タグ

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』がメカニカル感覚のメンブレン式ゲーミングキーボード『K3-RGB』を発表

Xtrfy_K3

『Xtrfy』がメカニカル感覚のキータッチを実現したメンブレン式ゲーミングキーボード『K3-RGB』を発表しました。

K3-RGB

『K3-RGB』はメンブレン式ながらメカニカル感覚なキータッチを実現する「mem-chanical」キースイッチを搭載したゲーミングキーボードです。

『Xtrfy』はこれまでに1680万色のLED発光対応のメカニカルキーボード『K2-RGB』(189ユーロ)、Cherry MXキースイッチ採用でLED発光にも対応する『XG1-R LED』(159ユーロ)をリリースしていますが、今回の『K3-RGB』(79ユーロ)は初のメンブレン式かつエントリーモデルということになります。

特徴

  • 「mem-chanical」キースイッチを搭載
  • 19キーロールオーバー対応
  • メタルプレートを採用した頑丈なベース
  • 耐水性のあるキースイッチ、2,000万回のキーストローク寿命
  • キーバックライトのLED発光対応(6カラーゾーン)
  • 設定ソフトウェア無し、キー押下の組み合わせでLED発光パターンを変更可能

キー配列は英語およびヨーロッパの言語に対応となっており、公式販売店にて予約受付中となっています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』初となるゲーミングヘッドセット『H1』発表、デバイスのフルラインナップが勢ぞろい

h1

スウェーデンを拠点とするゲーミングデバイスブランド『Xtrfy』が、ゲーミングヘッドセット『H1』を発表しました。

Xtrfy H1

『Xtrfy H1』はプロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasのメンバーが開発に参加した、eスポーツに最適化されたゲーミングヘッドセットです。

特徴

  • ゲームのサウンドを細部まで再現
  • ヘッドバンドに耐久性の高い素材を採用
  • 60mmのネオジウムスピーカードライバ搭載
  • LAN大会会場でもクリアな音声通話を実現するパッシブノイズキャンセルマイク
  • 長時間のゲームプレーで求められる快適さを目指し設計

スペック

  • Headset type: Closed, over-ear
  • Headband: Mechanical, aluminium frame
  • Ear pads: Memory foam and PU leather (interchangeable)
  • Audio drivers: Dynamic Ø 60 mm
  • Frequency response: 5–30,000 Hz
  • Nominal impedance: 35 Ohm per system
  • Nominal sensitivity: 97dBSPL @ 1kHZ, 15mW
  • Connection: Single or Dual 3.5 mm plug (adapter included)
  • Connector: Gold plated, dual 3-pole/single 4-pole plug
  • Cable: Braided, 1.2 m + 2 m extension + 0.2 m adapter
  • Controls: Speaker/mic vol, mic mute
  • Microphone: Detachable, supercardioid mic
  • Microphone frequency response: 40–20,000 Hz
  • Weight: 350 g
  • Weight incl. microphone and cable: 380 g

Patrik "f0rest" Lindberg選手のコメント(Ninjas in Pyjamas, CS:GO部門所属)

『H1』は本当に快適で優れたパッシプノイズキャンセル機能を備えています。
音は細部まで最適化された低音で、あなたの望み通りです。

『H1』の発売は2017年秋が予定されています。
これで、『Xtrfy』ブランドにはマウス、マウスパッド、キーボード、ヘッドセットといった基本的なゲーミングデバイスが全て揃うことになります。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』からプロチームNiPメンバーがデザインした右利きデザインの光学式ゲーミングマウス『M1』が登場

m1-1

『Xtrfy』が右利きデザインの光学式ゲーミングマウス『M1』を発表しました。

ゲーミングマウス『Xtrfy M1』

『Xtrfy M1』は、スウェーデンを拠点とするプロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasのメンバーがマウスの形状、マウス表面素材の質、ボタンの位置、マウス形状の角度にまでこだわってデザイン・テストして誕生したゲーミングマウスです。

いわゆるIE3.0クローンに分類される右利きデザインの光学式ゲーミングマウスで、スペックは以下のとおりです。

スペック

  • 形状: 特許出願中のエルゴノミックデザイン
  • センサー: Optical Pixart PMW 3310
  • コーティング: ラバー
  • ソール: テフロン製
  • メインスイッチ: オムロン社製
  • サイドボタンスイッチ: Kailh社製
  • LEDイルミネーション: Xtrfyイエロー、輝度を調整可能
  • CPI設定: 400/800/1600/3200/4000
  • ポーリングレート: 125/500/1000 Hz
  • 反応速度: 1ms
  • IPS: 130
  • 最大加速: 30g
  • ケーブル長: 2メートル
  • 重さ: 95グラム

m1-2

m1-3

※ロゴがXtrfyの通常モデルと、NiPのチームロゴが入ったNiP Editionの2デザイン展開です

Adam "friberg" Friberg選手のコメント

adam-m1

私たちはM1を正しいゲーミングマウスとして作り上げるために心を込めました。『Xtrfy M1』は、私にとって完璧なゲーミングマウスです。

Erik Jensen氏のコメント(Xtrfy, CEO)

M1はゲームにとって新しいものではありませんが、一貫した高品質なコンポーネントで構築されています。ハイレベルなeスポーツでは、信頼性が重要となります。

私たちは長期に渡りM1の研究に取り組んできました。このマウスは、以前にリリースした2つのマウスM2とM3で重要であった素材選択がベースとなっています。

「完璧になるまでリリースしない」という目標のもと、M1のあらゆる角度が100%正しいと感じられるまで設計を繰り返し、ついに完成となりました。全てのゲーマーがこのマウスを利用出来るようになる日を待ちきれません。

製品は2017年秋にリリース予定です。現時点で価格は明らかにされていませんでした。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』がマウスバンジー・マウスコードホルダー・キートップキットを発表

xtrfy-1

『Xtrfy』がマウスバンジー・マウスコードホルダー・キートップキットの3製品を発表しました。

『Xtrfy』がマウスバンジーなど3製品を新たに発表

B1 Mouse bungee

002-b1-led_gallery

B1 Mouse bungeeは、プロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasが開発に協力して誕生したマウスバンジーです。

マウスバンジーはベース部分が四角形となっており、背面にLED、サイドに4つのUSBポート、中央にマウスコードを固定する機構を搭載しています。
この形状により、より安定性を保ちながらマウスを快適に動かすことが可能となっています。

Emil "HeatoN" Christensen氏のコメント (NiP創設者、CS1.6元世界王者)
マウスバンジーは選手のパフォーマンスを真に発揮させるために、マウスの動きに対して抵抗なく滑らかに追従していく必要があります。
B1は新たな構造を持つB1は他のマウスバンジーよりも柔軟で、マウスの滑らかな動きとより良い操作性を提供します。

C1 Mouse cord holder

001-c1-gallery

C1 Mouse cord holderは、アタッチメントのメタルプレート、マウスコードホルダーの2つを組み合わせて使用します。

まずは机にメタルプレートを貼り付け、そこに強力なマグネットを搭載したコードホルダーを載せることでマウスコードを固定。これによりマウスコードの角度を安定し、快適なマウス操作が可能になります。

A1 Mechanical keyboard enhancement kit

003-a1-gallery

こちらはメカニカルゲーミングキーボード向けのアクセサリーキットです。
LEDの光を透過するフロストホワイトのキートップ5個、キートップ引き抜き器具、キートップの差し込み口にセットすることでキー押下時の音を静かにするOリング、掃除用のブラシがセットになっています。

002-a1-gallery

毎度のことですが、日本には『Xtrfy』の正規代理店がないため製品を欲しい場合は海外ショップ等から購入する必要があります。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』が右きき用デザインの光学式ゲーミングマウス『XG-M3-HEATON』を発表

XG-M3-HEATON

『Xtrfy』が右きき用デザインの光学式ゲーミングマウス『XG-M3-HEATON』を発表しました。

XG-M3-HEATON

『XG-M3-HEATON』は、プロゲーマー時代にはCounter-Strikeで8回の世界王者を達成し、世界トップクラスのプロゲームチーム Ninjas in Pyjamasの創設者でもある Sweden Emil "HeatoN" Christensen氏が開発に参加して誕生しました。

同製品は、HeatoN氏が現役時代に使い続けていたというマウス「Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0」の形状をインスパイアしながら、安定した光学式センサー、CPI切り替え機能、掴みやすい表面ラバー加工、LEDライトなどを載せたゲーミングマウスとなっています。

LEDはイエロー発光仕様で、HeatoN氏のサインも光るデザインとなっています。
製品価格は79ユーロ。日本には正規代理店がないため、入手したい人は海外ショップ等からの購入となります。

Emil "HeatoN" Christensen氏のコメント

M3は私が求める完璧なゲーミングマウスで、最高のパフォーマンス、自身が信頼出来るハードウェア、ユニークな形状が特徴です。

スペック

  • センサー: Pixart 3310 optical gaming sensor
  • メインボタンスイッチ:オムロン製
  • サイドボタンスイッチ: Kailh製
  • CPI: 400/800/1600/3200/4000
  • ポーリングレート 125, 500, 1000 Hz
  • 最大反応速度: 1ms
  • 最大認識速度: 130ips
  • 最大加速: 30g
  • ケーブル長さ: 2メートル
  • 重量: 104グラム (ケーブル含まず)
  • サイズ:横55~70mm×縦130mm×高さ39mm

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Xtrfyのゲーミングマウスパッド『XTP1』にNiP CS:GO部門所属f0rest選手モデルが登場

Xtrfy XTP1 f0rest edition

『Xtrfy』からプロゲームチーム Sweden Ninjas in PyjamasのCS:GO部門に所属する Sweden Patrik "f0rest" Lindberg モデルのゲーミングマウスパッドが発表されました。

Xtrfy XTP1 f0rest edition

Sweden Patrik "f0rest" Lindberg 選手は、2005年から現在までCounter-Strikeシリーズで活躍するプロゲーマーです。
ピストル、アサルトライフル、スナイパーライフルなど全ての武器を使いこなすオールラウンダーで、幾度もCounter-Strike史上最高の選手という評価を得てきました。

そのf0rest選手とXtrfyのコラボゲーミングマウスパッドが登場しました。

特徴

  • オプティカルマウス、レーザーマウスの両方に最適化した布製の表面
  • 滑りにくいラバー製の裏面
  • 耐久性を向上させるためにエッジをステッチ加工
  • サイズ: 横460mm×縦400mm×厚さ4mm
  • 30度で洗濯機洗い可能

f0rest選手のコメント

f0rest

マウスとマウスパッドは私にとって同じくらい重要なものです。
デバイスの違いを感じて適切ものを選べば、プレーを改善することが可能となります。
XTP1マウスパッドについて最も印象的なのはその表面です。滑りは完璧で、長いプレーを経ても変わりがありません。

マウスパッドを紹介するライブ配信のアーカイブを上記から見ることができます。

『Ninjas in Pyjamas』チームモデルのゲーミングマウスパッドも登場

Ninjas in Pyjamas

デザイン違いバージョンとなる『XTP1, Ninjas in Pyjamas teampad』もリリースされています。
こちらは熱く燃えたぎるチームロゴが特徴となったデザインになっていました。

日本ではXtrfy製品は正式に取り扱う代理店が存在しないため、欲しい人は海外サイト等から購入する必要があります

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス “インフェルノのバナナキング”NiP CS:GO部門friberg選手モデルのゲーミングマウスパッドが『Xtrfy』から登場

Xtrfy XTP1 friberg edition

『Xtrfy』からプロゲームチームNinjas in PyjamasのCS:GO部門に所属する Sweden Adam "friberg" Friberg モデルのゲーミングマウスパッドが発表されています。

※書こうと思って忘れていたため、発表自体は結構前になります

Xtrfy XTP1 friberg edition

『Xtrfy XTP1 friberg edition』は、『Xtrfy』が展開する定番ゲーミングマウスパッド『Xtrfy XTP1』にfriberg選手をイメージした特別デザインを採用した製品です。

Ninjas in Pyjamasでエントリーフラッガー、スキルフルなライフラーとして活躍するfriberg選手は、CS:GOのマップ「Inferno」で通称「バナナ」と呼ばれるエリアを制圧してきたことから、マウスパッドの表面にはその敬意を込めて「King of Banana」の文字をプリントしているとのこと。マウスパッドの左下には、そのfriberg選手によるサインもデザインとして組み込まれています。

特徴

  • オプティカルマウス、レーザーマウスの両方に最適化した布製の表面
  • 滑りにくいラバー製の裏面
  • 耐久性を向上させるためにエッジをステッチ加工
  • サイズ: 横460mm×縦400mm×厚さ4mm
  • 30度で洗濯機洗い可能

friberg選手のコメント

『Xtrfy XTP1』で素晴らしいのはその品質です。このマウスパッドを一年以上、数千時間ゲームで使用していますが、表面の摩擦は全く変わっていません。これまでに使ったゲーミングマウスパッドで最も快適です。私はマウスパッドの上に手首を固定してプレーするので、その快適さは非常に重要なものです。

Xtrfy XTP1 friberg edition

製品のリリースはこの春から夏にかけてが予定されています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス レジェンドプロゲーマーHeatoNデザインのプラスチック系ゲーミングマウスパッド『Xtrfy XG-GP3-L-HeatoN』

ゲーミングマウスパッド『Xtrfy XG-GP3-L-HeatoN』

元Counter-Strikeの世界王者にしてプロゲームチームNinjas in Pyjamasの創設者 Emil “HeatoN” Christensen氏が手がけたゲーミングマウスパッド『Xtrfy XG-GP3-L-HeatoN』がリリースされています。

ゲーミングマウスパッド『Xtrfy XG-GP3-L-HeatoN』

『Xtrfy XG-GP3-L-HeatoN』はマウスのコントロール、安定性、精度を増加させるために HeatoN氏によってデザイン、素材選定されたプラスチック系のゲーミングマウスパッドです。

表面素材は耐久性の高いポリカーボネートでオプティカル・レーザーの両センサーに対応。HeatoNのサイン入りデザインとなっており、裏面にはグリップを高めるラバーを採用しています。

スペック

  • 表面: ポリカーボネート
  • 裏面: ラバー
  • サイズ: 横420mm×縦350×厚さ2.5 mm
  • 価格: €39

HeatoN氏といえば現役時代にSteelSeriesのプラスチック系ゲーミングマウスパッド『Steelpad 4D』を愛用していましたが、パワフルなプレースタイルで表面が一般のゲーマーよりもすぐに削れてしまうことから感覚が変わらないよう毎日新品に変えていたというエピソードを持つほどマウスパッドにこだわりがあります。

その後、新たな『Steelpad S&S(SteelSeries S&Sの旧称)』の開発に関わった他、QPADと共に自身の名前を冠した大型のプラスチック系ゲーミングマウスパッド『QPAD|HeatoN』を開発していた事もあります

最近のシーンでは布製ゲーミングマウスパッドが主流となっていますが、そんなHeatoN氏が手がけた最新のプラスチック系ゲーミングマウスパッド『Xtrfy XG-GP3-L-HeatoN』がどのような仕上がりになっているのか非常に興味深いところです。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Xtrfyの光学式ゲーミングマウス『XG-M2』が今秋に発売開始予定

ゲーミングマウス『XG-M2』

スウェーデンを拠点とするPC・モバイル周辺機器メーカー『Xtrfy』の最新ゲーミングマウス『XG-M2』を2015年に秋に発売開始すると発表しました。

光学式ゲーミングマウス『XG-M2』

『XG-M2』は、Pixart PMW 3310 オプティカルゲーミングセンサー搭載し、左右対称デザインを採用した右きき用デザインの5ボタン光学式ゲーミングマウスです。

開発にはプロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasや Norway LGB eSportsに所属するプロゲーマー達が協力しています。

特徴

  • 左右対称の右利き用デザイン
  • Pixart PMW 3310 オプティカルゲーミングセンサー搭載
  • 3つのLEDライトニングゾーン(サイド、ロゴ、ホイール)
  • オムロン製スイッチ採用
  • テフロン素材のソール
  • マウスの表面をラバー加工
  • CPI: 400/800/1600/3200/4000
  • ポーリングレート: 125, 500, 1000 Hz
  • 最大スピード: 130 inches per second
  • 最大加速: 30 g
  • ボタン数: 5
  • ケーブル長: 2メートル
  • 重量: 112グラム (ケーブル含まず)
  • 価格: XG-M2 €60、XG-M2-NIP €70

ゲーミングマウス『XG-M2』

ゲーミングマウス『XG-M2』

ゲーミングマウス『XG-M2』

ゲーミングマウス『XG-M2』

先日、Ninjas in Pyjamasのメンバーが来日した際に実物を見ることができるかと期待していましたが、イベントで使用していたのは別メーカーのマウスでした。

秋に発売となるのは、通常版(65ユーロ)とNinjas in Pyjamasモデル(70ユーロ)の2種類となります。

現状、日本には正式な代理店がいないはずですので、入手するには海外サイトで購入するか、どこかのショップが展開する輸入版を待つことになりそうです。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス XtrfyがプロゲームチームNinjas in Pyjamasと共同開発した光学式ゲーミングマウス『XG-M2』を発表

ゲーミングマウス『XG-M2』

スウェーデンを拠点とするPC・モバイル周辺機器メーカーXtrfyが光学式ゲーミングマウス『XG-M2』を発表しました。

光学式ゲーミングマウス『XG-M2』

『XG-M2』は、Pixart PMW 3310 オプティカルゲーミングセンサー搭載し、左右対称デザインを採用した右きき用デザインの5ボタン光学式ゲーミングマウスです。

開発にはプロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasや Norway LGB eSportsに所属するプロゲーマー達が協力しています。

特徴

  • 左右対称の右利き用デザイン
  • Pixart PMW 3310 オプティカルゲーミングセンサー搭載
  • 3つのLEDライトニングゾーン(サイド、ロゴ、ホイール)
  • オムロン製スイッチ採用
  • テフロン素材のソール
  • マウスの表面をラバー加工
  • CPI: 400/800/1600/3200/4000
  • ポーリングレート: 125, 500, 1000 Hz
  • 最大スピード: 130 inches per second
  • 最大加速: 30 g
  • ボタン数: 5
  • ケーブル長: 2メートル
  • 重量: 112グラム (ケーブル含まず)
  • 価格: XG-M2 €60、XG-M2-NIP €70

ゲーミングマウス『XG-M2』

ゲーミングマウス『XG-M2』

ゲーミングマウス『XG-M2』

ゲーミングマウス『XG-M2』

『XG-M2』には通常版とNinjas in Pyjamasモデルがあり、2015年6月13~16日にスウェーデンで開催される『DreamHack Summer 2015』の会場で先行公開となります。

Joakim Jansson氏のコメント(Xtrfy, 共同創設者)

私たちのゴールは、ゲーマーのプレー向上の助けとなることが保証される、信頼性がありハイパフォーマンスなマウスを作る事でした。
XG-M2は慎重に選択した要素で構成されており、その機能は仕事を役割を果たすことでしょう。

Emil “HeatoN” Christensen氏のコメント (NiP, オーナー・創設者)

このマウスの形状は、私たちのプロゲーマーネットワークからの推薦によって明確に選択されています。開発中、私たちはこの形状が多くのプレーヤーによって評価されるのを目にしました。私たちは、一貫して最もパフォーマンスを発揮するコンポーネントによってこのマウスを共同開発しました。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar