Negitaku.org esports > > The International 2017

タグ

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額が大会史上最速で1,000万ドル(約11億円)を突破

bl_bpimg_2017

Dota 2世界大会『The International 2017』の1,000万ドル(約11億1260万円, $1=111.26円)を突破しています。

『The International 2017』の賞金総額が歴代最速で1,000万ドルを突破

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドル(約1.79億円, $1=112.38円)ですが、大会に関連する『The International 2017 Battle Pass』等のゲーム内アイテムが購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

2017年はアイテムが販売開始となってから15日で賞金総額「1,000万ドル」を突破しました。

dota2-prize-0521

2015年は「30日」、2016年は「21日」かかっており大会歴史上最速となります。

発売開始後から、例年を上回るペースで賞金総額が増加していましたが、5月18日に「Portal」のコンパニオンキューブデザインを採用した最上級レアリティのキャラクタースキンが発表され、この入手条件が『The International 2017 Battle Pass』のレベルを245以上に上げる事であったことから、課金が促進されたと推測できます。

『The International 2016』の賞金総額は「$20,770,460」でした。
どこまで記録が伸びるか今大会も注目です。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 『Dota 2』に待望の「IO」用Arcanaレアリティスキンが登場、まさかの「Portal」コンパニオンキューブ風デザインを採用

IO

『Dota 2』に『Portal』のコンパニオンキューブ風デザインを採用した、ヒーロー「IO」向けのArcanaレアリティスキンが登場しました。

「IO」用Arcanaレアリティスキンがコンパニオンキューブ風デザインで登場

「IO」はDota 2に登場する光の球体のような独特のフォルムを持つヒーローです。

io

「Arcana」はDota 2の各種ゲーム内アイテムに適用されているレアリティの中で最も価値が高いもので、この「Arcana」が適用された「IO」のスキン登場が一部のコアファンの中で待望されていました。

2016年のユーザー投票で「IO」が敗北

2016年の公式世界大会『The Ineternational 2016』の時期に合わせて、次の「Arcana」スキンを適用するヒーローを選ぶユーザー投票企画「The Arcana Showdown 2016」が開催され、組織票もありファイナルには「IO」と「Juggernaut」が進出。

決選投票では「Juggernaut」が52%の票を獲得し、見事に「Arcana」スキンの適用が決定。「IO」ファンは千載一遇のチャンスを失い涙する結果となりました。

今年も『The International 2017』の実施に先駆けて「Arcana」スキンの投票がスタート。しかし、今年はなんと「IO」がトーナメントに不在となり「一体どういうことなんだ」と話題となっていましたが。

vote
「IO」不在の2017年トーナメント

そして今回、いきなり「IO」向けの「Arcana」がリリースされました。

まさかの『Portal』コンパニオンキューブ風デザインを採用

『Portal』はValveが2007年にリリースしたパズルアクションゲームで、このゲームに登場するのが愛らしい「コンパニオンキューブ」です。

portal

『Dota 2』と『Portal』は世界観が全く異なるゲームですが、「IO」のスキンはまさかのコンパニオンキューブデザイン風に。

IO

入手条件は、現在販売されているゲーム内アイテム『The International Battle Pass 2017』のレベルを245以上に上げること。

レベルはゲーム内のクエスト等をクリアしてポイントを獲得することで上げていくことが出来ますが、この方法で245まであげるのはかなり大変です。レベルはアイテム購入で上げる事も可能で、全て購入だけで245を達成するには「12,775円」の課金が必要となります。

課金で購入した場合

計算

  • レベル: 75 + 168 + 5 = 248
  • 金額: 4290円 + 1170円×7 + 295円 = 12,775円

アイテム売上の25%は今大会の賞金総額に配分される仕組みが採用されており、現在は「$$9,778,837」と、1,000万ドル突破が目前に迫っています。

dota2-prize-0520

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2017』用のゲーム内アイテム『Battle Pass』が発売開始、賞金総額が約半日で2倍以上の4.2億円に増額

bl_bpimg_2017

Dota 2世界大会『The International 2017』用のゲーム内アイテム『The International 2017 Battle Pass』が発売開始となりました。

The International 2017 Battle Pass

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドル(約1.79億円, $1=112.38円)ですが、本日発売された『The International 2017 Battle Pass』が購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

発売開始から約半日で賞金総額は2倍となり、現在は下記の通り「$3,818,579(約4.2億円)」となっています。

prize-dota2

2016年大会はこの仕組みによりeスポーツ大会史上最高賞金総額となる「$20,770,460(約23億円)」まで増加しました。

昨年の『Battle Pass』は5月17日頃の発売でしたが、今年は12日近く早くなっています。賞金の増額ペースも昨年を上回っていることから、このまま行けば賞金総額記録を塗り替えることになりそうです。

chart

『Battle Pass』にはゲーム内観戦チケット、デジタルパンフレット、限定アイテム、大会予想、ゲーム連動企画といった特典コンテンツが含まれているため、『The International 2017』と合わせると価格以上のお得感で楽しむことが出来ます。

dota2-item

より詳しくは、『The International Battle Pass 2017』の特設ページを参照して下さい。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar