Negitaku.org esports > > Tactical Intervention

タグ

Game Counter-Strike の開発者による最新 FPS『Tactical Intervention』が Free-to-Play でサービス提供中

Tactical InterventionCounter-Strike の開発者 Minh "Gooseman" Le 氏が Source Engine をベースに開発した FPS『Tactical Intervention』がが Free-to-Play でサービスを提供中です。

Tactical Intervention

サービスがローンチされたのは先月で、現在は Counter-Strike でもお馴染みの下記モードをプレーすることが出来るようになっています。

プレー可能なゲームモード

  • Team Death Match - チームデスマッチ。規定のフラグ数に先に到達した方が勝利。
  • Hostage Grab - 先に人質全員を救助したチームが勝利。
  • Hostage Rescue - Counter-Terrorist が人質を救出、Terrorist が妨害するモード
  • VIP Escort - Counter-Terrorist がキャプチャポイントまで VIP を警護し、Terrorist はその間に暗殺を狙うモード
  • Bomb Plant - Terrorist のがポイント爆破を狙い、Counter-Terrorist はそれを妨害するモード

Tactical Intervention

Tactical Intervention

この他に、日本のオンライン FPS のように、運営チームによるイベントも実施されておりそちらに参加する事でゲームを楽しむことが出来るようになっています。

本日から GM を探して倒しスクリーンショットを送信することでゲーム内アイテムを獲得できる「Seek and Destroy Event」が実施されています。

興味のある方は以下からクライアントをダウンロードしプレーしてみて下さい。クライアントは約 1.7 ギガほどあります。
→すいませんエリア制限がかかっていて日本からはプレーできませんでした…

error


情報元

関連ニュース

Game Counter-Strike の開発者による最新 FPS『Tactical Intervention』が 2011 年よりアメリカでサービスイン予定

Tactical InterventionCounter-Strike の開発者 Minh "Gooseman" Le 氏が Source Engine をベースに開発した FPS『Tactical Intervention』が 2011 年前半にアメリカでサービスインするとの情報が発表されています。

Tactical Intervention

『Tactical Intervention』はテロリストを撲滅する近代戦争を体現した、チームプレー中心のオンライン専用 FPS とのこと。
以前に少し紹介していますので詳しくはそちらをご覧下さい。

こちらのタイトルは、アメリカにて 5 月よりクローズドベータが行われている他、ヨーロッパでも年末からベータ版をプレー可能になるとのこと。
アメリカサイトではゲームのプレー動画を見ることが出来ます。

Counter-Strike と似ていますが、オリジナルの挙動が追加されているのが分かります。
ゲーム提供元である『Fixkorea』の公式サイトを見ても、今のところアメリカサイトへのリンクしか見つかりませんでした。
まずは、Counter-Strike が人気な欧米を中心とした展開となるのでしょうか。

その後は、やはり韓国を中心にアジアでも展開されていくと思われます。

情報元

関連ニュース

Game Counter-Strike の開発者 Minh "Gooseman" Le 氏が Source Engine をベースとした FPS『Tactical Intervention』を開発中

Tactical InterventionCounter-Strike の開発者 Minh "Gooseman" Le 氏が Source Engine をベースとした FPS『Tactical Intervention』を開発中であるとの情報が 4gamer.net に掲載されていました。

Minh "Gooseman" Le 氏と Counter-Strike

Minh Le 氏は、Action Quake2 の開発中に Counter-Strike のアイデアを思いつき、Jess Cliffe 氏と Half-Life の MOD として1999年に『Counter-Strike』を開発。
その後、Counter-Strike は人気 MOD となり、両氏は Valve Software に合流。
Minh Le 氏は数年後に Valve を退職し、自身のプロジェクトとして『Tactical Intervention』の開発を進めているそうです。

Tactical Intervention

記事によると、『Tactical Intervention』はテロリストを撲滅する近代戦争を体現した、チームプレー中心のオンライン専用 FPS とのこと。

中国のサイトに掲載されていたインタビューによると、ゲームのシステムは Counter-Strike と似ており、勝利することで得られるマネーを元に武器を購入し戦力を強化していく仕組みになるそうです。
ヘリコプターや船から敵陣に潜入したり射撃をすることができる他、AI が搭載された軍用犬や人質が登場する点が CS とは異なっており、軍用犬は戦闘においてプレーヤーに加勢してくれる存在になるとのこと。

今年の 12 月に韓国でクローズドベータテストを行うことを目標に開発が進められているそうで、日本や中国、欧米でのサービス展開も予定されているようです。
現在の開発度は 70% ほどとのことでした。

ゲームの公式サイトは見つからなかったのですが、検索している過程で中国のサイトにてプレー動画らしきものを発見しました。

ムービー

リアルな動きで手榴弾を使用する様子、ダッシュ的な要素、回転しながらの飛び出しなどを見ることが出来ました。

紹介文は Tactical Intervention についての解説のようなのでおそらくあっているのではないかと思いますが、違っていたらすいません…。

また、情報元の記事には、ゲームのスクリーンショット 4 枚が掲載されていました。

オンライン専用ということは、LAN でのゲームは想定されていないということなのでしょうか?
日本でもサービスが行われる予定があるとのことなので、そのうち詳細な情報が明らかになりそうですね。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar