Negitaku.org esports > > > 『Team Fortress 2』にマッチメイキング機能を特徴とした「The Meet Your Match」アップデートが近日リリース予定

ニュース

Team Fortress 2 『Team Fortress 2』にマッチメイキング機能を特徴とした「The Meet Your Match」アップデートが近日リリース予定

The Meet Your Match

『Team Fortress 2』にマッチメイキング機能を特徴とした「The Meet Your Match」アップデートが近日リリース予定であることが発表されました。

The Meet Your Match Update

『Team Fortress 2』は2016年前半より、競技向けモードの実装に向けてテストを実施してきました。

この競技向けモードが、「The Meet Your Match」より正式機能として追加となる予定です。

Competitive Mode

「Competitive Mode」では、マッチメイキングにより個人またはチーム単位にて、Rank1「Fresh Meat」からRank18「Deth Merchant」までのスキルレベルに応じた対戦が可能となります。

Rank

ルール

  • 対戦形式: 6 vs 6
  • 武器・クラス制限無し
  • ランダムクリティカルヒットなし
  • チーム変更なし
  • ショットガンの散弾が一定的
  • コントロールマップは左右対称で対戦(基本はBest of 3、ハイレベルはBest of 5)
  • アタック/ディフェンスマップはストップウォッチモードで対戦(速く攻撃したチームが勝ち)

Casual Mode

「Casual Mode」では、自分のスキルランクに応じて進行中のゲームにランダムで割り振られ、12vs12での対戦を楽しむことが出来ます。

こちらでもゲームを通じて得られるポイントによって自身のランクが変化していくそうです。

近年のいわゆるeスポーツ系タイトルではELOレーティングをベースとした競技的なゲームモードの採用が一般的となっています。
この仕組みにより、自分と同じレベルのプレーヤーと比較的平等なゲームをしながら切磋琢磨しあえる他、各プレーヤーの実力が視覚化されやすくなります。
プロゲームチームでも、このスキルランクを元に選手をスカウトしたりという実例が、今では欠かせない仕組みと言えるでしょう。

一方で、負けることによって自分のレートが下がることからチームベースのゲームの場合は味方に罵詈雑言を浴びせるプレーヤーも多く、ゲームをより楽しむための機能のはずが反対に足を遠ざける結果となっているケースも多数あり、現在進行形でこのことは問題となっています。

「Team Fortress 2」が全盛期を過ぎてレーティングの仕組みを導入したのはゲームを競技的に楽しむ方法を推奨していきたいのでしょうか。よく比較される「Overwath」の対策という見方も出来ますが、正確な意図については現状わかりかねます。

情報元

関連ニュース

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング