Negitaku.org esports > > Red Bull 5G 2014

タグ

esports(eスポーツ) 選手達の様々なドラマや感情を映し出す『Red Bull 5G 2014 Finals』のダイジェストムービーが公開

Red Bull 5G 2014 Finals

2014年12月21日(日)に開催された『Red Bull 5G 2014 Finals』の長編ダイジェストムービーが公開されました。

『Red Bull 5G 2014 Finals』ダイジェストムービー

ゲーム大会のダイジェストというと、ゲームプレーの画面がメインとなることが多数ですが、このムービーのメインは選手達。

チームの作戦会議、試合中の指示、勝利・敗北後の対照的な感情など、普通では聞くことが出来ない「選手達の声」にフォーカスした内容で、こんな構成のゲームムービーはいままでに見たことがありません。

当たり前の事なのですが、ムービーを見ていて「ゲームをやっているのは人間なんだな」と思わされました。
間違いなく何かを感じるムービーだと思うので、是非以下から視聴してください。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Red Bull 5G 2014 Finals』で4ジャンルを制した西日本チームが優勝

『Red Bull 5G 2014 Finals』で4ジャンルを制した西日本チームが優勝

2014年12月21日(日)に開催された『Red Bull 5G 2014 Finals』で西日本チームが4ジャンルを制し優勝となりました。

Red Bull 5G 2014 Finals

『Red Bull 5G 2014』は 5 ジャンルのゲームを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた16人の選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施。日本一の座をかけて競い合いました。

会場は秋葉原の「AKIBA SQUARE」。今年も円形のステージ、ライトの効果的な演出とDJによるBGMというこれまでのスタイル。

Red Bull 5G 2014 Finals

格好良いとしか言いようが無いステージ

また、試合の合間にはDJが会場でプレーを行ない、待ち時間も素敵な空間を作り上げてくれます。

DJ TOSHIKI
DJ TOSHIKIが今年も登場

DJ HANGER
ゲーマーでもあるDJ HANGERはストリートファイターのBGMを使ってプレー

プラスして超巨大な横長のモニタが目を引きました。モニタ中央にはゲーム画面、左右に分割して選手の映像が流れる仕組みになっていました。

今年の競技順序は敗者が決定する驚きのスタイル、1ゲーム目はいきなり「バイキングぽいぽい!!」

開幕式にて2年連続優勝の東日本チームから優勝旗の返還が行なわれました。

Red Bull 5G 2014 Finals

そして、両チームのキャプテンが固い握手を交わします。

Red Bull 5G 2014 Finals

その後、今年の競技ゲームの発表が行なわれることになるのですが、これまでの固定方式とは異なり、なんと今年は「敗者が次の競技を決定する」という驚きのスタイルとなることが明らかにされました。

最初のゲーム選択権を得たのは、昨年のFinalsで敗北となった西日本チーム。1ゲーム目2年連続で「RACING」が行なわれてきましたが、西日本チームの選択は今年から採用となった「バイキングぽいぽい!!」。

Red Bull 5G 2014 Finals

「バイキングぽいぽい!!」は1チーム2人のタッグマッチ制で行なわれ、1マップ3ラウンド制。3マップ先取で優勝となります。相手チームを全滅させるか、タイムアップ時に残り人数が多い方がラウンド勝利となります。

東日本チームからは、過去に「SPORTS」部門を制した経験を持つバイキー選手とPoigaman選手がタッグを組んで登場。

左: Poigaman選手、右: バイキー選手
左: Poigaman選手、右: バイキー選手

西日本チームは、高校生でFPSプレーヤーという背景を持つKatayumi選手とFalqon選手の2人が代表を務めます。

左: Katayumi 選手、右: Falqon選手
左: Katayumi 選手、右: Falqon選手

「バイキングぽいぽい!!」はマップ上に落ちているオブジェクトを拾って敵にぶつけて倒すというシンプルなゲームです。しかし、単純だからこそ戦略やチームプレーがゲーム展開に大きな影響を与えることになります。予想外の面白さでゲームを見るのに夢中になり、ゲームの写真を撮るのをすっかり忘れてしまいした。

試合は、西日本チームがポジショニングで有利に付ける展開で東日本チームを苦しめる一方、東日本チームが相手にぶつかったり移動ルートを制限させたりというチームプレーを駆使する展開で白熱したバトルとなります。

東日本チームのバイキー選手は、ラウンドを取ると腕を突き上げたり立ち上がって両手を振り上げ観客を盛り上げるなどのパフォーマンスを披露。東日本チームが2ラウンドを連取したあと、西日本チームが3ラウンド目を取りますが、4ラウンド目を東日本チームが取り勝利。

バイキー選手とPoigaman選手は、「SPORTS」ジャンルに続く「FREE GENRE」部門の優勝を達成しました。

バイキー選手とPoigaman選手

2ゲーム目は「RACING」、西日本のねぎ選手が独走

1ゲーム目を落としゲーム選択権を得た西日本チームは、「RACING」の「Gran Turismo 6」を選択。「RACING」は各チームから2選手が出場して4人によるレースが行なわれます。

Red Bull 5G 2014 Finals
東日本: ねぎ選手

Red Bull 5G 2014 Finals
東日本: アユム選手

Red Bull 5G 2014 Finals
西日本: ほんだ選手

Red Bull 5G 2014 Finals
西日本: カルソニック選手

まずは本戦のグリッド順を決める予選を実施。5周を行ない、予選のタイム順に合わせてスタートグリッドが決定されます。

予選は2位に5秒近い差を付ける圧勝で昨年のファイナリストねぎ選手が1位となり、本戦は前からねぎ選手、calsonic選手、アユム選手、ほんだ選手という順番でスタートすることが決定しました。

ねぎ選手は本戦でも大舞台にも関わらず大きなミスが無い完璧な走りで独走。

Red Bull 5G 2014 Finals

calsonic選手も追い上げを見せましたが、ねぎ選手がミスをしないため差が縮まらずそのままゴール。

Red Bull 5G 2014 Finals

西日本チームが優勝となり、2ゲーム目を取ることに成功しました。

Red Bull 5G 2014 Finals

3ゲーム目は「SPORTS」、スーパープレー連発で観客大歓声

3ゲームは東日本チームが「SPORTS」の「みんなのGOLF 6」を選択しました。

東日本チームを代表するのは、データを分析し頭脳的にプレーする28歳のVAN選手。
対する西日本チームから登場するのは、感覚を武器とする43歳の斬鉄剣選手です。

Red Bull 5G 2014 Finals
左: 斬鉄剣選手、右: VAN選手

試合は1コースで3ラウンドマッチを行ない、先に2ラウンドを制した方がそのコースで勝利。2コースを先にとった選手が優勝となるルールです。

両選手共に最長飛距離を誇るキャラクター「マックス」を選択。キャラクター差は無いため、プレーヤーの実力差がそのまま結果に反映される対決となります。

Red Bull 5G 2014 Finals

“感覚派”と“頭脳派”の両選手、ショットの開始時の狙い方やかける時間でその差がわかるのが面白いです。1コース目は、1ラウンドを斬鉄剣選手、2ラウンドをVAN選手と交互に取ったあと、斬鉄剣選手が3ラウンド目を取り1コース目を勝利。

2コース目は、VAN選手がスーパープレーを披露。1ラウンド目ではグリーンに見事オンしたボールが、強烈なバックスピンを見せそのままカップに吸い込まれイーグル達成。さらに、続く2ラウンド目も信じられないことにまたもやイーグルを決め、データを駆使したプレースタイルのすごさを見せつける展開に。

Red Bull 5G 2014 Finals

Red Bull 5G 2014 Finals

勝敗を決する3コース目は、斬鉄剣選手が選択。これまでの2コースと比べると比較的狭く難易度の低いものとのこと。両選手共にグリーンまでは問題なく到達し、グリーンでのパット対決となります。

1ラウンド目はVAN選手がわずかに外し、斬鉄剣選手がきっちりと決め勝利。2ラウンド目は、VAN選手のボールがカップに嫌われ弾かれてしまいインならず。対する斬鉄剣選手は今回も余裕でのカップイン。見事に3コース目を制し優勝。有言実行で40代でも勝てることを証明してくれました。

Red Bull 5G 2014 Finals

西日本チームが総合優勝にリーチをかけました。

4ゲーム目は「PUZZLE」、勝利の鍵を握るのはチームプレー

優勝に大手をかけた西日本とは対象的に、絶対に負けることが出来ない東日本チームは4ゲーム目の選択をかけてミーティングを行ないます。

Red Bull 5G 2014 Finals

話合いの末に選択したのは「PUZZLE」で、「ぷよぷよテトリス」での対決が決定。

チームキャプテンのPoigaman選手は、「PUZZLE」代表の勝利を祈ります。

Red Bull 5G 2014 Finals

東日本は、現在世界一というHBM選手がテトリス、Selva 選手がぷよぷよを担当。
西日本は、3年連続ファイナリストのKamestry選手がぷよぷよ、せーは選手がテトリスで優勝を狙います。

Red Bull 5G 2014 Finals
左から: Kamestry選手、せーは選手、HBM選手、Selva選手

試合は4人同時にゲームを行ない、相手チームの2人を先に倒せば勝利。
1試合は3ラウンド先取制で実施され、3試合を先に制したチームが優勝となります。

「PUZZLE」部門でキーとなるのは「チームプレー」。

「テトリス」の方が「ぷよぷよ」よりも高速にブロックを積み上げたり消していくことが可能となるため、「テトリス」で先に妨害ブロックを相手に送り込んで邪魔をし、その間に「ぷよぷよ」が大連鎖を組み上げる準備をして一気に仕留めるのが理想の展開となります。

Red Bull 5G 2014 Finals

試合はまず西日本が優勢に展開。せーは選手がテトリスで早い段階から妨害をしかけ、Kamestry選手が追い打ちをかける狙いどおりゲーム運びでリードを広げます。

東日本チームも徐々にチームプレーで西日本側に応戦していきますが、西日本はタイミングを合わせた攻撃を効果的に決めてなんと2試合を先に制しリーチをかけます。

圧倒的不利な状況となりましたが、東日本は試合を諦めません。
HBM選手のテトリスとSelva選手のぷよぷよ大連鎖のコンボが決まり始め反撃開始。

Red Bull 5G 2014 Finals

3試合目、4試合目を制して最終試合に持ち込みます。

Red Bull 5G 2014 Finals

Red Bull 5G 2014 Finals

5試合目も白熱した展開となりましたが、最後に試合を決めたのは西日本チーム。
この時点で3-1となり西日本の総合優勝が決定しました。

これまで2年連続で最終戦を担当し、目の前で優勝を逃してきたチームキャプテンのKamestry選手ですが、3年目の今回は自らの手で優勝を決めました。

Red Bull 5G 2014 Finals

5ゲーム目は「FIGHTING」、長い付き合いの親友対決

最終的な結果は決しましたが、「FIGHTING」の王者を決める戦いが行なわれます。
5試合目は「ULTRA STEREET FIGHTER IV」での対決。

西日本の代表は、パッドコントローラーを使用するひかりん選手。
対する東日本は、アーケードスティックのaiai選手。

Red Bull 5G 2014 Finals
左: ひかりん選手、右: aiai選手

ひかりん選手が操るのは「狂オシキ鬼」、対するaiai選手は「ジュリ」を選択しての対決です。

試合は3ラウンド先取制で、3試合を先に制した方が優勝となるルールで実施されました。

試合は、aiai選手が操る「ジュリ」との対戦を得意としているというひかりん選手が序盤から有利にゲームを進める展開に。

Red Bull 5G 2014 Finals

ひかりん選手は、選手紹介のムービーでは非常に優しそうな印象を受けるプレーヤーでしたが、試合中は派手なアクションを見せるなど非常に熱い選手でした。

Red Bull 5G 2014 Finals

試合は優勢な展開を見せるひかりん選手がそのまま支配し、見事に優勝。
長い付き合いでライバルであり友人でもある両者は、試合後に検討を称え合っていました。

Red Bull 5G 2014 Finals

最終結果

総合成績

  • Japan 西日本 [4-1] Japan 東日本

Red Bull 5G 2014 Finals

  • 優勝: 西日本
  • 準優勝: 東日本

FREE GENRE - バイキングぽいぽい!!

Red Bull 5G 2014 Finals

  • 優勝: [東] スーパーバイキングブラザーズ - バイキー & Poigaman
  • 準優勝: [西] Gstyle - Katayumi & Falqon
  • 実況: ポイポイ丸 (ブンブン丸)

RACING - Gran Turismo 6

Red Bull 5G 2014 Finals

  • 優勝: [西] ねぎ & アユム
  • 準優勝: カルソニック & ほんだ
  • 実況: 呉圭崇

SPORTS - みんなのGOLF 6

Red Bull 5G 2014 Finals

  • 優勝: [西] 斬鉄剣
  • 準優勝: [東] VAN
  • 実況: 小番芳範 (みんなのゴルフシリーズプロデューサー)

PUZZLE - ぷよぷよテトリス

Red Bull 5G 2014 Finals

  • 優勝: [西] Kamestry & せーは
  • 準優勝: [東] HBM & Selva
  • 実況: ALF

FIGHTING - ULTRA STEREET FIGHTER IV

Red Bull 5G 2014 Finals

  • 優勝: [西] ひかりん
  • 準優勝: [東] aiai
  • 実況: アール

各試合の様子は、ニコニコ生放送のタイムシフト機能を通じて観戦可能となります。

Red Bull 5G 2014 Finals
実況担当はMC MAMUSHI氏(左)と BRZRK氏(右)

今後、大会公式サイトでレポートやハイライト動画が公開されると思われます。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 新記録や驚異的展開が続出、『Red Bull 5G 2014 Finals』で記憶に残った“5つ”の出来事

Red Bull 5G 2014 Finals

2014年12月21日(日)に開催された『Red Bull 5G 2014 Finals』では新記録や驚異的な展開が続出しました。今回は「5G」にちなんでたくさんの中から個人的に記憶に残った“5つ”の出来事を紹介します。

『Red Bull 5G 2014 Finals』で記憶に残った“5つ”の出来事

その1: 3大会目にして2ジャンル制覇が実現。エリア横断王者も登場

今大会には過去大会のファイナリストたちが出場していました。

「SPORTS」部門の2012年王者のPoigaman選手(以前は「Jengaman」で出場)、2013年王者のバイキー選手(以前は「マイキー」で出場)選手が東日本チームの「FREE GENRE」ジャンル部門にタッグを組んで出場。

今大会、見事に優勝し両選手は「SPORTS」と「FREE GENRE」で優勝を達成し2ジャンル制覇となりました。また、Poigaman選手は前回、西日本チームでも優勝を達成していたので、今大会で東西両方での優勝を実現させています。

バイキー & Poigaman
左: Poigaman選手、右: バイキー選手

その2: 敗者が次のタイトルを決める前代未聞の競技展開

これまでの『Red Bull 5G』では、主催者側が大会で実施するゲームの順番を決定していました。今年はどんな順番でタイトルで試合が行なわれるか注目を集めていましたが、なんと発表されたのは「敗者が次の競技競技を決定する」というもの。

これにより、各チームは試合展開に応じてどのタイトルで勝負をかけるか、といった戦略や駆け引きが非常に重要となります。観客側は次はどんなタイトルになるのだろうという期待感が高まり、非常に盛り上がる結果となりました。

敗者が次のタイトルを決める前代未聞の競技展開

しかし、通常、大会やイベントを行なう際は予想外のトラブルを避けるために、不確定要素を取り除くのがセオリーと言えます。次のタイトルを選手達が決めるということは、あらかじめ決まった順番で設営が出来ない事になりますから、運営サイドとしては非常にリスキーな進行と言えるでしょう。

この展開は、プロジェクトアドバイザーを務める松井悠 氏の発案によるものとのことなのですが、大会後に競技ステージの運営スタッフに後ほど話を聞いてみたところ「なんてとんでもない事を言い出すんだと思いましたよ。めちゃくちゃ大変でしたけど、無事終了して良かったです…」と安堵していました。

大会を影で支えた裏方スタッフの方にも拍手を贈りたいです。

その3: 真剣にプレーしているこそから諦めない選手たち

今大会では選手達がとにかく諦めないのがとても印象的でした。
「SPORTS」部門のみんなのゴルフでは、前評判の高いVAN選手が2ラウンド目に2ホール連続のイーグルを決めて会場を巻き込んでの逆転劇を期待させる流れを作りましたが、自分のスタイルを崩さず勝利を目指した斬鉄剣選手が見事に勝利。

斬鉄剣

また、ぷよぷよテトリスでも2セットを先取されてあとが無くなった東日本チームのHBM 選手とSelva選手が2セットを取り返し、最終セットにもつれ込む展開となりました。

真剣にプレーしているこそから諦めない選手たち

お互いのチームメイト達も、選手を信じて大声で応援していて非常に格好良いと思わされました。

東日本

西日本

その4: 日本の競技ゲーム史上最年長? 43歳の斬鉄剣選手が見事王者に

西日本の「SPORTS」部門代表の斬鉄剣選手は43歳。

競技的なゲームシーンにおいては若いプレーヤーの方が有利とされているなか、43歳の選手が厳しい予選を勝ち抜き、大勢の観客が見守る決勝で実力を発揮し、「40代でも勝てることを証明したい」という事前コメントを有言実行し優勝を達成したのは素晴らしいとしか言いようがありません。

斬鉄剣

「eスポーツ」は年齢や体格に関係なく勝負出来るのが魅力、とよく言われますが、それを証明する良い実例とも言える結果となったのではないでしょうか。

斬鉄剣

その5: 西日本チームが3年目にして初の優勝を達成

これまで、2012年、2013年大会は東日本チームが優勝し、今大会、東日本チームは「2度あることは3度ある」ということで大会3連覇を狙っていました。

対する西日本チームをチームリーダーとして率いるのは、唯一の3年連続ファイナリスト Kamestry選手。

2年連続で優勝決定戦を任されましたが、残念ながら敗北となり涙を呑んで来ました。

今大会はついに、自身が出場する「PUZZLE」部門でチームメイトのせーは選手と優勝し、西日本チームを勝利に導きました。

Kamestry選手 & せーは選手
右: Kamestry選手

『Red Bull 5G』を3年間見てきたファンに取っても非常にうれしい瞬間だったと思います。

大会の動画配信のアーカイブを以下より見ることができますので、興味が沸いた方は時間がある時にでもぜひご覧になってみてください。

参考

関連ニュース

esports(eスポーツ) [12/21(日)開催] 日本のゲーミング界に翼を授けるゲームイベント『Red Bull 5G 2014 Finals』をより楽しむために

Red Bull 5G 2014 Finals

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームイベント『Red Bull 5G 2014 Finals』がいよいよ今週末12/21(日)に東京・秋葉原の「AKIBA SQUARE」で開催されます。

Red Bull 5G 2014 Finals

『Red Bull 5G 2014』は 5 ジャンルのゲームを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた16人の選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施。日本一の座をかけて競い合います。

今年3回目となる『Red Bull 5G』ですが、独特の雰囲気や世界観、そして選手達が作り出すストーリーを多くの人が楽しみその素晴らしさを伝えてきました。

自分もそんな中の一人なのですが、今回はより楽しむことが出来るのではと思うポイントを紹介してみることにします。

以下は『Red Bull 5G 2014』に限ったことでは無く、様々なゲームイベントや大会を観戦しに行ったり見たりする際のポイントとも言えると思います。

その1: 事前に自分ならではの注目ポイントを作ってみよう

『Red Bull 5G』は事前情報無しでも楽しめるイベントだと思いますが、「自分ならではの注目ポイント」を作っておくとより楽しめること間違い無しです。

例えば、「東チームは今年3連覇がかかっている」とか「今年は初出場選手が多いので予想が難しい」とかそんな些細なことでも良いと思います。これで自分の中に1つ「ストーリー」のきっかけが出来ます。これを軸に、展開ごとに新たなストーリーが次々に追加され、よりイベントを楽しむことが出来るようになっていきます。

東チーム
第1回大会 東日本チーム優勝

東日本チーム優勝
第2回大会 東日本チーム優勝。今年3連覇なるか?

また、各出場選手にフォーカスしてみるのも良いと思います。『Red Bull 5G』は大会公式サイトにて、各選手のインタビュー付きの紹介ムービーを順次リリースしています。

これを見ると、「ゲームに対する姿勢が伝わってきたから注目してみよう」というようなことを感じられたり、「イケメンで格好良いからゲームはよくわからないけどこの人を見に行ってみよう」というアイドル的な見方など、人それぞれに楽しむポイントを作る事が出来ます。個人的には、この動画を全選手分チェックしておくのがオススメというか、マストだと思います。

こちらから各選手や予選の動画をチェック (順次リリース中)

さらに大会の裏側や意図などまで踏み込んでチェックしたい人は、下記のインタビュー記事をチェックしてみてください。

その2: 現地でしか感じる事が出来ない独特の空間を楽しもう

Twitchやニコニコ生放送などのストリーミング配信サイトが充実してきて、会場に行かなくても大会やイベントを楽しめる素敵な時代になりました。
ですが、会場に行った人しか味わうことが出来ない空気や臨場感というものが存在します。


上記は今大会の会場イメージです。
この雰囲気でさらにプロのDJがライブで音楽を流してくれるので、会場にいるだけでも楽しい気持ちになってきます。

DJ TOSHIKIさん
写真は前回担当のDJ TOSHIKI。今年はゲームの世界大会で上位入賞の経験を持つDJ HANGERが登場。

ゲームが始まると、選手・観客の熱気や声援がさらに素晴らしい空間を作りあげられてくれます。あの会場の一体感は、現地で観戦している人達だけが味わえる特権です。

可能な人はぜひ現地で、という流れにするはずだったのですが、今年はストリーミング配信もかなり力を入れたものなるそうなので、会場で観戦して、そのあとに映像を見直して余韻に浸る、というのがベストな観戦方法でしょうか。

その3: 選手だけではなく、観客にいる人たちにも注目してみよう

これまでに開催された『Red Bull 5G』を会場で見てきて、選手達が真剣な表情でゲームをしているのと、団結し勝利を目指す様子がとにかく楽しそうで魅力的でした。

選手を見るはもちろんですが、ふとした時に視線を動かして、選手以外のMC、解説者、運営スタッフ、そして周りの観客の表情もチェックしてみてください。きっと、こちらも真剣に試合を見つめていたり、大声で声援を送っていたり、それぞれが様々な表情で大会を楽しんでいるはず。気づけば自分も笑顔でそのような一員になっているに違いありません。

Red Bull 5G 2013 FINALS

ということで、個人的にまとめてみた『Red Bull 5G 2014 Finals』を楽しむためのポイントでした。

チケットは12/21(日)0時まで販売されますので、興味が沸いた方は是非会場に足を運んでみてください。実際に行くのは難しいという方もいるので、もちろんストリーミング配信で楽しむのもアリです。

下記より、大会詳細、ストリーミング、チケット情報などをチェックしてください。

Red Bull 5G 2014 Finals

Finals 開催情報

  • 開催日: 2014年12月21日(日)14時会場、15時開始
  • 会場: AKIBA SQUARE (東京・秋葉原)
  • 優勝チーム賞品: F1鈴鹿グランプリ観戦ツアー & レッドブル1年分

競技ゲーム

  • RACING - Gran Turismo 6
  • FIGHTING - ULTRA STEREET FIGHTER IV
  • SPORTS - みんなのGOLF 6
  • PUZZLE - ぷよぷよテトリス
  • FREE GENRE - バイキングぽいぽい!!

代表選手

東日本

  • RACING - カルソニック(初出場) 、ほんだ(初出場)
  • FIGHTING - aiai (初出場)
  • SPORTS - VAN (初出場)
  • PUZZLE - HBM (テトリス、初出場)、Selva (ぷよぷよ、初出場)
  • FREE GENRE - スーパーバイキングブラザーズ
    • バイキー(マイキー、2013年SPORTS部門優勝)、Poigaman(Jengaman、2012年SPORTS部門優勝)

西日本

  • RACING - ねぎ(2013年RACING部門2位) 、アユム(初出場)
  • FIGHTING - ひかりん(初出場)
  • SPORTS - 斬鉄剣 (初出場)
  • PUZZLE - せーは(テトリス、初出場)、Kamestry(ぷよぷよ、2012&2013年FREE GENRE部門準優勝)
  • FREE GENRE - Gstyle
    • Katayumi (初出場)、Falqon (初出場)

各部門の実況担当者

  • Gran Turismo 6 - 呉圭崇
  • ULTRA STEREET FIGHTER IV - アール
  • みんなのGOLF 6 - 小番芳範 (みんなのゴルフシリーズプロデューサー)
  • ぷよぷよテトリス - ALF
  • バイキングぽいぽい!! - ブンブン丸

ストリーミング配信

  • 出演者: BZRZRK、MC MAMUSHI

予選・選手紹介

予選レポート

選手紹介、予選動画

チケット販売ページ

12/21(日)0時まで

※1,500円、レッドブル1本+特別マフラータオル付き

関係者Twitter

調べて見つけることが出来た方、プライベート設定にしていない方のみ記載しています。
漏れや誤りがありましたら教えてください。

東日本

西日本

実況

ストリーミング出演者

会場DJ

運営関連

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Red Bull 5G 2014 Finals』日本一の座を賭けて競い合う東西の代表選手が決定、12/21(日)に秋葉原で対決

Red Bull 5G 2014 Finals

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームトーナメント『Red Bull 5G 2014 Finals』に出場する東西の代表選手が決定しました。

Red Bull 5G 2014

11/16(日)に西日本予選、11/23(日)に東日本予選が実施され、それぞれの予選を勝ち抜いた東西の代表選手が決定しています。

『Red Bull 5G 2014』は 5 ゲーム、5 ジャンルを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施し、日本一の座をかけて競い合います。

大会の開催日程、競技ゲーム、各タイトルの代表選手は以下のとおりです。

Finals 開催情報

  • 開催日: 2014年12月21日(日)
  • 会場: AKIBA SQUARE (東京・秋葉原)
  • 優勝賞品: F1鈴鹿グランプリ観戦ツアー & レッドブル1年分

競技ゲーム

  • RACING - Gran Turismo 6
  • FIGHTING - ULTRA STEREET FIGHTER IV
  • SPORTS - みんなのGOLF 6
  • PUZZLE - ぷよぷよテトリス
  • FREE GENRE - バイキングぽいぽい!!

代表選手

東日本

  • RACING - カルソニック(初出場)、ほんだ(初出場)
  • FIGHTING - aiai (初出場)
  • SPORTS - VAN (初出場)
  • PUZZLE - HBM (テトリス、初出場)、Selva (ぷよぷよ、初出場)
  • FREE GENRE - バイキー(2013年SPORTS部門優勝)、ポイガマン(2012年SPORTS部門優勝)

西日本

  • RACING - ねぎ(2013年RACING部門2位)、アユム(初出場)
  • FIGHTING - ひかりん(初出場)
  • SPORTS - 斬鉄剣 (初出場)
  • PUZZLE - せーは(テトリス、初出場)、Kamestry(ぷよぷよ、2012&2013年FREE GENRE部門準優勝)
  • FREE GENRE - Gstyle (初出場)

2013年に西日本チームにてSPORTS部門を制したマイキー選手は、バイキーと名前を変え、2012年に東日本チームでSPORTS部門で優勝したjengaman選手(ポイガマンとして出場)とタッグを組み、新たな仲間たちと共に西日本チームを迎えうちます。

過去のファイナリストたちも多数参加した中で2012年、2013年にリーダーを務めた西日本チームのKamestry選手がただ1人3年連続で出場権を獲得。昨年のチームメイトであるRACING部門のねぎ選手、そして予選を勝ち抜いた新メンバーたちと東日本チームの3連覇を阻止し優勝を狙います。

予選レポート

オフィシャルサイトに東西各予選の詳細なレポートが掲載されています。
こちらでは、各タイトルの決勝戦が動画で公開されていますので、大会前に各選手の腕前をチェックしてみてください。

大会の観戦チケットは下記のページにて12/21(日)まで1,500円(1ドリンク・特典付き)で購入可能となります。

チケット販売ページ

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Red Bull 5G 2014 Finals』が12/21(日)にAKIBA SQUAREで開催、観戦チケットは10/24(金)昼12時より販売開始

Red Bull 5G 2014 Finals

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームトーナメント『Red Bull 5G 2014 Finals』の観戦チケットが10/24(金)昼12時より販売開始となります。

Red Bull 5G 2014

『Red Bull 5G 2014』は 5 ゲーム、5 ジャンルを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施し、日本一の座をかけて競い合います。

競技タイトル

  • RACING - Gran Turismo 6 (PlayStation3)
  • FIGHTING - ULTRA STEREET FIGHTER IV (PlayStation3)
  • SPORTS - みんなのGOLF 6 (PlayStation3)
  • PUZZLE - ぷよぷよテトリス (PlayStation3)
  • FREE GENRE - バイキングぽいぽい!! (PlayStation3)

今年のFinalsは、東京・秋葉原の「AKIBA SQUARE」にて開催されます。
現地会場での観戦チケットは、本日のお昼12時より『Red Bull 5G 2014』公式サイトにて販売開始となります。

価格等の詳細についてはいまのところ発表されていませんので、販売後開始後にご確認ください。

公式Twitterでは、大会の最新情報が公開されているので気になる方はチェックをお忘れ無く。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 今年はFPS無し『Red Bull 5G 2014』の競技タイトル第5弾発表、FREEジャンル部門に『バイキングぽいぽい!!』を採用

Red Bull 5G

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームトーナメント『Red Bull 5G 2014』の競技タイトル第5弾として、アクションゲーム『バイキングぽいぽい!!』の採用が発表されました。

Red Bull 5G 2014

『Red Bull 5G 2014』は 5 ゲーム、5 ジャンルを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施し、日本一の座をかけて競い合います。

Red Bull 5G 2014 競技タイトル

2014

  • RACING - Gran Turismo 6 (PlayStation3)
  • FIGHTING - ULTRA STEREET FIGHTER IV (PlayStation3)
  • SPORTS - みんなのGOLF 6 (PlayStation3)
  • PUZZLE - ぷよぷよテトリス (PlayStation3)
  • FREE GENRE - バイキングぽいぽい!! (PlayStation3)

2013

  • RACING - Gran Turismo 5
  • FPS - Halo 4
  • SPORTS - FIFA 14
  • FIGHTING - 鉄拳タッグトーナメント2
  • FREE GENRE - ぷよぷよ!!

2012

  • RACING - Gran Trismo 5
  • FPS - BattleField 3: Close Quarters
  • SPORTS - FIFA 12
  • FIGHTING - STREET FIGHTER X 鉄拳
  • FREE GENRE - ぷよぷよ!!

今回の発表により、全5ジャンルの競技ゲームが決定。
ご覧の通り、2014年は全てPlayStation3のゲームとなりました。
また、これまで2年連続で開催されていた「FPS」ジャンルは今年採用が見送られる結果となっています。

バイキングぽいぽい!! スケジュール

  • エントリー期間: 2014年10月21日(火)~11月11日(火)まで [参加登録]
  • 東西代表決定戦: 西・11月16日(日)、東・11月23日(日)
  • Red Bull 5G 2014 FINALS: 2014年12月21日(日) - AKIBA SQUARE (東京・秋葉原)

東予選は東京の六本木、西予選は大阪のアメリカ村で実施予定です。

ルール

  • 使用モード:VSモード
  • 使用バトル:チームバトル
  • 1試合参加人数:2チーム
  • 試合本数:1試合3ラウンド先取、2試合先取
  • 1試合想定時間:5分(最長15分)

「バイキングぽいぽい!!」は、ステージに落ちているアイテムを広い敵に投げつけて吹き飛ばすアクションゲームです。

1チームは2名で構成され、チームバトルとして実施されます。

Red Bull 5G 2014 FINALSは秋葉原で開催

毎年、独特の世界観を構築し来場客を魅了している「Red Bull 5G」の決勝会場ですが、今年は秋葉原UDXの「AKIBA SQUARE」となっています。

  • 2012年 - WOMB (東京・渋谷)
  • 2013年 - TABLOID (東京・日の出)
  • 2014年 - AKIBA SQUARE (東京・秋葉原)

各会場の広さを調べてみたところ、2012年は約200平方メートル、2013年は約340平方メートル、そして2014年は約1000平方メートルとなります。

昨年は多くの来場者が会場を埋め尽くしていましたが、今年はさらに多くの人が会場で観戦を楽しむことが出来る事になります。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Red Bull 5G 2014』の競技タイトル第4弾発表、PUZZLE部門に『ぷよぷよテトリス』を採用

Red Bull 5G

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームトーナメント『Red Bull 5G 2014』の競技タイトル第4弾として、パズルゲームゲーム『ぷよぷよテトリス』の採用が発表されました。

Red Bull 5G 2014

『Red Bull 5G 2014』は 5 ゲーム、5 ジャンルを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施し、日本一の座をかけて競い合います。

Red Bull 5G 2014 競技タイトル

これまでは FREE GENRE部門として「ぷよぷよ!!」が採用されてきましたが、今年はPUZZLE部門として「ぷよぷよテトリス」が選ばれました。

2014

  • RACING - Gran Turismo 6 (PlayStation3)
  • FIGHTING - ULTRA STEREET FIGHTER IV (PlayStation3)
  • SPORTS - みんなのGOLF 6 (PlayStation3)
  • PUZZLE - ぷよぷよテトリス (PlayStation3)
  • ?

2013

  • RACING - Gran Turismo 5
  • FPS - Halo 4
  • SPORTS - FIFA 14
  • FIGHTING - 鉄拳タッグトーナメント2
  • FREE GENRE - ぷよぷよ!!

2012

  • RACING - Gran Trismo 5
  • FPS - BattleField 3: Close Quarters
  • SPORTS - FIFA 12
  • FIGHTING - STREET FIGHTER X 鉄拳
  • FREE GENRE - ぷよぷよ!!

ぷよぷよテトリス スケジュール

  • エントリー期間: 2014年9月1日(月)~9月30日(火)まで
  • オンライン予選: 開催無し
  • 東西代表決定戦: 大阪・東京で11月に開催
  • Red Bull 5G 2014 FINALS: 2014年12月開催予定
  • ルール: ルール説明ページ

「ぷよぷよテトリス」の東西代表決定戦では、VSモードにて「ぷよぷよ(ぷよぷよ対ぷよぷよ)」と「テトリス(テトリス対テトリス)」をそれぞれ1試合2本先取・2試合先取で実施し、東西の代表選手を2名ずつ選出。

「Red Bull 5G 2014 FINALS」では東西の「ぷよぷよ」と「テトリス」の代表者がタッグを組みVSルールにて4人同時対戦を行ない、1試合3本先取・3試合先取で競い合います。

残るジャンルは「FPS」になるか? 採用される可能性のあるタイトルは?

今年は先にも書いたとおり、FREE GENRE部門がPUZZLE部門に変更されました。
しかし、主な採用タイトルは基本的に例年の構成とあまり差は無いため、5ジャンル目はこれまでどおり「FPS」が採用されることを期待して良いのではないかと思います。

仮に「FPS」だとして、選ばれるのタイトルは何なのか?
今年はこれまでの4タイトルが全てPlayStation3のゲームから採用されていることから、運用面などを考えると5ジャンル目も同じプラットフォームになる可能性が高そうです。

5ジャンル目はPlayStation3のFPS、という前提で注目タイトルをいくつかピックアップしてみました。

1. Battlefield 4 (公式サイト)

Battlefield 4

2012年に採用された実績のあるバトルフィールドシリーズの最新作。
2012年大会での対戦形式は4vs4、ゲームモードはコンクエストドミネーションで実施されました。

2. Destiny (公式サイト)

Destiny

2013年に採用されたHaloシリーズを開発したBungieが開発を手がける、2014年で最も注目と言われているFPSタイトル。2014年9月11日(木)に発売予定。本格的な大会で使用された実績もまだないことから、競技ルール等の規定が難しそうですが話題性はありそうです。

3. Counter-Strike: Global Offensive (公式サイト)

Counter-Strike: Global Offensive

競技FPSのメジャータイトル。近年、MOBA、RTS全盛の時代を迎え勢いが落ちましたが、最近では1トーナメントの賞金が25万ドルに達するほどとなり復活を遂げました。ただ、PS3版は日本では発売されていないようなので大穴的な位置づけでしょうか。

ということで、ラスト5ジャンル目のタイトル発表を楽しみに待ちたいと思います。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Red Bull 5G 2014』の競技タイトル第3弾発表、SPORTS部門に『みんなのGOLF 6』を採用

Red Bull 5G

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームトーナメント『Red Bull 5G 2014』の競技タイトル第3弾として、ゴルフゲーム『みんなのGOLF 6』の採用が発表されました。

Red Bull 5G 2014

『Red Bull 5G 2014』は 5 ゲーム、5 ジャンルを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施し、日本一の座をかけて競い合います。

Red Bull 5G 2014 競技タイトル

今年のSPORTS部門は、これまでに採用されていた『FIFA』シリーズから変更となり、ゴルフゲーム『みんなのGOLF 6』が選ばれました。

2014

  • RACING - Gran Turismo 6 (PlayStation3)
  • FIGHTING - ULTRA STEREET FIGHTER IV (PlayStation3)
  • SPORTS - みんなのGOLF 6 (PlayStation3)
  • ?
  • ?

2013

  • RACING - Gran Turismo 5
  • FPS - Halo 4
  • SPORTS - FIFA 14
  • FIGHTING - 鉄拳タッグトーナメント2
  • FREE GENRE - ぷよぷよ!!

2012

  • RACING - Gran Trismo 5
  • FPS - BattleField 3: Close Quarters
  • SPORTS - FIFA 12
  • FIGHTING - STREET FIGHTER X 鉄拳
  • FREE GENRE - ぷよぷよ!!

みんなのゴルフ6 スケジュール

参加登録

  • 2014年8月26日(火)~9月21日(日)

オンライン予選

  • Red Bull 5G オープン 東(1回目):2014年8月26日(火)~31日(日)
  • Red Bull 5G オープン 西(1回目):2014年9月02日(火)~07日(日)
  • Red Bull 5G オープン 東(2回目):2014年9月09日(火)~14日(日)
  • Red Bull 5G オープン 西(2回目):2014年9月16日(火)~21日(日)

予選は『みんなのGOLF 6』ゲーム内のデイリー全国大会で開催される「Red Bull 5Gオープン」にて実施されます。

デイリー全国大会は、指定されたコースのスコアを登録して順位を競う大会で、毎週火曜日から日曜日に大会が開催され、翌月曜日に大会結果が発表されます。

各オンライン予選の上位4名が東西代表決定戦に進出(東8名、西8名の計16名)となります。

例年通りであれば、残すジャンルはこれまで毎回変更されている「FPS」および「ぷよぷよ!!」が連続採用の「FREE GENRE」となります。どのようなタイトルが選ばれるか予想しながら発表を待ちましょう。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Red Bull 5G 2014』の競技タイトル第2弾発表、FIGHTING部門に『ULTRA STEREET FIGHTER IV』を採用

Red Bull 5G

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームトーナメント『Red Bull 5G 2014』の競技タイトル第2弾として、格闘ゲーム『ULTRA STEREET FIGHTER IV』の採用が発表されました。

Red Bull 5G 2014

『Red Bull 5G 2014』は 5 ゲーム、5 ジャンルを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施し、日本一の座をかけて競い合います。

Red Bull 5G 2014 競技タイトル

今年のFIGHTING部門は、日本で2014年8月7日(木)に発売が予定されているストリートファイターシリーズの最新作『ULTRA STEREET FIGHTER IV』となりました。

世界の競技ゲームシーンでも注目を集めるビッグタイトルの採用です。

2014

  • RACING - Gran Turismo 6 (PlayStation3)
  • FIGHTING - ULTRA STEREET FIGHTER IV (PlayStation3)
  • ?
  • ?
  • ?

2013

  • RACING - Gran Turismo 5
  • FPS - Halo 4
  • SPORTS - FIFA 14
  • FIGHTING - 鉄拳タッグトーナメント2
  • FREE GENRE - ぷよぷよ!!

2012

  • RACING - Gran Trismo 5
  • FPS - BattleField 3: Close Quarters
  • SPORTS - FIFA 12
  • FIGHTING - STREET FIGHTER X 鉄拳
  • FREE GENRE - ぷよぷよ!!

ULTRA STEREET FIGHTER IV スケジュール

参加登録

  • 2014年8月7日正午~9月末日

オンライン予選

  • Red Bull 5G FIGHTING オンライン予選西:2014年10月12日実施予定
  • Red Bull 5G FIGHTING オンライン予選東:2014年10月19日実施予定

東西地区代表決定戦

  • Red Bull 5G 2014 西代表決定戦:2014年11月16日開催予定(大阪・アメ村)
  • Red Bull 5G 2014 東代表決定戦:2014年11月23日開催予定(東京・六本木)

Red Bull 5G 2014 FINALS

  • Red Bull 5G 2014 FINALS:2014年12月開催予定(東京)

大会への参加登録は、8月7日正午より『Red Bull 5G 2014』公式サイトにて開始されます。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar