タグ

esports(eスポーツ) 『Red Bull 5G 2015 FINALS』で西日本チームが優勝、2連覇を達成

Red Bull 5G 2015 Finals

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームトーナメント『Red Bull 5G 2015 FINALS』が12/20(日)に大阪・味園ユニバースで開催され、西日本チームが優勝となりました。

Red Bull 5G 2015 FINALS

『Red Bull 5G』は東西の予選を勝ち抜いたトップゲーマー達が5ジャンル5ゲームで日本一を決めるために競う東西対抗のゲーミングトーナメントです。

昨年は3大会目にして西日本チームが優勝となったため、今年のFINALSは西日本の本拠地・大阪で実施。
東西を代表する16人のファイナリスト達が、日本一の座を賭けた戦いに挑みました。

2015年採用タイトル

出場選手

西日本代表

東日本代表

対戦カード

【Game 1】MOBA: LORD of VERMILION ARENA (PC)

  • [西] Japan Assault [vs][東] Japan snow ball⋆

LOVAは3vs3形式、900秒の一本勝負で実施されました。
お互いの本拠地(アルカナコア)を破壊するか、タイムアップ時点で戦況ゲージの残量が多いチームとなります。

事前の投票では、西チームの勝利を予想する割合が88%と圧倒的な状況。
しかし、試合は、東チームが事前予想を覆す展開で西日本チームの攻撃を封じ込めゲームをリード。
西チームは嫌なこの流れをゲームを有利とする中央のマナキャノンをめぐる攻防に託します。
長時間に渡る集団戦を見事に制したのは西日本。試合の流れを引き戻した上アドバンテージを獲得した西日本チームが東の攻撃を防ぎきり、タイムアップで西チームが勝利となりました。

  • Japan 西日本 [1-0] Japan 東日本

【Game 2】FREE: TowerFall Ascension (PS4)

  • [西] Japan 畜生会タワーフォール部 [vs][東] Japan さしみ醤油

1試合は5本先取で、2試合を先に勝利したチームが勝利となります。
矢を当てるか、踏みつけることで敵を倒す事が出来ます。

東のさしみ醤油は、格闘ゲームDead of Aliveのプレーヤーで構成されたチーム。
対する西日本の畜生会タワーフォール部は、過去にRACING部門でRed Bull 5G出場経験を持つ2人が結成したチーム。
Freeジャンルは、通常は他ジャンルのゲームをプレーするゲーマー達が、別ジャンルのゲームでどちらの腕が上か競い合う形に。

ゲームは非常に展開が早く、一瞬たりとも目を離せないゲーム展開。
ダッシュを駆使した空間の詰め、連携しての敵の移動ルート制限、わざと矢を全て撃ちつくさせてから反撃など、短い時間にさまざまな駆け引きが組み込まれていました。

1試合目は東チームが5-2、2試合目は西チームが5-1で勝利。
最終戦となる3試合目は東が5-2で勝利し、2試合目は東日本が獲得となりました。

  • Japan 西日本 [1-1] Japan 東日本

【Game 3】SPORTS: Winning Eleven 2016 (PS4)

  • [西] Japan SHO [vs][東] Japan まやげか

パスを主体とするJapan SHO選手と、「ウイニングイレブン2015」の日本王者でディフェンシブなスタイルを得意とするJapan まやげか 選手の対戦。
前評判を顧みれば、SHO選手がまやげか選手の守りをパスで切り崩し得点できるか、といったところが試合の見どころ。

勝てば優勝にリーチがかかるこの重要な試合、チームは共にバイエルン・ミュンヘンを選択。

ゲームは早々に動き、SHO選手が中盤でボールを奪ってから前線へロングパスをゴールへ叩き込み1点先制。
その後はボールの奪い合いが続きましたが、前半終了間際にまやげか選手が中央から ゴール前へのパスを見事に叩き込み1点を獲得し同点に。

後半はSHO選手がゴール前での連携パスからゴールで2-1と再びリード。
最終的に、SHO選手がこのリードを守り切り日本代表プレーヤーを倒すジャイアントキリングで西日本チームがリーチをかける結果となりました。

解説のブンブン丸氏によれば、SHO選手がまやげか選手がパスを出したい選手に対して的確なマークをつけており守備が非常に機能していたとのことで、こちらが大きな勝因となったようです。

  • Japan 西日本 [2-1] Japan 東日本

【Game 4】PUZZLE: ぷよぷよテトリス (PS4)

  • [西] Japan milk2 [vs][東] Japan あめみやたいよう

試合は25秒が経つと「ぷよぷよ」と「テトリス」が切り替わるスワップモードで対戦。
1試合は3本先取で、2試合を先に制した方が勝利となります。

試合は、チーム的には不利な展開ながらも余裕の見えるあめみやたいよう選手が圧倒的な強さで6試合を連取するパーフェクトゲームで2セットを獲得。
milk2選手はあめみや選手が次々に繰り出す攻撃に対し受ける展開となり、ミスも誘発してか実力を出し切れなかったような印象を受けました。

  • Japan 西日本 [2-2] Japan 東日本

【Game 5】FIGHTING: DEAD OR ALIVE 5 Last Round (PS4)

  • [西] Japan 輝ROCK [vs][東] Japan サトヤス

今大会も、2012年、2013年と同じく最終ジャンルに優勝がかかる展開に。
最後のFIGHTINGは共にキャプテン対決。

輝ROCK選手がLEIFANG、サトヤス選手がPAIを使用。
1試合は3本先取。3試合を制した方が勝利となります。

試合目は輝ROCK選手がアグレッシブなプレースタイルでサトヤス選手を圧倒する形となり、3セットを連取し勝利となりました。

  • Japan 西日本 [3-2] Japan 東日本
    • MOBA: Japan Assult (西日本)
    • FREE: Japan さしみ醤油 (東日本)
    • SPORTS: Japan SHO (西日本)
    • PUZZLE: Japan あめみやたいよう (東日本)
    • FIGHTIHG: Japan 輝ROCK (西日本)

西日本チームが3-2で2連覇を達成。
これで、通算では東日本2勝、西日本2勝という形となりました。

「5」回目の節目となる来年の『Red Bull 5G 2016』では、再び東日本が西日本の優勝旗を奪い返すという展開になります。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar