Negitaku.org esports > > Ninjas in Pyjamas

タグ

Overwatch 『Ninjas in Pyjamas』が『Overwatch』からの一時撤退を発表

nip-ow

スウェーデンを拠点とするプロゲームチーム『Ninjas in Pyjamas』が『Overwatch』からの一時撤退を発表しました。

『Ninjas in Pyjamas』が『Overwatch』から一時撤退へ

『Ninjas in Pyjamas』は公式サイトにて、『Overwatch』の視聴率が予想を下回っていることや公式リーグ『Overwatch League』の詳細がいまだに不明確なことを理由に『Overwatch』から一旦徹底することを明らかにしました。

『Overwatch』部門のメンバーはフィンランドを代表するプレーヤーで構成されており、公式国家対抗戦『Overwatch World Cup 2017』のフィンランド代表には4選手が選抜されています。また、直近では『Overwatch Contenders Season Zero』ヨーロッパ部門予選を勝ち抜き、ヨーロッパ部門本戦に出場が決定していますが、『Ninjas in Pyjamas』は解散を選択しました。

『Ninjas in Pyjamas』は先日『Dota 2』部門も放出しており、今後はチームのルーツとなる『Counter-Strike: Global Offensive』部門の立て直しと、今期より改めて参入した『League of Legends』のヨーロッパ公式大会『2017 EU LCS Summer Split』に注力していく方針です。これでNinjas in Pyjamasの活動タイトルはFPS『CS:GO』、MOBA『LoL』の2タイトルに厳選されました。チームは、今後の再参入に向けて『Overwatch』シーンをチェックしていくとのことです。

ex-Ninjas in Pyjamas Overwatch

  • Finland Lauri "mafu" Rasi (DPS/Flex)
  • Finland Kalle "hymzi" Honkala (Flex)
  • Finland Antti "kyynel" Kinnunen (Support)
  • Finland Joonas "zappis" Alakurtti (DPS/Support)
  • Finland Joona "fragi" Laine and (Tank)
  • Finland Aleksi "Zuppehw" Kuntsi (Support)

有名チームの『Overwatch』撤退が続く

今回のNinjas in Pyjamasに限らず、有名チームの『Overwatch』部門解散は2017年5月頃から相次いでいます。多くのチームが、解散の理由に『Overwatch』ではなく他のゲームにフォーカスしていくことを挙げていました。

Team SoloMid
Team SoloMid | Official TSM Site

compLexity Gaming
compLexity Overwatch Announcement - Articles - compLexity Gaming

Team Dignitas
Team Dignitas Parts Ways With Overwatch Squad - Articles - Team Dignitas

Splyce
Splyce Overwatch Update - Content - Splyce

Denial Esports
Félix Lengyelさんのツイート: "Our team has parted ways with @DenialEsports and will continue to play with the same roster under @YikesOW."

Red Reserve
Red Reserve release Overwatch Team – Red Reserve – Leading brand in esports and entertainment

Fnatic
Stepping Back - We Wave Goodbye to our Overwatch Roster - Fnatic

Gale Force eSports
Gale Force eSports - GFE Releases Overwatch Roster

Ninjas in Pyjamasが理由の一つに挙げていた『Overwatch League』の構想は2016年11月に発表され、2017年秋までにスタート予定としていました。しかし、その後続報は無い状態の他、『Overwatch League』が高額な参入費用を設定していると報じられるなど(後にブリザードは否定のコメントを発表)、プロチームにとって投資するべきタイトルという確証が持てなくなってしまっているようです。

ブリザードはアメリカ・ヨーロッパを対象に競技シーンのレベルアップを目指すことを目的とした『Overwatch Contenders』という大会をスタートしていますが、いま思えば解散が多い欧米エリアのプロチームに対する魅力提供といった意味合いもあるのかもしれません。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Ninjas in PyjamasがDota 2部門を解散、CS:GOチームの再建とLoLにフォーカス

Ninjas in Pyjamas

プロゲームチーム Sweden Ninjas in PyjamasがDota 2部門の解散を発表しました。

Ninjas in PyjamasがDota 2部門を解散

Ninjas in Pyjamasは2017年1月にDota 2部門の再結成を発表しましたが、半年を待たずとして解散が発表されました。

Ninjas in PyjamasはFnatic Academyの出場権を買い取り今期より参入している『League of Legends』のヨーロッパ公式大会『2017 EU LCS Summer Split』や成績不振が続いているメインの『CS:GO』部門立て直し、そして『Overwatch』に注力していくため『Dota 2』部門との契約を終了します。

Dota 2部門はこの半年間で出場したトーナメントで最高入賞はベスト4となっており、これといった成績を残すことが出来ていませんでした。

ex-NiP Dota 2

  • Sweden Adrian "Era" Kryeziu
  • Germany Max "qojqva" Broecker
  • Finland Kalle "Trixi" Saarinen
  • Sweden Aydin "iNsania" Sarkohi
  • Germany Kai "H4nn1" Hanbückers

『Dota 2』は現在のeスポーツシーンにおいて最も賞金総額が高いタイトルですが、競争が激しくその恩恵を得られるチームを作りあげるのは容易なことではありません。今回Ninjas in Pyjamasが参入した『LoL』は、主催となるRiot Gamesより資金的なサポートが行なわれるため、Dota 2よりは比較的安定した運営を行なっていけるというメリットがあります。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Ninjas in Pyjamas』CS:GO部門にAWP担当の新メンバーdrakenが加入、pythはサブメンバーに

draken

プロゲームチーム Sweden Ninjas in PyjamasがCS:GO部門に新メンバー Sweden William "draken" Sundin 選手が加入した発表しました。

『Ninjas in Pyjamas』CS:GO部門に新メンバーdrakenが加入、pythがスタメン落ち

公式発表によると、チームは成績不振を脱却するために様々な改善や練習を重ねてきました。しかし、2016年11月に行なわれた『Intel Extreme Masters XI』の優勝以降に成績の向上が見られないことから、コーチの Sweden Björn "THREAT" Persは最終手段としてメンバー変更のカードを切ることを決定しました。

これにより、Sweden Epsilon eSportsからAWP使い Sweden William “draken” Sundin選手を獲得。Sweden Jacob "pyth" Mourujärvi選手をサブメンバーにまわることになります。

Björn "threat" Pers コーチのコメント

過去数ヶ月においてチームの成績は予想を下回り、さらには良い改善策を見いだすことが出来ませんでした。ロールのスワップを試したりもしましたが、現在のラインナップではバランスを取る事が難しい状況でした。

キーとなるのは、チームにAWP専任の選手がいないことです。そこで、Sweden William “draken” Sundin選手を採用できたことをうれしく思います。

draken選手には長いこと注目しており、チームメンバーは彼と共に快適なロールで自身の役割を果たすことが出来ます。

2016年にNiPは3つのタイトルを獲得し(※DreamHack Masters Malmö 2016、StarLadder i-League StarSeries Season 2、Intel Extreme Masters XI - Oakland)、pyth選手は爆発的なプレースタイルで多くのラウンドで私たちを勝利に導く重要な役割を担いました。

しかしながら、私たちは彼のプレースタイルがAWPロールやチームのプレーヤー達が現在担当している役割とフィットしていないという事実を見過ごすことは出来ませんでした。

William "draken" Sundin 選手のコメント

Ninjas in Pyjamasに加入するのは私にとって夢の実現です。1年前、私はFACEITプラットフォームで競技を行ない、DreamHack Bucharest 2016のマイナー予選を通過しました。

その時以来、自身を向上させるため一生懸命練習に取り組んできたので、NiPの一員としてゲームでインパクトを与えることが出来ると信じています。

チームは少し苦しい状況ですが、NiPはいまでも世界トップチームの1つです。自分は与えられたこの機会について謙虚に受け止めています。新チームが始動し、自分の存在を証明することを楽しみにしています!

Ninjas in Pyjamas

  • Sweden Patrik "f0rest" Lindberg
  • Sweden Richard "Xizt" Landström
  • Sweden Christopher "GeT_RiGhT" Alesund
  • Sweden Adam "friberg" Friberg
  • Sweden William "draken" Sundin (元Epsilon eSports)
  • Sweden Jacob "pyth" Mourujärvi (Sub)

Epsilon eSports

  • Sweden Fredrik "REZ" Sterner
  • Sweden Fredrik "freddieb" Buö
  • Sweden André "BARBARR" Möller
  • Norway Karl-William "kalle" Haraldsen

Sweden Ninjas in Pyjamasには過去に Sweden Fifflaren、Sweden Maikelele、Finland alluといったAWP使いが所属していましたが、これらの選手がチームを去ってからは Sweden f0rest 選手を中心に状況に応じてAWPを兼任するスタイルを採用していました。

Sweden William "draken" Sundin選手がAWPを担当することにより、2012年から所属するコアの4選手は昔のスタイルでプレーすることが可能となります。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive プロゲームチーム Ninjas in PyjamasがASUS ROGとスポンサー契約を締結

Ninjas in Pyjamas×ASUS ROG

プロゲームチーム Sweden Ninjas in PyjamasがASUS ROGとスポンサー契約を締結したことを発表しました

Ninjas in Pyjamas×ASUS ROG

今回のスポンサーシップにより、Ninjas in Pyjamasの選手達は『ASUS ROG』ブランドのゲーミングモニタ、マザーボード、グラフィックカード、ラップトップなどを使用して日々のトレーニングを行なっていくことになります。

ゲーミングデバイスについては、これまでと同じく『Xtrfy』のマウス、キーボード、マウスパッドを基本使用していくことになります。

これまでは、日本の『EIZO』がスポンサーとしてゲーミングモニタを提供し、Ninjas in Pyjamasのメンバーが日本にやってきてくれたこともありましたので、個人的には少し残念な気持ちもあります。

Hicham Chahine氏のコメント (Ninjas in Pyjamas, CEO)

チームのキースポンサーにASUS ROGを迎えることを本当にうれしく思います。

このパートナーシップにより、全ての所属選手達はゲーミング市場における最高のゲーミングモニタ、マザーボード、グラフィックカード、ラップトップ、デスクトップPCを使用可能となり、全ての競技ゲームにおいてパフォーマンスが向上されます。

eスポーツでは、競争力だけでなくゲーム中のパフォーマンスを最大限に発揮するのに必要なハードウェアの要件が高まっています。ASUS ROGとのパートナーシップは、この状況において最高です。

他のゲームハードウェア会社との長期的な取り組みの後に、最高のレベルで競いあっているNinjas in Pyjamasの選手達に望ましいASUS ROGのようなブランドを見つけることが出来た事をうれしく思います。

Derek Yu氏のコメント (ASUS ROG, Global Marketing Director)

Ninjas in Pyjamasと協力し、最新のROGギアを提供する事に興奮しています。

ROG製品は、チャンピオン達の究極の選択である最高レベルのパフォーマンス、クオリティ、安定性を提供します。最先端のROG製品と才能あるNiP選手は、勝利のコンビネーションです!

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) プロゲームチームNinjas in Pyjamasが新たな公式チームテーマソング『Standing When It All Falls Down』をリリース

nip-song

プロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasが、新たな公式チームテーマソング『Standing When It All Falls Down』をリリースしました。

NiP新テーマソング『Standing When It All Falls Down』

『Standing When It All Falls Down』はJohn De Sohn氏が手がけたチームの公式テーマソング第2弾となる楽曲です。
DJ Honkaによる第一弾「WHO WE ARE」はゲームと親和性の高いデジタルミュージック(音楽に詳しくないのでうまく表現できません)でしたが、新テーマソングは対象的に女性ボーカルが特徴的なポップな仕上がりとなっています。

新テーマソングは、下記ムービーと共に視聴することが出来ます。

楽曲は「iTunes」「Spotify」など様々なプラットフォームにて250円で発売中です。

購入 - 250円

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Ninjas in PyjamasがDota 2部門を再結成、Era、Trixi、H4nn1、syndereN、qojqvaらビッグネームが集結

Ninjas in Pyjamas

スウェーデンを拠点とするプロゲームチームNinjas in Pyjamasが、2015年以来となるDota 2部門の結成を発表しました。

ビッグネームが集結、Ninjas in Pyjamas Dota 2部門

Ninjas in Pyjamasが今回契約を行なったのは、Dota 2の有名プレーヤー5人が2017年1月に Europe January 25th の名前で結成したでチームです。チーム名は「1月25日」ですが、今回の発表はまさにその「1月25日」に行なわれました。

チームの中心は、Europe FnaticのDota 2部門として活動していた Era、Trixi、H4nn1にsyndereN、qojqvaを加えた構成で、全員が公式世界大会『The International』の出場経験をもっています。

ちなみに、現シーンのトップチームの1つである Europe OG を結成した Denmark Johan "N0tail" Sundstein選手、Israel Tal "Fly" Aizik 選手は、Europe Fnatic 時代にチームメイトとしてEra、Trixi、H4nn1選手と共にプレーしていました。

敵チームではありますが、彼らが再びシーンで競い合うのはファンとして非常に楽しみです。

Ninjas in Pyjamas Dota 2

  • Sweden Adrian "Era" Kryeziu (Carry, 元NiP, Fnatic)
  • Germany Max "qojqva" Broecker (Mid, 元Team Liquid、Escape Gaming)
  • Finland Kalle "Trixi" Saarinen (Offlane, 元Fnatic)
  • Germany Kai "H4nn1" Hanbückers (Support, 元Fnatic)
  • Denmark Troels "syndereN" Nielsen (Support, 元Escape Gaming, mousesports)

syndereN選手のコメント (チームキャプテン)

素晴らしい歴史をもつ有名な組織の1つであるNinjas in Pyjamasへの加入することに興奮しています。この名前の元でプレーすることはとても素晴らしい機会ですが、高い期待が寄せられるので非常に責任を伴います。そこで、経験豊富で実力が証明された選手達とチームを結成し、お互いにシナジーを発揮するのは大変に心強いです。

私たちはNiPと共に今年の優勝候補チームになることを目指して行きます。初期の練習段階で、すでに大きな進化を遂げてきました。私たちは年々進化を続けていくことができると感じています。

Hicham Chahined 氏のコメント (Ninjas in Pyjamas, CEO)

2016年はチームの発展においてゲームの内外でとてもエキサイティングな年でした。2017年に入り、私たちはチームの拡大を継続しています。そして、トップティアの選手やラインナップと共に複数の大型タイトルで競い、マルチゲーミング組織としてのさらになる発展を目指していきます。

私たちは、象徴的なDota 2のラインナップと共にシーンに復帰する事にとてつもなく興奮しており、ファンの皆様とNinjas in Pyjamasのさらなる素晴らしい瞬間や体験を共有するために、5人の非常にプロフェショナルで経験豊富な才能ある選手達と取り組んでいくことをうれしく思っています。

Troels、Adrian、Kalle、Max、Kai、Ninjas in Pyjamasファミリーへようこそ。NiPの名前と伝統を背負い、みなさんと競技を行なっていくことを楽しみにしています。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Ninjas in Pyjamas CS:GO部門に負傷休養のpythが復帰

pyth

Ninjas in Pyjamas CS:GO部門 Sweden Jacob "pyth" Mourujärvi 選手の復帰が発表されました。

Ninjas in Pyjamas CS:GO部門に負傷休養のpythが復帰

Pyth選手は手首の負傷治療に専念するため、2016年8月から戦線を離脱していました。

その期間、Ninjas in Pyjamasはスタンドインメンバーを起用し活動を継続。『StarLadder i-League StarSeries Season 2』で優勝という見事な実績を残しましたが、pyth選手がラインナップに戻り改めて正式メンバーで活動していくことになります。

これまでの経緯

Jacob "pyth" Mourujärvi 選手のコメント

家で試合を見るのと実際にプレーするのでは視点が異なるので、非常にナーバスになりました。チームが負けた時、「自分がいたらこうできたのに」と思ったものです。

復帰してチームメイトと再びプレーすることが出来るようになり本当に気分が良いです。私を信頼しサポートしてくれたみなさんに感謝します!

Ninjas in Pyjamas

  • Sweden Christopher "GeT_RiGhT" Alesund
  • Sweden Patrik "f0rest" Lindberg
  • Sweden Richard "Xizt" Landström
  • Sweden Adam "friberg" Friberg
  • Sweden Jacob "pyth" Mourujärvi

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Ninjas in Pyjamas CS:GO部門のpythが手首負傷により休養、Epsilon Esportsのdisco doplanがスタンドイン出場へ

Ninjas in Pyjamas

Sweden Ninjas in PyjamasがCS:GO部門の一時的なラインナップ変更を発表しました。

Ninjas in Pyjamas CS:GO部門のpythに代わりdisco doplanがヘルプ出場

チームは公式サイトにて、手首を負傷しているpyth選手が完全に回復するまで休養させることを明らかにしました。

pyth選手は2ヶ月ほど前に長時間の練習中に右手に違和感を覚え、2週間の休養を取っていましたが完全回復には至らなかったとのこと。

現在は専門家と共に治療を進めており、協議の結果『ESL Pro League Season 4』ヨーロッパ部門の出場を見合わせる事を決定。

代わりに、Epsilon Esports協力の元、同チームに所属する Sweden Joakim "disco doplan" Gidetun選手をヘルプメンバーとして起用していくとのことです。

Ninjas in Pyjamas

  • Sweden Christopher "GeT_RiGhT" Alesund
  • Sweden Patrik "f0rest" Lindberg
  • Sweden Richard "Xizt" Landström
  • Sweden Adam "friberg" Friberg
  • Sweden Joakim "disco doplan" Gidetun (Stand-in)
  • Sweden Jacob "pyth" Mourujärvis (Inactive)

情報元

関連ニュース

Overwatch プロゲームチーム『Ninjas in Pyjamas』がOverwatch部門を新設

Ninjas in Pyjamas

プロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamas がOverwatch部門の設立を発表しました。

『Ninjas in Pyjamas』がOverwatch部門の設立を発表

『Ninjas in Pyjamas』が契約したのは Finland SG-1として活動してきたフィンランドプレーヤーで構成されたチームです。

実績は『ELEAGUE Overwatch Open』のヨーロッパ予選ベスト8、『Go4Overwatch Europe Cup #5』優勝、『The Battle』ベスト8など。圧倒的なトップチームというわけではなく、これからの伸びしろがあるチームと言えるでしょう。

Lauri "mafu" Rasi 選手のコメント

SG-1と呼ばれてきたチームを代表して、今回の大きな機会を与えてくれたNinjas in Pyjamasに感謝します。世界最高のOverwatchチームとなるために素晴らしい組織がバックアップしてくれることになるとは夢にも思っていませんでした。

Hicham Chahine氏のコメント (Ninjas in Pyjamas, CEO)

私たちはこれまでの8ヶ月、複数ゲームでの展開を含むさらなる成長の準備のために組織をの体制を整えることにフォーカスしてきました。

そして今回、北欧エリアからの非常に卓越した選手で構成された興味深いチームと共に、エキサイティングな新しいゲームに参入することをお知らせます。

Ninjas in Pyjamasは伝統的に、全てのゲームにおいてトップとなります。そして、それは新たに参入するOverwatchも例外ではありません。目標は2016年中にトップチームとなる事です。私たちはNinjas in Pyjamasの新たな章を共に記していきます。

Ninjas in Pyjamas Overwatch

  • Finland Lauri "mafu" Rasi (DPS)
  • Finland Kalle "hymzi" Honkala (Flex)
  • Finland Antti "kyynel" Kinnunen (Support)
  • Finland Joonas "zappis" Alakurtti (DPS)
  • Finland Joona "fragi" Laine and (Tank)
  • Finland Joni "seita" Paavola (Support)

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive ムービー『RISE - NiP at DreamHack Masters Malmö 2016』

ムービー『RISE - NiP at DreamHack Masters Malmö 2016』

Sweden Ninjas in Pyjamasのフラグムービー『RISE - NiP at DreamHack Masters Malmö 2016』がリリースされています。

RISE - NiP at DreamHack Masters Malmö 2016

『DreamHack Masters Malmö 2016』は2016年4月12~17日にスウェーデンで開催された賞金総額25万ドルのCS:GO大会で、下記の通り久々にレジェンドチームNinjas in Pyjamasがタイトルを獲得しました。

ムービーでは、選手達の大活躍を約13分のボリュームで紹介。
ラストパートの控え室に戻ったNinjas in Pyjamasのメンバーを迎えるスタッフ達の映像が個人的にはかなり感動的でした。

ムービーは以下からご覧ください。

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar