eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

SteelSeries がゲーミングマウス『SteelSeries Sensei [RAW] Frost Blue』を発表

SteelSeries Sensei [RAW] Frost Blue

SteelSeries がゲーミングマウス『SteelSeries Sensei [RAW] Frost Blue』を発表しました。

SteelSeries Sensei [RAW] Frost Blue

ゲーミングマウス『SteelSeries Sensei [RAW] Frost Blue』は、ブラック+ホワイトLEDの『SteelSeries Sensei』とは対照的に、ホワイト+フロストブルーLEDのカラーバリエーションを採用したモデルとなります。

特徴

  • 左右対称デザイン
  • 表面: 光沢加工
  • プログレードレーザーセンサー
  • 7つのプログラマブルボタン
  • SteelSeries Engine 対応
  • 布巻コード
  • フロストブルーの LED イルミネーション
  • オンボードプロファイル: 1

スペック

  • 読取フレーム数: 毎秒12,000フレーム
  • 最大読取速度: 秒速150インチ
  • 読取メガピクセル数: 毎秒10,8メガピクセル
  • 1インチあたりのカウント数: 100~5,001CPI
  • 最大加速: 30 G
  • センサーデータパス: True 16 bit
  • リフトディスタンス: ~2mm
  • 最大レポートレート: 1,000 Hz
  • ボタン数: 8
  • 本体重量: 90g
  • サイズ: 縦68.3mm ×横125.5mm×高さ38.7mm

スペック的な変更はなく、カラーリングのみがことなります。
ただ、通常版と違い今回のバージョンには表面加工にラバーを採用したタイプがありません。

リリース日や価格についての記載はありませんでした。
海外だと『SteelSeries Sensei [RAW]』が $59.99 なので、おそらくこの価格なのではないかと思います。

フロストブルーカラーを採用したデバイスは、SteelSeries Siberia v2 Frost Blueに続いて 2 つ目となります。
他のデバイスにもこのカラーバージョンが展開されていくのでしょうか。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. Hubble より:

    この色好き

  2. maro0n より:

    60ドルなんだから6000円くらいで買えればいいんだけど無理なんだろうなあ

  3. mm360 より:

    オカマっぽい。

  4. あきんぼ より:

    これは白い。
    参考になります。

  5. Kuroinu より:

    ヘッドセット→マウス→次?

    キーボードとかマウスバンジーあたりがきたら揃えようかな

  6. mishima2006 より:

    それより、普通のSenseiの値下げ、オナシャス!