eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Gave Newell 氏が『DOTA 2』にひとひねり加えた基本無料方式を採用する構想を明らかに

DOTA2

Valve の Gabe Newell 氏が『Seven Day Cooldown』のインタビューで話した内容によると、開発中の『DOTA 2』は基本無料になるが、既存の F2P モデルとは少し異なった物を考えているそうです。

‘DOTA 2’ will be free-to-play ‘with a twist,’ says Gabe Newell

Gabe Newell 氏は価格がゲームやアイテムの価格が一つしか無い事に疑問を抱いており、どの様にしてそれぞれの顧客に最適化された価格を提供する事ができるかについて現在取り組んでいるそうです。

例として挙げたのは「コミュニティにとっての重要度」で、具体例として、一緒にプレイしたいと思えるような人は 『DOTA 2』は無料でプレイ出来るようにするべきであり、逆に周囲を不愉快にする人物はプレイはできるが、話すには追加の 100 ドルを払う、等を挙げています。

一緒にプレイしたい人については各々がわかっている事ですが、「初心者に教える」、「マップや MOD を作る」など総合的に見てコミュニティにとって望ましいのはどういう人物なのかを解明しようとしている、との事です。

情報元

Avatar
寄稿者

YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar 404 not found says:

    つまり、どういうことだ…

  2. Avatar gmiba says:

    価格とか割とどうでもいいから早く出して欲しいわ

  3. Avatar Bekke says:

    くそnoobが増えないように祈っておく