タグ

esports(eスポーツ) プロゲームチーム『SCARZ』が「Splatoon2」部門の設立とメンバー募集開始を発表

scarz-splatoon2

日本のプロゲームチーム Japan SCARZ が「Splatoon2」部門の設立とメンバー募集開始について発表しました

『SCARZ』が「Splatoon2」部門の設立とメンバー募集開始を発表

「Splatoon2」は、4対4で地面にインクを塗りあい、塗った面積の多いチームが勝利というルールで対戦を行なうNintendo Switch向けのアクションシューティングゲームで、2017年7月21日(金)に発売が予定されています。

Japan SCARZはゲームのリリースに先駆け、チームの一員として「Splatoon2」の競技に取り組んでいくメンバーの募集を開始。日本語によるコミュニケーションとプレー環境を保有している満16歳以上であれば、国籍や性別に関わらずメンバー選考に応募することが出来ます。

募集要項

所属が決定した選手には、チームのスポンサーであるゲーム周辺機器メーカーの「HORI」から、同社の「Splatoon2」関連製品が提供される予定です。

また、今回のメンバー募集開始を記念したTwitterキャンペーンが開始されています。

任天堂は各ゲームタイトルを使った「eスポーツ」的展開を実施中

任天堂は、2016年10月にリリースした「Nintendo Switch」においてユニフォームを身に着けたゲーミングチームが、大観衆で埋め尽くされたアリーナにて「Splatoon 2」と思われるタイトルで対戦を行なうシーンを紹介しています(下記2:40頃より)。

その後、2017年6月に開催された展示会「E3」にて、世界の強豪プレーヤーを招待した大会「2017 Splatoon 2 World Inkling Invitational」を実施。

日本では、2017年秋に公式大会「第3回スプラトゥーン甲子園」の開催が決定しています。

また、「Nintendo Versus」というTwitterアカウントでは、「Splatoon 2」「ARMS」「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX」の対戦イベントや大会に関する情報を発信しており、「eスポーツ」という言葉を使用してはいないものの、ゲームタイトルを使用した競技的展開にフォーカスしていることが見て取れます。

このような流れや「Nintendo Switch」が入手困難なほどの人気をみせていることから、「Nintendo Switch」タイトルで部門を設立していくプロチームが増加していくことは間違いなさそうです。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar