タグ

esports(eスポーツ) プロサッカーチーム『ASローマ』がプロゲームチーム『Fnatic』とパートナーシップ契約を締結しeスポーツに参入

Fnatic × AS Roma

プロゲームチーム『Fnatic』がイタリアのプロサッカーチーム『ASローマ』とパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。

『Fnatic』と『ASローマ』が提携、サッカーゲーム「FIFA 17」の選手と契約

今回の提携により、伝統的なフットボールクラブ『ASローマ』と世界トップクラスのeスポーツチーム『Fnatic』がジョイントベンチャーを設立し、『ASローマ』のeスポーツチームを協力体制で運営していくことになりました。

『ASローマ』のeスポーツチームに所属するのは「FIFA 17」の3選手およびマネージャーとなります。

AS Roma FIFA Team

  • Sam "Poacher" Carmody
  • Aman "Aman" Seddiqi
  • Nicoló "Insa" Mirra
  • Colin Johnson (Manager)

今回の発表ページでは、各選手が契約書にサインをする様子や、『Fnatic』と『ASローマ』のロゴが入ったユニフォームを手にする写真が掲載されていました。

Fnatic × AS Roma

Wouter Sleijffers氏のコメント (Fnatic, CEO)

FIFAのeスポーツ界への参入は、伝統的なフットボールクラブ・eスポーツ組織の双方から注目を集めています。

Fnaticはフットボールの歴史において長く成功する象徴的な倶楽部「AS Roma」と共にこの急上昇するeスポーツゲームに参入することに興奮しています。

Jim Pallotta氏のコメント (AS Roma, President)

世界で最もデジタルに対応しているスポーツチームの1つとして、ASローマは全てのデジタルチャンネルを通じてファンとつながる組織を創り上げようと努力しました。

eスポーツはとてつもない勢いで成長し、FIFAのようなゲームは注目を集めています。ASローマはeスポーツチームを立ちあげるために、世界をリードするeスポーツ組織であるFnaticと提携しました。このジョイントベンチャーは、eスポーツにおいて強力なレガシーを構築し、エキサイティングな新たな方法でファンを刺激することを可能とします。

情報元

関連ニュース

League of Legends プロゲームチームFnatic LoL部門がスポーツ・サイコロジストの求人を開始

Fnatic

プロゲームチーム FnaticのLeague of Legends部門がスポーツ・サイコロジストの求人を開始しています

Fnatic LoL部門がスポーツ・サイコロジストの求人を開始

Fnaticは求人ページにて、2016年シーズンを通じて選手が能力を最大限に発揮するためにはコーチ陣の拡充が絶対的に必要であることを学んだと説明しました。

チームは2017年シーズンに向けて、選手の能力向上やメンタルケアを手助けするスポーツ・サイコロジストをコーチ陣に加えることで、チームのシナジーやチームワークを強化する狙いです。

興味深かったので求人要項の内容を紹介します。

役割

  • コーチやマネージャーと共に選手にとって最高の環境を構築する
  • チーム内のシナジーと信頼を作り上げる
  • 継続的にチームのコミュニケーション改善に取り組む
  • 選手やスタッフのモチベーションを高く維持する
  • 選手ごとに個人・プロとしての目標を設定する手助けに取り組む
  • 選手の成長過程を追い、目標達成を支援する
  • チームの強みや弱点を見抜き、選手やコーチに共有する
  • 選手の考え方・態度を定期的に評価し、適切なフィードバック、バランスの取れた批評、モチベーションアップを行なう
  • 心の知能指数、粘り強さの向上に選手と共に取り組む
  • チームのまとめ役として働く

必要スキル

  • 人間科学・心理学・サイコセラピー・カウンセリングに関する学位または資格の証明
  • 若者へのコーチング経験
  • プロスポーツにおける活動経験優遇
  • この分野における3年以上の経験
  • League of Legendsの基礎知識を習得すること
  • 英語コミュニケーション能力
  • ドイツ語、韓国語、フランス語、スウェーデン語は優遇材料

待遇・機会提供

  • 最も刺激的かつ急速に発展するeスポーツ業界において、最も有名なグローバルブランドのために働く機会
  • eスポーツに関する情熱を共有する優秀で国際的なチームとの取り組み
  • 速く、楽しく、フレンドリーなチーム環境
  • 急速に発展するeスポーツ業界における多くの経験、独立の機会
  • 進行しながらのトレーニングと学習機会
  • 国際的なビジネスにおける個人的な人脈構築の可能性
  • 水準以上の給与
  • 食事、渡航宿泊費は申込者の状況に依存する。必要があれば引っ越しの補助有り。

ゲームプレーに関するコーチの採用は一般的になってきましたが、今後はより細分化されたコーチングを行なう人材が必要とされていく流れになっていくのでしょうか。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 FnaticのDota 2部門に元TNC GamingのDeMoN, Raven, eyyouが加入

Fnatic

FnaticがDota 2部門の新メンバーを発表しました。

FnaticのDota 2部門に元TNC GamingのDeMoN, Raven, eyyouが加入

Fnaticは『The International 2016』で4位の好成績を収めた後に、Philippines Djardel Jicko B. "DJ" Mampusti選手、Malaysia Adam Erwann Shah "343" bin Akhtar Hussein選手、Malaysia Zheng "MidOne" Yeik Nai (Team Secretに加入)選手の脱退を発表しました

一方、TNC Gamingは先日3名を入れ替えた新たなラインナップを発表していました。

そして今回、TNC Gamingを去った3人が新たにFnaticへと加入することが明らかになりました。
新チームのメンバー、今回Fnaticに加入となる各選手のコメントは下記のとおりです。

Fnatic Dota 2

  • Malaysia Chai "Mushi" Yee Fung
  • Malaysia Chong Xin "Ohaiyo" Khoo
  • Malaysia Marc Polo "Raven" Luis Fausto (ex-TNC Gaming)
  • Malaysia Nico "eyyou" Barcelon (ex-TNC Gaming)
  • United States Jimmy "DeMoN" Ho (ex-TNC Gaming)

Marc Polo "Raven" Luis Fausto 選手のコメント

1つの章が終わり、Fnaticと共に新たな1つが始まります。新しいチームメイト達と共にプレーすることを楽しみにしています。

Jimmy "DeMoN" Ho 選手のコメント

最初に、共にプレーする大きな機会を与えプロシーンに復帰する事を手助けしてくれた元所属先のTNCに感謝します。

数名が分れることになってしまいましたが、チームとして共に学んだ全てに自信があり、みんなが成功を継続するだろうと思っています。

TNCマネジメントのみなさん、2ヶ月に渡るフィリピンでの快適な滞在のためにしていただいた全てに感謝します。みなさんはこれからも常に私にとっての家族です。しかし、新たな章が始まります。

Fnaticの元でMushi、Ohaiyo、そしてTNCからのメンバー達とプレーすることに燃えています。Fnaticと新たなファンの皆さんに成功をもたらし続けるために最善を尽くします。いつも私をサポートしてくれるファンの皆さん、そして新たなファンに感謝します。

Nico "eyyou" Barcelon 選手のコメント

まず最初に、1年半以上に渡りサポートしていただいた全てについてTNCに感謝します。TNCは単なるチームではなく、私にとって家族も同然です。

今回、新たな章が開かれました。自分にとって初めての国際チームとしてFnaticの元でプレーすることに本当に興奮しています。これは私にとって大きなステップです。このチームでプレーすることに自信があり、Fnaticに多くの成功をもたらすしたいと思います。

情報元

関連ニュース

League of Legends プロゲームチームFnatic公式書籍「How To Be a Professional Gamer」が2016年10月6日に発売

How To Be a Professional Gamer: An eSports Guide to League of Legends

プロゲームチームFnaticの公式書籍が2016年10月6日に発売となります。

How To Be a Professional Gamer: An eSports Guide to League of Legends

本書は、プロゲームチーム FnaticのLeague of Legendsメンバーの物語を通じて、プロゲーマーになるための知識やノウハウを得ることが出来る書籍となります。

ページ数は300、内容は英語でペーパーバックおよびKindleの電子書籍として2016年10月6日にされます。

Amazonでは予約が開始されており、英語で説明文や著者情報が公開されていました。

内容紹介

レジェンドになる時がやってきた。

数百万人が観戦し世界最高のプロゲーマー達が競い合うLeague of Legendsはゲーム以上の存在だ。

Fnaticはeスポーツの始まりから高いレベルで競い合ってきた。2011年、Fnaticは世界チャンピオンの座を勝ち取り、2015年にはレギュラーシーズン無敗という不可能を可能にした。

本書では、Fnaticのメンバー達がスポーツエリート世界の内側、競技ゲーミングの世界にあなたをお連れする。彼らの知識、経験、戦略を共有して、あなたが世界チャンピオンとなるのは時間の問題だ。

本書はゲームの戦略、チームワーク、精神の強さなどのヒントを含む一般的なゲーマーにとってのガイドブック、そしてFnaticがeスポーツの世界を征服した物語でもある。

さあ、準備はいいか?

著者

  • Fnatic
  • Mateusz "Kikis" Szkudlarek
  • Bora "YellOwStar" Kim
  • Lee "Spirit" Da-yoon
  • Fabian "Febiven" Diepstraten
  • Martin "Rekkles" Larsson
  • Mike Diver

日本のAmazonからも購入可能で、価格はKindle版が2,023円、ペーパーバック版が2,043円となっていました。他の海外書籍を購入した経験上、Kindle版の方がリリースと同時に入手出来る可能性が高いと思います。

How To Be a Professional Gamer: An eSports Guide to League of Legends
Fnatic Kikis YellOwStar Spirit Febiven Rekkles Mike Diver
Century

情報元

関連ニュース

Overwatch プロゲームチームFnaticがOverwatch部門の設立を発表、アメリカに進出

Fnatic

世界的な有名なプロゲームチームFnaticが「Overwatch」部門の設立を発表しました。

FnaticがOverwatch部門の設立を発表

Fnaticが契約したのは、アメリカのOvewratchチーム United States nubris のメンバー達。
コーチも含めた下記の7人が Fnatic の Overwatch部門として活動していくことになります。
この契約により、Fnaticが既存のヨーロッパ、アジアに加えてアメリカに進出を果たすことになります。

メンバー

  • Sweden André "iddqd" Dahlström (DPS)
  • Australia Scott "custa" Kennedy (Support)
  • Sweden Oliver "Vonethil" Lager (Support)
  • United States Casey "buds" McIlwaine (DPS)
  • United States Warsi Faraaz "Stoop" Waris (Tank)
  • United States Matthew "coolmatt69" Iorio (Flex)
  • United States Robert "Roflgator" Malecki (Coach)

Florian "DRUNKKZ3" Le Bihan氏のコメント

本日、アメリカのOverwatchチームをFnaticに迎えることを本当にうれしく思います。Fnaticはクローズドベータの初期からOverwatchに注視しており、Overwatchチームをサポートしたいという想いは高まるばかりでした。

チームは過去数ヶ月に渡る非常に長く慎重なスカウティングを経て、nubrisの元コアプレーヤー(coolmatt69, custa, buds, stoop)、新たな才能となる2人のスウェーデンプレーヤー(iddqd, Vonethil)と議論を重ねてきました。

これにより、非常に強く約束されたアメリカトップレベルのチーム、チームのパフォーマンスをパックアップするコーチRoflgator氏と共に契約となります。

Oliver "Vonethil" Lager選手のコメント (Support)

このような機会を与えられたことに感謝すると共に、Fnaticの伝統に恥じないようハードに取り組んでいきます。また、アメリカシーンで競技をしていくことに興奮しており、このチームには偉大なチームとなるのに必要なメンバーがそろっていると思います。将来の活動を非常にたのしみにしています!

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『BenQ』がプロゲームチーム『Fnatic』の公式モニタースポンサーに

BenQ×Fnatic

『BenQ』とプロゲームチーム『Fnatic』がスポンサー契約を締結したことを発表しました

『BenQ』がプロゲームチーム『Fnatic』の公式モニタースポンサーに

『Fnatic』は昨年まで『EIZO』と契約を行なっていましたが、2015年4月1日より新たに『BenQ』との契約に切り替えとなりました。

公式サイトでの発表によると、今回の契約によりFnaticに所属する選手達は日々の練習等でBenQのゲーミングモニターを使用する他、新製品開発の過程でフィードバックを行なっていくとのこと。

そして、共同で様々なコンテンツ制作も実施していくそうです。

Wouter Sleijffers氏のコメント (Chief Executive Officer of Fnatic)

FnaticはBenQが新たなスポンサーとなることを発表することに興奮しています。ご存じのない方に説明すると、BenQは世界で最も素晴らしいPCモニタメーカーの1つであり、世界中のプロeスポーツ選手たちの多くが日々 BenQのモニタを使用しています。

Fnaticにとって、BenQのようなリーディングブランドがチームやファンをサポートしてくるというのは素晴らしいことです。私たちはBenQと共に活動していくことを非常に楽しみにしており、すでにいくつかのクールな計画を行なっています。FnaticとBenQに関する情報をお見逃し無く!

Pete Wang氏のコメント (President of BenQ Europe)

Fnaticのようなチームが、信頼のあるチームのハイエンド機材、そしてプロフェッショナルの装備としてBenQのプロゲーミングモニタを選択してくれたことを本当に誇りに思います。

BenQにとってFnaticとの契約は、BenQのゲームコミュニティやeスポーツに対する貢献や取り組みについて示す素晴らしい機会となります。このパートナーシップがFnaticとBenQ双方を次のレベルに押し上げることになると信じています。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) プロゲームチームFnaticが新しいチームユニフォームを発表

Fnatic

プロゲームチーム Fnatic が新しいチームユニフォームを 発表しました

Fnatic Introduce Brand New Player Shirt

新しいユニフォームはスポーツウェア系の T シャツがベースとなり、Fnatic のチームロゴが中央に大きく掲載されたデザインとなっています。

2012-2013 バージョンのユニフォーム は以下のようなデザインでした。

Fnatic

Mathew Gillott 氏のコメント (Fnatic General Manager)
このシャツは Fnatic スタッフ達の数ヶ月に及ぶ努力による最高傑作で、私たちはこの成果をとても誇りに思っています。このユニフォームはきただったフレッシュさを Fnatic に提供するでしょう。一方で、最愛のロゴの伝統は保たれています。

ファンのみなさんが私たちの新しいシャツに興奮することを願っています。新しいユニフォームでのアクションは来週より開催される Gamescom で実施される Season 3 League of Legends Championship Series European Regionals にてご覧いただけます。

デザイン決定のプロセスや Q&A を後日ブログに掲載予定です。

公式オンラインショップで予約受付中

2013-2014 バージョンの Fnatic ユニフォームは公式オンラインにて予約受付中です。
価格は €42 となっています。

チームウェアといえば、Alliance が The International 3 で着ていたものが格好良く印象的でした。

Grand Finals - Alliance Waiting in the Fog

情報元

Counter-Strike: Global Offensive Fnatic が Counter-Strike: Global Offensive チームを解散

Fnatic

Denmark Fnatic が Counter-Strike: Global Offensive チームの解散を発表しました。

End of an era: and a new beginning

Fnatic は数週間前からチームの再編成を模索していました。
その過程で、先日 Andreas "MODDII" Fridh 選手が Sweden Epsilon に移籍
その数日後、Fnatic はチームの解散という結論に達したことを発表しました。

今回の発表のまとめ

  • 数週間に渡る議論の末に、CS:GO チームを一時的に解散することを決定
  • Friis と Xyp9x は Denmark Copenhagen Wolves に移籍
  • Karrigan は Germany Playing Ducks に移籍
  • Trace は引退
  • 将来的に活動を再開する可能性あり

以下はチーム各選手のコメントです

各選手のコメント

Patrik "cArn" Sättermon ( Fnatic Cheif Gaming Officer)

全てには始まりがあり終わりがあります。
8 年前の 2005 年後半、Fnatic は CS 部門を新しく再構築する決断をし、象徴的なスナイパー Harley "dsn" Örvall 選手を含む若く情熱的なプレーヤーたちが加入しました。

新しい Fnatic の CS チームは数年に渡りトロフィー、名誉、賞金をもたらし、世界で最も安定した CS チームの一つであるというポジションを固めました

幾つもの世代のプレーヤーたちがチームに加わりそして去って行ったにも関わらず、いまだに千切れない鎖・血統がこのチームを導いています。

私たち Fnatic はここに多くの価値を注ぎ込んでいます。
そして、それが私たちはを誇り高く謙虚にし、2005 年後半から長期間にわたり生き残り成功することにつながりました。

私たちの主な強みは、共に戦うための能力、調和と成功をもたらすための価値観を社会とゲームにおいて共有していることです。

私たちは初めて CS:GO に着手して以来、チームにおける調和に苦労しています。これによりいくどものメンバー変更が行われ、ワールドレベルの試合における不安定なパフォーマンスがフラストレーションを引きおこす原因となりました。

チームは上記の理由からプレーヤーを失った時に、先人たちの遺産を引き継ぎトップに君臨するための情熱や考え方を共有するのを確実とするために CS:GO の戦略を修正する必要に迫られました。

数週間にわたる内部的な議論から、Fnatic は一時的に CS:GO 部門を閉鎖するという結論に達しました。これは急すぎる解決策かもしれませんが、Fnatic、そして CS ファンの皆さんどうかパニックにならないでください。私たちは別のタイトルに行ってしまうわけではありません。再び復活します。

まずそうお伝えすることで以下の発表を行なうことが出来ます。Friis と Xyp9x は Copenhagen Wolves に移籍し Counter-Strike に取り組んでいきます。Karrigan はドイツチーム Playing Ducks でプレーを継続します。

今晩行なうもう一つの発表は、一年前に Fnatic に加入した Martin "Trace" Heldt が引退するということです。

最も印象的な Counter-Strike プレーヤーがプロゲーミングの世界を去るのをみるのは非常に悲しいことです。私たちは、神が才能を授けた Martin と共に働き、ゲーミングにおける彼の最も価値ある目的達成を手助けできたことを幸せに思います。

Michael, Martin, Finn ,Andreas の ハードワークとチームへの献身に感謝します。みなさんの人生とゲーミングの全ての幸運を祈ります。私は非常に寂しいです。

最後に、これは一つの時代の終わりであり新たな時代の始まりであることをお伝えしたいと思います。

日は西に沈み、星はゲーミングの空から落ちました。
しかし、私たちはより素晴らしい太陽が再び東から登ることを知っています。
それを見守ってください。新しい時代がやってきています。

Patrik "cArn" Sättermon
CGO Fnatic

Martin "Trace" Heldt
本日引退を発表し悲しいものの安心したという両方の気持ちです。

2012 年に Fnatic へ加入し、世界最高の CS1.6 チームとしてのタイトルを守ってきました。CS1.6 時代の最後を支配したことを誇りに思っています。

私は他のチームよりも半年遅れで CS:GO をスタートしましたが、この取り組みに可能性をもたらすと決めめました。

トーナメント結果は良くもあり悪くもありましたが、Fnatic がナンバーワンになることだけを望む人達にとっては残念な結果であっただけです。

私は愛する CS1.6 ほど CS:GO をまったく愛していませんでした。このゲームで他のチームがしているような、トップを維持するのに必要となる数千時間を費やすことが出来ると思えませんでした。

私の CS の旅はいまおわりました。それはとんでもないものでした。

全てがなくなってしまいます。

遠征、Vent で過ごす時間、結束、雰囲気、そして数千人が見ていると知っている激しい試合でプレーする時にこみ上げてくる言葉に言い表せないもの。

私をサポートしプレーを楽しんでみてくれたみなさんに感謝します。
それは私にとって世界を意味しました。

Michael "Friis" Jørgensen
涙と共に Fnatic へお別れを言わなくてはなりません。
チームは私が求める世界で最高のチームを作るというチャンスを与えてくれました。

チームを去るのは私が望むことではありませんでしたが、Fnatic が世界最高の CS チームに返り咲くためのチームを見つけることに期待しています。

これまで Fnatic で共にプレーしたメンバー達に感謝します。特に Anne, Patrik, Richard, Rasmus, Farre ありがとう。Fnatic で過ごした時間は忘れることが出来ません。

Andreas "Xyp9x" Højsleth
Fnatic に加入してから、そしてそれ以前から私たちはチームを発展させることに苦労してきました。

様々な戦績でしたが、主にそれらは納得のいく結果ではありませんでした。
Fnatic は私たちに自身を証明するためのチャンスと時間を与えてくれましたが印象を与えることが出来ませんでした。

私は Friis と共に Copenhagen Wolves に加入します。最高の才能を持つこのチームに興奮しています。
最後に、Fnatic のプロフェシェナリズムに感謝を述べたいと思います。

Finn "Karrigan" Andersen
私は再び Fnatic を去ります。

Fnatic のためにプレーすることを本当に楽しんでいたので、非常に悲しいです。

私たちは最後のトーナメントで進化していたと思いますが、残念なことに十分ではなく本日のような状況となりました。

私は Fnatic が CS のトップとなる道を見つけることを望んでいます。私は自身をシーンに知らしめたいというモチベーションがあるので再びドイツシーンへと向かいます。

Fnatic の幸運を祈ると共に、常に信頼でき誠実な組織と cArn に感謝します。

最後の言葉
最後に、Fnatic の元で戦ったプレーヤー全てに感謝したいと思います。

私たちの CS1.6 チームは 2012 年を最も支配したチームでした。あなたにお約束します。これは私たちが Counter-Strike Global Offensive においてギブアップしたことを意味しません。Patrik が言ったように、私たちは将来の計画があります。ご期待ください。

再び、Fnatic のためにプレーした先人プレーヤー達に感謝します。

ラインナップ

Fnatic (解散)

  • Denmark Martin "Trace" Heldt
  • Denmark Michael "Friis" Jørgensen
  • Denmark Andreas "Xyp9x" Højsleth
  • Denmark Finn "karrigan" Andersen

Copenhagen Wolves

  • Denmark Andreas "Xyp9x" Højsleth
  • Denmark Nicolai "device" Reedtz
  • Denmark Peter "dupreeh" Rasmussen
  • Denmark Michael "Friis" Jørgensen
  • Denmark Henrik "FeTiSh" Christensen

Playing Ducks

  • Germany André "kirby" Kempa
  • Germany Johannes "tabseN" Wodarz
  • Serbia Nikola "LEGIJA" Ninic
  • Netherlands Chris "chrisJ" de Jong
  • Denmark Finn "karrigan" Andersen
  • Germany Jens "shirox" Wietow (backup)

情報元

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングモニタ『EIZO Foris FS2333』が当たるクイズキャンペーンをFnaticとEIZOが実施中

cArn & n0tail

ゲーミングモニタ『EIZO Foris FS2333』が当たるクイズキャンペーンを Fnatic と EIZO が実施中です。

EIZO Foris FS2333 Monitor Giveaway

先日、プロゲームチーム Fnatic のスポンサーである EIZO の本社を Fnatic の Chief Gaming Officer の Patrik "cArn" Sattermon 氏と DOTA2 部門のプロゲーマー Johan "n0tail" Sundstein 選手が訪問。

この際に、両者がモニタ基盤に 15 本のねじを差し込むスピード対決を実施しました。
「この対決において、cArn が何秒で作業を完了させたか」がクイズの問題になります。

応募方法

  1. 2 つの Twitter アカウントをフォロー
  2. 動画に登場する選択肢から答えを選び、両アカウントにツイート
  3. 応募は一人 1 回まで

条件を満たし正解した回答者から抽選で 2 名に cArn と n0tail のサイン入りゲーミングモニタ『EIZO Foris FS2333』が贈られます。

応募締め切りは6/21となります。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike Fnatic が新メンバーを発表、元 mTw の Friis が加入

Michael

Sweden Fnatic が引退した Sweden Harley "dsn" Orwall 選手に代わる新メンバーとして元 Denmark mTw の Denmark Michael "Friis" Jorgensen が加入したことを発表しました。

FnaticMSI.CS welcome Friis to the family

Friis 選手の起用について、チームキャプテンの Sweden cArn 選手は Fnatic.com のインタビューにて、チームは Sweden dsn 選手に代わる AWP 担当が必要としており、世界レベルのスナイパーである Friis 選手はその役割に完璧に適合するたためと答えています。

チームの今後の目標は『Intel Extreme Masters Season 6 Global Challenge Guangzhou』で優勝し World Chamionship に出場することで、短期の目標としてポジション、戦術、コミュニケーションの調整をするためのトレーニングを行なうことを上げていました。

Friis 選手は Denmark mTw のラインナップ入りが 発表された ばかりですが、Fnatic が mTw と移籍について交渉し合意を得た上での加入となったとのことです

Fnatic メンバー

  • Sweden Patrik "cArn" Sattermon
  • Sweden Richard "Xizt" Landstrom
  • Sweden Rasmus "Gux" Stahl
  • Bosnia And Herzegovina Faruk "pita" Pita
  • Denmark Michael "Friis" Jorgensen

ちなみに、cArn 選手は dsn 選手と共に引退することも考えていたそうですが、チームメイトからの説得があり残留することを決めたそうです。

情報元

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar