eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Alliance of Valiant Arms』大型アップデート第 3 弾“護衛”ミッション用マップ「Scorpion」リリース

Scorpion Escort

無料 FPS 『Alliance of Valiant Arms』の大型アップデート第 3 弾として“護衛”ミッション用マップ『Scorpion』がリリースされています。

Scorpion

『Scorpion』は従来の護衛ミッションに比べ、シンプルにした代わりに対戦の流れが単調にならない工夫や、計算された迂回路、ホットスポットが組み込まれており戦闘の山場を演出する構成になっているとのこと。

スピーディーな戦術が勝敗を分けるマップとなっており、手軽に護衛ミッションを楽しんでいただくことができるそうです。

新マップのリリースに伴い、ライフルマン用新武器『Sako RK.95(アサルトライフル)』や既存 5 種類の武器の性能個を向上させた“ Mk.Ⅱ”バージョンが追加されています。

プレーしてみた感想

Scorpion 1

攻撃側: オフェンスの目的は戦車を敵から守りポイントまで進めること
Scorpion 2

攻撃側: 戦車を進めるには仲間がエスコートする必要がある。
Scorpion 4

防御側: ディフェンスの目的は戦車の到達を妨害すること。RPG-7を戦車で戦車を足止めできる
Scorpion 5

防御側: 戦車を破壊した時のメッセージ。攻撃側は戦車を修理しにくるので妨害してフラグゲット。
Scorpion 6

攻撃側: RPG-7を戦車が被弾したときの表示。近くにいたので自分もやられてしまった。
Scorpion 7

攻撃側: 壊れた戦車を修理しないと動かすことが出来ない。Eボタンで修理できる。
Scorpion 8

攻撃側: 上記のような攻防を繰り返しつつ、制限時間内に目的地点に到達することが出来れば勝利。

前回は1ゲームに30分ほどかかったそうなのですが、10分程度で遊べるようコンパクトな作りになっているとのこと。
確かにもう一回やってみるか、と思い再プレーしやすい感じでした。
もう少し兵種の特性を活かせるようなところがあるとおもしろいかも?

いつも Team Fortress 2 をやっているのでこのルール的には正直なところ新しさは感じませんでしたが、この手のタイプのゲームをプレーしたことない人にはお勧めできます。

「Scorpion」の実装を記念て、参加者全員がプレゼントをもらえる二種類のキャンペーンが開催されています。

より詳しくは、公式サイトをご覧下さい。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar KOBAYASHI says:

    個人的にはスナイパーが多かろうがmapが複雑だろうが
    護衛ミッションとはそういうものだという認識だったので
    逆にmapが小さくて時間が短い→ボリュームが足りない
    と思ってしまいました。

    私はイベントの条件を達したら今まで通りのmapの護衛をやると思います。
    コンパクト化することには成功したと思いますがボリューム不足ですね