タグ

PC・ゲーミングデバイス 『Razer』から厚さ0.5ミリの極薄ゲーミングマウスパッド『Sphex V2』『Sphex V2 mini』が登場、4/28(金)より国内販売開始

Sphex V2

厚さ0.5ミリの極薄ゲーミングマウスパッド『Razer Sphex V2』『Razer Sphex V2 mini』が4/28(金)より国内販売開始となります。

『Razer Sphex V2』シリーズ

『Razer Sphex V2』シリーズは、マウスパッドを設置するデスクの表面との段差を限りなく小さくすることを目指して開発されたゲーミングマウスです。

オプティカル・レーザーセンサーマウスの両方に対応し、マウスの素早く正確な動きが可能となるよう最適化されています。0.5mmと極薄ながら、ポリカーボネート素材を採用することで衝撃や切り裂きに対して高い強度を実現しているとのこと。

また、裏面には粘着性がありデスク等に貼り付けることが可能で、これによりマウスパッドのズレを極力減らすことが出来ます。

サイズ

  • Razer Sphex V2 : 横355mm×縦254mm×厚さ0.5mm
  • Razer Sphex V2 mini : 横270mm×縦215mm×厚さ0.5mm

価格は共に税抜きで通常版が2,280円、ミニ版が1,280円となっています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Razer』がBluetooth対応のワイヤレス インイヤーヘッドセット『Razer Hammerhead BT』を発表

Razer Hammerhead BT

『Razer』がBluetooth対応のワイヤレス インイヤーヘッドセット『Razer Hammerhead BT』を発表しました。

Razer Hammerhead BT

『Razer Hammerhead BT』は、「Bluetooth 4.1」や「Qualcomm aptXコーデック」をサポートし、専用に設計された10mmドライバを採用することで低いレイテンシーかつ高音質を実現したモバイルユーザー向けのワイヤレス インイヤーヘッドセットです。

iOS、Android端末の両方に対応し、一度の充電で最大8時間の連続再生が可能となります。

ヘッドフォン

  • 周波数帯域:20 Hz – 20 kHz
  • インピーダンス:32 ± 15% Ω
  • 感度:116 ± 3 dB @ 1 kHz
  • 最大許容入力:10 mW
  • ドライバー:10 mm(磁性体:ネオジム)
  • ケーブル長:63 cm / 2.07 ft.
  • 重量:0.06 lbs (28.0 g)

マイク

  • 周波数帯域:300 Hz – 3.4 kHz
  • S/N比:55 dB 以上
  • 感度 (@1 kHz):42 ± 3 dB
  • 集音パターン:無指向性

インラインリモコン

  • メディア操作:再生/一時停止、前後のトラック移動
  • 通話コントロール:受話、終話、着信拒否
  • 一般:ボリューム、ペアリング、電源

バッテリー

  • バッテリータイプ:160 mAH 充電式リチウムポリマーバッテリー
  • 連続再生時間:最大8時間*
  • フル充電までの所要時間:最大2時間

製品価格は「$99.99」で、2017年4月中に発売予定です。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーマー向けのリストレスト『Razer Ergonomic Keyboard Rest』が登場

razer-1

『Razer』がゲーマー向けのリストレスト『Razer Ergonomic Keyboard Rest』を発表しました。

ゲーマー向けのリストレスト『Razer Ergonomic Keyboard Rest』

『Razer Ergonomic Keyboard Rest』は、長時間のゲームプレーにおいてもゲーマーの手首を快適に支えるよう人間工学に基づいたデザインを採用したリストレストです。

長期的な使用においてのほつれを防止するための縫製や、水濡れ(おそらく汗)対策の素材、プレー中にリストレストがズレることがないよう裏面に滑りにくいラバー素材をを採用している点などが一般的なリストレストと異なる点と言えそうです。

razer-3

製品はいまのところ、フルサイズキーボード・テンキーレスキーボード向けの2種類展開で、RazerStoreにおいては共に2,480円となっています。

razer-2

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングキーボード『Razer BlackWidow Chroma V2』が2/18(金)より国内販売開始

Razer BlackWidow Chroma V2

『Razer』のフラグシップとなるゲーミングキーボード『Razer BlackWidow Chroma V2』が2/18(金)より国内販売開始となります。

Razer BlackWidow Chroma V2

『Razer BlackWidow Chroma V2』は、これまでにリリースされていた『Razer BlackWidow Chroma』をパワーアップさせたモデルで、これまでに採用されていた独自キースイッチ「Razer Green Switch」「Razer Orange Switch」に加えて、高速で静かな「Razer Yellow Switch」バージョンが追加されました。また、手首に優しい着脱式のリストレストが付属するようになっています。

その他の特徴としては、お家芸ともいうべき1680万色の自在なLED発光機能「Razer Chroma」対応や、キーボードの左端に並ぶ5つのマクロ対応キーがあります。

グローバルでは先の通り3タイプのキースイッチモデルが販売されていますが、今回の日本におけるリリースでは「Razer Green Switch」のみでの展開となります。
その代わりというべきか、グローバルの英語配列版に加えて日本語配列版も同時発売となります。

公式サイトでの販売価格は「27,480円」となっていました。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 最新「Owl-Eye」光学センサー搭載のゲーミングマウス『ROCCAT Kone EMP』が2/23(木)より国内販売開始

ROCCAT Kone EMP

ゲーミングマウス『ROCCAT Kone XTD』の後継となる『ROCCAT Kone EMP』が2/23(木)より国内販売開始となります。

ゲーミングマウス『ROCCAT Kone EMP』

『ROCCAT Kone EMP』は、『ROCCAT』がオプティカルセンサー「PixArt 3361」を独自調整した「Owl-Eye」を採用した、『ROCCAT Kone XTD』の後継となる右きき用デザインのゲーミングマウスです。

特徴

ROCCAT OWL-EYE オプティカルセンサー
高精度12,000dpi

4Dチタンホイール
最先端チルト技術搭載の4方向

ROCCAT EASY-SHIFT[+] 
ボタン重複テクノロジー 21種類の機能

ARM CORTEX-M0 50MHZプロセッサー
業界最先端の計算速度

ディスタンスコントロールユニット
飛びを抑制し精度を高める

512KBのオンボードメモリ
マクロや設定を豊富に格納

RGBトゥルーカラーイルミネーション
鮮やかな2つのイルミネーションストライプ

ROCCAT SWARM搭載
総合ドライバーとソフトウェアスイート

優れたグリップ性
卓越した耐久性を備えた最高レベルのグリップコーティング

スペック

  • 精度12000dpiのROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサー 12000dpi
  • 1000Hz ポーリングレート
  • 1ms 応答時間
  • 50G 加速
  • 250 ips 最大速度
  • マウス加速:no
  • 角度スナップ:no
  • リフトオフディスタンス調整可能
  • ARM Cortex-M0 50MHz
  • 512kB オンボードメモリ
  • 1.8m ブレイドUSBケーブル
  • サイズ / 重さ
  • 幅 7.5 cm , 高さ 4.2 cm , 長さ 13.5 cm , 重さ 116 g

価格は9,980円(税別)となります。
「Owl-Eye」センサーを搭載したゲーミングマウスは、今回の『ROCCAT Kone EMP』以外にも『ROCCAT Leadr』『ROCCAT KONE PURE 2017』が存在しており、グローバルでは2017年4月に登場予定です。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Razer』がAndroidスマートフォン「Robin」を手がける『Nextbit』を買収

razer-nextbit

『Razer』がAndroidスマートフォン「Robin」を手がけるアメリカのNextbit Systems社を買収したと発表しました。

『Razer』がAndroidスマートフォンメーカー『Nextbit』を買収

Nextbit社は「よりスマートなスマートフォン」をテーマとし、洗練されたデザインや容量問題を解決する「クラウド」へのデータバックアップなどを特徴としたAndroidスマートフォン端末「Robin」を開発する2013年設立の新興メーカーです。

robin

Razerは2017年1月にNextbit Systems社を金額非公開で買収し、資産の大半を取得。同社の幹部を含むスタッフはRazerの従業員となり、独立したビジネスユニットとして活動を行なっていく予定とのこと。

ちなみに、Nextbit Systems社は「Robin」端末やアクセサリの販売をすでに停止していますが、6ヶ月の保証継続、2018年2月までのソフトウェアアップデートとセキュリティパッチの配信を実施すると約束していました

今回の発表において今後の具体的な展開については明らかにされませんでしたが、将来的には「Robin」の開発力やノウハウを元にした「ゲーミングスマートフォン」が誕生するのではないかというのが一番短絡的な予想でしょうか。もちろん、1680万色に光る「Razer Chroma」機能搭載で。

Min-Liang Tan氏のコメント (Razer共同創業者兼CEO)

Nextbit社は、モバイル業界における最もエキサイティングな企業の一つです。Razer は、激変する業界の中で、輝かしい業績を上げてきました。そこでは、我々のテクノロジー、デザイン技術、イノベーションが、周辺機器やノートPCといったカテゴリーにおいて支配的なポジションを長期にわたり現在まで獲得することを可能にしました。さらにNextbit社がRazer社にもたらす才能により、我々は新しい分野においても更なる飛躍・成長ができることを楽しみにしています。

Tom Moss氏のコメント (Nextbit Systems 共同創業者兼CEO)

より多くのオーディエンスにリーチし、我々のミッションを引き続き遂行するために、より大きなブランドに参加する決定をしました。幸運にもRazerという会社に出会い、彼らが我々のデバイスの持つ可能性を広げる意義に共感したのです。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Razer』からついにLED発光に対応したゲーミングマグ『Razer Chroma Mug』が登場

Razer Chroma Mug

『Razer』からLED発光に対応したゲーミングマグ『Razer Chroma Mug』が登場しました。

ゲーミングマグ『Razer Chroma Mug』

こちらは、『Razer』は毎年関係者やパートナー向けに限定アイテムを制作しており、今年は1,680万通りのカラーオプションや演出を設定可能な『Razer Chroma』機能に対応したマグとなりました。

クラウドベースの設定ソフトウェア『Razer Synapse』に対応しており、家でいつも使用しているマグのカラー設定を出先でも簡単に再現が可能です。

『Razer Chroma Mug』は1337個限定の非売品で、Facebookキャンペーンとしてファンには5つがプレゼントされました。限定と言わずにぜひ製品化を検討してほしいところです。

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス サンタクロースもビックリ? 1680万色に光るゲーミングクリスマスツリーが登場

ゲーミングクリスマスツリー

12月25日のクリスマスに合わせて、1680万色に光るゲーミングクリスマスツリーが登場しました。

ゲーミングクリスマスツリー

日本のゲーミングクラブ Japan 2F Gamingはゲーミングハウスにメンバーが集まり、クリスマスパーティを楽しみながらクリスマスツリーにゲーミングデバイスを飾り付けました。

キーボードはビットフェローズの『デスイルミネーター』のようです。制作の過程は、下記のTwitterアカウントで見ることができます。

次は世界で最もゲーミングデバイスを光らせることに情熱を注ぐゲーミングデバイスブランド『Razer』でCEOを務める Min-Liang Tan氏がInstagramに投稿したものです。

LEDのカラーや演出パターンを自在に設定可能な Razer Chroma 機能を使用し、市販のクリスマスツリーを遙かに凌駕する発光演出を実現しています。プレゼントを届けにきたサンタクロースも二度見するレベルと言えるでしょう。

Merry Chroma-mas! #forgamersbygamers

minliangtanさん(@minliangtan)が投稿した動画 - 2016 12月 16 3:59午前 PST

以下は自分がビットフェローズの『デスイルミネーター』とSteelSeriesの『SteelSeries Siberia v2 Frost Blue Headset』で装飾してみたものです。
上記の2つとは規模感で劣りますがなかなか迫力がありました。

ゲーミングデバイスの可能性を感じたと共に、同じようなことを考える人がたくさんいることに驚いたクリスマスでした。

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス メカニカル・メンブレンの良さをミックスしたスイッチを採用、ゲーミングキーボード『Razer Ornata』シリーズが12/23(金・祝)に発売

razer-ornata-series

Razerが新開発した「Razer メカ・メンブレン」テクノロジーを採用したキースイッチを搭載するゲーミングキーボード『Razer Ornata』シリーズが12/23(金・祝)に国内販売されます。

※画像左: Razer Ornata Chroma、右: Razer Ornata

『Razer Ornata Chroma』&『Razer Ornata』

『Razer Ornata』シリーズは、「Razer メカ・メンブレン」テクノロジーにより「メンブレン」のソフトなクッション性と、「メカニカル」のクリック感の両方を兼ね備えたキーを持つゲーミングキーボードです。

membrane

この要素を最大の特徴としつつ、最大10キーの同時押し対応、キーバックライトの発光、クラウドベースの設定ソフトRazer Synapse対応、マクロなどRazerゲーミングキーボードの定番機能を兼ね備えています。

特徴

  • Razer メカ・メンブレンテクノロジー
  • 中程度の高さのキートップ
  • 個別にバックライトが光るキー (Razer Ornata)
  • Razer Chroma バックライト(Razer Ornata Chroma)
  • エルゴノミック リスト レスト
  • Razer Synapse 対応
  • 完全にプログラム可能なキーとオンザフライマクロ記録機能
  • 10キーロールオーバー
  • 専用ゲーミングモード
  • 最大10キー同時押し対応のアンチゴースト機能

中程度の高さのキートップ

価格

  • Razer Ornata: 9,800円 (税抜き)
  • Razer Ornata Chroma: 13,800円 (税抜き)

Razerのメカニカルキーボード『Razer BlackWidow』シリーズは約13,000~27,000円ほどの幅で展開されています((製品ラインナップ)。
『Razer Ornata』シリーズの「メンブレンながらもメカニカルのような入力感」というものが気に入れば、数千円近く安価にRazer製キーボードを手に入れることが可能となります。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングマウス『Razer DeathAdder Elite』が12/23(金・祝)に国内発売開始、オムロン社と共同開発したメカニカルマウススイッチを採用

razer

『Razer』の最新右きき用ゲーミングマウス『Razer DeathAdder Elite』が12/23(金・祝)に国内発売開始となります。

Razer DeathAdder Elite

『Razer DeathAdder Elite』は、『Razer』の人気右利き用ゲーミングマウス『Razer DeathAdder』シリーズの最新作です。

最大16,000 DPIの解像度と450インチ/秒(IPS)という性能を備えた光学式センサーを採用し、正確さ99.4%というロスの少ないトラッキングを実現。

また、マウスボタンには、オムロン社と共同開発したRazer™ メカニカルマウススイッチが新たに採用され、驚異的な反応速度や5,000万回というクリック耐久性を誇る仕様となっています。

スペック

  • True 16,000 DPI オプティカルセンサー
  • 対スピード性能 450 IPS / 加速度50 g
  • Razer メカニカルマウススイッチ
  • ラバー製のサイドグリップを備えた右利き用エルゴノミック・デザイン
  • ゲーミンググレードのタクタイル・スクロールホイール
  • 個別プログラミング可能な7つの Hyperesponse ボタン
  • 1,680万色のカラーオプションを備えた Razer Chroma™ ライティング
  • Razer Synapse 対応
  • 1000 Hz Ultrapolling
  • いつでも手元でDPI(感度)調整が可能
  • 金メッキ USB コネクター
  • 約2.1メートル(7フィート)の軽量編組ファイバーケーブル
  • サイズ:縦127mm×横70mm×高さ44mm
  • 重量:105 g

製品は、7,800円(税抜)で2016年12月23日に発売開始となります。

関連動画

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar