Half-Life2のソースがリークされた

HL2のソースがリークされたらしく、各種ニュースサイトは大騒ぎ。
俺も極東の島国から大騒ぎしてみようと思います!
とりあえず、IRCで騒いでみましたが無反応でした。

今回のソースリーク事件はvalveのe-Mailがハッキングされたのが原因で起きたようです。

いきさつに関して、valveのGabe Newellがフォーラムで発言をしています。
訳すとだいたいのカンジこんなかんじ?

[1]今年の9/11に、何者かが私の電子メールアカウントにアクセスしていました。
 これはサーバーログをたどっていく事により判明しました。

[2]その後、私のPCが動作しました。PCにトロイやウイルスは見つかりませんでした。
 私はHDDをフォーマットして再インストールしました。

[3]翌週、私のWebメールアカウント上で疑わしい動きがありました。

[4]9/19頃、何者かがHL2ソースツリーのコピーをとりました。

[5]valveのマシンにはキーストローク・レコーダーがインストールされていました。
 我々の推測だと、Outlookのビューパネルでバッファーオーバーフローがありました。
 このレコーダーはどうやらvavleに感染させるために作られたカスタマイズバージョンのようです。

[6]昨年から定期的にSteamや我々のWebサーバーがアタックの標的になっています。
 今回起きたのはこれらに関連しているのか、単独のものなのか我々はわかりません。

cached.netによると、このソースにはCD-Keyに関するハッシュも含まれていたらしいとのこと。
不正ユーザーの増加につながるんでしょうか?

また、SKのbdsがポストしたまとめには以下のようにかかれていました。

・流出したソースは一ヶ月前のものである
・ソースはHL1を修正したものにも見える
・このリークに伴う脅威は、WAREZなどではなく、チート開発が容易になることである

こんなわけで、HL2はまたもや延期されたりするんでしょうか?
多分、この件に関してはbdsの記事が一番よくまとまっていると思います。さすがですなあ。

情報元 : schroet.com & cached.net

コメント

zotoku

THX ちょうどリークって意味わからなかったっす。

NO NAME

OMG :/

てか、このNewsのほうが「超デマくさいSteam課金噂」
より大問題だと思う。事実だし、p2pでソース出回ってるし、
なんてったってライセンス供与されて使ってるグラフィック
エンジンのソースまで流れちゃったそうで、(Havokなんたら
とかいうエンジン)これがとんでもないレベルの損害賠償
請求ネタになるんじゃないかってのが最悪のケース。

Havokなんたらを開発したところは、まだコメントしてない
けどそれ以外にもライセンス供与されてた外部プログラム
のソースが流出したらしく、対Valve訴訟がおきまくる可能性
があるそうな。

しかも、そういうValve以外の人らはどこもこれによって
「会社がつぶれかねないレベルでの損害を被る」こと、
間違いなしだそうな。となるとなぁ、、、Valveに対して
損害賠償請求しないわけにもいかんだろうしなぁ。。。

soze

リークなんてしょっちゅうあるもんだっていう認識だったんで気にも留めてませんでした・・・。大変そうだ。

Kyodog

↑↑は私です。記名漏れかましちゃった。

ゲームに関して、この世界で「リーク」と言えば発売前
のゲームのβやらα版が流出することを指す場合が多いです
が今回は全く異なります。今回流出したのは「コンパイル」
されていない「C言語で書かれたソース」であって、その他
にも様々なプログラムの「基本的な仕様の記述」を含んで
います(HLエンジン含む)。

この流出はいわば「会社の存亡に関わるTopシークレット」
が漏洩したということです。このソースを元にしてHL2で
使われる予定の様々な技術が他ゲームに使用される可能性
があるし、グラフィックなどが大幅に進化したという「価値」
はこの流出で事実上大きく失われています。

ふみお

havokって物理計算のエンジンじゃなかったですっけ、どっちにしろ損害賠償とかはありえますけど