タグ

PC・ゲーミングデバイス SONY のゲーミングヘッドセット『DR-GA500』と『DR-GA200』が 10月10日(日)より発売開始

SONY のゲーミングヘッドセット『DR-GA500』と『DR-GA200』が 2010年10月10日(日)より国内販売開始になるとの情報が掲載されていました。

『DR-GA500』&『DR-GA200』

『DR-GA500』と『DR-GA200』のヘッドホン・マイクの性能は同等ですが、『DR-GA500』はプロセッサーを介して7.1chバーチャルサラウンド等を利用可能となります。

DR-GA500 DR-GA200
『DR-GA500』『DR-GA200』

特徴

7.1ch VPT(Virtual phones technology)(DR-GA500)
ソニー独自技術の音響解析技術とデジタル信号処理技術を用いて、臨場感あふれる立体的なサラウンド音声を再現。また、ドルビープロロジックIIxに対応し、2ch、5.1chの音源を最新の本格的な7.1chサラウンド音場でゲームを楽しむことが可能です。

ゲームプレイに適したエフェクト機能 (DR-GA500)
くっきりとした音像定位や、明確な方向感の再現を重視した設定でシューティングゲームに最適な、「FPSモード」搭載。またCOMPRESSIONスイッチ切り替えにより、爆発音のような大きな効果音を小さく、足音などの小さな音を大きくすることが可能です。

長時間ゲームプレイにも快適サポートパッド構造
オープンエアタイプで長時間でも快適な装着感を実現。RPGなど長時間のゲームプレイを想定し、軽量フレームメカニズムを採用。さらに、イヤーパッドを3分割にすることでヘッドバンドから耳への側圧が分散発。通気性も確保します。

大口径40mmドライバユニット
大口径40mmドライバーユニットが、低音から高音までをスムーズに再生します。

コンパクトでメカニカルなブームマイク
高性能かつ、コンパクトなブームマイクロホンでプレイ中もマイクが気になりません。

仕様

ヘッドホン

  • 型式: オープンエアダイナミック型
  • ドライバーユニット: 40mm、ドーム型
  • 感度: 100 dB/mW
  • 再生周波数帯域: 14~22,000 Hz
  • インピーダンス: 40 Ω
  • 最大入力: 1000 mW
  • コード長: 1.5m(DR-GA500)、2.5m(DR-GA200)
  • 入力プラグ: 金メッキステレオミニプラグ(ヘッドホン用)、金メッキミニプラグ(マイク用)
  • 質量: 約238g

マイクロホン部

  • 方式: ブームマイクロホン
  • 型式: エレクトレットコンデサー型
  • 有効周波数帯域: 20~20,000 Hz
  • 開回路電圧レベル(0dB=1V/PaJ): マイナス38dB

なんといってもデザインが圧倒的に格好良いですね。

価格はオープンプライスで、実売価格は『DR-GA500』が17,000円前後、『DR-GA200』が8,000円前後になる見込みとのことです。

ADUさん情報提供ありがとうございました。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Sony Europe がゲーミングヘッドセット『DR-GA500』『DR-GA200』を発表

Sony Europe がゲーミングヘッドセット『DR-GA500』と『DR-GA200』を発表しました。

DR-GA500&DR-GA200

『DR-GA500』は 7.1ch デジタルサラウンドサウンドを特徴とした FPS向けのゲーミングヘッドセットです。

外部サウンドプロセッサーとヘッドセットを有線接続し、ソニーのバーチャルサラウンド再生技術『Sony Virtual Phones Technology』、ドルビー社の『Dolby Pro Logic IIx』を組み合わせることによって 7.1ch 3D サラウンドを作り出すことが出来るそうです。
この結果、プレーヤーは静かな足音やグレネードが爆発する位置までを正確に把握することが出来るリッチな音域を得ることが出来るようになるとのこと。

ゲーミングヘッドセット『DR-GA500』 ゲーミングヘッドセット『DR-GA500』-2-
DR-GA500 & 外部サウンドプロセッサー

『DR-GA200』は外部サウンドプロセッサーが無い『DR-GA500』の下位製品。
双方とも高音質の40mm口径ドライバユニット、長時間快適に使用することが出来るソニーの『triple enfolding』構造が採用されるそうです。

製品の価格や発売日については明らかにされていませんが、10 月 15 日から『Medal Of Honor』最新版のシングルプレーが無料バンドルされるプロモーションキャンペーンが開始されることから、この時期までには詳細が発表されるでしょう。

尚、日本での展開については今のところ明らかになっていません。

maidpowerさん、Sony Timer さん情報提供ありがとうございました。
ヘッドホンにも仕込まれているのでしょうか…。

情報元

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar