eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『STING』プロデューサーHac氏が語る「正式サービス公開に向けた新たなスタートについて」

Hac 氏
オンラインFPS『STING』のプロデューサーを務めるHac氏が、「正式サービス公開に向けた新たなスタートについて」語るインタビュー記事が配信されました。

これまでの世界観を一新してのオープンベータテストを2月に実施。
以降あまり音沙汰がなく、先日個人的に気になってサイトを確認したりしたところなのですが、ここで新たな情報が公開されました。

以下に配信されたインタビュー記事を掲載します。

「正式サービス公開に向けた新たなスタートについて」

1.現在のオンラインFPS「STING」展開における状況をお知らせください。

Hac: お客様のご意見にほとんど答えられていない状況で、非常に厳しい状態であると思っています。
振り返れば、去年の末頃から準備を進めて開発元と激論の中でゲームを公開してまいりましたが、今思えば本当に新鮮な経験でした。
WeMade広報部: 過去形ですね…

MODMAP-1- MODMAP-2-

Hac: 現状をもう少し深く説明するならば、MODをメインとしたカスタムマップ展開、ユーザ制作のマップファイルなどの適用、日本限定キャラクターの実装、インターフェイスなど、おおよそのものは実装済みとなっております。
但し問題なのは、1部の人が楽しんでいるのであって、万人に向けではないと。
過去のSTINGユーザーさらには全FPSプレイ層に対して、これは面白いと実感できるクオリティーではない。
これが一番の、現在も引きずる問題点です。
けどこれってすごく細かい要素なんですが、その細かいチューニングがすごく大切であるという事。
これがSTINGとかかわる中で改めて気づいたことですね。

2.オンラインFPS「STING」の今後の展開について教えてください。

Hac: とりあえず一度初心に戻って、過去のスタイルに戻そうと考えております。
WeMade広報部: え、「CODE NAME STING」時代に戻すんですか?

Hac: いや、全部というか、今すでに楽しんでいる方がいらっしゃいますし、その方がまず一番大切なお客様ですから、その方々の意向、経過を見つつ、色々試していこうと思っています。
現在すでに進めているMODシステムに関しましては、これ自体は素晴らしいものだと僕自身は思っています。
やり方、見せ方、色々考える中でスタッフらと、協力いただいているMODクリエイターさんらと共にこの部分については、更に進めていきたいと思います。
最近、ログインなさっていない方もいらっしゃると思いますが、MODマップが現在全部で10個も増えましたので、当時に比べたら別世界と思えるはずです。
WeMade広報部: そうなんですね。すみません。僕も最近はなれてました。

MODMAP-3-

Hac: ちなみに本日のアップデートでBGM協力頂いている「MISSPRAY」さんのBGMを復活実装させました。
これは個人的には結構、望まれていたこともあって、少しうれしいです。
みなさんもこれを聴きながら、久しぶりに気合入れちゃってください!
WeMade広報部: それは私も憶えています。あの曲結構好きでした。
何でなくなったのかなーとは、思ってましたが…

MISSPRAY MISSPRAY

MISSPRAY

Hac: 開発元との色々な問題がありまして…
まー、そこは触れないでおきましょう。
他にはですね、過去の「CODE NAME STING」時代の、色々批判があがったアバターなどは最近少しずつ戻したりはしてます。すべて要望があったからですがね。
WeMade広報部: そうなんですか。他にゲーム性に関わる部分においては現状と今後においてはどのように変わっていくのでしょうか。

Hac: 正直、すごく変わるというのは難しいというのが現状でして、ただ感覚的にはもう一度建て直しが必要であると思っています。
とてもじゃないぐらい簡単ではなく、至難の業に近いとは思っていますが…
そのための段階としては、とりあえず現状準備しているもの、特には元々うたっていた日本限定キャラクター関連の大型アップデートをまず開発を完了させます。
ちなみに「神宮寺ウテナ」という女性キャラクターがいるのですが、それは急ですが来週実装できないかと考えております。
現在テスト中ですので、具体的には確約できないのですが、まずは開発が進んでいるものをすべて進めて、そこから新たに落とすものと、入れるものを精査しようと考えています。
WeMade広報部: 現在新たに準備するものでお客さんが楽しめそうな新コンテンツの準備などはどんななのでしょうか。

MODMAP-4-

Hac: 遂に実装となる女子高生ですかね。
ちなみに、競合他社さんで女子高生キャラクターを発表していましたが、正直負けます!
新生「STING」としてゲーム公開した3月も実感したことですが、クオリティーが低いです。
徐々にクオリティーを上げるとの事でしたが、本当に徐々に上げられたので、つらかったのですが、それはしょうがないです。いろんな問題が絡まっているので…
WeMade広報部: クオリティー高くして出すべきなんではないでしょうか?
Hac: 問題はまず、
①そんな事言ってられる状況ではない。
②いつに完成形まで出来上がるかわからない。
③それだけがんばるよりか、それ以外でがんばってもらう部分が大きいので。
こんなところが言い訳として言えます。
WeMade広報部: なるほど。

MODMAP-5-

Hac: ただ、だからといって、最悪なのかとそういったわけでもありません。
そんな中でも実装を予定するフリーフォーオールモードや新MODマップなど、色々控えていますので、一度試しては欲しいと思いますね。
とりあえずは来週水曜、5月20日(木)正式サービスを宣言し、大型アップデートを準備してます。
内容については来週月曜、「STING」GMブログなどをご確認頂きたいです。
WeMade広報部: わかりました。本日はここまでです。ありがとうございました!

詳しくは新生オンラインFPS「STING」ブログをご確認ください。
こちら⇒ http://fpsting.blog103.fc2.com/

MODMAP-6- MODMAP-7-

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar GertoNY says:

    このゲームまだあったんですね
    今はどのくらい人がいるんだろう

  2. Avatar breek says:

    FPSだったっけこれ

  3. Avatar NooByte says:

    「マップをユーザーに丸投げ」
    「特定ユーザー優遇」とか言われる時点で先無いですよね

  4. Avatar tokumei says:

    正式サービスできんのか

  5. Avatar 4ats44 says:

    Hacって昔プロゲーマー目指してたあの人ではないですよね

  6. Avatar Chlorophos says:

    迷走しているとしか思えないw

    ↑その人だよ。

  7. Avatar Toshiki says:

    Hac !!! Hacker !!!
    GOOD JOB!!!

  8. Avatar Sinfi says:

    雪だるまオンラインヽ(;´Д`)ノ

  9. Avatar Ambas a says:

    オープンベータから正式サービスへの移行時を入れれば4回目のスタートになりますね
    正直なところもう期待してないけど面白いゲームをきちんと作ればユーザーは復活するかもしれません

    それは置いといて
    インタビューしてる二人ともYNKの関係者ってどういうことなんですかね

  10. Avatar execut1ve says:

    ベータから課金優遇してた時点で・・・

  11. Avatar Doe says:

    新生AXGを作るのですかね

  12. Avatar 無言投下兄貴 says:

    この前やったら部屋が十個しか立ってなかったような。

  13. Avatar agito says:

    なんだこのテクスチャ

  14. Avatar Terate says:

    XOPSの方が面白い

  15. Avatar Claes says:

    今のSTINGより、確実にゲームシステムは旧STINGのほうが素晴しいと思います。

    チョコチョコ修正するなら今のを改善するより、前のSTINGを変えていくべきだと思いました

  16. Avatar Rixas says:

    STINGは多分開発が無能なのでは。

  17. Avatar Sizuken says:

    一番下2枚のSSの既視感がすごいんですけど大丈夫なんですかねこれ

  18. Avatar nAp says:

    いろいろ意見あるけど、がんばってください!

    バニホ楽しい:)

  19. Avatar takaaki says:

    声パクり そしてフロウパクり ステージでの振る舞いも超パクり