タグ

League of Legends LoL世界大会『Mid-Season Invitational 2017』日本代表「Rampage」が新ゲーミングハウス「Rampage House」を公開

entrance

『League of Legends』公式世界大会『Mid-Season Invitational 2017(MSI)』に日本代表として出場する Japan Rampageが新ゲーミングハウスを公開しました。

Japan Rampageが新ゲーミングハウス「Rampage House」を公開

「Rampage House」は、プロゲーマーとしての意識の切り替えや、試合当日に選手がより集中できるよう、ゲーミング「ハウス」とゲーミング「ルーム」を分けた構成となっています。

「ゲーミングルーム」にはPC、デバイス等が設置されたプレー環境に加え、コーチから各選手へのフィードバックをすぐに行えるよう大型のモニターが設置されています。

Rampage House
PC、ウォーターサーバー、ファンからのメッセージボードなど

feedback
チームでフィードバックを行なう様子

「ゲーミングハウス」にはコーチ、マネージャーと選手による少人数でのコミュニケーション時に使用するミーティングルームが併設されているとのこと。

meetingroom
ミーティングルーム

Japan Rampageは、 今後も継続してチームが成長できる環境を整え、日本だけでなく世界の強豪チームとの対戦に向けた環境を準備していくとコメントしていました。

中村洋樹氏のコメント (Rampage代表)

日頃、ご声援、ご支援頂いているファンの皆様と、スポンサー企業各社様に、心から感謝申し上げます。弊社と致しまして、選手にとってより練習に集中できる環境を整えるため、この度、ゲーミングルームを新設出来ましたことを、大変嬉しく思っております。

この環境のもとでRampageは、世界でも通用する実力を備えた選手の育成に励み、皆様からのご声援に応えてまいりたいと思います。今後とも、ご支援。ご協力の程よろしくお願い致します。

nakamurahiroki

Japan Rampage は、4月2日に「東京ビッグサイト」で開催された『LJL 2017 Spring Split Final』で優勝し、2017年4月28日~5月21日にブラジルで開催される『League of Legends』公式世界大会『Mid-Season Invitational 2017(MSI)』に日本代表として出場予定です。

情報元

  • プレスリリース

関連ニュース

esports(eスポーツ) 日本のプロゲームチームRampageがOverwatch部門、Streamer(ゲーム配信者)部門を新設、メンバーを公募へ

Rampage

プロゲーミングチーム Japan Rampageが『League of Legends』に続く新たな部門の設立とメンバー公募を発表しました。

Rampageが新部門を設立へ

Japan Rampageは日本の『League of Legends』プロリーグ『League of Legends Japan League』に出場するプロゲームチームです。

同チームは『LJL 2016 Summer Split Final』で優勝した現日本王者であり、国際大会 『StarLadder i-League Invitational』で準優勝、『2016 International Wildcard Qualifiers』でもベスト6の成績を収めています。

その Japan Rampageが新たに参入するのは、Blizzard Entertainmentの最新FPSタイトル『Overwatch』となります。『Overwatch』は先日に全世界で2,000万ユーザー突破したことが明らかにされた人気タイトルです。また、これまでに世界トップクラスのプロゲームミングチームが多数部門を立ちあげており、eスポーツタイトルとしても注目を集めています。

また、Japan Rampageが募集を行なうもう一部門は特定タイトルではなく、ゲームのストリーミング配信を行なうことを主な活動とする「Streamer」部門となります。

ゲームのストリーミング配信はサービス提供側、配信者側共に現在力を入れて展開している分野です。
そのため、トッププロゲーミングチームともなると数十万ドル以上の契約を行なうケースもあります。
また、本日Twitterで見かけたこんなエピソードも。

各部門の応募条件は下記を参照して下さい。

Overwatch部門

  • 全てのRole
  • 18歳以上
  • シーズン1最高レート70以上若しくはシーズン2最高レート3300以上等
  • 応募詳細: https://goo.gl/cD9X21

Streamer部門

  • e-Sportsの認知拡大、Rampageに貢献したい方
  • 16歳以上
  • 月30時間以上配信出来る方等
  • 応募詳細: https://goo.gl/GJYTzi

情報元

関連ニュース

League of Legends 日本のLoLプロチーム「Rampage」がゲーミングチェア『AKRacing』のスポンサードを獲得

Rampage

League of Legendsのプロチームとして活動する Japan Rampageが、ゲーミングチェア『AKRacing』のスポンサード獲得を発表しました。

Rampage×AKRacing

Japan Rampageがは2013年に設立されたLeague of Legendsチームで、日本のプロリーグ『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』に参戦しています。

このJapan Rampageをエルゴノミクス設計により快適なゲームプレーを可能とするAKRacing ゲーミングチェア(日本代理店: テックウインド株式会社)がスポンサードすることを発表しました。

中村 洋樹 氏のコメント (Rampage 代表)

AKRacing 様より支援して頂けるのはチーム Rampage として大変喜ばしい事です。
AKRacing のデザイン、性能、使いやすさは多くのゲーマーから支持されており、当チーム所属選手の環境をより豊かにで出来るものだと思っております。
このスポンサーシップを機に改めて League of Legends Japan League優勝を目標に掲げて努力をしてまいります。

皆様、今後とも応援よろしくお願いいたします。

AKRacing

代表の中村氏にチームがいつ頃からAKRacing製品の使用してプレーしているのか質問してみたところ、『LJL 2016 Summer Split』の開始週からとのこと。
Japan RampageはRound1Japan Unsold Stuff Gamingに2-1で勝利、そして本日に実施されたRound 2では Japan 7th heavenに2-0で勝利し暫定1位となっています。

情報元

関連ニュース

League of Legends 『LJL2016』出場チーム「Rampage」がゲーミングデバイスブランド『Tt eSPORTS』とスポンサー契約

Rampage × Tt eSPORTS

『League of Legends』のプロリーグ『LJL2016』に出場する「Rampage」がゲーミングデバイスブランド『Tt eSPORTS』とスポンサー契約したことを発表しました。

Rampage × Tt eSPORTS

『Tt eSPORTS』は台湾を拠点とするハードウェアメーカー「Thermaltake」社が展開するゲーミングデバイスブランドです。

Japan Rampage は昨年末にこれまでのゲーミングデバイススポンサーとの契約が終了となっていましたが、2016年は『Tt eSPORTS』と契約になりました。

具体的な支援内容について公式発表内には記載がありませんでしたが、選手達が同ブランドのデバイスを使用してプレーを行っていく事になると思われます。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar