eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『CM STROM』の MMO RPG 向けゲーミングマウス『Inferno』が 2 月 18 日(金)より国内販売開始

『CM STROM』の MMO RPG 向けゲーミングマウス『Inferno』
CM STROM』の MMO RPG 向けゲーミングマウス『Inferno』が 2 月 18 日(金)より国内販売開始となります。

Inferno

『Inferno』は 11 個のボタン、マクロ機能、連射機能などを備えたレーザーセンサー方式のゲーミングマウスです。

特徴

Storm Tactical レーザーセンサーにより 4,000dpi の高解像度を実現
マウスの心臓部とも言える光学センサーには、4,000dpi の高解像度を誇る Storm Tactical レーザーセンサーを採用しています。解像度は 500dpi ~ 4,000dpi まで、縦軸と横軸に異なる解像度を設定可能です。また、高い解像度だけでなく、最大 2.9m/s のトラキング速度を実現しており、使用者が思った通りに精密なコントロールが可能となっています。

128KB の内蔵 Sentinel-X メモリに 3 つのプロファイルを保存可能
は、マウスでありながら本体に 128KB の容量を持つ Sentinel-X メモリを内蔵しています。このメモリには 3 つの設定プロファイルを保存できます。各設定プロファイルには解像度やボタンの役割を保存しておくことができ、設定プロファイルを切り替えることで、あたかも 3 つのマウスがあるかのようにマウスの動作を切り替えることができます。マウスの本体に設定を記録するため、外出先で使用する場合など、マウス用のソフトウェアをインストールできない環境であっても、いつもと同じ設定でマウスを利用することが可能です。

強力なマクロ機能とスクリプト機能を搭載
予めマウスのボタン入力内容とキーボードのキー入力内容をマウスに登録しておくことで、それらの入力内容をワンタッチで再現できます。ボタン入力のタイミングも設定できるので、さまざまな操作を行うことが可能です。スクリプト機能を使用すれば、IF/GOTO/Repeat などのコマンドを使用して、マウスの動きやボタン入力などを変数を利用した分岐などを活用して自在にプログラムできます。スクリプトは 1 つあたり 256B まで記録できます。

連射機能の Rapid Fire Tactical 機能を搭載
任意のボタンに、マウスボタンの連射またはキーボードキーの連射を割り当てることができます。連射が必要なゲームなどで大きな効果を発揮します。

スペック

  • センサー方式: Storm Tactical レーザーセンサー
  • 解像度: 4,000dpi
  • 最大トラッキング速度: 2.9m/s
  • レポートレート(ポーリングレート): 1ms(1,000Hz)
  • リフトオフディスタンス: 2mm
  • ボタン数: 11
  • 内蔵メモリ: Sentinel-X メモリ 128KB
  • 記録可能プロファイル数: 3
  • マクロ機能: 搭載
  • LED カラー: レッド
  • 製品保証: 2 年間
  • 付属ソフトウェア対応 OS: Windows 7/Vista/XP/2000
  • 接続方式: USB 2.0/1.1(Full Speed)
  • サイズ: 縦 80 mm × 横135mm × 高さ40mm
  • 質量: 161.5g
Inferno -1- Inferno -2- Inferno -3-

Inferno

製品はオープン価格となっており、実売予測価格は 6,500 円前後とのこと。
マウスは 160 グラムを越えておりかなり重い部類に入るマウスで操作が大変そうですが、そのあたりはマクロ機能でカバーという考え方なのでしょうか。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!