ゲーミングマウスパッド『Razer Sphex』レビュー

Razer Sphex
ゲーミングマウスパッド『Razer Sphex』のレビューです。

こちらの製品は、以前紹介した『Razer Megalodon 7.1 Surround Sound Gaming Headset』と一緒に Razer Store から購入したもので、日本での発売については現在のところ未定のものです。

日本での発売が決定しました

Razer Sphex

『Razer Sphex』は、「Gaming Grade Desktop Skin」と公式サイトで紹介されており、デスクに貼り付けるという独特の方法で使用することになります。

Razer の社長 Robert “Razerguy” Krakoff 氏は製品の発表時に「よりシンプルでそれほど高価でないにも関わらず、伝統的なゲーミングマウスパッドに匹敵する極度の精度と滑らかで一貫した滑りを持つマウスパッドの代替をゲーマーに提供したかったのです」とコメントしており、既存のゲーミングマウスパッドとは一線を画す製品となっています。

それでは『Razer Sphex』について紹介していきます。

外観写真

Razer Sphex のパッケージ、中身、製品の外観など。

パッケージ表面、裏面

まずはパッケージから。紙製のパッケージがビニールでラッピングされています。

ビニールありパッケージ表 ビニールありパッケージ裏
パッケージ表 パッケージ裏
パッドが入ったパッケージは厚紙製。上部のミシン目に沿って開ける

パッゲージの裏面には、以下のような日本語の製品解説が書かれています。

  • どのような表面にも張り付く、粘着性底面素材
  • ほぼ全てのゲームに対応可能な中間的なマットサイズ : 320mm × 230mm
  • より薄さを追求することにより、どのような制限も受けないゲーム感覚を提供します
  • オプティカル・レーザーどちらのマウスにも驚きのトラッキング性能を発揮します

日本語解説が書かれているので、今後日本でもリリースされる可能性が高そうです。

コメント

TaEC

検証お疲れ様です。
1000回剥がしても、まだ壁に張り付くってのは凄いですね。

maikii

これはHeatoNパッドと悩むな…

HeatoNの方はいつ発売するのだろうかw

JamesB

ハードタイプは高価な製品が多いのですが、
短いスパンでこれを使っていくというのも手かも。
高いパッドも表面は確実に摩耗するでしょうし。

ちなみに布系は洗うとから拭きしたり干したりと一苦労ですが、
ハードタイプは毎日でもさっと汚れを拭き取ったり洗ったりできるので
むしろ一定のコンディションを保ちやすいですよ。

#スパイダーマンスタイルあほすぎるw