『CSPromod』が試合観戦機能『CSPTV』のコンセプト画像を公開

CSPromod
Source Engine をベースに競技的な Counter-Strike を開発するプロジェクト『CSPromod』が『CSPTV』のコンセプト画像を公開しました。

『CSPTV』は Counter-Strike1.6 に採用されている試合観戦機能『HLTV』の CSPomod 版にあたるものです。

CSPTV -1-

CSPTV -1-

※開発中の画像のため、今後変更になる可能性があります

HLTVとは異なり、各選手の所有武器、ステータス、チーム名、スコア、大会名(スポンサーバナーなども想定)といった要素の表示が追加されています。

スコアの横にある小さな○は、前の試合で勝利したかどうかを表すもので、Best of 3 などで試合が行われる際にどちらのチームがリードしているかがわかりやすくなります。

情報元では、C4 や C4 バッグの画像も見ることが出来ます。

※スクリーンショット、と記載していましたがコンセプト画像と表記を変更しました。

情報元

コメント

ZENRA

デザインは個人的に好きだが、問題は観戦機能が生きるほどCSPが普及するかどうかなのかな。
やっぱユーザー間での盛り上げがないと、そのうち消えてしまいそうな気がね。

LuLi(Mashiro、Lyrica)

かっこいいなぁ

流行ると凄く嬉しい…

GOD藤田

|ω・`)1.6で観戦MOD作ればよかったんじゃないの・・・

JamesB

韓国の大会のTV放送がこれと似たような表示を使って1.6の試合を放送してるのを見たことがある。
仕組みはよくわからないけど、武器とかがリアルタイムに表示されてたから
特製のスクリプトか、トラッキングかなにかで映像に後づけしてたんでしょうね。