『Counter-Strike: Source』アップデート(2012-05-22)

Counter-Strike:Source

『Counter-Strike: Source』がアップデートされています(2012-05-22)。

Counter-Strike: Source Update Released

Counter-Strike: Source に対するアップデートがリリースされました。
アップデートはあなたの Steam クライアントが再起動されると自動的に適用されます。
主な変更点は以下の通りです。

  • dynamic model のローディングに関連するクライアントクラッシュを修正した
  • アップデートがリリースされている時に、dedicated server が再起動のリクエストを受付けないのを修正した
  • IP ban が RCON アクセスに適用されていないのを修正した
  • オーディオバッファーオーバーランに関連するサーバークラッシュ exploit を修正した
  • changelevel2 を使用する事で発生するサーバークラッシュを修正した
  • ファイルの開閉を最小化するためにコンソールロギングシステムをアップデートを行なった結果、いくつかの状況下でパフォーマンスが劇的に改善された。
  • client/server の安定性を向上させた
  • 悪意のあるクライアントが、接続していた他のクライアントの “ping” と “status”コマンドを disable にすることが出来る問題を修正した
  • Fatal engine errors がサーバーのログファイルに書き込まれるようになった
  • free edicts が終了する前にエンジンがアクションを起こせるようにする sv_lowedict_threshold と sv_lowedict_action を追加した
    • 0 – アクション無し、1 -log ファイルに警告を書き込み、2 – 可能ならばゲームを再起動、3 – マップをリスタート、4 – マップサイクルの次のマップへ
  • マップサイクルの次のマップに変更する changelevel_next コマンドを追加した
  • mp_restartgame をディレイ無し版となる ConVar mp_restartgame_immediate を追加した

情報元