eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

「2022年アジア競技大会」の正式メダル競技「eスポーツ」の採用ゲーム8タイトル発表、『Dota 2』『LoL』を含むMOBAジャンルから4タイトルを選出

2022年9月10~25日に中国・杭州市で開催される「2022年アジア競技大会」のeスポーツ競技8タイトルが発表されました

「2022年アジア競技大会」のeスポーツ競技8タイトル発表

今回発表された8タイトルは、「アジアeスポーツ連盟」と「アジアオリンピック評議会」が定めたオリンピックの価値観を含む要件を含む選考基準に基づいて決定されました。

eスポーツ 公式ゲーム

タイトルジャンル
Arena of Valor (Asian Games Version)MOBA
Dota 2MOBA
Dream Three Kingdoms 2 (梦三国2)MOBA
FIFA (EA Sports)スポーツ・サッカー
Hearthstoneデジタルカードゲーム
League of LegendsMOBA
PUBG Mobile (Asian Games Version)バトルロイヤルシューター
STREET FIGHTER V格闘

デモンストレーション ゲーム

  • AESF Robot Masters
  • AESF VR Sports

ご覧の通り、「MOBA」と呼ばれるジャンルのゲームが「PC」「モバイル」2タイトルずつ、計4タイトル採用されており全8タイトルの半数を占めています。

『Arena of Valor』と『PUBG Mobile』は「Asian Games Version」という特別な仕様のものが採用されるようです。どの部分が正式ゲームと別仕様なのかはいまのところわかっていません。

「アジアeスポーツ連盟」公式サイトには、「eスポーツは2022年アジア競技大会で歴史上初となる公式のメダル競技として実施される。他の伝統スポーツと同じ地位を与えられることは、eスポーツコミュニティにとって大きな一歩である」と記載されていました。

Husain Al-Musallam氏のコメント (Olympic Council of Asia, Director General)

今回の発表により、参加するチーム・選手のみなさんが予選に向けて十分な準備が出来ることを願っています。

熱狂的ファン、カジュアルなファンの双方が素晴らしい観戦が出来るハイレベルな競技を保証するため、適切なタイトル採用が出来たと信じています。

「2022年アジア競技大会」を確実に成功させるために、アジアオリンピック評議会や2022年アジア競技大会委員会と密接な取り組みを行っていく事を楽しみにしています。

Mr Kenneth Fok氏のコメント (AESF, President)

「2022年アジア競技大会」におけるeスポーツ観戦に一歩近づくことが出来た事に興奮しています。

今回の発表は、オリンピックでの採用に向けた最終的な準備に貢献するものです。また、「アジアeスポーツ連盟」がオリンピックバリューに適合する一定の基準と要件に基づき、オリンピックイベントに向けたeスポーツタイトルを選定するシステムの確立とその導入にも大きな役割を果たすものです。

予選、そして来たる本戦の開始を楽しみにしています。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!