Negitaku.org esports > > OMEN by HP

タグ

Overwatch 東京ゲームショウ2017『OMEN by HP presents Overwatchドリームマッチ』開催、ドリームチームと7th heavenが500人近い観客の前で激突

DSC_0430

2017年9月24日(日)、東京ゲームショウ2017最終日に『OMEN by HP presents Overwatchドリームマッチ』が実施されました。

OMEN by HP presents Overwatchドリームマッチ

『OMEN by HP presents Overwatchドリームマッチ』には、ドリームチームとして『Overwatch World Cup 2017』で世界ベスト16となった日本代表チームのメンバーを含めた選抜チーム、公式大会『Overwatch Challenger Series(OCS)』で優勝し出場権を獲得したJapan 7th heavenが出場して実施されました。

出場チーム

Japan ドリームチーム
Atkm(USG Iridata), ta1yo, CLAIRE, Yoz(RPG-KINGDOM), ろく6935(RPG-KINGDOM), DeXo(RPG-KINGDOM)
DSC_0267

Japan 7th heaven
Sally, Yone, PkmN, ClutchFI, ちまちん, hotate(Libalent Supreme所属Stand-in)
DSC_0277

この対戦は、東京ゲームショウ主催企画「e-Sports X」として幕張メッセのホール11にて「Samsung SSD presents RED STAGE」で開催。約500席がほぼ満席となり、おそらく日本の『Overwatch』オフライン対戦としては最大級となる観客規模での実施となりました。

DSC_0391
日本トップクラスの『Overwatch』対決を観戦するお客さん。ナイスプレーには拍手も。

試合結果

  • Japan ドリームチーム [2-0] Japan 7th heaven
    • Japan ドリームチーム [3-0] Japan 7th heaven (HOLLYWOOD) [動画]
    • Japan ドリームチーム [2-1] Japan 7th heaven (KING'S ROW) [動画]

試合の実況は、とてつもなく声がカッコイイ プロゲームチーム Japan Rampage 所属のストリーマー Japan 象先輩、解説はプロゲームチーム Japan RascalJester MaVeNick 所属の Japan zelunyan 氏が担当して実施されました。

DSC_0301
Japan Rampage 所属 Japan 象先輩

DSC_0305
Japan RascalJester MaVeNick 所属 Japan zelunyan 氏

対戦は、東京ゲームショウではじめて『Overwatch』を観戦する人にもわかりやすいよう、試合前にゲームのシステムや対戦ルールなどを丁寧に説明。Japan 象先輩 にOverwatchの魅力について質問されたJapan zelunyan 氏は、「他のFPSとは違い、戦況に合わせて多種多様なヒーロー変更し、その特性を活かして戦うことができる点」と説明。

ドリームチームは『World Cup』に出場した Japan ta1yo 選手が、まさにこのヒーローピックを上手く戦略に組み込み不利な状況をもひっくり返したと解説されていました。

DSC_0342
現在は Japan CYCLOPS OSAKAに所属する Japan ta1yo 選手

また、同じく『World Cup』で大活躍し世界的にも有名となった Japan aktm 選手は、持ち前の攻撃力を突破や重要なヒーラーを守ることに活かしたプレーが評価されていました。
DSC_0345
ワールドカップの実況で何度も「エーケーティエム!」と叫ばれた Japan aktm選手

Japan 7th heavenは Japan hotate 選手の攻撃力などを中心に好プレーを見せましたが、ドリームチームの地力の高さに敗れる結果となりました。

DSC_0435
試合で使用された『HP by OMEN』の最新ゲーミングPC

DSC_0315
『BenQ』のゲーミングモニタ、『DXRACER』のゲーミングチェアやゲーミングデスクも。同社のゲーミングデスクが日本のeスポーツイベントで12台も使用されたのは今回が初?

DSC_0379

『OMEN by HP』ブースでリベンジマッチも実施

DSC_0737

また、『Overwatch World Cup 2017』のオフィシャルスポンサーや、日本の『Overwatch Challenger Series』『Overwatch Open Division Japan Season2』の推奨PCなどに選ばれる『OMEN by HP』のブースではこの対戦のリベンジマッチが実施されました。

ブースを埋め尽くす観客が見守る中でBest of 5形式(3マップ先取制)による対戦が行なわれ、こちらでも Japan ドリームチームが勝利する結果となっています。

DSC_0739
ブースを埋め尽くす観客

DSC_0742

DSC_0744

写真

参考

関連ニュース

Overwatch 『OMEN by HP』がTGS2017で『Overwatch』のドリームマッチなどのeスポーツイベントを実施

omen

ゲーミングブランド『OMEN by HP』が東京ゲームショウ2017に出展し、『Overwatch』のドリームマッチなどを含むイベントを実施すると発表しました。

『OMEN by HP』がTGS2017でeスポーツイベントを実施

『OMEN by HP』ブース(S0-1)では9/21(木)~9/24(日)にかけて最新製品の紹介やeスポーツイベントなど様々な展開が行なわれます。内容が多いので、当サイトを見ている方が興味を持ちそうなものを抜粋して紹介します。

9/22(金)ビジネスデー

  • 11:00~16:45 有名ストリーマー実況 (プロチーム父ノ背中、象先輩、Zelunyan、一条さんなど)

9/23(土)一般公開日

  • 13:00~16:45「レインボーシックス シージ」国際親善マッチ Japan 父ノ背中 vs China uL

9/24(日)一般公開日

  • 11:00~13:00 OMEN by HP presents Overwatch ドリームマッチ TGS 2017
    • Japan 7th heaven - Sally, Yone, PkmN, ClutchFI, ちまちん, hotate(Libalent Supreme所属Stand-in)
    • Japan ドリームチーム - Atkm(USG Iridata), ta1yo, CLAIRE, Yoz(RPG-KINGDOM), ろく6935(RPG-KINGDOM), DeXo(RPG-KINGDOM)
  • 14:15~16:45 Overwatch リベンジマッチ

ドリームチームは『Overwatch World Cup 2017』で世界ベスト16となった日本代表チームのメンバーを含めた選抜チーム、Japan 7th heavenは公式大会『Overwatch Challenger Series(OCS)』で優勝し出場権を獲得しました。

1回目の対戦は「e-Sports X」のステージで開催。「リベンジマッチ」は同じ対戦カードにて、OMEN by HPのブース内で実施されます。

ちなみに、『OMEN by HP』は『Overwatch World Cup 2017』のオフィシャルスポンサーを務める他、『Overwatch Challenger Series』や今後実施される『Overwatch Open Division Japan Season2』の推奨PCとなっています。

ブースではこの他にも様々なイベントが実施されます。より詳しくは、情報元の特設サイトをご覧ください。ブースの様子は、下記のTwitchチャンネルで配信が予定されています。

Watch live video from japanesports on www.twitch.tv


情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar