オフラインイベント『第4回ゆるふわHearthstone会』を川崎市・武蔵小杉で1月17日(土)に開催

第4回ゆるふわHearthstone会

『Hearthstone: Heroes of Warcraft』のオフラインイベント「第4回ゆるふわHearthstone会」を1月17日(土)に川崎市・武蔵小杉の市民館「川崎市生涯学習プラザ」で開催します。

第4回ゆるふわHearthstone会

『Hearthstone: Heroes of Warcraft』は基本プレイ無料のデジタルカードゲームです。対戦自体はオンラインでも可能ですが、集まって対戦すれば話が広がり、同じ空間に対戦相手がいればプレイにも気合が入るものです。ということで皆さん、ノートPC・タブレットを持ち寄って一緒にHearthstoneをプレイするのはいかがでしょうか?

ゆるい主旨のイベントなので、Hearthstoneの経験は不問です。「Hearthstoneを始めたばかり」という方から「レジェンダリーランクのトップクラスです」というコアな方まで、気軽にご参加ください。

イベント概要 タイムテーブル(予定): 参加方法・条件※その他の注意事項や対戦会のルール説明はイベントページをご覧ください。

前回は28名のプレイヤーが参加

12月23日(火・祝日)に開催した前回のイベントには28名のプレイヤーが集まりました。そのうち3分の1が外国人で、イベントは国際交流の様相を呈していました。

第4回ゆるふわHearthstone会
中国や台湾からの参加者たち(正面の3人)。日本語がとても上手だった

イベントにはプロ格闘ゲーマーとして有名な板橋ザンギエフ氏や、Tokyo MXで放送中のeスポーツ情報番組「ゲームクラブ eスポーツMaX」に解説として出演しているマット・伊達氏も参加。お2人とも、普段プレイしているゲームとは一味違う、Hearthstoneのプレイを楽しんでいる様子でした。

第4回ゆるふわHearthstone会
キャプション:板橋ザンギエフ氏(左)とマット・伊達氏(右)

また、Twitchの日本のコンサルタントでもあるマット・伊達氏からは今回、内部イベント「3対3対戦会」の賞品として「Twitch Tシャツ」3着をご提供いただきました。

第4回ゆるふわHearthstone会
Twitch Tシャツを獲得した参加者たち なお、中央の方はTシャツが「物理的に着用不可能」だったことで、ほかの参加者に譲る形となった

情報元

Hearthstone: Heroes of Warcraft

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。