Counter-Strike の開発者による最新 FPS『Tactical Intervention』が 2011 年よりアメリカでサービスイン予定

Tactical Intervention
Counter-Strike の開発者 Minh “Gooseman” Le 氏が Source Engine をベースに開発した FPS『Tactical Intervention』が 2011 年前半にアメリカでサービスインするとの情報が発表されています。

Tactical Intervention

『Tactical Intervention』はテロリストを撲滅する近代戦争を体現した、チームプレー中心のオンライン専用 FPS とのこと。
以前に少し紹介していますので詳しくはそちらをご覧下さい。

こちらのタイトルは、アメリカにて 5 月よりクローズドベータが行われている他、ヨーロッパでも年末からベータ版をプレー可能になるとのこと。
アメリカサイトではゲームのプレー動画を見ることが出来ます。

Counter-Strike と似ていますが、オリジナルの挙動が追加されているのが分かります。
ゲーム提供元である『Fixkorea』の公式サイトを見ても、今のところアメリカサイトへのリンクしか見つかりませんでした。
まずは、Counter-Strike が人気な欧米を中心とした展開となるのでしょうか。

その後は、やはり韓国を中心にアジアでも展開されていくと思われます。

情報元

コメント