eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Steam で DOTA2 のプレーヤー数が 1 位の Counter-Strike1.6 に迫る勢いで増加中

DOTA2

Steam で DOTA2 のプレーヤー数が 1 位の Counter-Strike1.6 に迫る勢いで増加中となっています。

Steam で DOTA2 のプレーヤー数が増加中

この記事を書いている時点で、『Steam & Game Stats』ページにおける現在プレーしているプレーヤー数の統計は以下の通り。

Steam & Game Stats

RankCurrent PlayersPeak TodayGame
141,10753,331Counter-Strike
238,01844,412Dota 2
335,70942,102Team Fortress 2
432,33065,470Football Manager 2012
531,26948,990Counter-Strike: Source
626,21944,123Call of Duty Modern Warfare 3 – Multiplayer
718,58631,034The Elder Scrolls V: Skyrim
810,73918,943Sid Meier’s Civilization V
910,37217,805Portal 2
107,02111,927Call of Duty: Modern Warfare 2 – Multiplayer

人気ゲームを押しのけ DOTA2 が現時点でのプレーヤー数を元に算出されたランキングで 2 位に付けています。

自分はしばらくこのページを見ていなかったのですが、DOTA2 はいつからこんなにもユーザー数を増やしたのでしょうか?
『SteamGraph』という、Steam の統計データを記録し続けているサイトがあり、そちらで上位 3 タイトルの推移を 見てみました

SteamGraph

一番下の水色の線が DOTA2 です。

グラフを見ると、2012 年 3 月頃からプレーヤー数が伸び始め、4 月中旬には『Team Fortress 2』を脅かし始めるようになっていました。

今後も DOTA2 の成長は注目

現在はまだベータ版で限られた人しかプレー出来ないにもかかわらずこのような状況な上に、Counter-Strike1.6 のグラフは若干下がり気味になってきていることもあり、正式にリリースされる頃には Steam で最もプレーヤー数が多いゲームになっているという可能性もありえなくはなさそうです(基本無料という構想のようですし)。

いわゆる DOTA系タイトルでは『League of Legends』が 2011 年 11 月の時点でユーザー数が 3,250 万人、同時接続数が 130 万と圧倒的人気を誇っています。

最近の『Heroes of Newerth』の同時接続数は約 10 万、DOTA2 はこの統計ページのデータによれば約 4 万ということですが、競技シーン的には日々の情報をチェックする中で新たな DOTA2 トーナメントの開催、HoN チームの DOTA2 への移行をよく目にしており、『League of Legends』に続き『DOTA2』に勢いがあるように感じています。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. Hubble より:

    Portal2がそんなところに

  2. mishima2006 より:

    RTSのルール覚えるのが最初から面倒でプレイしてないんだけど、これは流行り乗ってやってみたら面白いのかな?

  3. kei0319 より:

    RTSに比べると圧倒的に覚えること少ないですけど、
    知り合いと通話等しながらやったほうが楽しいですね。

  4. kindyruo より:

    Blizzard Dota早くきてくれー

  5. Bekke より:

    CS GGG

  6. Mendoh より:

    CS抜いちゃいましょう