Negitaku.org esports > > e-Sports(eスポーツ)

タグ

e-Sports(eスポーツ) 西日本最大級のe-sports専用教育施設が3/18(土)「OCA大阪デザイン&IT専門学校」内にオープン、大会・イベント主催者への無料開放を実施

OCA_e-sports_ime

学校法人滋慶学園 OCA大阪デザイン&IT専門学校が、e-sports専用教育施設を3月18日(土)にオープンすることを発表しました。

西日本最大級のe-sports専用教育施設が「OCA大阪デザイン&IT専門学校」内にオープン

「OCA大阪デザイン&IT専門学校」は、2018年4月にプロゲーマーを育成する学科「e-sports ワールド」を開設予定です。

今回発表されたe-sports専用教育施設はその教室となるもので、最大12名の対戦を行なうことが可能となる他、教室正面にスクリーンを配置し大会やイベントなどのさまざまな映像を大画面で視聴することが可能。また、各競技デスクにはフロントモニターが設置され、プレーヤーの表情が映し出すことが可能です。

特徴

  • 西日本最大級の約150㎡の専用ゲーミングスペース
  • 「Razer」、「Logicool」などのゲーム用デバイスを採用
  • プロジェクター、大型液晶モニタ、PA機材を設置し、様々なゲームイベントに対応

見学会やプロゲームチームの特別講義を実施、大会主催者へ施設を無料開放

3月18日(土)からこの最新設備の設備見学会や「e-sports ワールド」の説明会がスタート予定です。3月26日(日)にはプロゲームチーム Japan CYCLOPS OSAKA athlete gamingの特別講義が実施されます。

また、ゲームの地位向上やeスポーツカルチャーの醸成と普及活動ため、ゲーム大会やコミュニティイベントのサポートとして会場の無料開放を実施。詳細については、「OCA大阪デザイン&IT専門学校」に問い合わせてほしいとのこと。

今後、西日本におけるオフライン大会・イベントの拠点的な存在となりそうです。

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) eスポーツ大会『RAGE』の開催にてCyberZとエイベックス・ライヴ・クリエイティヴが協業することを発表

press

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社CyberZと、エイベックス・グループのエイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社(ALC)が、eスポーツ大会『RAGE』における協業を開始すると発表しました。

eスポーツ大会『RAGE』の開催でCyberZとALCが協業

『RAGE』は2015年にCyberZ社が立ちあげたeスポーツ大会で、これまでに「Vainglory」、「ストリートファイターV」、「Shadowverse」の3タイトルを採用し開催されています。

2017年5~6月には、『RAGE Shadowverse Tempest of the Gods』を開催予定で、この大会より協業体制での実施がスタートします。

ALC社との協業体制となることにより、同社がもつイベント制作・マーチャンダイズ事業でのノウハウや、アーティストによる楽曲が『RAGE』にもたらされるようになります。
これにより、CyberZ社は『RAGE』のさらなる拡大を図っていきます。

エンターテインメント制を重視した展開を見せる『RAGE』

『RAGE』はスポーツや格闘技イベントを参考とした演出、アーティストによる会場生ライブ、世界王者をサプライズゲストに呼ぶ演出を実施するなど、エンターテイメント性を持たせることにこだわりをもって大会運営をおこなっています。

参考記事

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
選手の煽りVTR

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
大会テーマ曲ライブ

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
世界トップ選手とのサプライズエキシビションマッチ

『RAGE』はこれまでも国内トップクラスの演出で実施されてきましたが、今回の協業によりってプロフェッショナルなノウハウが持ち込まれるため、さらに魅力的な大会開催が期待されます。

『RAGE』が「eスポーツ」を華々しく見せる展開をどのように見せてくれるか注目です。

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) プロeスポーツーム『DetonatioN Gaming』と大塚食品の炭酸飲料「マッチ セットポジション」がスポンサー契約を締結

matchset

株式会社大塚食品の炭酸飲料「マッチ セットポジション」と、プロeスポーツーム Japan DetonatioN Gaming がスポンサー契約を締結したことが発表されました。

DetonatioN Gaming×マッチ セットポジション

「マッチ セットポジション」は「3秒後にクールな刺激!」をキャッチコピーとする、20~30代に人気のビタミン炭酸飲料です。今回のスポンサー契約により、「マッチ セットポジション」はJapan DetonatioN Gaming の活動をサポートしていくことになります。

リリースにおいて、その具体的なサポート内容については明かされていませんが、「マッチ セットポジション」の飲料が選手達に提供されるということは間違いなさそうです。

梅崎伸幸 氏のコメント(DetonatioN Gaming, CEO)

この度、大塚食品様とのスポンサー契約締結できたことを大変嬉しく思います。ブランドとして確立している『マッチ』の新ラインアップ『マッチ セットポジション』は、「ここぞ!」という勝負シーンを応援する飲料として、選手達の普段の練習や大会での良いパフォーマンスを期待しています。
今後はチーム企画のイベントや大会でのタイアップなども計画し、共にeスポーツシーンを盛り上げていきたいと思います。

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) 『ASUS ROG』がプロサッカーチーム『パリ・サンジェルマン』のeスポーツチーム『PSG eSports』とスポンサー契約

C52Q-gnWgAAbhWz

『ASUS ROG』がプロサッカーチーム『パリ・サンジェルマン』のeスポーツチーム『PSG eSports』とスポンサー契約したことを発表しました。

『ASUS ROG』が『PSG eSports』とオフィシャルスポンサー契約

「Republic of Gamers」は、『ASUS』のゲーミング製品ブランドで幅広い製品ラインナップを展開しています

ASUS ROG アイテム

  • ノートパソコン
  • デスクトップPC
  • マザーボード
  • ビデオカード
  • 液晶ディスプレイ
  • ヘッドセット
  • マウス
  • マウスパッド

今回の契約により、『PSG eSports』のメンバーはゲーミングPC「G20」、ラップトップ「ROG Strix G702」、モニタ「MG248Q」などの製品を使用してドイツ・ベルリンのゲーミングハウスにて競技に向けた練習を行っていく事になります。

Fabien Allègre氏のコメント (Paris Saint-Germain, Head of Merchandising and Brand Diversification)

ASUS REPUBLIC OF GAMERSを『PSG eSports』初のスポンサー、主要なパートナーとして迎えることをとても誇りに思います。
このパートナーシップはチーム代表のNasser Al-Khelaifiによって我々のプロジェクトや戦略のために執り行われました。ブランドに対する関心が高まることは間違いありません。

Karim Ouahioune氏のコメント (ASUS REPUBLIC OF GAMERS, Marketing Manager)

『Republic of Gamers』と『PSG eSports』は成功するための共通野心を共有しています。我々2つのブランドのパートナーシップは明白なものです。ナンバーワンのPCゲーミング企業として、技術革新と性能に関する当社の専門知識を『PSG eSports』と共有できることを誇りに思います。さらなる高みに到達することを楽しみにしています。

『ASUS ROG』は、先月にスウェーデンのレジェンドプロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasとのスポンサー契約も発表しています。

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) サイゲームスがプロ格闘ゲーマー梅原大吾、Snake Eyez、PR Balrogと契約、チーム「Cygames Beast」を結成

team-beast

ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社Cygamesが、世界トップクラスのプロ格闘ゲーマー3選手と契約しチーム「Cygames Beast」を結成したことを発表しました

サイゲームスがプロ格闘ゲーマーと契約、チーム「Cygames Beast」を結成

株式会社Cygamesは『グランブルーファンタジー』や『Shadowverse』など様々な人気ゲームを展開する企業です。

同社は、日本を代表する格闘ゲームのプロゲーマー Japan 梅原大吾選手、Red BullアスリートのUnited States Snake Eyes選手、元Evil Geniuses所属の United States PR Balrog選手といった世界的に有名で実績のある3選手とスポンサー契約を締結。

また、梅原選手の愛称「Beast」であるを名称の由来としたチーム「Cygames Beast」を発足させました。

サイゲームスのコメント

弊社は事業の主軸であるソーシャルゲーム事業の枠にとらわれず、様々なフィールドを通じて、人々に喜びや夢を与える最高のブランドを目指すとともに、社会に多様な価値を提供することを目標としています。

これまで、サイゲームスは日本市場を中心に活動してまいりましたが、2016年6月の『Shadowverse (シャドウバース)』のリリースを皮切りに、海外市場も視野に入れ世界中に「最高のコンテンツ」を届けたいという思いを強くしてきました。

そのため、このたび、世界でも群を抜く実績と認知度、人気を誇り、高い発信力を持つ梅原大吾選手、さらに、北米の人気プレイヤーであるスネーク・アイズ(Snake Eyez)選手、PRバルログ(PR Balrog)選手と、スポンサー契約を締結し、「Cygames Beast」を発足することとなりました。

さらに、梅原大吾選手が賞金寄付などを通し、格闘ゲームコミュニティへの貢献、そして、後進の育成にも尽力する姿は、自社のコンテンツにかかわらず、プロプレイヤーが活躍できる土壌を作り、ゲーム業界の永続的な発展に寄与していきたいというサイゲームスのビジョンと一致しており、今後、パートナーとしてともに歩んでいけることを非常に光栄に思っています。

Cygames Beast

  • Japan Daigo "Beast" Umehara
  • United States Darryl "Snake Eyez" Lewis
  • United States Eduardo "PR Balrog" Pérez

「Cygames Beast」の詳細については改めて発表予定とのことです。
Twitterなどでは、Cygamesによる格闘ゲームの開発展開を期待する声が見かけられました。

「Cygames Beast」が格闘ゲーム以外のゲームの選手とも契約していくことになるのかなど興味深いところです。ただ、例えば『League of Legends』などはゲーム開発会社・販売業者は公式eスポーツ大会においてチームのスポンサーになることが出来ないといったルール(項目3.7)が適用されるため、活動が制限されるタイトルも出てきます。

「サイバーエージェント」グループが強力なeスポーツ展開体制を構築中

今回の契約により、「株式会社サイバーエージェント」の関連会社である「株式会社Cygames」はeスポーツ展開にも力を入れるオンラインカードゲーム『Shadowverse』、eスポーツチームとも言える『Cygames Beast』の2つを持つことになりました。

同じサイバーエージェントグループである「株式会社CyberZ」は、eスポーツ大会『RAGE』シリーズの主催、ゲームストリーミング配信サービス『OPENREC.tv』のサービス提供、プロゲームチームやeスポーツ大会のスポンサードを行なっており、「サイバーエージェント」グループ内で強力なeスポーツの展開体制が整ってきています。

ちなみに、「株式会社Cygames」はトレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」のプロチーム『Team Cygames』の運営も行なっています。

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) 『第2回 日本eスポーツ選手権大会』5部門で開催された競技の最終結果

DSC_4624

一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)』が主催し2017年2月25日(土)、26日(日)に実施された『第2回 日本eスポーツ選手権大会』の最終結果を紹介します。

第2回 日本eスポーツ選手権大会

『第2回 日本eスポーツ選手権大会』は、ゲームプレイヤーの地位向上とeスポーツの国内普及・発展を目指して、5つの競技ゲームを採用して開催された全国選手権大会です。

東京、大阪、オンライン、決勝会場で行なわれた予選を勝ち抜いた全国の強豪選手が、東京・豊洲PITで行なわれたオフライン決勝戦で日本一の座を競い合い、下記の結果となっています。

今大会では、プロゲームチーム Japan SCARZの所属選手が『CS:GO』および『FIFA17』の2部門を制覇。『GUILTY GEAR Xrd』や『FIFA17』には前回大会の優勝選手も出場していましたが、連覇はなりませんでした。『Overwatch』部門では、プロゲームチームも参加する中、見事に Japan Crest Gamingが優勝となりました。

Counter-Strike: Global Offensive (PC)

  • 1位: Japan SZ.Absolute - crow, barce, t4k3J, poem, Laz - 25万円
  • 2位: Japan BlackEye - Easy, Katze, SorAek, QAKO, Asilis - 10万円
  • 3-4位: Japan DETONATOR - Norisen, impalement, Guin, ayanox, Freak
  • 3-4位: Japan NUE - btiku, ikinoko, taka193b, reitouMGR, Murchi
  • 5-7位: Japan AkioFC - chiaraJ, marin, saku, lycer, hunt
  • 5-7位: Japan TokugawaGaming - hippy, TORANECO, zebry, arls, grit0
  • 5-7位: Japan 出家 - Xana, mittiii, 中村透, Shi0, Quartz

Overwatch (PC)

  • 1位: Japan CrestGaming.Blitz - 30万円
  • 2位: Japan CYCLOPS OSAKA athlete gaming - 12万円
  • 3-4位: Japan Flourish
  • 3-4位: Japan Rascal Jester MaVeNick
  • 5-6位: Japan DeToNator.BLACK
  • 5-6位: Japan Yoshimoto Falmily

DEAD OR ALIVE 5 Last Round (PS4)

  • 1位: Japan シオロジカ - 10万円
  • 2位: Japan たにい - 5万円
  • 3位: Japan GGP/神園
  • 4位: Japan 輝Rock
  • 5-6位: Japan シキ
  • 5-6位: Japan
  • 7-8位: Japan GXR JC AKira
  • 7-8位: Japan ライナーバック

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- (PS4)

  • 1位: Japan 中村 - 10万円
  • 2位: Japan T5M7 - 5万円
  • 3位: Japan おみと
  • 4位: Japan サミット
  • 5-6位: Japan ふも
  • 5-6位: Japan Daru
  • 7-8位: Japan どぐら
  • 7-8位: Japan ハンバーグ

FIFA17 (PS4)

  • 1位: Japan fantom - 10万円
  • 2位: Japan 黒豆- 5万円
  • 3-4位: Japan アル
  • 3-4位: Japan yOuichiro
  • 5-8位: Japan KEN
  • 5-8位: Japan ざりがに
  • 5-8位: Japan あつや
  • 5-8位: Japan じぇー

配信アーカイブ

西村 康稔氏のコメント (一般社団法人 日本eスポーツ協会 会長)

新しい若いスター選手が出てきて、切磋琢磨して輪が広がり、スピード・技術が上がっていってるだろうと思います。今年もまた何人かを海外に派遣をして武者修行してもらって、海外で優勝してほしいと思っております。私たちJESPAは、全国に支部を作って(eスポーツの輪を)拡げていってアジア大会に選手を派遣できるようにゲーマー・アスリートをしっかりと育てていきたいと思っています。

今年の大会もその大きなステップになったと思います。今回優勝できなかった皆さん、途中で負けてしまった皆さん、ぜひ来年は優勝を目指して頑張って欲しいと思います。

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) 『東京ゲームショウ2017』で「e-Sports」コーナーが拡大、2017年9月21日(木)~24日(日)に幕張メッセで開催

tgs2017

日本最大級のゲーム展示会『東京ゲームショウ2017』の開催情報が発表されました。

東京ゲームショウ2017

『東京ゲームショウ2017』は「さあ、現実を超えた体験へ。」をテーマとして2017年9月21日(木)~24日(日)に千葉県の幕張メッセで開催されます。

今年は、日本におけるe-Sportsの本格普及に弾みをつけるためコーナー内ステージを大幅にリニューアルし、家庭用、PC、スマートフォンの人気タイトルを採用した大会を実施予定とのこと。

● 「e-Sportsコーナー」ホール 9-11
e-Sportsとして展開しているゲームタイトル(家庭用ゲーム、スマートフォンゲーム、PCゲーム)や、ハードウェア、デバイスなどを展示するコーナーです。コーナー内には大型ステージも設置します。

http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/exhibition/images/tgs_release_20170222.pdf

今回はインターネットにおける動画配信を強化し、2017年7月からスタート予定の事前番組において「e-Sports」大会の予選中継などを実施する計画です。

2016年、「e-Sportsステージ」は大会のメイン会場から少し離れた「ホール11」の特設会場に設置されていました。

AVARST2016 Season2
2016年にホール11で行なわれた『AVARST2016 Season2

今年は「ホール9~11」が「e-Sportsコーナー」のエリアとなります。「VR/ARコーナー」や「インディーゲームコーナー」などもこちらの会場となるため「e-Sports」占有というわけではありませんが、昨年よりはさらに大規模な展開になるとみて良いでしょう。

messe
「幕張メッセ」公式サイトより

「e-Sportsコーナー」以外の出展ブースでも、大会やイベントが実施されると思われます。

DeToNator [vs] CS1.6レジェンドチーム エキシビションマッチ
2015年に「ホール8」で行なわれた『CS:GO』イベント

情報元

関連ニュース

Game 『NVIDIA』がPCゲームの楽しさを伝えるストリーマーチームを結成、人気配信者YamatoN、Otofu、日本初のプロゲームチーム元4dNのXrayNらが登場

『NVIDIA』がPCゲームの楽しさを伝えるためのストリーマーチーム『Team NVIDIA Japan』を結成し、所属する3人のメンバーを発表しました。

『NVIDIA』がストリーマーチーム『Team NVIDIA Japan』結成

『Team NVIDIA Japan』に所属するのは、プロゲームチーム Japan DeToNatorに所属する YamatoN氏、『League of Legends』をメインとする女性ストリーマー Japan Otofu 氏、そして2005年1月に日本で初めてのプロゲーミングチームとなったCounter-Strike1.6チーム Japan 4dimensioNのメンバー XrayN氏の3名となりました。

XrayN氏「10万の用意は出来ているか?」

XrayN
XrayN氏(2015年の東京ゲームショウより)

YamaotN氏やOtofu氏は普段からストリーミング配信をされていますが、XrayN氏が配信を行なうのはかなり久々な印象です。そこで、ご本人にどんな配信をしていくのか質問してみました。

『Team NVIDIA Japan』のメンバー入りおめでとうございます。どんな配信をされる予定ですか? やはりCS:GOを期待する人が多くなるのではないかと思いますが。

対戦ゲームでは『CS:GO』や『Overwatch』をやっていくと思います。
シングルゲームの配信も考えています。

配信はいつ頃やる予定ですか?

配信をする時は、自分のTwitter(@XrayN_JP)でお知らせしていこうと思っています。

配信を期待している方に一言いただけたらうれしいです。

「10万の用意は出来ているか?」でお願いします笑

※XrayN氏は煽りに対して10万円をかけたオフラインでのCS 1vs1を持ちかけたという伝説の持ち主です

普通のコメントではなくあえてネタコメントをくれるあたりがさすがXrayN氏。
XrayN氏の試合や講座配信はCounter-Strikeファンに非常に人気でした。今後、どのような放送を行なっていくのか楽しみです。

XrayN氏のプレーは以下の動画でご覧ください。

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) 女性ゲーマーの活躍を応援するプロジェクト『JapanGirlsGaming』が始動、eスポーツアイドル「サンフェアリーズ」が本格的な女性チームに転身

JapanGirlsGaming

株式会社ケースエンターテイメントが、eスポーツで活躍する「ゲームが大好き」な女性を応援するプロジェクト『JapanGirlsGaming』の始動を発表しました。

JapanGirlsGaming

公式発表によると、『JapanGirlsGaming』ではより多くの女性プレーヤーが“挑戦”し、“活躍できる場”を提供することを目的としたプロジェクトで、eスポーツ専用施設「e-sports SQUAERE」協力の元、定期的なイベントや女子リーグの開催を検討していくとのこと。

公式サイトでは所属メンバーの他、活動予定タイトルが発表されています。

活動タイトル

  • League of Legends
  • Overwatch
  • Shadowverse
  • Vainglory
  • その他

『JapanGirlsGaming』では、13~30歳までの女性限定で新メンバーを募集中とのこと。
より詳しくは公式サイトをご覧ください。

eスポーツアイドル「サンフェアリーズ」が本格的な女性eスポーツチームに活動方針を変更

『JapanGirlsGaming』を展開する株式会社ケースエンターテイメントは、eスポーツアイドル「サンフェアリーズ」のマネジメントを手がける芸能事務所でもあります。

サンフェアリーズは『League of Legends』とタレント活動を両立し「歌って踊れるe-sportsアイドル」として活動してきましたが、今回のプロジェクト始動に合わせて方針を変更し、プレーヤーとしての活動をメインとする「e-sports女性チーム」として活動を行なっていくことになるそうです。

これに伴い、メンバーが下記のように変更されています。

サンフェアリーズ

  • Japan 佐々木ささみ
  • Japan 山田葵奈
  • Japan 笹森みのり [新規加入]
  • Japan 葉月かんな [新規加入]
  • Japan 水野まこと [新規加入]

脱退

  • Japan 赤羽結衣
  • Japan 水藤れいか
  • Japan 桜木みずも

情報元

関連ニュース

e-Sports(eスポーツ) プロサッカーチーム『ASローマ』がプロゲームチーム『Fnatic』とパートナーシップ契約を締結しeスポーツに参入

Fnatic × AS Roma

プロゲームチーム『Fnatic』がイタリアのプロサッカーチーム『ASローマ』とパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。

『Fnatic』と『ASローマ』が提携、サッカーゲーム「FIFA 17」の選手と契約

今回の提携により、伝統的なフットボールクラブ『ASローマ』と世界トップクラスのeスポーツチーム『Fnatic』がジョイントベンチャーを設立し、『ASローマ』のeスポーツチームを協力体制で運営していくことになりました。

『ASローマ』のeスポーツチームに所属するのは「FIFA 17」の3選手およびマネージャーとなります。

AS Roma FIFA Team

  • Sam "Poacher" Carmody
  • Aman "Aman" Seddiqi
  • Nicoló "Insa" Mirra
  • Colin Johnson (Manager)

今回の発表ページでは、各選手が契約書にサインをする様子や、『Fnatic』と『ASローマ』のロゴが入ったユニフォームを手にする写真が掲載されていました。

Fnatic × AS Roma

Wouter Sleijffers氏のコメント (Fnatic, CEO)

FIFAのeスポーツ界への参入は、伝統的なフットボールクラブ・eスポーツ組織の双方から注目を集めています。

Fnaticはフットボールの歴史において長く成功する象徴的な倶楽部「AS Roma」と共にこの急上昇するeスポーツゲームに参入することに興奮しています。

Jim Pallotta氏のコメント (AS Roma, President)

世界で最もデジタルに対応しているスポーツチームの1つとして、ASローマは全てのデジタルチャンネルを通じてファンとつながる組織を創り上げようと努力しました。

eスポーツはとてつもない勢いで成長し、FIFAのようなゲームは注目を集めています。ASローマはeスポーツチームを立ちあげるために、世界をリードするeスポーツ組織であるFnaticと提携しました。このジョイントベンチャーは、eスポーツにおいて強力なレガシーを構築し、エキサイティングな新たな方法でファンを刺激することを可能とします。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar