファンの距離感を近づけることを目的としています。

今回はディレクターのEugene Zolotarev氏とDota 2チームマネージャーのIgor Sydorenko氏が登場し、新たな展開について説明しました。

まず、The Internationalで成績が振るわなかったのはチーム内のコミュニケーションに問題があったためとのこと。

一般的に、CISの人々は不満があればハッキリと伝えるそうなのですが、Dota 2チームのメンバー達はタイプが異なり不満を内に秘める傾向がありました。その結果、不満が次第に蓄積してしまいこれがチーム内の問題に繋がっていたそうです。

来シーズンでのDota 2チームの目標としては、下記の3点が挙げられました。

  1. プロフェッショナルな態度で取り組んでいく(多くの要望を選手にしていく予定)
  2. 全てのValveイベントに出場する
  3. Major、Internationalのタイトルを獲得する

今回、DendiとGeneRaLの2人を残した理由についても説明がありました。
Dendiはプロとしての意識が高く、成長するためにたくさんの練習をする他、チームが提案する新たな取り組みについても柔軟に対応している点などが評価されていました。

GeneraL選手については多くの課題があるものの非常に可能性がある存在で、チームの指導により変わっていくことが出来ると信じての起用になるそうです。

動画ではこの他にもCISエリアのDota 2シーンなどについての話も行なわれていました。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Natus VincereがCS:GO部門のメンバー変更、Zeusに代わりs1mpleが加入

Natus Vincere

Ukraine Natus VincereがCS:GO部門のメンバー変更を発表しました。

Natus VincereがCS:GO部門のメンバー変更、Zeusに代わりs1mpleが加入

Natus Vincereが、2009年からチームに在籍するキャプテンでインゲームリーダーのUkraine Daniil "Zeus" Teslenko選手に代わり、若き才能Ukraine Oleksandr "s1mple" Kostyliev選手をラインナップに加えることを発表しました。

最近のチーム成績は、『StarLadder i-League Invitational #1』2位、『ESL One: Cologne 2016』ベスト8、『ELEAGUE Season 1』ベスト4など上位入賞を果たしていますが、チームの目標は当然ながら優勝であり、さらなるチーム躍進のために長くチームに貢献してきたベテラン Zeus 選手を若手の s1mple 選手に切り替えるという決断を下したとのことです。

Zeus選手は契約が終了するまではインアクティブとなるそうで、詳細については今月末に発表すると記載されていました。

s1mple選手のコメント
このような偉大な組織に加入し、世界のベストプレーヤーで構成された大好きなラインナップの一員となったことについて本当に満足しています。チームと共に大きな目標を達成するために自身が出来る全てのことをしていくつもりです。

NAVI CS:GO

  • Russia Denis "seized" Kostin
  • Russia Egor "flamie" Vasiliev
  • Ukraine Oleksandr "s1mple" Kostyliev
  • Ukraine Ioann "Edward" Suharev
  • Slovakia Ladislav "Guardian" Kovacs
  • Ukraine Sergei "starix" Ishchuk (coach)
  • Ukraine Daniil "Zeus" Teslenko (inactive)

情報元

関連ニュース

Counter-Strike ムービー『Na`Vi raids Asus Spring 2011 - Official Gangster Movie』

ムービー『Na`Vi raids Asus Spring 2011 - Official Gangster Movie』

Ukraine Natus Vincere のフラグムービー『Na`Vi raids Asus Spring 2011 - Official Gangster Movie』がリリースされています。

Na`Vi raids Asus Spring 2011 - Official Gangster Movie

『Na`Vi raids Asus Spring 2011 - Official Gangster Movie』は、先月末に行われた 『ASUS Spring 2011』 のフラグシーンをまとめたムービーです。

タイトルと画像をからわかるようにギャングをテーマに作られたムービーで、古いギャング映画のようなエフェクトや BGM が使用されていました。テンポが良く 2 分 40 秒と短いためかなり視聴しやすいと思います。

オープニングのスポンサー紹介がこれまでに、視聴したムービーの中でトップクラスに格好良く見えました。

BGM

  • Dizzy Gillespie - You Wanna Be Americano

視聴

ムービー『Na`Vi raids Asus Spring 2011 - Official Gangster Movie』ムービー『Na`Vi raids Asus Spring 2011 - Official Gangster Movie』

情報元

Counter-Strike ムービー『Na`Vi 2010 Presented by ZOWIE GEAR』

ムービー『Na`Vi 2010 Presented by ZOWIE GEAR』

e-Motion Productions の最新ムービー『Na`Vi 2010 Presented by ZOWIE GEAR』がリリースされています。

Na`Vi 2010 Presented by ZOWIE GEAR

『Na`Vi 2010 Presented by ZOWIE GEAR』は、昨年の世界ランキングナンバーワンとなった Counter-Strike1.6 チーム Ukraine Natus Vincere のフラグービーです。

制作は Arsalan 'SK' Khan 氏でセレクトされているシーンは 3 フラグ以上のヘッドショットシーンがメインとなっています。
このムービーで使用されている Dead by April の BGM がとてつもなく格好良く、フラグの演出に相当なプラス要素として働いていると感じました。
特に 2:30 から続く Ukraine starix選手、Ukraine markeloff 選手の AWP シーンがたまりません。

ラスト近くの選手紹介シーンがまたもや BGM とマッチしていてかなりの格好良さです。

BGM

  • Dead by April - Stronger
  • Dead by April - Within my heart

視聴

ムービー『Na`Vi 2010 Presented by ZOWIE GEAR』-1-ムービー『Na`Vi 2010 Presented by ZOWIE GEAR』-2-

ZeT_RiGhTさん、Daruku さんご紹介ありがとうございました。

情報元

Counter-Strike 『SteelSeries』が Na`Vi のスポンサーに

Na`Vi×SteelSeriesSteelSeries』が Na`Vi のスポンサーとなったことが発表されています。

契約の内容については詳細に説明されていませんでしたが、デバイスの提供や様々なサポートを受けていくになるでしょう。

SteelSeries と契約しているプロゲームチームは、チームオリジナルデザインのマウスパッドを使用しているので、間違いなく Na`Vi のパッドがリリースされると思われます。
また、製品には Na`Vi メンバーのフィードバックが反映されより良い製品が出来上がるでしょう。

leksander "ZeroGravity" Kokhanovskyy氏(Na`Vi CEO)のコメント
SteelSeries とのパートナーシップが開始された事を非常にうれしく思います。
我々の共通の努力が、2011年におけるチームおよびSteelSeriesの野望を成し遂げる手助けになるであろう事を確信しています!

Casper Mejlholm 氏(SteelSeries Marketing Manager)のコメント
SteelSeries は最も競技的なプロフェッショナルゲーミング製品を一貫して市場にもたらすために、実績あるプロフェッショナルゲーミングチームの新たな才能を私たちのリストに追加する事を常に目指しています。
Na'Viは2010年に最も成功したゲーミングチームであり、強固で野心的な組織、プレーヤーとパートナーシップを結び2011年シーズンをキックオフするよりも良い方法を想像することが出来ませんでした。

---

Na`Vi はこの他にも、PC ケースメーカーの Antec ともパートナー契約を結んでいます。

情報元

Counter-Strike Natus Vincere の 2010 年獲得賞金総額が $220,000 を突破

Natus VincereHLTV.org が Ukraine Natus Vincere の 2010 年獲得賞金総額が $220,000 を突破したとのレポート記事を掲載しています。

Na´Vi scored $220,000 in 2010

Natus Vincere が獲得した 2010 年の賞金は下記の通りです。
総額で $220,000 を越えており、これは Sweden fnatic が 2009 年に獲得した $189,000 という賞金総額を上回るものとなっています。

Natus Vincere 獲得賞金

順位 大会名 開催日 獲得賞金
1位 Sweden DreamHack Winter 11月25~27日 $28,200
4位 China World e-Sports Masters 11月3~7月 $7,500
1位 United States World Cyber Games 10月1~4 $25,000
3位 Ukraine ASUS Summer 8月28~29日 $3,000
3位 China IEM5 GC Shanghai 7月29日~8月1日 $5,000
1位 United States Arbalet Cup Dallas 7月22~24日 $25,000
3位 Spain GameGune 7月16~18日 $4,000
1位 France ESWC 6月30日~7月4日 $36,000
1位 Ukraine CGL Ukraine Season 5 & 6 6月12日 $1,800
2位 Sweden Arbalet Cup Europe 5月14~16日 $10,000
1位 Ukraine Arbalet Cup Best of Four 4月9~11日 $12,000
1位 Ukraine Arbalet Cup Ukraine 4月3日 $3,000
1位 Germany IEM4 World Championship 3月2~6日 $50,000
1位 Kazakstan Arbalet Cup Asia 1月30~31日 $10,000
5位 Germany IEM4 EU Championship 1月14~17日 $1,250
合計 $221,750

※ DreamHack Winter2010 の賞金には $14,100 相当のギフトカードが含まれています

さらに、『Intel Extreame Master European Championship Final』出場権を獲得し $750、グループステージでの勝利ボーナス $200 × 5 試合分で $1,000 を得ています。
(以前の発表では $200 でしたが、ソースでは $500 で計算されていました。変更されたのでしょうか。)

これも足すと総額は $223,500(約 1,868 万円, $1=83.61 円)になります。
各選手の賞金取り分については約 $45,000 (約 376 万円)前後と紹介されていました。

この他にもスポンサーからの収入などもあるかもしれませんが、これだけの活躍をして各選手が得られる金額がこれだけということで、チーム競技のプロゲーマーは現在だとなかなか大変な職業なのではないでしょうか。

元記事では、IEM4 EU Finals、IEM4 World Championship、 IEM5 GC Shanghai、 WEM2010, WCG2010GamGune2010、DreamHack Winter2010 の賞金がチームに支払われていないという情報も紹介されていました。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) Natus Vincere が DotA チームを結成、StarCraft2 部門も新設決定

Natus VincereUkraine Natus Vincere が公式サイトをオープンし、DotA 部門の結成と StarCraft 2 部門を新設することを発表しました。

Natus Vincere は 2009年12月に結成され、IEM4、ESWC2010、WCG2010 で優勝するなどCounter-Strike1.6部門は快進撃を続けています。

その Natus Vincere が新たなタイトルにも進出を決定し、DotA チームを発表しました。

Na`Vi.DotA

  • Ukraine Artur "Go[blin]" Kostenko (C)
  • Ukraine Aleksandr "XBOCT" Dashkevich
  • Ukraine Andrey "Mag~" Chipenko
  • Ukraine Aleksandr "Deff-" Stepanyuk
  • Ukraine Bohdan "Axypa" Boychuk

メンバーは Ukraine DTS.Chatirx、Ukraine Excello、Ukraine Planet-X、Ukraine WG といったチームでプレーしていた選手たちとのことです。

Natus Vincere は、2010 年 11 月 3 ~ 7 日に中国で行われる『World E-Sports Masters 2010』終了後にStarCraft2 部門についての発表を行う予定とのこと。
『World E-Sports Masters 2010』には Counter-Strike1.6 チームが出場することになっています。

また、SK Gaming が Natus Vincere の獲得を計画しているということが話題となっていましたが、 Natus Vincere のマネージャー Aleksandr "ZeroGravity" Kohanovskiy 氏は噂は無根拠なものであり、メンバーは Natus Vincere から移籍することはないと情報を否定しています。

情報元

Counter-Strike 『Arbalet Cup Best of Four』で Na´Vi が優勝

4 月 9 日よりウクライナの Kiev CyberSport Arena にて開催された『Arbalet Cup Best of Four』で Ukraine Na´Vi が優勝となりました。

Arbalet Cup Best of Four

順位

  • 1位: 10勝4敗1分: Ukraine Na´Vi - $12,000
  • 2位: 8勝5敗2分: Sweden SK Gaming - $6,000
  • 3位: 7勝7敗1分: Sweden fnatic - $3,000
  • 4位: 3勝12敗0分: Russia UNiTED - $1,500

Na´Vi SK Gaming
左: Na´Vi、右: SK Gaming

fnatic UNiTED
左: fnatic、右: UNiTED

『Arbalet Cup Best of Four』は 4チームの参加で行われ、各チームが5マップで30ラウンドずつ試合を行い、勝利3ポイント、敗北0ポイント、引き分け1ポイントというポイント制で最終順位が決定されました。

今大会の Best Player は Ioann "Edward" Sukhariev選手、Best AWP は Yegor "markeloff" Markelov 選手で共に優勝チーム Na´Vi からの選出となりました。
Arbalet 賞には、Best Playerの次点となった Rasmus "Gux" Stahl 選手が選ばれています。

Fragbite にて、 Best Player となった Edward 選手の USP 5連続ヘッドショットのムービーが紹介されていました。

HLTV.org では、イベントの写真を見ることが出来ます。

情報元

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar