eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

プロダクションノート番外編『DRTCM15のフロントマウントセンサーついて』公開

プロダクションノート番外編『DRTCM15のフロントマウントセンサーついて』

ゲーミングマウス『DHARMA TACTICAL MOUSE(DRTCM15)』
DHARMA POINT』公式サイトにて、ゲーミングマウス『DHARMA TACTICAL MOUSE(DRTCM15)』のフロントマウントセンサーついての解説がプロダクションノート番外編として公開されました

プロダクションノート番外編サマリー

  1. ボディ形状とフロントセンサーについて
  2. フロントセンサーのメリットって何?
  3. なぜセンサーが左によっているの?それって意味があるの?
  4. でもメリットを感じられませんという方は掌をマウスコントロールのブレーキに使っていませんか?
  5. なぜ光学式はフロント配置でないのか?
  6. いわゆる直線補正について

開発者が意図する製品コンセプトやデザインをより詳しく理解することができます。
すでに製品を持っている人もそうでない人も興味深く読むことが出来る内容となっています。

自分は4の項目で指摘されているとおり、手首付近を支点にしてマウスを動かしているので、提案されている方法で利用してみようと思います。

こういう事が公開されると、製品の使い方の参考にもなりますし非常に有益ですね。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/