国際大会『WESG 2016』Dota 2部門でフィリピン「TNC Pro Team」が優勝

World Electronic Sports Games (WESG)

国際大会『World Electronic Sports Games 2016』Dota 2部門で Philippines TNC Pro Teamが優勝となりました。

World Electronic Sports Games 2016(WESG 2016)

『WESG 2016』は中国・アリババグループのアリスポーツが主催するeスポーツの国際大会です。

競技ゲームは「Counter-Strike: Global Offensive」「Dota 2」「Herthstone」「StarCraft II」の4タイトルで、世界5エリアで開催された予選を勝ち抜いた代表選手達が出場します。

Dota 2部門には24チームが出場。4グループ×6チームのグループステージではBest of 2形式で総当たり戦が行なわれ、1位通過がプレーオフの準々決勝に進出。2位・3位チームは準々決勝の出場権をかけた試合に進出となりました。

決勝戦は、Dota 2への復帰を果たしたばかりの Denmark Cloud 9と、優勝候補の一角 Sweden Alliance を下した Philippines TNC Pro Teamの対戦となり、Philippines TNC Pro Teamが2-1で勝利し見事に優勝となりました。

フィリピンチームが大型国際大会でタイトルを獲得したのはDota 2の歴史的にも快挙と言えるかと思います。

順位

ファイナル

1試合目はスモークを使った集団での奇襲を軸に Philippines TNC Pro Team がゲームの主導権を握って勝利。Philippines TNC Pro TeamのCarryを担当する Philippines Raven選手はWeaverを使って22キル0デスの大活躍。

2試合目は先のゲームとは変わって Denmark Cloud9 の連係が冴え、主要な集団戦をキッチリと抑えきりこのゲームを制しました。

3試合目は、開幕から Philippines TNC Pro Team が5人全員でスモークを使い、敵陣のバウンティールーンスポットに透明となって奇襲するアグレッシブな作戦を展開。しかし、Denmark Cloud 9はこの攻撃を見事に受けきり逆に4キルを獲得。

その後の流れは完全にDenmark Cloud 9となり、SvenやLunaなど素早くオブジェクトを破壊できるヒーローのいる Denmark Cloud 9 は次々にタワーを折り続け勝利は揺るぎないものかと思われました。しかし、諦めない Philippines TNC Pro Teamは後半に敵をほぼ全滅させる集団戦2回を制すことで一気に流れを取り戻し、そこから怒濤の勢いで Denmark Cloud 9 の本陣を破壊する大逆転勝利を見せました。諦めなければこういう逆転劇が起こる可能性があるのがDota 2という典型といえる試合でしたので、興味のある方はぜひ観戦してみていただきたいです。

情報元

DOTA2

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。